アベノマスク 使う 使わない。 アベノマスクの評判は?小さい使えないとツイッター炎上で使い道どうする?

アベノマスクが小さいのはなぜ?在庫処理で不良品?作る会社はどこ?

アベノマスク 使う 使わない

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄対策として、間もなく全世帯に2枚ずつ郵送で配布される「布マスク」。 しかし、その購入費は1枚260円、経費総額は466億円にもなることが判明。 そこで、NEWSポストセブンでは【政府が配布する「アベノマスク2枚」、あなたは使う? 使わない?】と題する緊急アンケートを行い(4月10日〜13日投票)、男女1994人(男女比は6対4)から回答を得た。 その結果、「使う」と答えた人はわずか24. 1%にとどまり、「使わない」と答えた人は75. 9%に上った。 「使わない」と答えた人の理由で多かったのは、布マスクの効果が疑わしいとする言及だ。 「布マスクは感染症対策としては効果が弱く、ウイルスの侵入を防げないという報告もあるし、使用後のマスクの処理も大変なので、できれば使い捨ての不織布マスクのほうを使いたい」(42歳女性) 「予防効果にまったくエビデンスのない状態で、自粛しながら過ごす日常生活で必要とは考えられない」(50歳男性) 「繰り返し利用できるとのことですが、洗い方にも注意がいるようですし、使い方次第では逆効果のような気がします」(63歳女性) WHO(世界保健機関)が当初、医療機関向けのガイドラインで〈ガーゼやコットンなど布製マスクの使用は推奨できない〉と示した情報が広がったこともあり、日本でも布マスクに対する不信感は根強い。 「言い出しっぺの安倍首相はマスクをしているけど、他の閣僚は誰も使っていない。 誰もいないんですよ! これは効果がないことを立派に証明しています」(80歳男性) との声も。 では、実際に布マスクのコロナウイルス除去効果はどのくらいあるのか。 『マスクの品格』などの著書がある聖路加国際大学大学院准教授(専門は公衆衛生学)の大西一成氏に聞いた。 「確かに、新型コロナウイルスの粒子がマスクを通すか通さないかだけを議論するのであれば、布マスクは不織布マスクに比べて効果は薄いといえます。 しかし、どんなにフィルター性能のよい不織布マスクをつけても、顔にフィットしていなければ鼻や頬の隙間からウイルスはどんどん侵入してしまいます」 素材の種類にかかわらず、自分の顔の大きさや骨格に合ったマスクを選ばないとウイルスの侵入は防げない。 ならば、安倍首相がつけている小さな布マスクは果たして効果があるのだろうか。 アンケートでも「小学生が使う給食用マスクみたいなものは使いたくない」(57歳女性)という意見が相次いだ。 前出の大西氏が続ける。 「マスクは単に鼻と口を覆えば大丈夫と考えるのは間違いで、小さすぎても大きすぎても隙間はできてしまいます。 そういった意味では安倍首相も小池都知事もマスクの目的をよく理解しているのか疑問です。 ただ、つけても効果がないから使わないと短絡的に考えてはいけません。 布マスクでも大きな飛沫を飛ばさないことと、ウイルスの増殖を防ぐ意味で喉の保温・保湿効果はある程度期待できます。 他につけるマスクがないならば、布マスクでもつけない選択肢はありません」 もっとも、全国的に不織布マスクの品薄状態が続いていることから、すでに代替品としてお手製の布マスクを所有している人は多い。 そのため、 「手作りしてたくさんあるので今更ですかといった感じです」(60代女性) 「布マスクは自作済み。 (アベノマスクは)必要な人に差し上げます」(52歳女性) 「近くの老人介護施設に提供するつもり」(58歳女性) など、マスクがなくて困っている施設や個人に寄付するとの声も多く寄せられた。 「マスクに466億円もかけるのであれば、休業補償に回すべきと思う。 あるいはマスクと一緒に10万円の小切手を入れるのはどうだろう。 政府にはスピーディーで真に役立つ方策を考慮いただきたい」(63歳女性) 「マスクの予定経費は、一刻も早いワクチン開発や医療現場の機材充実などに使うべきだ」(64歳男性) 「これに私たちの血税を400億円以上も投入するとは。 経済的な打撃を受けた人たちに対して申し訳なく思う。 無策、無能の極みであり、人を馬鹿にするのにもほどがある」(50歳男性) 「配布されたマスクを使用することにより安倍政権の講じた政策に賛同したとみられたくないから」(40歳男性) ジャーナリストの山田稔氏も、「国民は政府の思いつきのパフォーマンスや決断の遅さに呆れ、失望している」と指摘する。 「マスク配布への不満や批判は、30万円の給付金問題とセットで受け止めた国民の政府への失望を表していると思います。 『給付金は全世帯に、マスクは希望者に』だったら、国民の反応も正反対だったでしょう。 アンケート調査でも明らかになったように、466億円もの巨額の税金を布製マスク配布に費やすのではなく、医療崩壊を食い止めるための医療支援策に充ててほしいというのが多くの国民の思い。 今回のコロナ危機に際して政府が打ち出す政策、方針、行動はすべて決断が遅いばかりか、国民のニーズや感情、思いからあまりにもかけ離れていると思います」(山田氏) アンケートで怒りをぶちまける人の中には、「官邸へ着払いで返送する」(66歳男性)など、そもそもマスク受け取り拒否の姿勢を見せる人や、「歴史的愚策の証拠としてとっておく」(47歳男性)といった声も数多くあった。 70代男性は痛烈な皮肉を込めて、次のようなコメントを寄せた。 もったいなくて使えません! 未来永劫、我が家の家宝として後世に伝えるべく保存しておきます」 3月13日から衛生マスクを出品禁止としていたフリマ大手メルカリは、布マスクの順次配布に先立ち改めて「禁止出品物に該当するため、決して出品されないよう、お願いいたします」とのメッセージを出した。 いずれにせよ、大金を投じて配布するマスクが感染拡大の防止にどれだけ効果を発揮したか、そしてどれほど有意義な政策だったのかは、コロナ終息後にじっくりと検証する必要があるだろう。 外部サイト.

