マグマ ブロック。 【マインクラフト】マグマブロックの特性とトラップや明るさなどの使い道5つを解説

マイクラのアイテムID・ブロックID全1360種一覧!JE/BE対応 | nishiのマイクラ攻略

マグマ ブロック

マグマブロックとは? マグマブロックは ver1. 10から追加されたネザーで生成されるブロックです。 マグマブロックはピッケルで壊すことができ、木のピッケルでも簡単に壊れる程柔らかいブロックです。 生成率も低くないので集めるのには苦労しなさそうです。 上に乗るとダメージを負う マグマブロック…、名前からして何か危なそうな感じがしますがその通り。 マグマブロックの上に乗ると毎ティックに1 のダメージを負います。 ハート半分なので正直そこまで痛いダメージではありません。 でもずっと上に居るとさすがに痛いので、そんな時の対処法があります。 それは、シフトを押すことです。 どういう効果が働くのか分かりませんが、 シフトを押すとマグマブロックの上に乗っていてもダメージを負わなくなります。 「ん?懐かせた犬を座らせればダメージ食らわないんじゃね?」と思った方、普通に死んでしまったので注意してください。 他の対処法としては、 火炎耐性のポーションを付与すると一切ダメージを負わなくなるので覚えておきましょう。 明るさを吸収する もう一つの面白いのが、 隣接するブロックの明るさを吸収するという特徴です。 マグマブロックの元の明るさは3なのですが、 隣接するブロックが現在自分の持っている明るさより大きかった場合、その明るさを吸収します。 その隣接していたブロックを壊しても明るさは継続されるので、明るさを自由に変更できる便利なブロックになります。 雨に濡れると煙を上げる。 マグマブロックは雨に濡れると煙のパーティクルを発生させます。 見るからに熱そうですからね…。 何かの演出に使うと面白いかもしれません。 上にある水を蒸発させる 地味な特性なのですが、マグマブロックの上に水が乗っていた場合ランダムなタイミングで上にある水を蒸発させます。 もし上に水源がある場合枯れてしまう恐れがあるので注意してください。 マグマブロックを使ったトラップタワー.

次の

【マイクラ】糸の効率的な集め方、クモスポナーのトラップ!【統合版】

マグマ ブロック

今回はトラップタワーの処理層に必要な資材を集めに行きます。 欲しいのはサボテンとマグマブロックです。 マグマブロックは上に乗っているMobにダメージを与える一方で、上にあるアイテムは消失させないというトラップタワーのために生まれてきたようなブロックです。 革命的。 まずはサボテンを収集。 砂漠の村付近をうろうろして集めます。 次はマグマブロック。 マグマクリームからクラフトできるとのことで最初自力で作ろうとしていましたが効率が悪いことに気が付き断念。 その後軽くネザーを歩いて探しましたが全く見つからず… おそらく古いバージョンで読み込み済みのチャンクにはマグマブロックは生成されないんでしょう。 まだ行ったことのない場所まで行く必要があるのですが、ネザーは結構探検しているのでかなり遠くまで探しに行かないとダメそうです。 ということで耐火のポーションを醸造してマグマブロック探しの準備をします。 ポーション作るのにブレイズパウダーがいるのね。 昔はいらなかったような… 耐火のポーションの準備が出来たのでいざ出発。 しばらく歩いたところでバージョンの壁を発見。 バージョンの壁があるということはこの辺には来たことがないという事になるので、マグマブロックがこの近くにあることが期待できます。 さらに進んだところで見慣れないブロックを発見。 これは…! ありましたマグマブロック! いかにも熱そう! マグマに隣接していない回収のしやすい場所でマグマブロックを回収。 どんどん集めます。 またすぐ近くでマグマブロックを発見。 ここは大量にありそう…! いや無限に出てくるんだけど… どうやらマグマブロックがすごい大量に集まって存在している場所もあるようです。 結構簡単に集められるんですね。 自力で作ろうとしなくてよかった… もう手持ちに持ちきれないくらい集まりました。 こんなにいらねぇ… モンスタートラップに必要な資材は集まったので、このへんで本拠地に戻りたいと思います。

次の

【マインクラフト】マグマブロックの特性とトラップや明るさなどの使い道5つを解説

マグマ ブロック

