ニトロ グリセリン 作用。 医療用医薬品 : ニトログリセリン

ニトログリセリン(舌下)

ニトロ グリセリン 作用

心臓病の薬としてよく知られているのがニトログリセリンです。 もしも、心臓病患者が倒れているときにニトログリセリンを持っていてすぐに用いれば、救急車到着までに心停止・呼吸停止などを防ぐことが出来るケースも多いです。 その一方で、心筋梗塞に関してはニトログリセリンは使えないとされています。 ですが、重篤な心筋梗塞の場合は血圧がすでに下がっており、これ以上血管を拡張してしまうと低血圧症状で命を落としてしまう危険性があるのです。 そのため、重篤な心筋梗塞の治療においてはニトログリセリンは使用できません。 もちろん狭心症でニトログリセリンを使う場合と同じように、ニトログリセリンだけで治るわけではありません。 また、閉塞部にニトログリセリンが働きかけるのは難しいので、狭心症への効果ほど高い効果は望めません。 そのため、いざというときのことを考えれば、ニトログリセリンは使わない方がベターな選択と言えるでしょう。 ニトログリセリンは心臓病の薬ではありますが、低血圧を伴う心筋梗塞、緑内障や脳卒中の持病を持っている方では使用できないケースが多いです。 患者の容体や諸々の病気、体質がわからない場合は、応急処置でのニトログリセリンの使用は控えてください。 慌てないで!狭心症発作の応急手当 狭心症の方で、急に胸に痛みが出たり、苦しいと思ったら… まず一番楽な姿勢でしずかに 狭心症の発作は、急に強くみぞおちから左胸を圧迫するような痛みが走ります。 一時的に血液が流れにくくなったことで起きる非常に不快な痛みで、血液の流れが戻るとともに、痛みも引きます。 この時には、あせらずに、まず一番楽な姿勢で安静にして痛みが引くのを待ちます。 ・椅子にゆったりと座る ・前屈みになる ・背中を壁にもたれかける など、自分が一番らくだと感じる姿勢になりましょう。 とくに、はじめての発作のときには、数時間は安静にして様子をみることが必要です。 頓服薬があれば使用 ニトログリセリン等の発作時の薬を処方されていたら、これを服用し、安静にします。 舌下錠であるニトログリセリンは、舌の下に入れてそのままにします。 軽めの発作であれば、このまま血液の流れが安定すれば大丈夫です。 発作が収まってから、病院へ行きましょう。 発作のきっかけ 狭心症の発作は、次のようなきっかけで起こりやすい傾向があります。 ・急いで歩く ・階段を上る ・重い荷物を持つ ・興奮する(脈が速くなる・血圧が上がる) ・食べ過ぎ ・排尿、排便時 ・過労 ・飲酒、喫煙 ・入浴 ・起床直後 ・寒い空間に出る このような発作のきっかけになる状況を、日常生活でできるだけ避けることも大切です。 発作が起きたら、慌てず、落ち着いて、周囲の人に異常を伝えましょう。 激しい発作のときには、救急車を呼ぶ必要がありますから、この判断は間違えないようにしましょう。 ニトログリセリンは防水容器で身につけよう 心臓発作が起きたときのために、頓服で処方されるニトログリセリン。 いざという時のために、いつでも飲めるような携帯の方法を考えておきましょう。 ペンダント型 ドラマなどでも見かけますが、ニトログリセリンの携帯用に専用のペンダントなどが販売されています。 ニトログリセリンは、湿気を含むと効果がなくなってしまいますので、防水性が重要。 また、いざという時、すぐ取り出せることも大切。 そのため、防水性能がある専用ロケット型のペンダントに入れ、首から下げている人が多いのです。 薬の保管としての機能 ・汗をかいても薬が湿気ない、 ・薬がぼろぼろにならない、 などの点も気をつけましょう。 携帯用以外の家庭で保管する分も同じです。 ニトログリセリンの使い方:飲んじゃだめ「舌の下」に置く ニトログリセリンは、水でごくんと飲み込むと効果がない、「舌下錠」という形の薬です。 胃から薬の成分を吸収するのではなく、口のなかの粘膜から直接血液中に取り込ませるもので、心臓にすぐに届くのが特徴です。 