次の

アベノマスク緊急アンケート 75.9%が「使わない」の理由

アベノマスク 使う 使わない

アベノマスクなんて使わないのが当たり前、 アベノマスクを使う人は安部信者だ!みたいな風潮おかしくないですか? ネットの声を見ていると、そう感じてしまいます・・・。 わたしの自宅にはまだアベノマスクは届いていませんが、 届いたら使ってみたいな、と考えています。 不織布マスクが手に入りやすくなったといっても、まだまだ高いですし、 短時間の外出で使い捨ててしまうのは勿体無く感じます。 そういった際に使うのにちょうど良いかな、と思ってます。 現在の政策や政府のありかたに批判的な意見があるのは分かりますが、 もう届くものは届くんだし、あるものは有効活用したらいいじゃん!て思うんですけど能天気すぎですかね・・・ アベノマスクは使わないのが当たり前みたいな風潮があるせいで、使用するのを躊躇してしまっています(まあ、まだ手元に無いですが) 同じような気持ちの方はいらっしゃいますか? あなたに同感です! うちにはもう届きました。 小さいとか耳が痛いとか聞きますが、そうは思いませんでした。 もちろん、虫も毛も入っていませんでした。 また、不織布マスクと違って、一般的に布マスクは、一度洗ってから使うものなのですよ。 布独特の匂いもしますしね。 今、生活困窮者の方がたくさんいらっしゃいますが、その方々が、給付金をくれと言うのは当たり前だとは思いますが、アベノマスクも有難いとは思わないんでしょうか。 マスクだって高いですよね。 でも必要だし。 下の回答者の方もおっしゃっていますが、アベノマスクには見えない効果がたくさんありました。 不織布マスクが出回るようになったとかね。 それは本当に感謝しています。 だから感謝をこめて、使おうと思います。 私は、アベノマスクを洗って絞って冷蔵庫で冷やして、ハンカチで作ったマスクカバーをかけて使っています。 これからの季節、気持ち良いですよ。 もしも、周りの目が気になったとしても、それなら、アベノマスクだとはわかりませんからね。 私の場合は、マスクカバーをつけていますが、必ず種明かしをしています。 「これ、アベノマスクだよー」と。 みんな驚きますが、「いいねー。 それ」と言ってくれますよー。