マイクラのネザーアップデート(Java版1. 16)の解説です。 ネザーに新しいバイオームやMobが追加されたほか、ダイヤ装備を上回るネザライト装備の登場、レッドストーン回路の仕様変更なども含む大型アップデートになっています。 マイクラJE1. 16はネザーが生まれ変わるアプデ マイクラJava版1. 16ネザーアップデートは、その名のとおりネザーが大きく変化することになったアップデートです。 これまではどこに行っても同じ景色が続いていたネザーに「真紅の森」「歪んだ森」「ソウルサンドの谷」「玄武岩デルタ」という新たなバイオームが生成されるようになり、景色が一変しました。 またネザーでのみ生成される新しいブロックやネザーの新Mobなども登場し、ネザーでの冒険がより楽しいものになっています。 ネザーに追加された4つの新バイオーム ネザーの中に「真紅の森」「歪んだ森」「ソウルサンドの谷」「玄武岩デルタ」というこれまでになかったバイオームが生成されるようになり、溶岩と炎で赤一色だったネザーで「景色の変化」を楽しめるようになりました。 なおもともとのネザーの地形も、「ネザーの荒野(Nether Wastes)」というバイオーム名で残っています。 真紅の森(Crimson Forest) 真紅の森は「森」と名付けられているとおり、赤い木のようなものがたくさん生えているバイオームです。 この木のようなものは「Huge Crimson Fungi」と名付けられているので、木というよりは巨大なキノコという位置づけ(Fungiは真菌類、キノコ)。 赤い葉はネザーウォートブロックで、幹は「真紅の幹」という新ブロックになっています。 ネザーウォートブロックからネザーウォートのクラフトは残念ながらできませんが、大量のネザーウォートブロックが手に入れば建築にも気軽に使えるようになりますね。 使い所はかぎられそうだけど。 ネザーウォートブロックから垂れ下がる「しだれツタ」。 ネザーウォートブロックからは赤いツタが垂れ下がっています。 プレイヤーが通ってもぶつかることなくすり抜けますが、ツタと重なった状態でスペースキーを押せば登ることが可能。 時間の経過で地面に向かって伸びていきます。 真紅の森の地面には「真紅のナイリウム」という、ネザーラックの表面を赤い菌糸で覆ったようなブロックがしきつめられています。 菌糸ブロックのように自然に広がることはありませんが、隣り合うネザーラックに骨粉を振りかければ伝播させることができます。 また真紅のナイリウム自体に骨粉をかけると、キノコや草など真紅の森特有の植物が周囲に生成されます。 地面に生えている「真紅のキノコ(赤いキノコ)」や「真紅の根(赤い草)」。 たまに青いキノコも生えています。 真紅のナイリウムの上にある真紅のキノコは、骨粉をふりかけると巨大なキノコに成長します。 真紅のキノコや歪んだ森に生成される歪んだキノコは草ブロック、土、粗い土、ポドゾル、ソウルソイルにも植えられますが、骨粉で成長するのは真紅のキノコが真紅のナイリウムに植えられたとき、歪んだキノコが歪んだナイリウムに植えられたときだけです。 オーバーワールドでも成長させることができます。 成長後は下のナイリウムがネザーラックに変化しています。 ネザーのキノコやツタなどは、コンポスターに入れることが可能です。 巨大な真紅のキノコの上部にはシュルームライトという新ブロックが生成されています。 シュルームライトは明るさレベル15の光源ブロックです。 硬くないので素手でも簡単に回収できますが、斧を使うことで最速回収が可能。 葉の部分だけでなく、上画像のように幹の部分に生成されていることもあります。 真紅の森には新Mobのピグリンとホグリン、そしてゾンビ化したピグリン(旧ゾンビピッグマン)がスポーンします。 ピグリンとホグリンについては下で改めて解説します。 歪んだ森(Warped Forest) 歪んだ森は真紅の森を青くしたようなバイオームです。 歪んだ幹と歪んだウォートブロックからなる巨大なキノコがたくさん生えていて、真紅の森と同じようにシュルームライトも生成されます。 歪んだ森。 こちらは青いです。 歪んだ森には、ねじれたツタ(Twisting Vines)が生成されます。 しだれツタと違って上に向かって成長していくツタで、プレイヤーが登ることもできます。 地面は歪んだナイリウムで覆われており、歪んだキノコ(青いキノコ)と歪んだ根(青い草)、そしてネザースプラウト(青い芽)が生えています。 歪んだナイリウムも骨粉をかけると歪んだ森の植物が生成されます。 隣のネザーラックに骨粉を使えば伝播できるのも、真紅のナイリウムと同じです。 歪んだ森にはエンダーマンと新Mobのストライダーがスポーンします(ストライダーは溶岩にスポーン)。 オーバーワールドではなかなか難しいエンダーパール集めもここなら効率的に行えるので、広い歪んだ森を見つけたらトライしてみましょう。 