ニトログリセリンは、取り出したら舌の下に挟み込み、静かにします。 下の裏側の粘膜から血液中にニトログリセリンが入れば、じきに効果が出ますから、その間壁などに寄りかかり、らくに呼吸できる姿勢をとりましょう。 発作を起こしている人をサポートするときも、おちついてニトログリセリンを正しく含ませて上げましょう。 取扱には十分注意して ニトログリセリンは、爆薬の材料でもありますから、取扱には十分な注意が必要です。 ネックレスタイプ以外にも、キーホルダー型もあります。 メーカーによっては、処方された際に、ケースがついてくる場合もあるようです。 周囲の方は、心臓の悪い方がニトログリセリンをどんな形で携帯しているかを知っておくと、いざというときに安心です。 ご家族からネーム入りでプレゼントするのもよいですね。 実は簡単だった!?覚えておこう、AEDの使い方 最近、公共の場所などに必ずと言っていいほど設置されているAED。 いざという時、使うことができますか? 自動設定なので誰でも使用できます 日本では、年間約3万人が、突然死しているといわれています。 病院の外で心臓停止となるような事態がおきると、救急隊が到着して徐細動を実施するまでの時間で、救命できるかが決まるのです。 心室細動では、徐細動が1分遅れると救命率が10%低下します。 このため、誰にでも操作できるAEDの普及が急がれています。 自動体外式徐細動器(Automated External Defibrillator :AED)は、電気的なショックを与えて心臓の働きを取り戻すことを試みる医療機器です。 自動装置になっているので、医師ではなくても、誰でも取り扱うことができます。 覚えておこう、AEDの使い方 いざというときには、AEDを使えるようにしましょう。 では、実際の使い方は難しいのでしょうか? 実は驚くほど簡単です。 なぜかというと、基本的にはAEDがアナウンスをしてくれるためです。 あなたがやることは、衣類を脱がせて、見本通りの位置にパッドを貼るだけ。 あとは、AEDが判断してくれるので、その指示に従ってください。 1.電源を入れ、電極パッドを胸に貼る 2.心電図が出て、AEDの使用が必要かを装置が判断する 3.装置の指示に従って、スイッチを押すと電気ショックが伝わる AEDの使い方は至って簡単ですが、このAEDの使用と一緒に、そばにいる人が心臓マッサージと人工呼吸を継続することが必要です。 その為に、できることなら救命講習を受けておきたいものですね。 救急車が来るまでの間、あなたにできることがあります。 そばにいる人が命を救う!応急処置と蘇生率の関係とは? 救急車到着までにできること 心臓病は一度発作が起きると必ずしも生還できるとは限りません。 一度の発作でそのまま亡くなってしまう可能性も否定できない病気なのです。 ここで大切なのが応急処置ですが、心筋梗塞における応急処置の重要性をいくつかのデータから見ていきましょう。 このことから、呼吸停止4分までに蘇生できるかどうかは命の分かれ目と言っても過言ではないくらいということがわかります。 3分となりました。 平成22年度以降は8分台が続いているのが特徴で、その後病院へ到着するまでにはさらに30分程度かかります。 呼吸停止とともに119番をしたとしても、待っている間に蘇生の可能性がどんどん低くなっていくのです。 このことから応急処置は非常に重要と言えます。 誰かが心臓発作を起こして倒れた時、蘇生率は呼吸停止後4分で半分になってしまいます。 心臓マッサージや人工呼吸は一度講習を受ければ簡単に覚えられますし、AEDは機械からの音声指示があります。 普段から応急処置の流れはこういうもの、と知っておくだけでもその場で冷静に対処できる可能性が上がるので、一度消防署が開く応急処置講習などに行ってみるのもよいでしょう。 参考:総務省 平成25年版救急・救助の概況 www. fdma. pdf Photo by::.

