こくしぼうイラスト。 【鬼滅の刃考察】柱メンバー全一覧まとめ【画像あり】【炎柱 水柱 岩柱 風柱 蛇柱 恋柱 霞柱 音柱 蟲柱】【鬼殺隊最高位】【はしら】【組織図モデル】【継子・隠・育手】

【鬼滅の刃考察】柱メンバー全一覧まとめ【画像あり】【炎柱 水柱 岩柱 風柱 蛇柱 恋柱 霞柱 音柱 蟲柱】【鬼殺隊最高位】【はしら】【組織図モデル】【継子・隠・育手】

こくしぼうイラスト

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】十二鬼月「上弦の壱」 上弦の壱とは鬼の中でも 圧倒的な強さを誇っています。 鬼の中にはランクが作られており「 十二鬼月」と呼ばれている12人の鬼たちが存在しています。 下弦の鬼達は短い間で何回も入れ替わることがありますが、上弦の鬼は100年以上の間ずっとメンバーが変わることがありませんでした。 鬼のランクには、下弦は陸から壱まで、上弦も陸から壱までのクラスがあります。 数字が小さくなるほど鬼の強さは強くなり、一番強いのは上弦の壱です。 その 上弦の壱である黒死牟はとてつもなく恐ろしい強さの鬼であると考えられます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】「日の呼吸」の使い手? 鬼滅の刃には 呼吸法という大切なものがあります。 『呼吸法』とは、 鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術です。 鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができます。 これを『 全集中の呼吸』と呼び、鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、技を繰り出します。 剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わります。 現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が 『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。 これらの呼吸から 『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生しています そんな呼吸の中には 「始まりの呼吸」と言われている「日の呼吸」があります。 日の呼吸は今現在の鬼殺隊の隊士たちの中で扱う人間は存在していません。 そのため 最強の呼吸法という事で伝説になっています。 主人公の炭治郎は、なぜか父親の踊っていた舞が日の呼吸の一つの型だった事を知り、技として使うことができるようになりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】謎に包まれた黒死牟の過去とは? 黒死牟は鬼になる前になにをしていたのか、また黒死牟はどのような人間だったのか判明していません。 顔の痣はかつて鬼殺隊の隊士の証だとしても、 耳に太陽の紋章の耳飾りが黒死牟にはありません。 見た目は以前の日の呼吸の剣士たちと同じです。 しかし 顔の痣は日の呼吸の剣士が現れると、まわりの他の呼吸の使い手の剣士たちにも出ると言われています。 黒死牟は痣があるので日の呼吸の使い手である剣士がちかくにいたとも考えられます。 何らかの呼吸の使い手であったことは明らかで、鬼殺隊の隊士として戦っていたのかもしれません。 もしかすると今後の物語の中でだんだん過去について明らかになっていくのではないでしょうか。 黒死牟には、 何か鬼殺隊や炭治郎の家族たちと関わりがある事も予想されています。 スポンサーリンク まとめ 上弦の鬼たちの存在は前々から明かされていましたが、黒死牟の素顔や能力などは全く分かりませんでした。 しかし、上弦の鬼最強の 黒死牟とヒノカミ神楽の使い手がよく似ていた事がわかりました。 黒死牟は和服を着ていて、しかも刀を所持していたので、その姿からなんとなく鬼殺隊の隊士を想像してしまいますが、情報は謎に包まれていました。 それに 彼の後ろ姿がヒノカミ神楽の使い手である炭次郎の親父 とよく似ていたのです。 炭治郎の夢の中にもよく似た人物が現れていました。 そんなに強かった黒死牟がなぜ、鬼舞辻無惨に屈してしまい、鬼になってしまったのでしょう。 彼は鬼殺隊の隊士たちと同じように刀を所持していたため、 鬼になる前は鬼狩りをしていたのかもしれません。 今現在も上弦の鬼の中で一番強い鬼なので、鬼になる前の状態でも相当強かったのだと思われます。 黒死牟は、 日の呼吸の使い手で、始まりの呼吸の剣士と何らかの関係があるのではないかということも考えられます。 それから最初の鬼である鬼舞辻無惨をその昔、あと一歩の所まで追い詰めた「 耳飾りの剣士」と、黒死牟はとても良く似ています。 未だにこの「耳飾りの剣士」に怯えるほど、無惨の記憶に刷り込まれているようです。 実際、炭次郎の耳飾りを見た無惨は、態度を急変させて炭次郎に喰ってかかり、その後も異常な執着をみせました。 その後も無惨に「耳飾りの剣士」の記憶が蘇る事から、二人にはかなり深い因縁があるのがわかります。 つまり、最強の鬼狩りが鬼になったのですから、あり得ないほど強いことが想定できますね。 無惨よりも強い可能性があります。 それからもし黒死牟が耳飾りの剣士だとしたら、 耳飾りは「日の呼吸」を伝授された事により炭吉の耳飾りだけ残り、自分の耳飾りは抹消されてしまったのではないでしょうか。 無惨の血により鬼になったという事も考えられるけど、黒死牟が耳飾りの剣士とは同一人物ではない可能性もあるのではないでしょうか。 このように強さや過去、炭治郎との関係などわからないことが多い黒死牟です。 炭治郎や鬼殺隊とどうなっていくのでしょうか。

