シロクロパンダ 3話 感想。 【1話~最終話まで】シロクロネタバレ&感想全話まとめ

【ドラマ・シロクロパンダ】第4話あらすじ・ネタバレ!名探偵コナンのパロディ回|ゆみログ

シロクロパンダ 3話 感想

Contents• ytv. クライミング選手が転落 クライミング日本代表の宮澤沙奈恵が、 練習中にロープが切れてしまうアクシデントで転落して大けがをしてしまいます。 世界選手権を辞退すると言う緊急会見を開く沙奈恵。 その映像と名前を見て、中学時代の同級生であることに気づくレン。 沙奈恵は会見の場で、誰かが故意にロープを切り殺されかけたと主張します。 大学にいた直輝に、Mr. ノーコンプライアンスから連絡が来ます。 沙奈恵の事件について調査するように指示するMr. ノーコンプライアンス。 その頃、神代たちも沙奈恵の事件について調査しようとしていました。 報道陣も集まる中、海外有力選手のコリーナが現れると、亜香里は動揺してしまいます。 公開練習は突如中止になりますが、そこにミスパンダが現れてクライミングを始めます。 すごい速さで登って行き、タイムは7. 99秒。 ミスパンダが亜香里に「ロープを切ったのあんたでしょ」と言うと、怒り出す亜香里。 さらに、一番だという証拠を見せてと煽ると、やる気になり登って行き、6. 98秒というタイムを叩き出します。 それは沙奈恵の7. 12秒を超えるものでした。 沙奈恵のお見舞いに訪れたレン。 沙奈恵はリコとは仲が良かったのですが、レンとはあまり話したことがありませんでした。 レンを見て「リコちゃんも生きていたらこんな大人になっていたんだね」と言われるレン。 過去を打ち明けるレン 図書館で直輝と待ち合わせをしたレン。 直輝に緊張しながらも、お互いに名前で呼び合うことになります。 昔の記憶が突然思い浮かぶことを打ち明けるレン。 10年前、母親と双子の姉のリコとキャンプに行き、そこで火事に遭ったことを話します。 火事は放火で、目の前に柱が倒れてきた際に怖くて自分だけ逃げ、 リコを見捨ててしまったと言うレン。 そのことをずっと後悔していたレンは、その後門田の治療で落ち着いていましたが、最近またその時のことが浮かぶようになったのだと話します。 すると直輝はレンを抱き寄せ、自分も父親を失ったことを打ち明け、「俺とレンは一緒だよ」と安心させるのでした。 その様子を、 コアラの着ぐるみをかぶった人物が覗いていました。 一方、神代は 沙奈恵とコーチの鹿野との熱愛をスクープしていました。 亜香里が登っている最中にロープを切り、亜香里が落ちて行く様子が放映されます。 その後、ホテルの一室に潜入したミスパンダは、鹿野とコリーナのコーチが抱き合っている映像が流れます。 鹿野はコリーナを勝たせたいコーチから報酬を受け取り、沙奈恵のロープを切った のでした。 亜香里の公開練習でのタイムは直輝が細工したもので、不審者をあぶりだす為のものでした。 案の定、自己ベストを出した亜香里に喜ぶどころか動揺していた鹿野の様子を見て、怪しいと睨んだ直輝。 鹿野とコーチはミスパンダと直輝の2人と格闘の末、吊るし上げられるのでした。 逃げる際、柵を登ろうとしたミスパンダは突然過去がフラッシュバック。 「お母さん、ここから出して」と涙声になります。 直輝の声で我に返り、無事逃げることができました。 門田の部屋を訪ねた直輝は「 川田レンは、レンじゃないですよね 」と言うのでした。 「シロクロパンダ」3話を期間内に見逃した方は、huluの無料トライアルがオススメです。 シロクロパンダ3話の感想 3話では、直輝の格闘シーンもふんだんに披露されました。 清野菜名さんのアクションもかなりハードですが、横浜流星さんもさすがでしたね。 今後のストーリーでも惜しみなく披露してくれることを、期待したいと思います。 レンがリコではないかと考える直輝ですが、完全に自分がレンだと思い込んでいるレン。 門田もそのことを知っているということは、レンに成り代わったことに門田が関与しているのでしょうね。 母親の麻衣子が、そのことを知っているのかが気になるところです。 リコに対してネグレクトしていた理由も、次回明かされるのでしょうか。 シロクロパンダ3話の視聴率 「シロクロパンダ」2話の視聴率は、 8. 5%でした。 1話:9. 2話:7. 3話:8. 5% 安定した視聴率が続く「シロクロパンダ」。 毎話のグレーゾーンのストーリーとは別に、本筋の直輝やレンの過去が気になります。 シロクロパンダ3話の見逃し動画配信は? 「」第3話放送まであと2時間🐼🎉……🐼🙏 — シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 その期間内に見逃してしまった場合は、どうすればいいのでしょうか。 期間内に見逃した場合や1話から視聴したい人は、 2週間無料トライアル があるので、無料期間中に観れば料金はかかりません。 他にも観たい作品がたくさんあるという人や、今後も見逃す心配がある人などは、解約しなければそのまま継続することもできます。 その場合は月額1,026円(税込)がかかります。 3話は見応えのあるアクションに、横浜流星さんも加わり、さらに迫力のある仕上がりでした。 レンの過去に気づいた直輝。 4話ではさらに秘密が明かされるのか、注目です。

