子供 番組 やっ てる 芸人。 アメトーーク 2月13日 子供番組では大悟が全然違う!バラエティ番組との違いを語る「子供番組やってる芸人」

アメトーーク! 子供番組やってる芸人★2

子供 番組 やっ てる 芸人

オードリー春日、子供(女の子)が生まれる オードリーの春日さんが、ラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』内で、子供が生まれた、ということを突然発表。 誕生日は5月8日(春日さん曰く、曙とデストラーデが同じ誕生日)。 性別は女の子で、名前はまだ決まっていないとのこと。 相方の若林さんも知らなかったようで、番組の中盤から後半にかけて春日さんが「春日ね、父になりましてね」と言った瞬間、「えっ! そうなの?」と若林さんも素のリアクション。 春日さんは、2008年から交際し、ラジオ内では何度も「狙っている女」「狙い合ってる女」と紹介されてきた女性(クミさん)と2019年に結婚。 クミさんとの結婚の際には、『モニタリング』の感動的なプロポーズや、その直後にフライデーされた騒動、そしてクミさんが電話出演し、若林さんと一緒に春日さんをめちゃくちゃにやっつける、という対応も(一部で)話題になりました。 クミさんの年齢は春日さんと同い年ということなので、結構な高齢出産でもあり、またコロナの最中で病院も厳戒態勢のため、さぞ苦労や不安も多かったことでしょう。 そのときの様子も、春日さんがラジオで語っていました。 クミさんの出産に、春日さんはほんとうなら立ち会いたいと思っていたものの、一ヶ月前から立ち会いはできないと予め伝えられていたそうです。 もともと予定は5月後半で、余裕を持っていたのですが、クミさんが朝、「もしかしたら、生誕かも」と病院に電話。 春日さんとクミさんが病院に行くと、総合病院のため、こういう状況下なので途中で春日さんは入れず、看護師さんから「このまま入院になります」と伝えられ、そのままクミさんとは会えず。 その後、『モニタリング』のロケがあったので、内心では早く終わってほしいと思いつつ収録をしながら、ときどきクミさんからは状況報告の連絡が届きます。 電話もできたので、愛犬のチャチャを画面に写しながら春日さんはクミさんを励ましたそうです。 それから、翌日、産む方向に持っていくということになり、その情報を聴きながら、父になる春日さんは『どうぶつピース』の収録に。 その収録中に、子犬が生まれた話もあり、思わず泣きそうになったと言います。 その後、移動し、別番組の収録前に、「今生まれました」とリモート報告。 終わってからすぐ病院に行き、本人と子供に会えないものの、病院の先生に話を聞いたそうです。 ラジオ番組の最後には、父親になったことで、今後の人生は遅刻などもしないように、一つ一つをしっかりやっていこう、と改めて自覚したと言い、またいつか聞くかもしれない子供に向け、「生まれてきてくれてありがとうな。 大きくなるまでダディーがさ、このダディーが守るからな」とコメントしていました。 春日さんは「ダディガ(ダディーの春日)」として、いっそう覚悟を持って生きていく決意を固めたようです。

次の

アメトーーク 2月13日 子供番組では大悟が全然違う!バラエティ番組との違いを語る「子供番組やってる芸人」

子供 番組 やっ てる 芸人

2020年2月13日 木 のアメトーーク! で興味深い内容がありました。 子供たちを楽しませることや、学習意欲を高める時などの非常に有効なヒントが沢山語られていたようにも思います。 普段子供たちがどんなことにツボっているのか、私は結構気になります。 今は千鳥さんがやられているみたいです。 おはスタやできたできたできたは少し見てました。 NHKをぶっ壊す!っていうのが流行りですけど、私は結構、NHK教育は録画してでも見たい番組がいくつもあります。 道徳向け番組がかなり優秀なんですよね。 と言いますか他に競合があまりないからNHK教育の一強なんですよね。 最近だと小学3・4年生向けの道徳番組「もやモ屋」が素晴らしいです。 さわやか三組などの後継番組です。 子供達の笑いに不要なこと 子供の笑うツボと大人が笑うツボは正反対のように違うみたいです。 大人はウケるけど子供はウケない。 子供がウケるけど大人はウケない。 というのは出演者皆さん納得していました。 また、 ・お笑いのセオリーは不要 ・シュールな笑いは不要 ・エッジの効いたボケ・ツッコミは不要 ・ギャグをするにも前フリ不要 だそうです。 確かに子供たちは誰か著名人のモノマネをやったり、彼らの生活にないような前フリ内容でお笑いが行われても、特に反応に困りますよね。 だって知らないのだから。 知らないし具体的な想像が出来ないものに対しては彼らは素直な反応をしますね。 子供達の笑いに必要なこと ・日頃のイメージを崩すこと ・シンプルな動きや動物の鳴き声を誇張すること ・大人も10歳程度の精神年齢で臨むこと ・声のトーンを急に変える ・おならネタ ・志村後ろ!のネタ(大人・子供両方を笑わす可能性大) 不要なことと必要なことを見比べてわかることは、前者はその芸人の経歴や人生経験を活かし言語的に笑わせているが、後者は視覚的・即興性などとシンプルさや非日常の言動が笑いの要素になっていることです。 モチベーションが上がるタイミング 子供達が笑うツボの他に、彼らがモチベーションを上げるタイミングも述べていました。 ・誕生日サプライズ ・一番活発な子をリーダーに任命すること ・答えを子供たちに言わせること その他気になったこと ・子供達が今ハマっているゲーム等のハイスキルを大人が持つと崇拝される ・ロケのための移動で大はしゃぎして、いざ撮影になると疲れている ・子供は白髪の元気な人は怖がる ・子供達と一緒に居たら心がキレイになる ・バラエティはおかしい、子供番組は人間っぽい ・ドリフはすごい! 子供達の世界と、大人の世界というのは大きく違うみたいですね。 それが何歳まで続くかと言ったら小学生のうちなんでしょうか。 小5くらいから幼稚な笑いに若干疑問を持ち始め、中学生くらいになると大人の笑いのツボに近づいてくる印象を受けます。 思春期が節目ということなんでしょうね。 この笑いのツボを理解して学校教育でも塾でも、キャンプでも、外遊びでも使っていければかなり子供達から好意的に見られるんじゃないかと思われます。 その人を好きになってくれれば、大人の言うことも、子供の言うこともお互い理解し合えて面白い人生を送ることができる感じがします。 早速私も子供達の心理をよく理解した上で上記のことを試してみようと思います。