次の

アベノマスク配布完了?まだ届かない・いつ届く?申請方法など調べてみた

アベノマスク 使う 使わない

アベノマスクアンケート75. 9%が「使わない」縮むマスクや髪の毛の混入や汚れも判明 2020. 19 まるこ姫の独り言 そりゃあ、誰だって使わないだろう。 私も、ブログにコメントをいただく方から、強制的に送り付けられてくるアベノマスクをどうするのかと問われた時、確か 「受け取り拒否」と書いてポストに投げ込むとコメントをしたと思うが、いろんな情報を見ていると 「受け取り辞退」と書いてポストに入れた方が良いのではないかと思うようになった。 「拒否」と書いて官邸や・ネトウヨに目をつけられても困るし 「辞退」の方が表現が柔らかくなるし、 いらないと言う発信もできるし。 これにしようかと(笑) NEWSポストセブンがアンケートを取ったところ、ほとんどの人が使わないと回答したらしい。 しかし、その購入費は1枚260円、経費総額は466億円にもなることが判明。 >NEWSポストセブンでは【政府が配布する「アベノマスク2枚」、あなたは使う? 使わない?】と題する緊急アンケートを行い(4月10日〜13日投票)、男女1994人(男女比は6対4)から回答を得た。 その結果、「使う」と答えた人はわずか24. 1%にとどまり、「使わない」と答えた人は75. 9%に上った。 天下の愚策を思いついた人には申し訳ないけど、それこそ2月の初めに送られてきたのなら喉から手が出るほど欲しい人はいただろうが、今、ネットでは、高性能の不織布マスクが、当初と思うと安価な価格で売られている。 私は家に眠っている可愛いハンカチで外見を作り、何日も前に「マスク用取り替えフィルター 挿入式 5層構造 不織布 フィルターシート」50枚入りの注文を 済ませた。 後は送ってくるのを待つだけ。 多分、布マスクより早く配達されるだろう。 庶民はものすごい知恵を持ってすぐに対応しているのに、政治家や官僚は想像力が足りないのではないか? 大体が、安倍は言い出しっぺだから小さな布マスクを着けているが、他の閣僚なんかほとんど不織布マスクだ。 総理のサポートをするのかと思っていた菅官房長官だって不織布マスクで、これじゃあ何の説得力もない。 しかも菅の言い訳が振るっている。 >配布した布マスク1億枚が洗濯しながら平均20回使われれば、使い捨てマスク20億枚分の消費を抑制することになる。 これは平常時のマスク需要の4〜5カ月分にあたる。 代替手段はない。 これも官僚の書いた原稿を読んだのだろうが、だったら、自分が見本を示せよと言う話になる。 官房長官が不織布では国民から反感を買うとは思っていないのだろうか。 政治家や、官邸官僚の考えることはさっぱりわからない。 こういう報道もある。 アベノマスクの実態だ。 466億円も掛けてマスクを強制送付、そして国民から 「使わない」とまで言われる小さな給食マスク。 どうして466億円もの金を使うなら、医療関係者や介護施設にいち早く手当てをしようと思わなかったのか。 医療関係者や、介護施設で働く人たちは常に危険にさらされている。 マスク、防護服、保護メガネ、フェイスシールド、除菌スプレーなど、いくらあっても困らないし、そちらをどんどん補充すべきなのに。 大阪の松井なんて2〜3日前に、雨ガッパの提供を求むなんて言っていて、びっくりした。 まるで、戦時中の「金属供出」を彷彿とさせる。 今回の 「布マスク騒動」で安倍政権の優先順位は、私たちの考える優先順位とは全く違うと、つくづく考えさせられた。 髪の毛が入っているとか虫が入っているとか、口や鼻に直接触れる製品であるなら、当然に滅菌されていて然るべきレベルなのに、製品としての完全に価値ゼロの不合格品である。 万一、新型コロナウイルスに感染している人が縫製したり、袋詰めしていたら、身につける事で発病するレベルの危険物でさえあると言い得るだろう。 何処が製作したかさえ秘密にして責任の所在も不明の悪巧みは、ひょっとして新型コロナウイルスをわざと国民全員に感染させ集団免疫を促進させる道具なのかもしれないところの、怪しい代物である。 緊急事態宣言時の政策決定で成された歴史的記録を全て残さねばならない筈の事業なのに製造先すら秘密にしている隠蔽はまさに悪意が滲み出ていると言えるだろう。 : : [26] 1世帯、2枚の合理的根拠がない。 1世帯、1人から複数人までいる。 2枚の根拠が知りたい。 その問いに答えられる者は誰もいない。 この珍事に、世界の人々は海外メディアやSMSを通じて知っている。 以下のようなコメントがあ発信させられている。 日本国のマスク2枚製作(政策)とは、改めて亡国を感じさせる緊急事態だ。 