次の

『シロクロパンダ』第8話あらすじネタバレ|佐島の自白とレンの誘拐!コアラは誰?|ソクラテスのつぶやき

シロクロパンダ 3話 感想

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。 恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。 彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。 そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。 沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。 彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。 そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。 釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。 磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。 ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか? 世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。 会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。 一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。 沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里。 亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。 そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。 コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。 その時、ミスパンダが現れる。 ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。 レンは、入院中の沙奈恵を訪ねる。 久しぶりの再会を喜ぶレンと沙奈恵。 レンは沙奈恵から「リコちゃんが生きていたら…」と言われて動揺する。 レンは直輝と会い、沙奈恵と会ってきたことを伝える。 レンの様子に異変を察した直輝は、悩みを聞こうとする。 レンは直輝に、10年前の忌まわしいトラウマについて打ち明ける。 その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。 (公式HPより引用) スポンサーリンク 【シロクロパンダ】3話のネタバレ 亜香里の公開練習にパンダが登場します。 パンダは、宮澤沙奈恵のロープを切ったのは亜香里ではないかと言います。 沙奈恵がケガをして1番得をするのは亜香里であるためです。 否定する亜香里に、沙奈恵よりも速いことを証明して欲しいとパンダは言います。 亜香里が挑戦することに。 亜香里は、沙奈恵よりも速いタイムを出しました。 その後、パンダは会場からいなくなりました。 レンは、入院中の沙奈恵の見舞いに行きました。 沙奈恵はレンのことを覚えてくれていました。 ただ、そこまではよく知らないようです。 と言うのも、沙奈恵はリコとはよく遊んでいましたが、レンとはあまり話したことがなかったのです。 リコとは、 レンの一卵性双生児の亡くなった姉です。 沙奈恵は、リコが生きていたらレンのような大人になっていたのではと言います。 レンは、その言葉に動揺します。 鹿野が入ってくると、レンは逃げるように帰って行きました。 帰り道に、レンは沙奈恵が言っていたリコが生きていたらという言葉を思い出しました。 すると、昔火事に遭った記憶が蘇ってきました。 レンは、直輝と会いました。 様子がおかしいことに気づいた直輝は、レンに何でも相談して欲しいと伝えます。 そこで、レンは思い切って10年前の出来事について話すことにしました。 「最近昔の記憶が突然頭の中に思い浮かぶんです」 「 10年前、母と双子の姉のリコと一緒にキャンプへ行ったんです。 その時私たちが泊まっていたバンガローが誰かに放火されて。 早く逃げなきゃって思ってたら、目の前に柱が倒れてきて。 それで怖くなっちゃって。 リコを見捨てたんです」 「あの時どうしてリコを助けに行かなかったんだろ。 どうして自分だけ・・・。 ずっと後悔していました。 」 「門田先生の治療のおかげでだいぶ落ち着いていたのですが、最近になってまた・・・」 このような話をしたことを謝るレンを直輝は抱きしめます。 直輝は、自分も大好きな父親を亡くしたことを話します。 そして、「安心して。 俺とレンは一緒だよ」とレンに言います。 沙奈恵が隠れて鹿野と交際していたことが明らかになりました。 ワイドショーで大きく報じられました。 パンダチャンネルが配信されます。 パンダが亜香里の練習場に現れます。 「あんたも宮澤沙奈恵と同じ目に遭ってみなよ」 そう言って、パンダは練習中の亜香里のロープを切ってしまいました。 そのため、亜香里は真っ逆さまに落ちていきました。 配信はここで終了しました。 しばらくして、パンダチャンネルの配信が再び始まりました。 今度は、あるホテルにやって来ていました。 そして、ある部屋に入ります。 「 宮澤沙奈恵をケガさせたのは僕なんですが、約束を守ってください」 鹿野がミルコビッチにこのように言っていました。 パンダが鹿野に「これは一体どういうことなのでしょうか?」と突撃取材を行います。 鹿野はカメラの存在に気づき、撮影していた直輝に襲いかかります。 ここで配信は終了しました。 この後、直輝がどうして鹿野とミルコビッチが怪しいと感じたのかの種明かしを行っていきます。 直輝は次のように解説しました。 亜香里が公開練習を行った日の亜香里のタイムは、直輝が仕組んだ罠でした。 選手が自己ベストのタイムを出したにもかかわらず、鹿野は喜ぶことなく動揺していました。 ミルコビッチは、その時一瞬鹿野のことを見ました。 話が違うというような目をしていたというのです。 そんな時、パンダが亜香里のロープを切るという予想外のことが起きました。 これも2人を油断させるための罠だったのです。 実は、亜香里はパンダと直輝の協力者でした。 そのため、落下した亜香里は直輝が助けています。 鹿野が本性を現します。 「 宮澤沙奈恵はチョロかったな。 すぐに俺に惚れてくれたよ。 そっからは言いなりだ。 一緒に金メダルを目指さないか、そう囁いたら磯貝をクビにしてくれたよ」 このように言った後、鹿野が直輝に、ミルコビッチがパンダに襲いかかります。 ここからはバトルが繰り広げられました。 劣勢になった鹿野はついに観念します。 このことを黙っていてくれたら報酬の半分を渡すので見逃して欲しいと頼みます。 これを聞いて 直輝「 この男、真っ黒だな。 救いようがない」 パンダ「 救う気なんて初めからないけどね」 と言います。 最後に、鹿野が直輝に、ミルコビッチがパンダに襲いかかります。 直輝とパンダは回し蹴りでそれぞれをノックアウトしました。 ホテルから出ようとした時に、駆け付けた神代に見つかってしまいます。 逃げる2人を神代が追います。 目の前に鉄製の門がありました。 直輝は軽々飛び越えますが、パンダの様子がおかしくなります。 パンダは、子供の頃母親に入れられていた檻を思い出したのです。 体が硬直して動かなくなります。 少しすると、急に我に返ります。 直輝の助けを借りて門を飛び越えます。 ギリギリのところで、神代にバレることなく逃げ切ることができました。 今回の事件を知った沙奈恵は、再び磯貝をコーチに戻しました。 そして、来年の世界選手権では自分が優勝すると宣言しました。 あずさが席を外していた時に、直輝から電話がかかってきました。 近くにいた神代が電話に表示された直輝の顔を見ます。 神代が、以前から気になっていた人物の顔でした。 パンダが出没した場所にいた人物なので、パンダと何か関係があるのではと前から疑っていたのです。 直輝は門田を訪れました。 そして、門田に「 川田レンはレンじゃないですよね?」と尋ねました。 門田の表情が明らかに変わりました。 【シロクロパンダ】3話の感想 今回も、見事に事件にシロクロをつけました。 パンダの身体能力はすごいですね。 レンの時は、まったくスポーツができそうにない女性なのですが。 催眠術をかけると、身体能力までアップするんですね。 少しずつですが、レンの過去が明らかになってきました。 レンには双子の姉・リコがいました。 映像を見る限りは、リコは可愛がられていて、レンは檻に入れられるなどの虐待を受けていたように思われます。 同じ自分の子供なのに、どうしてここまでできるのかが信じられません。 最後の直輝の「川田レンはレンじゃないですよね?」という言葉の意味が気になります。 よくわかりませんが、これはレンとリコの記憶が入れ替わっているということを暗示させているのでしょうか? これからその辺も明らかになっていくと思います。 来週も楽しみです。 SNS上では、次のようなコメントがアップされています。 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑うっていうドラマめっちゃ面白いし、こんなに横浜流星さんってかっこよかったんだ、、ってほどカッコイイし、ドキドキしてる。 はぁーカッコイイですほんとうに... 3 スポーツ代表選考に潜む殺意[解][字][デ] - 日テレ1 1月26日 日 22:30- — 剛 たけし 🏰 takesawa41 【シロクロパンダ】3話の視聴率 今回の平均視聴率は 8. 5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。 前回に比べると、少しアップしました。 ここからアップし続ければよいですね。