エンダーマンは1. 16からネザーラックを運ばなくなったかわりに、ナイリウム、ネザーのキノコ、根を拾うようになっています。 ソウルサンドの谷(Soul Sand Valley) ソウルサンドの谷はソウルサンドとソウルソイルに覆われたバイオームです。 青い霧に青い炎(ソウルファイヤ)と、これまでのネザーとは真逆の雰囲気。 スケルトン、ガスト、エンダーマンがスポーンします。 ソウルサンドの谷。 化石も見えます。 通常の炎はふれると1秒につき1(ハート0. 5個)のダメージですが、青い炎は1秒につき2(ハート1個)のダメージを受けます。 つまり2倍の早さで体力が減少していくということです。 みるみるハートが減っていくので、できるだけ触れないようにしましょう。 ソウルサンドや新ブロックのソウルソイルに火をつければ、プレイヤーが青い炎をつけることもできます。 この炎はネザーラックについた炎と同じく自然には消えることはありません。 ソウルソイルかソウルサンドがあれば、オーバーワールドでも青い炎をつけることができます。 ソウルサンドの谷には、新ブロック「玄武岩」の柱が生成されます。 玄武岩は動かないブロックですが、上から流れてくる溶岩と同じように上から垂れて地面に広がっているような形になっています。 ソウルソイルの上を流れる溶岩に青氷ブロックを触れさせれば、プレイヤーが玄武岩を生成することも可能です。 磨かれた玄武岩も追加されています(左)。 ネザーに生成される化石。 ネザーにも化石(骨ブロック)が生成されるようになりました。 オーバーワールドではなかなか見つけられないですが、ネザーでは地表に露出しているので簡単に発見できます。 骨ブロックを建築に使いたいときはネザーで回収するようにしましょう。 ちなみにオーバーワールドの化石と違って石炭鉱石は生成されず、代わりに玄武岩が生成されることがあります。 玄武岩デルタ(Basalt Deltas) 玄武岩デルタ地帯。 黒く不気味なバイオームです。 玄武岩デルタ地帯は玄武岩とブラックストーンに覆われたバイオームです。 ネザーの火山バイオームということらしく、火山灰のようなものがただよっています。 火口でしょうか。 いたるところに溶岩湖が生成されています。 このバイオームにはガスト、マグマキューブ、ストライダーがスポーンします。 マグマキューブがたくさんスポーンするので、倒したいときはこのバイオームを探すと良さそうです。 バージョン1. 2までのネザーと同じ景色です。 このバイオームにはガスト、ゾンビピグリン、マグマキューブ、エンダーマンがスポーンします。 ネザーの新しい2つの構造物 新しいネザー関係の構造物が追加されました。 ネザーだけでなくオーバーワールドの景観に影響を与えるものもあります。 砦の残骸 ネザーの玄武岩デルタを除くバイオームに、砦の残骸が生成されるようになりました。 ネザー要塞と同じような巨大な構造物で、橋・ホグリン小屋・居住区・宝物室があります(砦によって構造は異なっています)。 砦の残骸。 マグマキューブスポナーが生成されていることがあります。 近くにはたくさんの金ブロックとお宝チェストが。 ラージチェストが置かれていることもあります。 砦の残骸の中にあるチェストからは、ここでしか手に入らない「Pigstepのレコード」と「ピグリンの旗の模様」のほか、ダイヤ装備や古代の残骸などのレアアイテムをゲットできる可能性があります。 砦の中にはたくさんのピグリンとたまにホグリンがスポーンしているので、必ず金の防具を一つ装着して乗り込むようにしましょう。 荒れ果てたポータル ネザーポータル(ネザーゲート)の遺跡が、オーバーワールドやネザーで生成されるようになりました。 完全なゲートの形はしておらず、使われなくなったまましばらく放置されて朽ち果てたような感じになっています。 荒れ果てたポータル。 オーバーワールドのものは石レンガが、ネザーのものはブラックストーンレンガが使われます。 海の中で発見できることも。 マグマブロックがあるので泡立っています。 十数種のバリエーションがあり、ほとんどのバリエーションでお宝チェストも生成されます。 チェストからは金のツールや金防具のほか、時計や鐘、エンチャントされた金のリンゴなど金にまつわるアイテムを入手可能です。 ネザーの新Mob ネザーにピグリン、ホグリン、ストライダーという新しいMobがスポーンするようになりました。 またバージョン1. 2までネザーに生息していたゾンビピッグマンが、1. 16からゾンビピグリンに姿かたちを変更しています。 ホグリン ホグリンは大きな牙とブタのような鼻を持つ四足歩行のMobです。 