犬鳴 トンネル 映画。 実在の“最凶”心霊スポットを映画化! “最恐”監督・清水崇が『犬鳴村』にまつわる逸話を語る

映画犬鳴村の舞台「犬鳴トンネル」は実在する?実話や都市伝説の真偽、実際起こった殺人事件や事故についてまとめ

犬鳴 トンネル 映画

あなたは、 「犬鳴村」を知っていますか? ホラー映画『犬鳴村(いぬなきむら)』は、2020年2月7日に公開された、 日本最凶の心霊スポットと言われている 福岡県の旧犬鳴トンネルの先に位置するとされている、 「犬鳴村伝説」を題材としたホラー映画です。 監督は「呪怨シリーズ」「学校の怪談G」「怪奇大家族」など、ホラー・怪奇系・闇系ダークな作品を監督する事が多い、 ホラー映画の名手・ 清水崇監督。 キャストは 三吉彩花、坂東龍汰などの若手キャストから、 高嶋政伸、高島礼子などのベテラン俳優陣まで、背筋が凍るホラー映画に挑みます。 「日本には行ってはならない場所がある」 そう言われてみると、気になるのが人間の性ではないでしょうか・・・? 九州、福岡県に実在する最恐の心霊スポット 旧犬鳴トンネル。 興味本位で実際に足を運んでいる人間の恐怖体験なども、多くSNSにあげられています。 今現在は日本地図に載っておらず詳細部分は伏せられています。 単なる都市伝説なのか、真実なのか。 監督に マスター・オブ・ホラー清水崇監督が務める事で更に話題になり、映画の完成前にも関わらず世界中からオファーが殺到したほど。 「あそこはやばい」や「近くの小屋には骸が山積みにされている」「全ての携帯電話が圏外になる」「日本地図から存在が抹消された村」など、いろんな情報が錯綜していますが、果たして全て真実なのか?都市伝説に過ぎないのか・・・。 犬や狼でも山を越えることができずに、悲しんで鳴いたことが犬鳴と呼ばれるようになったと伝えられているそうです。 映画の舞台となる「犬鳴村」は ダムが建ってしまったため、今現在 日本地図上痕跡はありません。 そして「旧犬鳴トンネル」は今も実在しますが、入り口は コンクリートのブロックで封鎖されているため立ち入る事が出来なくなっています。 ロケ地の紹介一つ目は、その実在するトンネル 「旧犬鳴トンネル」付近で撮影が行われています。 実際に心霊スポットとして恐れられるトンネルとして、圧倒的認知度を誇るトンネルです。 〒822-0134 福岡県宮若市犬鳴72 犬鳴ダム  〒822-0134 福岡県宮若市犬鳴 犬鳴峠(旧称:久原越) 福岡県宮若市と同県糟屋郡久山町との境を跨いで存在している峠です。 映画「犬鳴村」のロケ地・犬鳴村  〒501-1501 岐阜県本巣市根尾越波 越波村(おっぱむら) 越波では2018年秋、 犬鳴村に見立てて撮影が行われました。 築100年を超える木造家屋などがあり、数々の恐怖シーンでリアリティを出しています。 実際には電話BOXはないそうですが、犬鳴村をイメージしてセットを作られたようです。 湖畔に咲く桜の名所とのことですが 「自殺の名所」になってしまっているという場所。 ダムの入口には命の大切さを説く標語も掲出されているようです。 地元の人は近付かないほどの場所だとか。。。。 まさかの東京という事で地元の方は驚いている様子ですが、 ホラー映画として迫力のある場所だと納得の声が多く上がっています。 ロケに使ったトンネルも心霊スポットだったって言ってたの、旧吹上トンネルだったのか。 そりゃヤバい。 昔から有名ですぜ。 — tara massacre shoplifter1974 旧吹上トンネル ここは着いてからずっと何て言うんでしょうか、あの世へ引きずり込んでやるって感じがもの凄い出てて、僕的には畑トンネルの倍以上嫌な所でした。 撮影しながら小走りに後ろから走ってくる感覚や、後ろから笑う女の声。 とても生きた心地のしない場所でした。 — noriと松ちゃんねる【松ちゃん】 Pepefukuzawa ロケ地については、SNSなどを使って地元の方より「絶対に行かない方が良い」など、 注意喚起をしている声も多くありました。 興味本位で心霊スポットに行くのはちょっと心配なのですが、あくまで自己責任で行ってみてはいかがでしょうか。 今、自分が存在している理由を知りたくなった。 怖さはマイルドなので切ないホラーが好きな人にオススメ。 絶対ロケ地には行くなよ! — DIZ DIZfilms•