次の

ニトログリセリン(舌下)

ニトロ グリセリン 作用

薬剤師目線:ニトログリセリン(ニトロ)の誤解 処方する医師も調剤する薬剤師も、大半は ニトロは冠動脈狭窄を開く と思っています。 実はこれ 誤解なんです。 ニトロの主なターゲットは静脈です。 爆発物は危険ですが、使い方によっては薬にもなるんですね。 ニトロの歴史は古く、19 世紀末には狭心症の治療に使われていました。 やがて、一硝酸イソソルビドや二硝酸イソソルビドなども開発されました。 これらをまとめて硝酸薬といいます。 日本では1953年にニトログリセリン舌下錠が発売開始。 空気に触れると徐々に効かなくなるという欠点がありました。 そこで 88 年から、口腔内で溶けやすく、失活しにくい現在使用されているニトロペン舌下錠 0. 3mg が使われるようになりました。 意外な服用方法~なぜなめるのか~ ニトログリセリン(ニトロ)は飲むと正確な効果が発揮されません。 また、飲むことで即効性も失われます。 だから、ニトログリセリンは 飲んだらいけない のです。 ちなみにニトログリセリン以外の硝酸薬では、この問題はありません。 なぜニトロで血管が開くのか 硝酸薬は血管拡張のスター的存在である、 一酸化窒素・エヌオー(NO) を産生します。 なかでも大事なのは、 サイクリックGMP合成を亢進させること。 どんな病気、どんな時に使用するか 硝酸薬は冠動脈疾患だけでなく、• 心不全• 高血圧 の急性治療にも使います。 特に静注薬はかなり安いので、よく使用されています。 血管内ボリュームを静脈スペースに移動しやすくするのが硝酸薬の仕事です。 利尿薬ではダメか 血管内ボリュームを静脈スペースに移動するのであれば、 利尿薬で水をくみ出せばいいんのでは? と思った方。 ごもっともです。 しかし、利尿薬は大事なときには効きにくい。 また、時間がかかることや、電解質の変動もマイナス面として働きます。 水分過剰のときに、問題をストレートに解決してくれるところは長所。 患者さんごとの使い分けが重要です。 なぜ動脈への効果は少ないのか 静脈への作用は説明しましたが、では動脈へは作用しないのか。 動脈は酸素が豊富です。 NOは酸素が豊富にある環境では、NO2やHb-NO ニトロソヘモグロビン に形を変えてしまいます。 なぜ静注を使うのか 即効性のある経口の硝酸薬は、実は血圧の急落の副作用のため心筋梗塞で使いにくい現状がありました。 静注硝酸薬が登場すると、• 細かい調節が可能• 心筋保護という概念に最適 ということで、心筋梗塞にも硝酸薬は使われるようになりました。 今は心筋梗塞でもステントをすぐに入れるので、静注硝酸薬の活躍のチャンスは減少しています。 硝酸薬の時代は終わったのか 虚血やニトロという言葉はすでに 昔の名前 になりつつあります。 心不全にはまだ登場の余地は残っています。 日本ではヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド hANP の使用が多いですが、海外ではまだ硝酸薬がメイン。 高血圧の緊急症でも使えます。 お値段以上の働きをするニトロ。 経口薬の今後、未来があるか 少し古いデータですが、海外では心筋梗塞後の5分の1に硝酸薬が投与されていました GRACE 試験、2010年。 しかし、心筋梗塞後に経口硝酸薬を続けても死亡率は下がりません。 心筋梗塞の再発は、硝酸薬ありで16%、なしだと39%。 逆に不安定狭心症は硝酸薬が使われている方に多かったのです。 結果としては、冠動脈のイベントは総数としては減らない。 しかし硝酸薬は 心筋梗塞の手前の不安定狭心症で踏ん張らせてくれるのではないか という解釈もあります。 あまり登場する機会の減ってきた硝酸薬。 今後の価値についての議論は、まだまだ続きそうです。 まとめ 硝酸薬である、ニトロについて記載しました。 ニトロの作用の仕方(作用機序)については、医療者も意外と誤解していることも少なくありません。 硝酸薬には、舌下錠としてのニトロ以外にも貼付剤などもあり、利便性は高い薬剤です。 患者さんに合った、適材適所で薬を適正使用していきたいですね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の

心臓発作を起した人が、ニトログリセリンを服用すると発作が...