敵対的なMobで、プレイヤーを見つけると突進しながら攻撃してきます。 動くスピードはあまり速くありませんが攻撃力が高く、突き上げられると落下ダメージも受ける可能性があるので油断できない相手です。 真紅の森や砦の残骸にスポーンするホグリン。 子供のホグリンもいます。 ホグリンは真紅のキノコで繁殖が可能で、倒すと生の豚肉と革をドロップします。 ネザーでは貴重な食料源となりますが、繁殖する場合はダメージを受けずに処理できるような設備を整えてからでなければ危険。 地面に歪んだキノコがはえているとなぜか逃げようとするので、うまく利用するといいでしょう。 ピグリン ピグリンはブタの顔を持つヒト型のMobです。 敵対的なMobですが(子供は中立的)、プレイヤーが金の防具を装備していると仲間と認識するのか攻撃してきません。 ピグリン。 真紅の森やネザーの荒野にスポーンします。 プレイヤーが設置されている金ブロックを破壊したりチェストやタルを開いたりすると、金の防具を身につけていても襲いかかってきます。 周りにいるピグリンも一斉に攻撃してくるので、一度敵対化させるとかなり厳しいです。 中立状態のピグリンはピグリンは青い炎やソウルトーチ・ソウルランタンを避けるように動きますが、攻撃状態になるとおかまいなしにプレイヤーに襲いかかってきます。 もらった金インゴットを見つめるピグリン。 金インゴットを右クリックでピグリンに渡すと、代わりにネザーのキノコや火打ち石、生の豚肉などのアイテムをプレイヤーに投げてくれます。 運が良ければエンチャントの本(ソウルスピード)やソウルスピードが付与された鉄のブーツをゲットできます。 ウィザースケルトンを攻撃するピグリン。 なぜかウィザースケルトンを見つけると攻撃します。 しかしゾンビピグリンは恐いのか避けている様子。 たまに子供のピグリンが子供のホグリンに乗ります。 ホグリンにのった子供のピグリンにのる子供のピグリンにのる子供のピグリン。 ゾンビピグリン ゾンビピッグマンが「ゾンビピグリン」に名前を変え、見た目も変わりました。 ネザーに普通にスポーンするほか、ピグリンをオーバーワールドやジ・エンドに連れて行くとゾンビピグリンに変化します。 ゾンビピッグマン(左)とゾンビ化したピグリン(右)。 ピグリンがゾンビ化するとそれまでの装備はすべてなくなり、金の剣を装備した状態になります。 中立的Mobなので、こちらが何もしなければ襲いかかってくることはありません。 ゾグリン ホグリンもピグリンと同じようにオーバーワールドやジ・エンドに連れて行くとゾンビ化します。 ゾンビ化したホグリン=ゾグリン。 ゾグリンはクリーパーとゾグリン以外のMobにすべてに敵対化し、襲いかかります。 村人を見つけると襲いかかるので注意しましょう。 繁殖できず、歪んだキノコにもひるみません。 ストライダー ストライダーは、ネザーの溶岩の海にスポーンする友好的なMobです。 鞍を装着することができ、歪んだキノコ付きの棒(釣り竿+歪んだキノコ)で操縦が可能。 プレイヤーをのせて溶岩の海を泳いでくれるので、ダメージを受けずに向こう岸に移動することができます。 ネザーの溶岩の海にスポーンする新Mobのストライダー。 溶岩の中にいるときは赤いですが、地上に上がると紫色に変色します。 歪んだキノコで繁殖が可能です。 新しいブロック・アイテム ネザーが更新されたことで、真紅の森の真紅のナイリウムやソウルサンドバレイのソウルソイル以外にも新しいブロックやアイテムが追加されています。 最注目は「古代の残骸」から生成できる「ネザライト」の新装備。 マイクラで長いあいだ最強の座をほこっていたダイヤ装備よりもさらに強力な「ネザライトの装備品」を作ることができるようになりました。 ネザーの鉱石やレッドストーン関連のブロックが追加 ネザーに多くの新ブロックが生成されるようになりました。 ネザライト装備を作るために必要な古代の残骸はネザーでしか手に入れられないので、ネザーでの活動時間がかなり増えることになりそうです。 古代の残骸 古代の残骸は、ネザライトの原石にあたる鉱石です。 精錬することでネザライトの欠片を入手できます。 黒曜石と同じ爆発耐性を持ちますが、黒曜石と違ってピストンで動かすことが可能。 採掘にはダイヤかネザライトのツルハシが必要です。 古代の残骸。 ネザーにわずかに生成される鉱石です。 溶岩に浮く性質を持っているので、プレイヤーが溶岩でゲームオーバーになっても沈んで取れなくなることはありません。 古代の残骸をかまどで精錬し、金インゴットと組み合わせるとネザライトインゴットを作ることができます。 