マスクは記念として、日本政府が行った証として、封を開けずに家宝として 保管する事に決めた。 子々孫々にこのような時代があったという記録として 残すことにする。 珍事(愚策)として記憶ではなく、記録として永久保管 する。 : : [25] 拒否?辞退? いやいや、たとえ使わなくてもアベノマスクはもらっておこう。 たとえ汚れがあっても、虫がついていても、交換などしてもらわずにそのまま保存しておくのだ。 え?なんのために? 氏もおっしゃる通りだ。 この先も様々な国難、「国民生活の困難」があるだろう。 その時、国民の上に立つ政治家をしっかり選んでおかないと、どういうことになるか? このマスクはそれを思いださせてくれる。 時に応じて、これを見てはそれを思い出し、例えば選挙は棄権せずに行こう。 子供や孫のいる人は、このマスクの由来を現在の状況とともに詳しく書いて、一緒に保存し、長く子孫に伝えていこう。 政治には常に関心を持ち、一部の人のためではなく、国民全体のために働く良き政治家を選ぶことを心がけよと伝えよう。 : : [71] 民間の製造業経験者ならば、これだけの不良品や設計上の欠陥が判明し、 市場流出が確認された段階で、当然に「製品の自主回収・リコール」を 判断することが常識であり、断行するであろう。 製造メーカ自身の信用失墜に 直結する大問題である。 すなわち、製造工程でのずさんな品質管理に、大きな問題が存在することが 明らかなのである。 特に清潔で安全性などに関する厳密な品質が要求される健康・医療用品では、 外観上の異物混入や汚染だけでなく、雑菌の付着などがないことも使用者に 実証・信頼させる、品質保証が必要である。 現状は、厚労省の本来の目的に 反して、国民の健康を脅かすものであり、コロナ不安の払拭どころか一層助長 している。 マスクの製造業者名さえ明示しない厚労省の姿勢自体に、同省や更には 安倍政権の無責任体質、隠蔽体質が露呈している。 現品返送で解決する問題ではなく、国民として強く抗議して製品の自主回収・ リコールを要求すべきであるあろう。 : : [108] 外出は控えていて、それでも必要な病院とかスーパーへとへかは行かざるを得ないので、そのときは防備を厳重にと思い、少なくともサージカルマスク相当の不織布マスクをする。 布製は恐くて絶対につけない。 飛沫の大きいのは補足出来るが、小さい、例えば湯気のよな物は防げない。 マスクをしているからといって、布マスクでは飛沫を出す側もウイルスの完全な飛散は防げないし、周りで受け取る人も同様と思う。 最近の経路不明者の増加は、絶対避けるようにと指導されている三密、すなわちクラスター源に該当しない条件下でも感染が広がっているからではないだろうか。 三密条件以外のそのうちの一つでも可能性があって、それには空中に残存し漂うような環境も強く疑われる。 こういったことも考えながらマスクの性能とか効用を考えたほうがよいし、布マスクを<つけないよりは良いとか><せっかくだからありがたく戴く>などや、三密は最も大切なことであるが至上主義はミスリードとなる。 よく官房長官がいっている、敵に誤ったメッセージを与える、となる。 : : [3] ついでに、 アベノマスクに髪の毛や虫の死骸が混入していたり、マスクそのものが黄変していたりするようだが、女の子は、生理用品がそんなだったら、それでも使用するものだろうか? するわけないよな。 清潔第一だもの。 そんなことがあれば、そのメーカーの製品はどれでももう絶対に買わないし使わないよね。 だったら、アベノマスクは、そういうことだろ。 女の子が股に当てられないものを口に当てられるわけがない(いや、女の子の股には口を当てられるよ)。 これは大丈夫ですと言われたって信用しないよね。 そもそも製造元もわからないし、安倍や自民党や厚労省官僚の言うことだもの。 だから、アベノマスクを喜んで使うようなやつは馬鹿だってこと。 : : [199] とにかく、是が非でもメディアの皆様は このマスクの製造元及び(存在するならば)中間業者を 洗い出してほしい。 このマスクを心待ちにしている人にしても(居るのかどうかは知らないが) 出所のわからないマスクなんて安心して使えないでしょ。 このマスクが不必要な人は、他人にあげたらいいなんて言ってる人も いるけど、こんな正体不明の怪しいものを無責任にも 人にあげたり出来ませんよね。 政府のどなたかのポケットマネーならともかく、国民の税金を400億以上もかけて 何かをしようとするなら、国民がちゃんと納得でき、安心できるように 徹底してくれないと。 国民の安心・安全を蔑ろにしてるところを見ると、やはりこれも 別の目的・意図があるんじゃないの?って思ってしまうわ。 いやもう、思ってるけどw 29. : : [32].

次の