老人ホーム 港区。 【港区(東京都)】老人ホーム・介護施設一覧

【港区(東京都)】老人ホーム・介護施設一覧

老人ホーム 港区

求人情報 求人職種 パート 関連求人• 募集雇用形態• フルタイムパート(週3日以上)• フルタイムパート(週2日以下)• 半日パート• 扶養内パート 仕事内容 介護業務をお任せします。 時給は経験年数などを考慮して決定いたします。 待遇・福利厚生 昇給あり 社会保険あり(法定通り加入) 制服貸与 再雇用制度あり(満65歳まで) 資格取得制度あり 休日・休暇 シフト制 産前産後休暇 育児休業実績あり 有給休暇 特別休暇 など 教育制度 OJT制度 研修制度 港区南麻布に2020年3月オープンの「南麻布シニアガーデン アリス」でパートの介護スタッフを募集しています! 施設は有栖川宮記念公園に隣接し、多様な文化と自然環境の中、ご入居者の皆様が「我が家」のように安心しておくつろぎいただける暮らしの場となるようユニットケアに取り組んでおります。 <1.エントリー> 下記の応募フォームから必要事項をご入力ください。 面接日程の調整> 採用担当者から電話またはメッセージにてご連絡があります。 採用決定> 入職手続きについては、別途採用担当者よりご連絡いたします。 担当者 採用担当 備考 下記の 「直接応募する」ボタンのページよりお問い合わせいただくと、 応募内容が直接 「採用担当」に届きます。 お手数ですが、こちらよりご連絡下さいますようお願い致します。

次の

【ホームメイト・シニア】住宅型有料老人ホーム 「縁樹」港(名古屋市港区の住宅型有料老人ホーム)

老人ホーム 港区

港区で暮らす人々の平均所得はなんと約1,000万円。 日本全国で最も高い水準です。 ハイソサエティーなエリアとして知られる港区の面積は、東京23区ではだいたい中ほどの広さ。 平成29(2017)年6月1日時点での総人口は約25万2千人ですが、駐日大使館や外資系企業も数多くあるため、そのなかには約2万人の外国人が含まれています。 港区は大規模な都市開発が進められており、商業施設やマンションの建設が目立っています。 一方で、今後さらに高齢者数が増加すると見込み、特別養護老人ホームの増床工事を行うなど、高齢化の進展に対処するための施策も進めています。 また、都市開発にともない、老人ホームの新設も期待されます。 ただ、今の時点で老人ホームの数はあまり多くないというのが現状です。 しかも、施設が南麻布、白金、芝浦、高輪といった高級住宅地にあるため、立派な建物に豪華な設備を備えた高級有料老人ホームが多いというのが特徴です。 しかし、24時間体制で医療スタッフが常駐していたり、食事は栄養士にしっかりと管理されていたり、入居者1. 5人につき1人以上のスタッフがついたりなど、ハイソサエティーなエリアらしい手厚いサービスが提供されている場合が多くあります。 港区の高輪、青山、赤坂、麻布、白金といった地域は、「お屋敷町」と表現したくなるような邸宅が並ぶ高級住宅地です。 白金で暮らす人々が「シロガネーゼ」と呼ばれていることを知る人は多いでしょう。 その一方で、麻布や高輪、白金には気さくな商店街や、昔ながらの住宅街もあります。 また、飲食店がひしめく新橋、赤坂、六本木といった、名だたる繁華街が名を連ねているのも港区の特徴。 多くの大使館が集積しているという背景もありますが、それらの繁華街を目指す外国人観光客も多いため、さまざまな国の人が行きかう地域でもあります。 そして、港区といえば、都市型産業において傑出する情報通信業が集まっていることも特徴です。 かの有名なソフトバンク株式会社も港区に本社を構えており、ほかにもテレビ局や広告代理店、タレント事務所やレコード会社などが数多くあります。 また、アーティストやクリエイターにも人気のエリアです。 なお、港区は江戸時代、武家屋敷やお屋敷が建ち並ぶ土地でした。 現在の六本木ヒルズ・毛利庭園付近には、長門府中藩・毛利家の上屋敷が置かれ、鳥居坂付近や、飯倉片町付近にも大きなお屋敷が構えられていました。 また、南麻布には有栖川宮記念公園、芝浦には旧芝離宮恩賜庭園といった、緑豊かな公園が広がっています。 その有栖川宮記念公園のなかには、公立図書館では最大級の蔵書を誇る都立中央図書館もあるので、ゆったりと心地よく優雅な時間を過ごすことができます。 そして、山手線・京浜東北線の田町-品川間に設置され2020年に開業予定の「新駅」も港区です。 新国立競技場などをデザインした世界的な建築家、隈研吾さんが設計することでも話題になりました。 駅周辺の街づくりにかかる総事業費はおよそ5,000億円。 オフィスや商業施設、広場などを整備する計画です。 港区は、JR線、東京メトロ線、都営地下鉄線、京浜急行線、ゆりかもめ、東京モノレールといった鉄道の公共交通網が非常に充実しています。 バスに関しては、ほぼ全域を都営バスが走っています。 また、日の出や竹芝など客船が停泊するターミナルがあり、水上バスで台場や隅田川方面とつながっています。 区の調査によると、平成29(2017)年6月1日時点での、港区に住む65歳以上の人口は43,430人です。 高齢化率(総人口に占める割合)は17. 23%で約6人に1人となっています。 75歳以上の人口は21,345人で高齢化率は8. 47%。 これらの数字は、東京23区のなかで見ると高いわけではありません。 v しかし、平成27年1月1日の時点で65歳以上の人口が41,749人だったので、2年半ほどで1,681人増加していることがわかります。 総人口も増加しているので高齢化率は減少傾向ですが、高齢者人口そのものは確実に増え続けているのです。 しかし、区は東京オリンピック・パラリンピック競技大会開がある平成32(2020)年の港区を見据え、行政サービスの取り組みを充実させることなどを重点課題として位置づけています。 港区の老人ホーム特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの数は決して多くなく、費用面も安くはありませんが、福祉を含めた整備がパワフルに推し進められている区であることは、間違いないでしょう。 平成29(2017)年6月1日時点での総人口は約25万2千人ですが、駐日大使館や外資系企業も数多くあるため、そのなかには約2万人の外国人が含まれています。 老人ホームの数はあまり多くりませんが、港区は大規模な都市開発が進められているので、それにともない老人ホームの整備も期待されます。 23区のなかで、最も高額納税者が多いハイソサエティーなエリアゆえ、高級有料老人ホームが多いというのが特徴です。 しかし、24時間体制で医療スタッフが常駐しているなど、手厚いサービスが提供されている場合があります。 入居時にかかる費用が1,000万円を超えているのは珍しくはなく、7,000万円以上という施設もあります。 平均的な月額利用料は20万円を超えており、なかには30万円近い施設もあります。 しかし、入居時にかかる費用が0円や、月額利用料が20万円未満の場合もあります。 飲食店が多く、新橋、赤坂、六本木といった、名だたる繁華街を有します。 また、ソフトバンク株式会社ほか、テレビ局や広告代理店やレコード会社など都市型産業において傑出する情報通信業が集まっていることも特徴です。 多くのアーティストやクリエイターが集まる最先端のエリアですが、60歳以上の区民なら自由に利用できる「いきいきプラザ」が16施設あり、ほかにも高齢者へ向けたサービスが数多くあります。