次の

アメトーーク! 【子供番組やってる芸人】 200213

子供 番組 やっ てる 芸人

できたできたできた()(テレ東)みんなDEどーもくん() 蛍原 3人てことですか?僕は斎藤だけやってるのを 斎藤 そうです。 地方に行って、場所によっては千人ぐらいのお客さんの前で毎回新ネタをやる。 後藤 斎藤の圧で子供が怖がったりとかそういうのはないわけ 太田 逆です。 斉藤さんの圧で子供がよじれるほど笑う 斎藤 ゴトウサンバシスギ(パチッ) 太田 面白い人なんか来る必要ないですから。 わかりやすさですほんとに。 斎藤 俺は面白くないってことか 後藤 わかりやすい おたけ 僕はほんとに、感情が子供と同じなんで。 子供と合わせられないと無理なんですよ。 子供扱いしちゃうじゃないですか。 でも子供は違うよってなっちゃうんですね 蛍原 同じ目線で おたけ 後藤さんみたいに白目とかも多いとダメなんですよ。 顔がもう大っ嫌いなんで(笑) 蛍原 怖いんだ ノブ 実際子供番組は 後藤 やったことないかなあ、いや、さんで「」声とか ノブ 声でしょ。 顔は無理だ(笑) エッジの効いたボケ&ツッコミ不要 ノブ スタジオに居る小学生、視聴者の子供をわらかす仕事ですから。 スタッフを笑かそうとしない。 ロケとか子供と行くんですよ。 スタッフさんは僕のツッコミを出そうと思って「ノブさん、そこ座ったらどうですか~」雪のところに僕を座らすんですよ。 雪にしばらく尻付けて「オイ!尻がシベリアか!」シーン.... (笑) おたけ シベリアなんて知らないんで ノブ シベリアは怖い 大悟 軍の感じがするんですよ 後藤 シベリアで軍のイメージ来たら、だいぶシベリア知ってるやん 大悟 追求もしちゃダメ!! 蛍原 大悟もボケへんってこと? 大悟 心がほんとにキレイになりますよ。 子供たちと一緒に2~3日ロケに行くんですよ。 ノブもいなかった。 ボクと子供たちだけでずっと。 夜も芸人と飲むことがない、昼間に芸人と話することもない。 ずーっと子供といたら、大悟という悪が全部消えていって。 3日目のロケ中に3mぐらいのところから子供が勇気を出して飛び込まないといけない、上でカタカタ震えてるのを見て、この大悟がその子供にかけた言葉がここ(胸)殴りながら「最後の勇気」(笑) 特にツッコミの人は大変 大悟 ツッコミの人は普通の会話で「ヤメヤメヤメ!」とか「なんしよんじゃコラァ」とか。 それが身に付いてるけど言っちゃダメなんですよ。 ノブとかでも子供達が手を挙げ出したら終わらないですよ質問。 「いつまでやっとんねん!」と本来ならツッコむところを「 もうやめようかナ」 全く同じ質問をするんですよ。 手ェあげてるけど子供って思いついてないでしょ、質問。 「そのハンバーグはどうやって作ったんですか?」横の子が思いつかなくておんなじ事を言っても「おんなじことやないかい!」言わない。 「 2回も聞いてくれたんだ!!」ていう(笑) お笑いのセオリー、シュールな笑い不要。 イメージを崩せば笑う。 大人のスタッフが笑うときは、子供は笑ってない。 両方わらかすのはやったことない。 声のトーンを急に変えれば笑う。 あとジャンポケ。

次の