ネザライトインゴットは、ダイヤモンドのアイテムをネザライトのアイテムに強化するために使います。 鍛冶台に機能が使いされているので、ダイヤの装備と一緒にセットしてみましょう。 ネザライトの装備品をゲット。 ついに鍛冶台にも役割ができました。 しかしネザライトインゴットを作るために必要な古代の残骸は、数が少ない上に空間に露出した形では生成されないので発見が非常に困難。 地道にブランチマイニングをするしかありません(それでもなかなか見つからない)。 埋蔵量や生成される高度を以下の記事で詳しく調査しているので、参考にしてみてください。 関連記事: ネザライトブロック ネザライトブロックはネザライトの欠片9個でクラフトできるブロックです。 古代の残骸と同じような性質を持っています。 見た目がとてもかっこいいですが、ネザライトインゴットを大量に集めるのは難しいためサバイバルでの建築に使うのは厳しいです。 ネザライトブロック。 ビーコンの土台としても使えます(ネザライトインゴットはビーコンの燃料として使用可能)。 真紅の木材・歪んだ木材 歪んだ木材と真紅の木材、そしてそれぞれの表皮を剥いだ幹。 真紅の幹、歪んだ幹からは木材や表皮を剥いだ幹をクラフトすることができます。 木材はハーフブロックやドア、フェンスなどに加工可能で、いずれのブロックも火をつけても燃えません。 普通の木材と同じように、切り口のない表皮を剥いだ幹や6面全てが表皮で覆われている幹も追加されています。 真紅・歪んだ系のブロック。 ソウルトーチ・ソウルランタン 石炭or木炭+棒+ソウルソイルorソウルサンドで「ソウルトーチ」がクラフトできるようになりました。 ソウルトーチは明るさレベルは10なので湧き潰しには不向きですが、青色の光は非常にかっこいいです。 ソウルトーチを使えば、ソウルランタン(ランタンの青バージョン)を作ることができます。 こちらのランタンも明るさレベルは10です。 泣く黒曜石 泣く黒曜石。 ピグリンとの物々交換や、荒れ果てたポータル、砦の残骸で手に入れることができるブロックです。 明るさレベルが10で、染み出す紫色の液体がポタポタと垂れます。 ブラックストーン 玄武岩デルタバイオームや砦の残骸などでブラックストーンが生成されるようになりました。 丸石のネザーバージョンという感じのブロックです。 ブラックストーン。 石製の道具やかまどのクラフト材料として使えます。 磨かれたブラックストーン、ブラックストーンレンガと、それぞれのハーフブロック、階段、壁も追加されています。 ブラックストーンレンガ系のブロックは見た目がとてもかっこいいです。 リスポーンアンカー リスポーンアンカーはベッドが使えないネザーやジ・エンドで役立つ、リスポーン地点を設定できるブロックです。 グロウストーンをチャージすると使えるようになり(右クリックするとリスポーン地点が設定されます)、一回リスポーンするごとにグロウストーンが一つ消費されます。 チャージできるグロウストーンは最大4つです。 泣く黒曜石6つとグロウストーン3つでリスポーンアンカーが作れるようになっています。 チャージしている数は左から1、2、3、4。 オーバーワールドで使おうとすると大爆発をおこすので注意が必要です。 ロードストーン コンパスが指し示す位置を変更することができる「ロードストーン」が追加されました。 スポーン直後のコンパスは初期スポーン地点を指し示していますが、ロードストーンにコンパスを使うと、使用したコンパスがそのロードストーンの位置を指し示すようになります。 ロードストーン。 ロードストーンはネザライトインゴットを8つの模様入りの石レンガで囲むと作れます。 ロードストーンを指し示すコンパスは、エンチャントされたアイテムのように光っています(通常のコンパスは初期スポーン地点を示したまま)。 ロードストーンはいくつも設置することができて、ネザーやジ・エンドでも機能します。 ターゲットブロック こちらはターゲットブロック。 ターゲットブロックは発射されたものがより中心に近いところに当たると信号が強く発せられるブロックです。 ターゲットブロック自体が信号を出力できるので、レッドストーンコンパレーターなしで回路に動力を送ることができます。 ターゲットブロックの作り方。 エンダーパールやエンチャントの瓶でも反応します。 レッドストーンダストのつながり方が要注目。 2までは隙間なく並べたピストンやディスペンサーに動力を伝えるときはリピーターが必須でした(上の画像右)。 そうしないとレッドストーンダストが隣のレッドストーンダストとつながって、伝えたいところに動力が伝わらなかったからです。 