次の

映画『犬鳴村』公式サイト

犬鳴 トンネル 映画

解説 「呪怨」シリーズなどで知られるホラー映画の名手・清水崇監督が、福岡県に実在する心霊スポットを舞台に描くホラー。 主演は「ダンスウィズミー」の三吉彩花。 臨床心理士の森田奏の周辺で奇妙な出来事が次々と起こりだし、その全てに共通するキーワードとして、心霊スポットとして知られる「犬鳴トンネル」が浮上する。 連続する不可解な出来事の真相を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルへと向かうが……。 主人公の奏役を三吉が演じ、坂東龍汰、大谷凛香、古川毅、奥菜恵、寺田農、石橋蓮司、高嶋政伸、高島礼子らが脇を固める。 2020年製作/108分/G/日本 配給:東映 スタッフ・キャスト コロナの件がなかったら、完全にスルーしてたはずの作品ですが。 なんだかんだこの状況下で10億超えてまだ上映続いてますからねえ。 冒頭POVだったのが、途中で三人称視点のカメラに切り替わったのか、カメラを置いたのか分からず、アレアレ?と戸惑いました。 単にトイレシーン回避のためではないと思いたいですが…。 恐怖描写は可もあり不可もあり前半は結構いいですが アキナ関連や電話ボックスなど 、後半はシュールでツッコミ待ちかと勘ぐるところもありました。 怖いものはやはりあまりはっきり見せない方が良かったように思います。 田舎の因習を題材にしたことや「ばあちゃん」については良かったと思います。 必ずしも全て説明されたり行動に理由づけされたりしなくてもいいと思いますが、多少もっともらしいこと 足をくじくとか腰抜かすとか があると不自然さはすくなくなったのかなと思います。 もっと思いっきりエログロに振ってR18にしちゃって暴走してみたりとか。 「恐怖回避バージョン」は私個人には不要ですが、実は突っ込み入れつつゆるく見るのが正解なのかもしれません。 コワモテのイメージが強い石橋蓮司さんがまともなおじいちゃん役でちょっとビックリです。 そんな印象です。 ネタバレ! クリックして本文を読む 臨床心理士・森田奏(三吉彩花)、彼女の診療を受けている幼い男児には、何か別のものが見えているらしい。 だが、彼女にもその別のものが見える・・・ そんなある日、彼女の兄が恋人と心霊スポットの犬鳴トンネルを深夜に訪れたあと、奇妙な死を遂げてしまう。 犬鳴トンネル、そして、犬鳴村。 そこには、曰く因縁があった・・・ といったところからはじまる物語で、さすがは東映の和製ホラー、『犬神の悪霊(たたり)』を彷彿とさせるぶっ飛び映画で、どうコメントすればいいのかがわからない。 近年稀な人権無視な悪行が描かれ、さらには異形の血の宿命が描かれる、「シン・犬神家の一族」とでもいうべき、ふた昔前の昭和の怪奇物語。 さらに、タイムパラドックスが絡んで、何でもありのごった煮映画。 これは東映でしか作れない類の映画ですね。 Jホラーで久々の当たりでした。 レビューは割れてますがホラー映画で星2. 5以上取れてればとりあえず見てみるが私のボーダーライン。 内容は都市伝説もので、所々矛盾点とかなんで?と思うところはありますが、 ホラー映画に理屈を求めても仕方ないので、そこまで気にしてません。 後からなんとでも、後日談で実は…とかって言えばなんとでもなりますからね。 それよりもJホラーならではの、画面の端にスッと映ったり、 上からドン!と落ちてきたり、 良い感じの怖がらせ方でした! 最近よく見るグロい系や関節グニャグニャで怖がらせる意外の、 所謂Jホラーというのを求めている方には、最近の映画ではお勧めできるかと。 DVDで見るのも良いですが、大画面で観るのはやはり迫力があります! 中盤まで、姿があわらになってないところまでは、リアルな感じでドキドキして怖かった。 後半、見えるようになると、、やはり嘘臭いってか、映像技術的な、、、 幽霊に掴めたり、機械を操作したりしてはリアリティー無し。 が、自粛要請解除後で、映画館はガラガラで、人影が見えたような錯覚までして、変な恐怖感が、、、 あと、仕込み?ネットでは、エンディングロールで写ってると話題になってるが、始めにトンネルに入るシーンと、電話ボックスで溺れるシーンで、写っちゃった的な白い手、足、顔があったけど、、、話題にならないの? ってか、いくら強引にダム建設で、村人を騙して村を沈めた下りが、最後バタバタして良く分からなかった。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