次の

名古屋市港区(愛知県)の有料老人ホーム・介護施設の一覧|オアシスナビ

老人ホーム 港区

高齢者限定の住まいではなく、隣室にはご夫婦とこどもといった一般家庭も暮らしているような、地域のなじみ深さを感じていただける環境で過ごしていただけます。 お部屋は全戸南向き。 52㎡と広々で家賃は6万円台から。 親しい仲間たちとともに自由な毎日を送りながら、介護が必要となった場合も、地域のサービスを活用して、その方らしい暮らしをできるだけ継続していただける住まい…… それが、株式会社コミュニティネットの目指す高齢者住宅「ゆいま~るシリーズ」です。 名古屋市の南西部に位置し、市の中で最大の面積を有する街、名古屋市港区。 伊勢湾に面し、国際貿易港である名古屋港が有名な街で、工業地帯、穀倉地帯そして商業エリアがあり、農工商のバランスがとれています。 港区には国道23号線や伊勢湾岸自動車道が通り、交通アクセスとしては名古屋市営地下鉄名港線や名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)などの電車があります。 港区にも高齢化問題が持ち上がっています。 2007年は総人口約15万人に対し、高齢者の数が約2. 9万人で、高齢化率も18. 9%でした。 それが2012年には総人口約14. 6万人に対して高齢者数が約3. 3万人となり、高齢化率も22. 4%に上昇。 たった5年間で高齢化率が3. 5%もアップしているのが分かります。 そのような現状の中、港区は高齢者数、特に認知症高齢者数の人口推移を予測。 2020年には認知症患者の数が2007年の倍近くに達する、と推測しています。 高齢者が増加する中で、港区は心のケアも含めた高齢者福祉サービスを実施。 いきいき支援センターという高齢者のサポートに特化した域包括支援センターを作り、高齢者の介護や福祉サービスなどの提供・包括をしています。 そして高齢者のための相談係を設置。 介護サービスに対する苦情相談、介護福祉用具の相談、心の健康相談など、その内容は非常に多岐にわたっており、こまやかなサポートを実現しています。 また、港区は高齢者人口に対して、割合多くの介護施設、有料老人ホームを確保しています。 その中でも特別養護老人ホームを含めた、介護老人福祉施設が区内に点在していますが、他の市町村同様入居が難しい状況です。 サービス付き高齢者住宅や有料老人ホームの方がやはり数が多い分入居が現実的ですから、介護施設の入居を考える際は、これらも視野に入れておくと良いでしょう。 金額的には、有料老人ホームは住宅型が月額15万円前後で利用でき、介護付きの方は20万円弱くらいで利用可能なようです。 サービス付き高齢者住宅は月額利用料が20万円未満という価格帯。 しかし介護度によってはこの月額利用料にヘルパー代などが追加されますので注意が必要です。 どの施設も介護度や付随サービスなどで金額が違います。 介護保険料なども含めると、とても計算が難しいので、希望する施設の職員や地域のケアマネージャーに「入居時および入居後の総費用」を詳しく聞いておくと良いでしょう。 基本的に介護施設や高齢者福祉サービスの内容など介護にまつわることなら、いきいき支援センターで聞けば分かりますので、遠慮せず質問などをしたら良いと思います。

次の