しかしターゲットブロックを使うと隣り合わせに置いたレッドストーンダストがそれぞれターゲットブロックにつながってくれるため、リピーターの設置が必要ありません。 これはありがたい仕様。 いろいろな装置がより作りやすくなりそうです。 ネザー金鉱石 ネザー金鉱石。 ネザーでも金鉱石が生成されるようになりました。 オーバーワールドの金鉱石とは違って、ネザーラックに埋まっているような見た目です。 どの種類のツルハシでも破壊することができ、金塊が2~6個ドロップします。 精錬すれば金インゴットになるため、シルクタッチで採取して精錬するのがオススメ。 精錬すれば金インゴットになります。 スナップショット20w11aで調査してみたところ、生成されている数はオーバーワールドの金インゴットよりも多め。 きらめくブラックストーン 砦の残骸にきらめくブラックストーンが生成されます。 ツルハシで破壊するとそのままブロックとしてアイテム化するか、たまに金塊2~5個になってドロップします。 きらめくブラックストーン。 普通のツルハシで破壊すると10%の確率で、幸運のエンチャントを使うとレベル1で14. 29%、レベル2で25%、レベル3で100%の確率で金塊がドロップします。 ネザーのレンガ 模様入りネザーレンガとひび割れたネザーレンガ、クォーツレンガも追加されました。 模様入りのネザーレンガには、よく見るとガイコツの模様が描かれています。 ソウルキャンプファイヤ ソウルキャンプファイヤ。 青い炎の焚き火が追加されました。 石炭のかわりにソウルサンドまたはソウルソイルを使って作ることができます。 ピグリンを撃退可能です(ピグリンの近くに設置すると逃げていきます)。 鎖ブロック 鎖ブロック。 鎖ブロックが追加されました。 作業台で中央においた1つの鉄インゴットの上下に2つの鉄塊を配置すると作れます。 砦の残骸や荒れ果てたポータルで見つかることも。 ネザライトの道具・装備 ネザーアップデートではダイヤ製の道具を超える性能を持つ、ネザライト製の道具を作ることができるようになりました。 入手難度はかなり高いですが、ぜひとも手に入れたいアイテムです。 ネザライトフル装備。 ヘルメットは鼻もしっかり覆う形です。 ネザライト製の道具はダイヤ製の道具1つとネザライトインゴット1つを組み合わせることで作ることができます。 古代の残骸を手に入れてからは、以下のような手順が必要です。 古代の残骸を精錬してネザライトの欠片を手に入れる• ネザライトの欠片4つと金インゴット4つでネザライトインゴットを作る• 鍛冶台でダイヤ製の道具・装備品とネザライトインゴットを組み合わせる ダイヤ製のアイテムを手に入れるところから考えると、ネザライト製のアイテムをそろえるにはかなり手間がかかります。 ネザライト製のアイテム。 ダイヤ製の道具や装備品は、全てネザライトで加工することができます。 ネザライトで加工することで攻撃力・防御力・ブロックを破壊する速度が向上し、さらによいエンチャントがつきやすくなります。 基本性能はダイヤと比較して以下のようになっています。 アイテム ダイヤ ネザライト シャベル 攻撃速度 1 1 攻撃力 5. 5 6. 5 耐久値 1561 2031 ツルハシ 攻撃速度 1. 2 1. 2 攻撃力 5 6 耐久値 1561 2031 斧 攻撃速度 1 1 攻撃力 9 10 耐久値 1561 2031 クワ 攻撃速度 4 4 攻撃力 1 1 耐久値 1561 2031 剣 攻撃速度 1. 6 1. 6 攻撃力 7 8 耐久値 1561 2031 ヘルメット 防具強度 +2 +3 防具 +3 +3 ノックバック +1 耐久値 363 407 チェスト 防具強度 +2 +3 防具 +8 +8 ノックバック +1 耐久値 528 592 レギンス 防具強度 +2 +3 防具 +6 +6 ノックバック +1 耐久値 495 555 ブーツ 防具強度 +2 +3 防具 +3 +3 ノックバック +1 耐久値 429 481 ネザライトの剣・道具(クワ以外)は攻撃力がダイヤ+1。 この基礎性能のパワーアップに加えて、ネザライト系のアイテムは「ドロップしたときに溶岩に浮く」という特性も持っていて、ゲームオーバー時にアイテムが溶岩に飛び散っても沈んで取れなくなることはありません。 非常に魅力的なアイテムです。 その他の新アイテム その他、新しいレコードや旗の模様も追加されています。 レコード「Pigstep」 新しいレコード。 レコードに新しく「Pigstep」が追加されました。 他のディスクと違って赤色で、砦の残骸でのみ入手可能です。 ジュークボックスで再生したときは、レッドストーンコンパレータで13の強度の信号を出力できます。 