旧犬鳴トンネルの若者たむろ・ホラー映画・悪質行為が話題

犬鳴 トンネル 映画

映画「犬鳴村」のネタバレあらすじ 森田悠真は、ユーチューバーをしている恋人の西田明菜に連れられて、心霊スポットとして有名な「犬鳴村」を目指していました。 今は既になくなっているその村に行くためには、深夜2時に、ある電話ボックスにかかってくる呼び出しに応答しなければならず、二人がその場所へ着くと、噂通りに電話が鳴り始めます。 受話器からは水の流れるような音しかしませんでしたが、彼らの目の前に突然、「犬鳴村」へと続くトンネルが現れました。 トンネル内の不気味な雰囲気に躊躇する悠真を背にして、明菜は好奇心から突き進んでいきます。 トンネルの出口には「コノ先、日本国憲法通用セズ」の看板があり、「犬鳴村」へ到着したことを知る二人。 その不気味な村の様子に悠真は更に怖気つきますが、興味津々な明菜は探索を始めます。 二人が別行動していると、明菜の身に怪異現象が起こり、パニックになった二人は村から逃げ出すのでした。 森田奏は、臨床心理士として遼太郎という少年を担当することになります。 「本当のママに怒られる」と繰り返すその少年が手をふる先に、何者かの存在を感じる奏。 そんな時に、兄の悠真から「明菜の様子が変だ」と連絡を受けます。 明菜は不気味な童歌を口ずさんでいて、心ここにあらずでした。 奏の弟の康太は、小学校の自由研究のテーマを「犬鳴村」にしていて、悠真の話に強い関心を持ちますが、父の晃は不快感を露わにします。 そんな晃のことをどこか恐れている様子の母・綾乃でした。 悠真は、幼い頃から霊感が強い奏のことを頼りにしていて、犬鳴村に行ってから、おかしくなってしまった明菜を助けてほしいと頼み込みます。 ところが、相談している間に、明菜が一人でいなくなったのです。 慌てて飛び出して、明菜を探しに出かけた悠真でしたが、近くの鉄塔から飛び降りる明菜を目の当たりにしてしまいました。 明菜の葬儀で、晃は明菜の父親に「森田の血は汚れている」と罵倒されます。 晃は、医師の山野辺から、明菜の肺の中に不自然な水があったことを聞かされ、何かに気づきました。 悠真は明菜の復讐のために、「犬鳴村」へ村を燃やす目的で仲間と共に向かいます。 「旧犬鳴トンネル」の前に到着しましたが、以前明菜と来た時にはなかったバリケードがそこにはあり、中に入れなくなっていました。 復讐に燃える悠真は、封鎖されてない箇所から無理矢理トンネル内部に入りますが、そんな異常な様子の悠真に、仲間は恐ろしくなって逃げ出してしまいました。 そこへ、悠真の車の中にこっそり忍び込んでいた康太が来て、トンネルの中に入ろうとします。 中で絶叫した声を上げる悠真。 悠真は康太にこっちに来ないように言いますが、康太はバリケードの上から足を滑らせ、 中に入ってきてしまいます。 悠真と康太の二人は、どこからともなく現れた不気味な集団に取り囲まれてしまいました。 二人の兄弟はそのまま行方不明になります。 奏は行方不明になった兄弟を探すため、「犬鳴村」へ向かうことになるのでした。 映画「犬鳴村」のラスト結末 奏の周囲で起こり始める異変 悠真と健太の捜索に出た森田家と悠真の仲間、そして警察の一行は、「旧犬鳴トンネル」のバリケードで康太のカメラを発見します。 悠真と康太の身に何か起こった現場を発見した一行ですが、バリケードのせいですぐには捜索ができそうもないと警察が判断しました。 