ニトロ グリセリン 作用

性質 [ ] 無色透明の状で、を持つ。 に非常に溶けやすく、吸湿性が強い。 水溶液は凝固点降下により凍結しにくく、点は66. ほかに、、など様々な溶媒に可溶であるが、、、には溶けにくく、やのような無極性溶媒には溶けない。 生産 [ ] グリセロールは年間100万トン以上生産されている。 そのほとんどがやなどの加水分解によっているが、から化学合成することもできる。 現在試みられることはないが、発酵法も知られている。 油脂から [ ] 生物の油脂には大量の(トリグリセリド)が含まれている。 これはとグリセリンのであり、によりグリセリンと脂肪酸を生じる。 例えばを生産する際に副産物として大量のグリセリンが得られる。 またの主成分はであるが、これは触媒を用いた油脂とのにより得られ、その副産物がグリセリンである。 こうして得られたグリセリンには不純物が多く含まれている。 石鹸生産の副産物の場合、活性炭や、アルカリ処理、イオン交換などによって精製を行い、蒸留によって高純度のグリセリンを得ることができる。 バイオディーゼル燃料生産の副産物の場合は不純物が非常に多い場合があり、単に焼却されることが多い。 プロピレンから [ ] プロピレンからを経由して合成するのが主であるが、ほかにもやを経由する方法などが知られている。 もっともバイオディーゼル燃料の普及にともないグリセリンは供給過剰になっており、こうした化学合成法はコスト的に見合わなくなっている。 生合成と代謝 [ ] グリセロールは生体内では、、などの骨格として存在しており、貯蔵した脂肪からエネルギーをつくる際にとグリセロールに分解される。 生じたグリセロールはによって活性化されとなって再度の合成に使われるか、さらにを経てまたはに利用される。 ではが電子受容体となりが蓄積するが、このときジヒドロキシアセトンリン酸が電子受容体として働くとグリセロール3-リン酸が生じ、ついでグリセロールが生成する(グリセロール発酵)。 たとえば培地がアルカリ性であったり、が添加されていたりすると、アセトアルデヒドが電子受容体として働くことができずグリセロール発酵が優勢となる。 刺激性 [ ] 一般にアレルギーはまれとされ、比較試験ではグリセリンは偽薬として用いられ、グリセリンによるアレルギーの論文検索では4件の症例報告があり、うち2件では化粧品に配合された濃度の低い状態である。 喘息既往歴の人を除いた大学生262人にグリセリンのパッチテストを行い、スギなどのアレルゲンより小さいものの約半数に紅斑や膨湿が生じた。 利用 [ ] 化学原料としては、爆薬の成分や狭心症の薬となるの原料として有名であるほか、有機合成でつかうの原料である。 食品添加物 甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途がある。 甘味料としては虫歯の原因となりにくいことや、エリスリトールやキシリトールが持つ清涼感を打ち消す効果がある。 砂糖より甘さが弱いにもかかわらず高カロリーである。 医薬品 医薬品、化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。 、咳止めシロップ、うがい薬、練り歯磨き、石けん、ローションなど幅広い製品に利用されている。 の溶剤として、あるいは降圧剤としても使われている。 機械工業など やと同様に、を作るのに使われる。 自動車用としては、より低温まで凍結しないエチレングリコールに取って代わられたが、安全面から再評価する意見もある。 実験室では、凍結保護剤として生物の凍結保存や、酵素の低温保存に用いられている。 機械式では、ケーシングの内部空間にグリセリン水溶液を充填した製品が存在する。 これはグリセリンの粘性抵抗によって機械的振動を抑制して、ギアや指針といった可動部が摩耗・破損することを防ぐためである。 反応 [ ] と加熱するとエステル化を経て脱離が起こり、を与える。 などを作用させながら熱すると、脱水が起こりに変わる。 酸触媒の存在下にアセトンと加熱すると、脱水して1,2位がイソプロピリデン基でされた形の誘導体が得られる。 赤リンと臭素とともに反応させると1,3位が臭素化された誘導体が得られ 、酢酸中で塩化水素を作用させると、その当量により 1-モノクロロ体 もしくは1,3-ジクロロ体 が生成する。 後者や 1,3-ジブロモ体をアルカリと加熱することにより、 、エピブロモヒドリン が得られる。 誘導体と酸化条件で縮合させると骨格が構築できる。 この手法はと呼ばれる。 危険有害性と法規制 [ ] 摂取しても特段大きな害はないが、皮膚や粘膜に対して軽い刺激性がある。 