旗の模様「ピグリン」 ピグリンの模様がついた旗。 ブタ鼻の模様です。 旗の模様に新しく「ピグリンの模様」が追加されました。 砦の残骸のチェストでのみ入手可能です。 4つの新コマンドが追加 Mobの能力を変更できるコマンドやバイオームを探すコマンドなど、使いどころの多そうなコマンドが追加されています。 このコマンドを使うことで、プレイヤーを一撃で倒す攻撃力の高いゾンビや、何度攻撃しても倒せない防御力の高いスケルトンを作り出すことができます。 タイガの村やムーシュルーム島、荒野(メサ)などを簡単に探すことができます。 forgiveDeadPlayersをfalseにすると、ターゲットとなっていたプレイヤーが死んだとき敵対化が解除されなくなります(リスポーンしても敵対化したまま)。 デフォルトではtrue(死ねば敵対化が解除される)になっています。 universalAngerをtrueにすると、敵対化しているMobが対象のプレイヤーだけでなく近くにいる他のプレイヤーも攻撃するようになります。 デフォルトではfalseになっています。 新エンチャント「ソウルスピード」 ソウルスピードという新しいエンチャントが追加されました。 ブーツに付与できるエンチャントで、ソウルサンドの上での歩行速度が向上します(通常の歩行よりも速くなる)。 またソウルソイル上でも同じスピードで歩けます。 ソウルスピードはピグリンとの物々交換でエンチャントの本やエンチャント済みの鉄のブーツを手に入れるか、砦の残骸のチェストから入手することができます。 エンチャントテーブルでの付与や釣りでの入手は不可能です。 レッドストーンダストの仕様変更 レッドストーンダストのつながり方や動力の伝わり方に変更がありました。 レッドストーンダストを一つだけ置いたとき、十字の形で設置されるようになりました。 2まではレッドストーンダストを一つだけおくと、丸い形になって設置されていました。 16でも設置後に一度右クリックすれば丸形にできますが、丸形のレッドストーンダストでは前後左右に動力を伝えることができなくなっています。 2までは丸形でも前後左右に動力が伝わっていました。 下のような回路も、動力の伝わり方が変更されています。 2ではレッドストーントーチ側のフェンスゲートに動力が伝わっていませんが、1. 16ではどちらのフェンスゲートにも動力が伝わっています。 フェンスゲートの横(一段高くなった石ブロックの上)のレッドストーンダストの形状を見ると、たしかに1. 16のように動力が伝わるのが正しいような気がしますね。 十字と丸の切り替えでも見られたように、よりレッドストーンダストの「見た目」に忠実に動力が伝わるようになっていると言えます。 こちらはつながらなくなった例。 ガラスなど動力を伝えないブロックの上につながるレッドストーンダストが、つながっていない方向へ動力を伝えなくなりました。 2までは、上の画像のようにつながっていない方向のブロックに動力を伝えていました。 こちらは今までになかった面白い挙動です。 コンパレーターからは強度1の動力が出ています。 強度1なので鉄ブロックの手前で信号が途切れて、1. 2ではレッドストーンランプが点灯しません。 これが1. 16だと点灯します。 どういう仕組かは、レッドストーンダストにカーソルを合わせるとわかります。 コンパレーターの先のレッドストーンダストにカーソルを合わせると、鉄ブロックの側面のダストまで合わせて枠が表示されます。 つまり地面のレッドストーンダストと鉄ブロック側面のレッドストーンダストはセットということ。 強度1の信号は地面のレッドストーンダストだけでなく鉄ブロックの側面まで伝わっていて、そこから鉄ブロックに動力が伝わっています。 見た目には2マス進んでいるように見えるので、これは慣れるのが大変かも。 ソウルサンド、8層重ねた雪、逆さまの階段も回路がつながるようになりました。 2ではソウルサンドも雪も上にレッドストーンダストを置けませんでしたが、1. 16でおけるようになっています。 その他の変更された要素 上記のほかにも、細かい変更点がいくつかあるので紹介します。 ウィザーがソウルソイルで召喚可能に ウィザーがソウルソイルで召喚できます。 ソウルサンドの代わりにソウルソイルを使ってもウィザーが召喚できるようになりました。 ソウルサンドとソウルソイルを混ぜて使ってもOKです。 新たな進捗の追加 進捗のモンスターハンター、モンスター狩りの達人で、ピグリンとホグリンの討伐が必要になりました。 進捗に「Bullseye」が追加されました。 そのほか、ネザーアップデートに関する進捗が多数追加されています。 