わたし、定時で帰ります。 第2話 あらすじ。 【第2話】ドラマ『わたし、定時で帰ります。』視聴率とネタバレ。”ワーキングママ”についてSNS上で様々な意見が。

『わたし、定時で帰ります。』8話ネタバレあらすじ感想・考察。種田が福永の会社を辞めた理由は結衣!?9話あらすじも。

わたし、定時で帰ります。 第2話 あらすじ

』 主演は吉高由里子。 TBSの連続ドラマへの出演は『ラブシャッフル』(2009年)以来実に10年ぶりで、主演は初となります。 』 7話のザックリあらすじと 6話のTwitter上での感想・評判・反応 「放送を見逃しちゃったけど、なんとかして見れる方法はないの?」 そんなあなたのために 安全にフル動画で無料視聴する方法 を紹介しますね! 【関連記事】• 晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。 そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。 一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。 そこに、偶然晃太郎がやってきて…。 tbs. 』6話SNS上の感想・評判・反応 新人教育しながら会社の品質を担保するのは本当に難しいし骨が折れるのでそれなりのポストと裁量を与えないとみんな疲弊するしやり切れないよね。 と、まぁ前の職場の立ち位置をすごく思い出した回だった。 向井理一択。 ダメ男感たまらん😭しかし巧役の中丸は目が笑ってなくてそこが毎回すごく気になる。 ダメなところ沢山ある。 もっと弱音を吐いていいんだ、と、種田さんの短所を散々羅列する結衣。 酷い言われように、傷つくだろ!と怒りながらも、 結衣の気持ちを受け止めて、つい笑顔になってしまう種田さん。 この顔好きだなぁ。 — 桜と紅葉の元。 nyanazudayo666 昔から向井理のお顔は好きでしたけど、今回の種田さん役かっこよすぎるんでないかい。。。 家事が全て終わってようやく今録画見たけど癒されたー。 『好きですよ』の所だけもう一回見よう。 Tverをご利用の注意点• 最新話の放送から1週間以内しか視聴することができない点• 30秒から1分程度のコマーシャルが2~3回程度流れる点 この2つに注意して頂ければ、見逃した動画を無料で視聴することができます。 放送終了から1週間以上経過している無料動画視聴の場合 paravi(パラビ)にて「さすらい温泉」見逃し動画を配信! 動画配信サービスなら放送時間に制約されずに、好きな時に見ることができます。 2019年1月11日スタートの「メゾン・ド・ポリス」を見逃した方は paravi(パラビ)で視聴できますよ! paraviでは、なんと登録の初月は無料お試し期間となります! 国内ドラマや映画・アニメなどを楽しめるParaviベーシックプランが初回登録月無料! Paravi(パラビ)ベーシックプランの特徴は? 登録月は無料で視聴可! ただし、レンタル作品は別途購入が必要となります。 無料体験終了日の翌日より月額925円(税抜)の猟奇んが発生しますのでご留意ください。 なお、無料体験は初回のみです。 最新ドラマ・バラエティを独占見逃し配信! 国内最大級のドラマアーカイブ数! 高精細なHD画質! 複数のデバイスで視聴可能! PC、スマートフォン、タブレット、テレビで視聴可。 毎月初にチケットをプレゼント! 300円以内のコンテンツが視聴できる!ただし、無料体験中は受け取れません。 Paravi(パラビ)は、ドラマ、バラエティ、アニメ、映画、報道、オリジナルコンテンツ、最新作から名作までさまざまな作品と出会えます!.