次の

十二鬼月 (じゅうにきづき)とは【ピクシブ百科事典】

こくしぼうイラスト

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】上弦の肆 半天狗 はんてんぐ) 半天狗は、名前に天狗と言う文字が入っていますが、鼻は高くありません。 怖い顔をしているのに、発言は「不吉」などネガティブなものが多いです。 半天狗の能力は 分裂して新たな鬼を作り、若返ることです。 喜怒哀楽の4体に分裂し、さらに4体が合体して僧珀天という鬼になります。 積鬼は、怒りっぽく、錫杖を持っていて雷を呼びます。 可楽は、楽天家のようで、ヤツデの葉のような大きな扇を武器にして、無一郎を軽く吹き飛ばしてしまいます。 空喜は、喜びの感情を持ち、翼を持っていて空を飛ぶことができます。 口から音波のようなものを出し攻撃します。 哀絶は、哀の感情を持ち、槍を使って戦います。 最終形態の僧珀天は、全部の能力を使うことができる最強の形態です。 そして 半天狗の本体は、心臓に入ってしまうくらい小さいサイズです。 自分の分身の4体が鬼殺隊と戦っているとき、本体はその陰に隠れながら戦います。 しかし首が固すぎて刀が折れるくらいなので防御力は強いです。 スポンサーリンク まとめ 140年もの長い間、鬼殺隊に倒されることもなくあらゆる悪の限りをつくした十二鬼月上弦。 無惨でさえ、 代替の利き辛い希少な手駒と評価しています。 メンバーも変わっておらず、鬼殺隊の最高位の剣士・柱を何人も倒して来たという事を物語っています。 しかし何らかの悲しい過去を持っていて、人間時代の悩みや苦しみから地獄に足を踏み入れた者たちです。 血を与えることで鬼に変えることができるため、そういう者たちをスカウトしているのでしょうか。 現在炭治郎や柱が上弦の鬼と戦っていますが、 その速さや威力は以前戦った下弦の鬼とは比べ物にならないほどです。 上弦の鬼たちの身体能力と超再生力はさらに極まり、加えて応用範囲の広い血気術をすべての攻撃等に上乗せするものも多くなってきています。 その戦力は人間の手に届く範囲を大きく超えてしまっています。 鬼滅の刃は、主人公の炭治郎が自分以外の誰かのために努力をしてだんだん強くなっていくという、思わず主人公を応援したくなる話です。 強くなる目的が、鬼になってしまった妹を人間に戻すことです。 もう応援しないわけにはいきません。 それに対しての敵、十二鬼月のキャラクターが個性的で、強く魅力的です。 身体能力で完全に鬼に劣っている人間が、鬼殺隊としてこれから戦っていくのでしょうか。 鬼達ももとは人間で、過去の記憶がなかったりするだけなのです。 その過去がこれからも大きなカギとなるのでしょうか?.