の液体で、日本ではにより第4類(引火性液体)の第3石油類に指定されている。 歴史 [ ] にのが加水分解物の中から発見。 1846年にによりが発見され、1866年にが実用化に成功。 1872年が、からの合成に成功し、グリセロールという名を提案。 結晶化に纏わる都市伝説 [ ] 生物学者の1979年の著書『Lifetide』(邦題『生命潮流』)にて書かれていた事実無根の逸話が、様々な引用・脚色を経て、同じくワトソンによって創作された「」と共にの代表的伝説となっている。 ワトソンによる逸話は以下のとおり。 グリセリンの発見から100年以上、どのようにしてもグリセリンのは起こらなかった。 20世紀初頭のある日、からに運ばれる途中の一樽のグリセリンが偶然に結晶化した。 熱力学に詳しいある二人の科学者もこのグリセリンを受け取って結晶化に成功すると、実験室の全グリセリンが密閉容器内のものを含めて自然に結晶化した。 その後、グリセリンの結晶化は世界各地でありふれたものとなった。 しかし『生命潮流』で参考文献とされていた、カリフォルニア大のギブソンとが書いた論文()には、グリセリン結晶を作る際のコツが記述されているのみである。 グリセリンは世界中の科学者がどのようにしても結晶化しなかった。 ギブソンとジオークも、イギリスの偶然結晶化したグリセリンを入手した。 グリセリン結晶が到着した後であったが、ギブソンとジオークは温度管理をすることで種結晶なしでも結晶を作ることができるということを発見した。 要するに元来グリセリンは、種結晶がなくとも、上記の温度管理手順に従えば結晶化できるのである。 (参照) 出典 [ ]• 2011年4月19日閲覧。 Lide, D. , Ed. CRC Handbook of Data on Organic Compounds, 3rd ed. ; CRC Press: Boca Raton, FL, 1994; p 4386. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. Gibson , W. Giauque 1923. Chem. Soc. 45 1 : 93-104. Sims, Bryan 2011年10月25日. Biodiesel Magazine. Suzuki R, Fukuyama K, Miyazaki Y, Namiki T March 2016. JAAD Case Rep 2 : 108—10. 島田均、吉田博一、田中晃、佐藤成彦、清水宏明、森朗子、馬場廣太郎「」『アレルギー』第44巻第8号、1995年、 1045頁、 :、。 Hudgens, R. Douglas; Hercamp, Richard D. ; Francis, Jaime; Nyman, Dan A. ; Bartoli, Yolanda 2007. Kamm, O; Marvel, C. 1921. 1: 15. ; Collective Volume, 1, p. Adkins, H. ; Hartung, W. 1926. 6: 1. ; Collective Volume, 1, p. Renoll, M. ; Newman, M. 1948. 28: 73. ; Collective Volume, 3, p. 502• Braun, G 1934. 14: 42. ; Collective Volume, 2, p. 308• Conant, J. ; Quayle, O. 1922. 2: 33. ; Collective Volume, 1, p. 294• Conant, J. ; Quayle, O. 1922. 2: 29. ; Collective Volume, 1, p. 292• Clarke, H. ; Hartman, W. 1923. 3: 47. ; Collective Volume, 1, p. 233• 1936. 16: 30. ; Collective Volume, 2, p. 256• Clarke, H. ; Davis, A. 1922. 2: 79. ; Collective Volume, 1, p. 478• ; Yanko, W. ; Whitmore, F. 1947. 27: 48. ; Collective Volume, 3, p. 568• 59-60• 菊池誠 2005年5月21日. kikulog. 2010年8月24日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - グリセロールの誘導体に対する命名規則 外部リンク [ ]•

次の