次の

わたし、定時で帰ります。 第2話 あらすじ、見どころ!|ドラブロ

わたし、定時で帰ります。 第2話 あらすじ

『わたし、定時で帰ります。 』第1話のみんなの感想や評価をチェック! ネタバレあり 第1話の振り返り 主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。 過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。 理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。 行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。 だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。 ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。 結衣の同僚の三谷が、残業をしない結衣を自分勝手だと言い放つシーンがありましたが、結衣はそのことを全く気にする様子もなく、そればかりか三谷が会社から走り去ったきり戻らないことを心配していました。 結衣の他人を思いやれる心の広さは、プライベートの充実があってこそ発揮できる余裕のようなもので、働き方改革がいかに大切なのかが分かりました。 結衣は三谷の実家を訪ね、落ち込んで泣いていた三谷の説得を試みました。 巧のアドバイス通り、結衣はお見舞いのつもりで持ってきた美味しい中華粥をふるまい、三谷とも打ち解けることが出来ました。 このシーンでは、結衣が残業ゼロを貫くきっかけとなったトラウマが明らかになり、とても他人事とは思えない胸が詰まるシーンでした。 結衣が自分の力でここまで立ち直ったことを褒めてあげたいです。 ドラマを見て、吉高由里子さん演じる東山さんの気持ちが痛いくらい共感できました。 一般的には定時に一人だけ帰るのは、なかなか出来ないことだと思います。 でも、ドラマ1話の東山と三谷さんが、三谷さんの部屋で会話しているシーンを見て、定時で帰ることを悪いと思わなくていいんだと再確認できました。 会社だけの為に生きず、自分を大切に生きていきたいと思いました。 ドラマでユースケ・サンタマリアさん演じている上司には、呆れてしまいました。 従業員を大切に思っている気持ちが見えず、自分のことしか考えていません。 そんな上司には、ついていきたくないと思いました。 このドラマは、現代の社会を分かりやすく表現しているなと感じました。 リアルな社会人の悩みや苦しみが、伝わってきます。 スポンサーリンク 『わたし、定時で帰ります。 』第2話はどうなる? 第2話のあらすじ 結衣(吉高由里子)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。 復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。 そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。 ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。 一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。 復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せなかった。 そんな中、結衣の第4課はコンペで勝利し、そのディレクターを賤ケ岳が担当することになった。 しかし、サイト公開の直前にトラブルが発生してしまう。 一方では、賤ケ岳に夫の陽介から双子が熱を出したと連絡が入り、心配で仕方ない賤ケ岳でしたが、せっかく掴んだ仕事のチャンスだからと、トラブルの対応に負われ、自分の都合は後回しにするのだった。 予告では、「子供がいたってちゃんと働けます」と強がる賤ケ岳の姿と、「私の知ってる先輩は強くてかっこいい人です」という結衣のシーンが流れました。 復帰してからと言うもの、仕事に燃える賤ケ岳を周りは心配していました。 結衣もその一人で、 最後に走って帰る賤ケ岳の姿もちらっと流れたので、結衣が賤ケ岳を、説得できたのだと信じたいと思います。 次回の見どころは、結衣が巧からプロポーズされるシーンです。 結衣がどんな返事をしたのかにも期待したいです。 八重さんが育休が明けて復帰してくるということだけど、産後半年しか経っていないのに体の方は大丈夫なのかなと心配です。 しかも、かなり張り切ってる様子なので、三谷さんの件があっただけに、周りが困惑してしまうのも無理ないなと思いました。 そんな時に八重さんの双子ちゃんが熱を出してしまうということなので、ピンチだなと思いました。 だけど、八重さんは仕事で迷惑をかけられないと、子供たちのことを心配しつつも仕事を抜けないことを選択しそうだなと思いました。 そんな八重さんを見た結衣が、どんな行動に出るのかが楽しみだなと期待しています。 まとめ 結衣のキャラクターがよくわかる初回放送でしたね。 辛い過去があったからこそ自分を守るために定時をモットーにしている彼女は、ごくごく普通のどこにでもいるOLで、とても共感できるキャラクター。 一気に親近感が持て、このドラマハマって見られそうだな!と嬉しくなりました。 次回は内田有紀さん演じるワーキングマザーのお話。 同じ境遇の視聴者はとても多いと思うので、見ている人が元気になれるような展開を期待したいですね!.