次の

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

シロクロパンダ 3話 感想

ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は佐島あずさ(白石聖)の父親。 森島直輝(横浜流星)の父(田中圭)が残したUSBに映っていた誘拐された少女は佐島あずさ(白石聖)。 神代一樹(要潤)は画像を拡大して直輝(流星くん)の姿を発見。 レン(清野菜名)の母(山口紗弥加)は、姉が死んだことを喜んでいる。 レンは自分だけが幸せであることに罪悪感を感じている。 幼い頃の姉は檻に入られていた。 』2話 感想・考察 「誰、君?」 「第三者です」 「そうじゃなくて誰に呼ばれてきたのかね?」 「もしかして私がパンであることが問題視されていますか?パンダも立派な第三者でしょう。 私には笹に関する専門知識があります」 バカバカしくて笑ったwwww 2話も意味不明で面白かったです。 レンとリコは双子で、リコが虐待されていて死んだ。 しかし今レンとして生きているのは虐待されていたリコ。 精神がおかしくなって自分が元々はリコだったという記憶はない・・・とワタシは考えているんですけど、どうだろう🤔 ちょっとまだ情報が少なくて訳わかんないけど、双子のこういうミステリ話は好きなのでこの説を推します。 スポンサードサーチ 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』3話 あらすじ 門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。 恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。 彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。 そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。 沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。 彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。 そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。 釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。 磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。 ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか? 世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。 会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。 一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。 沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里。 亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。 そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。 コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。 その時、ミスパンダが現れる。 ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。 レンは、入院中の沙奈恵を訪ねる。 久しぶりの再会を喜ぶレンと沙奈恵。 レンは沙奈恵から「リコちゃんが生きていたら…」と言われて動揺する。 レンは直輝と会い、沙奈恵と会ってきたことを伝える。 レンの様子に異変を察した直輝は、悩みを聞こうとする。 レンは直輝に、10年前の忌まわしいトラウマについて打ち明ける。 その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。 ytv.

次の