ゲームモードの変更が簡単なキー操作で行えるように ゲームモードが簡単なキー操作で行えるようになりました。 メニュー画面。 エンティティの描画距離の設定 ビデオ設定で、エンティティの表示距離の設定ができるようになりました。 かまどから経験値が取り出せるように 1. 2までは精錬されたものをホッパーで取り出していた場合は経験値を得ることができませんでしたが(手動で取り出したときにだけ経験値が得られていた)、1. 16からは内部に蓄積された経験値をかまど破壊時に入手することができるようになりました。 クリエイティブモードで破壊しても経験値が入手できます。 ホッパーで自動的に吸い出していても経験値がかまど内部に蓄積されていき、破壊時にプレイヤーが入手できます。 牛肉1スタック精錬してみたところ、2. 5レベルくらいの経験値が得られました。 これはなかなかうれしい仕様変更です。 火を消した焚き火からアイテムがドロップするように 焚き火ブロックが燃えている発射体(ディスペンサーが発射したファイヤーチャージなど)で発火し、シャベルや水入りスプラッシュ瓶で火を消したときに焼いていたアイテムがドロップがアイテムとしてドロップするようになりました。 また焚き火のクラフトに真紅の幹と歪んだ幹が使えるようになっています。 ディスペンサーの機能追加 ディスペンサーの機能が増えました。 以下のことができるようになっています。 ブタやストライダー、懐いたウマに鞍を装着する• ウマに馬鎧を装着する• ラマにカーペットを装着する• 懐いたラマ、ロバ、ラバにチェストを装着する• ムーシュルームからキノコを刈り取る• スノウゴーレムのカボチャを刈り取る 炎にデバッグ棒が使える 当たり判定が修正され、クリエイティブモードでは剣やトライデントで消せなくなりました。 デバッグ棒でageの値が変更できるようになっています。 塀のつながり方が変更 横に並べた塀を二段重ねにしたとき、一段目と二段目の間に隙間ができなくなりました。 また板ガラス、鉄格子とならべたときつながるよになっています。 その他の変更 鐘がランタンと同じように様々なブロックから吊るせるようになりました。 難破船および海底遺跡の出現頻度が引き下げられました。 確かに以前のバージョンでは難破船が多すぎる感じはありましたね。 ・溶岩がエンティティを押し流すようになりました。 ・TNTが燃えた発射物で着火するようになりました。 ・粘土が粘土玉に名前を変えました。 クワでネザーウォートブロック、歪んだウォートブロックを素早く破壊できるようになりました。 干草の俵、スポンジ、濡れたスポンジ、木の葉も素早く破壊できるようになっています。 クワにも効率強化、幸運、シルクタッチのエンチャントが付与可能になりました。 ・Mobがマグマブロックや焚き火の上を避けるようになりました。 ・ウィザースケルトンを除くMobは、ウィザーローズがある場所でスポーンできなくなりました。 ・スケルトンホース、ゾンビホースにリードをつなげるようになりました。 ・プレイヤーが村の近くにいるとき、略奪隊がスポーンしなくなりました。 ・製図台のレシピが、糸ではなく紙で開放されるようになっています。 ・色付きガラス板のレシピが、同じ色のガラスを持っているときにのみ開放されるようになりました。 ・モンスターが近くにいるときでも、ベッドを使用する(右クリックする)ことでリスポーン地点を設定できるようになりました。 寝ることができない点は以前のバージョンから変わりありません。 ・ミツバチがランダムに移動できる距離が巣から22ブロックに減少しました(前はめちゃくちゃ遠くまで移動していました)。 また、ミツバチの巣が地図上で黄色く表示されるようになっています。 ・クリエイティブモードでもウシやムーシュルームから搾乳できるようになりました。 キノコシチューや怪しげなシチューもクリエイティブで入手可能になっています。 ・オウムが敵対的なMobの真似をあまりしなくなりました。 ・釣りをするとき、お宝アイテムは「オープンウォーター」で釣りをしたときにだけ釣り上げられるようになりました。 農民の村人。 農民の村人が、畑で骨粉を使用するようになりました。 余った種をコンポスターに入れて骨粉を作ろうとします。 また余分な小麦を他の農民と共有してパンを作るようになりました。 ・村人と職業ブロックの紐付けのロジックが変更されました。 職業ブロックが設置されると、対応する職業でもっとも熟練した近くの村人が職業ブロックに紐付けられます。 ・雷によって村人がウィッチに変化した場合、そのウィッチはデスポーンしなくなりました。

次の