次の

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話あらすじとネタバレ

わたし、定時で帰ります。 第2話 あらすじ

『わたし、定時で帰ります。 』第1話のみんなの感想や評価をチェック! ネタバレあり 第1話の振り返り 主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。 過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。 理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。 行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。 だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。 ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。 結衣の同僚の三谷が、残業をしない結衣を自分勝手だと言い放つシーンがありましたが、結衣はそのことを全く気にする様子もなく、そればかりか三谷が会社から走り去ったきり戻らないことを心配していました。 結衣の他人を思いやれる心の広さは、プライベートの充実があってこそ発揮できる余裕のようなもので、働き方改革がいかに大切なのかが分かりました。 結衣は三谷の実家を訪ね、落ち込んで泣いていた三谷の説得を試みました。 巧のアドバイス通り、結衣はお見舞いのつもりで持ってきた美味しい中華粥をふるまい、三谷とも打ち解けることが出来ました。 このシーンでは、結衣が残業ゼロを貫くきっかけとなったトラウマが明らかになり、とても他人事とは思えない胸が詰まるシーンでした。 結衣が自分の力でここまで立ち直ったことを褒めてあげたいです。 ドラマを見て、吉高由里子さん演じる東山さんの気持ちが痛いくらい共感できました。 一般的には定時に一人だけ帰るのは、なかなか出来ないことだと思います。 でも、ドラマ1話の東山と三谷さんが、三谷さんの部屋で会話しているシーンを見て、定時で帰ることを悪いと思わなくていいんだと再確認できました。 会社だけの為に生きず、自分を大切に生きていきたいと思いました。 ドラマでユースケ・サンタマリアさん演じている上司には、呆れてしまいました。 従業員を大切に思っている気持ちが見えず、自分のことしか考えていません。 そんな上司には、ついていきたくないと思いました。 このドラマは、現代の社会を分かりやすく表現しているなと感じました。 リアルな社会人の悩みや苦しみが、伝わってきます。 スポンサーリンク 『わたし、定時で帰ります。 』第2話はどうなる? 第2話のあらすじ 結衣(吉高由里子)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。 復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。 そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。 ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。 一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。 復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せなかった。 そんな中、結衣の第4課はコンペで勝利し、そのディレクターを賤ケ岳が担当することになった。 しかし、サイト公開の直前にトラブルが発生してしまう。 一方では、賤ケ岳に夫の陽介から双子が熱を出したと連絡が入り、心配で仕方ない賤ケ岳でしたが、せっかく掴んだ仕事のチャンスだからと、トラブルの対応に負われ、自分の都合は後回しにするのだった。 予告では、「子供がいたってちゃんと働けます」と強がる賤ケ岳の姿と、「私の知ってる先輩は強くてかっこいい人です」という結衣のシーンが流れました。 復帰してからと言うもの、仕事に燃える賤ケ岳を周りは心配していました。 結衣もその一人で、 最後に走って帰る賤ケ岳の姿もちらっと流れたので、結衣が賤ケ岳を、説得できたのだと信じたいと思います。 次回の見どころは、結衣が巧からプロポーズされるシーンです。 結衣がどんな返事をしたのかにも期待したいです。 八重さんが育休が明けて復帰してくるということだけど、産後半年しか経っていないのに体の方は大丈夫なのかなと心配です。 しかも、かなり張り切ってる様子なので、三谷さんの件があっただけに、周りが困惑してしまうのも無理ないなと思いました。 そんな時に八重さんの双子ちゃんが熱を出してしまうということなので、ピンチだなと思いました。 だけど、八重さんは仕事で迷惑をかけられないと、子供たちのことを心配しつつも仕事を抜けないことを選択しそうだなと思いました。 そんな八重さんを見た結衣が、どんな行動に出るのかが楽しみだなと期待しています。 まとめ 結衣のキャラクターがよくわかる初回放送でしたね。 辛い過去があったからこそ自分を守るために定時をモットーにしている彼女は、ごくごく普通のどこにでもいるOLで、とても共感できるキャラクター。 一気に親近感が持て、このドラマハマって見られそうだな!と嬉しくなりました。 次回は内田有紀さん演じるワーキングマザーのお話。 同じ境遇の視聴者はとても多いと思うので、見ている人が元気になれるような展開を期待したいですね!.

次の