次の

【鬼滅の刃】こくしぼう(黒死牟)が死亡!最後は誰が倒した?

こくしぼうイラスト

物事の常としてのにも優劣があり、優れた者はより多くの人間を喰らう事ができる(鬼は身体の維持のために最低限の人喰いが必要だが、素養の無いものは短期間に一定量以上の人数を喰らおうとしても身体が受け付けられない)。 これらの鬼は人喰いにより力を増すだけでなく、無惨から更なる血を授けられることにより加速度的に力を増す。 中でも十二鬼月は数百人の単位で人を喰らう素養があり、その力は通常の鬼殺隊士では文字通り 『刃が立たない』。 鬼は潜在的に強さへの渇望と、無惨への忠誠を刷り込まれている他、十二鬼月となった者にはある程度の自由(群れを作るなど)が許されることから、十二鬼月に選別される事を至上の名誉としているが、完全実力性のため選別された後も更なる力の鬼が現れる・素養を無惨に見限られるなどされた場合は、容赦なくその席位を剥奪される。 無惨の機嫌や思い付きで問答無用に解体される事もある。 加えて、"上弦の陸"から更に席位を上げるためにもやはり下座の鬼が上座に対して血戦を挑まなければならないため、上弦の席位は一切の疑いを挟む余地すらない実力順となっている。 よって、上弦と下弦では実力に 天地ほどの差があり、下弦の鬼は上弦の鬼に蔑まれている。 本質的には、無惨が自らの姿や能力を鬼殺隊士の目に晒す事無くを壊滅させるための手駒に過ぎない。 その要たるの討伐も十二鬼月の主要任務の反面、鬼殺隊士が柱になるための条件の一つに十二鬼月の討伐経験が挙げられている。 また公式ファンブックの大正コソコソ噂話によると、十二鬼月の名前は無惨が名づけており、強い鬼が欲しいため、今まで上弦になれた鬼たちと類似した体質の人などを狙って鬼にしているとのこと。 いつ頃結成されたかについてだが辺りの人間であるに無惨が血を注いだ際「十二体程強い鬼を造ろうと思っているんだ」と発言している為江戸時代ともとれるが、が四百年前、と対峙した際には既に眼に"上弦 壱"と記されていた為、結局のところ詳細は不明。 壺の中から煙の如く罷り出る人外の容姿をした鬼。 人間時代から『芸術家』としての一面を持ち、彼自作の壺は高く売れることから無惨から気に入られている。 壺を使った空間転移を得意とし、それを利用した情報収集や探知探索に長ける。 また頸を無惨に切断されても死なない等上弦の伍に相応しい実力をもつ。 を狩場としている。 妹の堕姫は表の花魁。 艶やかな高級女郎としてとある遊女屋の日の当たらない部屋を拠点とし、見目麗しい女性を好んで喰らう。 時折起こす癇癪を除けば完全に人間の生活に溶け込み、目にかなった遊女や丁稚を時折行方不明にさせている。 を模した血鬼術を使用する。 兄の妓夫太郎は裏の身剥ぎ。 堕姫単体に勝る剣士が現れた時のみ這い出して、可愛い妹を泣かせた落とし前を取り立てる。 優れた戦術眼を持ち、強力なの血鬼術を操る。 上弦(後任 千年を経て欲する物を見つけた無惨が空席となっていた肆、陸へと据えた二鬼。 新・上弦の肆 (なきめ) 小説「風の道しるべ」にて登場。 とは当初十二鬼月を自称していた。 朱紗丸と矢琶羽が何故十二鬼月を自称していたのかは不明。 も知っていた「十二鬼月は眼球に数字が刻まれている」という特徴も知らずに自称していたという事は、本物の十二鬼月に会った事すらないとも思われる。 ただ、無惨は見込みのある者にしか血を与えないので、それなりに気に入られており、「お前の首を持ち帰ればあのお方に認められる」と恨み節を吐いていた事から、炭治郎を殺せば十二鬼月入りさせるとでも約束されていたのだろうか。 しかし炭治郎一人では勝てず、の覚醒と、・珠世の血鬼術があってようやく勝てた強敵であった事には違いない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の