そのことで、二人が心配な母・綾乃は取り乱し、突如豹変し始めます。 獣のように暴れまわり、晃にもケガを負わせてしまいました。 二人の身を案じながらも仕事を続けていた奏。 ある日、奏が担当していた遼太郎が緊急搬送されて、奏は遼太郎の看病をします。 疲れて眠ってしまった奏は、寝ている間に遼太郎がいなくなっていることに気づき、探し始めます。 遼太郎は危篤状態で運ばれた山野辺医師の病室の前にいました。 病室からは聞こえるはずのない大勢のうめき声が聞こえてきて、山野辺は「おぼれ死ぬ」と奏に伝えます。 その頃、悠真の仲間が、午前2時に電話が鳴る都市伝説がある例の電話ボックスで、溺死するという事件が起こりました。 森田の血筋 自分の周囲で度重なる怪異現象が起きていることで、森田家の血筋について調べ始める奏は、真相を探るために祖父の隼人のもとを訪ねます。 そこで、亡くなった祖母は奏のように霊感が強く、身寄りもなく、家の前に捨てられていた子どもだと聞かされました。 そして、「犬鳴村」はダムの底に沈み、今はすでになくなっている村であることも知らされます。 犬鳴ダムを眺めている奏のもとへ、成宮健司が現れました。 奏が幼い頃から、その姿が時々見えていた謎の青年・健司は奏に伝えたいことがあると、昔の記録映像を見せます。 そこで、奏は自分の先祖が村人を騙し、ダムを建設するために村を沈めたことを知るのでした。 犬鳴村の籠井摩耶 犬鳴村と対峙する覚悟を決めた奏は、健司の協力を得て、村で閉じ込められている悠真と康太のもとへと辿り着きます。 二人を救出するために必要なカギを探しているときに、奏は村の女性・籠井摩耶と出会います。 摩耶のそばには生まれたばかりの赤ん坊がいて、村がダムに沈んでしまう事を知る健司からその赤ん坊も一緒に連れて逃げてほしいとお願いされるのでした。 しかし、摩耶は赤ん坊と離ればなれになることに納得せず、狂犬のように暴れて襲ってきます。 健司と悠真がそれを抑えている隙に、奏と赤ん坊と康太はなんとか犬鳴村から逃げのびました。 辿り着いた民家の前で、赤ん坊を寝かせた直後、倒れた奏でしたが、気が付くと祖父・隼人の家の前にいました。 犬鳴村の血筋 数日後、犬鳴村が沈むダムから悠真の死体が発見されます。 奏は兄・悠真の両足に健司と摩耶のものと思われる、白骨死体がしがみついているのを目撃するのでした。 その後、退院する遼太郎を、仕事に復帰したばかりの奏が見送ります。 奏の後ろ姿をみつめる遼太郎が尖った犬歯を見せました。 そして、奏もまた同じように鋭い尖った犬歯をむき出しにして、病院の廊下を歩いてくのでした。 以上が、映画「犬鳴村」のネタバレあらすじとなります。 映画「犬鳴村」の感想 本作は都市伝説をテーマにした、ただの怪談話ではなく、そのテーマに沿った重厚な人間ドラマが描かれています。 森田家のルーツや血筋、現在と過去の時間軸を結びつける電話ボックス、村の入り口となる「旧犬鳴トンネル」など、要所に都市伝説の話を組み込み構築された話は、実際の心霊スポットということもあり、リアルな恐怖感を感じることができました。 ラストの主人公の犬化の演出も、身近に犬化する「犬鳴村」の血筋の人間がいるかもしれない、という映画の視聴者を当事者に巻き込むような感覚にしてくるので、あとからジワジワくるような恐ろしさも感じました。 興味を持たれ方は是非観てみてくださいね。 ロケ地や撮影場所については、こちらを見てみてください。

次の