シンフォギア2 響が押す。 【Pシンフォギア2】出玉を増やせ!誰でも出来る小当り直撃打法をご紹介します。

【大人気シリーズのスペックが進化!】Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2

シンフォギア2 響が押す

信頼度 てがみ 約7. また開封タイミングにも注目で、回転開始時にいきなり開封されると激アツだ。 響ランプ前兆予告 パネル別信頼度 クリス 約7. たとえクリスや翼でも、攻撃時の文字色が赤なら大チャンスだ。 時短11回転の場合は6回転目に抜剣演出(時短6〜10回転を消化)が、時短99回転の場合はリザルト画面後にV-STOCKが発生することで告知される。 注目すべきはチャージ中のオーラの色で、緑ではなく赤なら激アツだ。 新演出の「可能性にゼロはないッ!」は、通常時と同じく発生すれば激アツだ。 信頼度 可能性にゼロはないッ!予告 約82. 司令室予告信頼度 弦十朗・赤 約70. 響、翼、クリス、マリアの4モードは敵キャラがガリィor強攻撃発動で期待大。 調&切歌とキャロルモードはガングニールデバイス発生で激アツだ。 2回目の攻撃が必殺技or当落演出がガングニールデバイスなら激アツ! 10連チャン以上で選択可能なキャロルモードは、当り図柄の数と当落演出のパターンで信頼度が変化するので要注目だ。 全回転や7図柄でのリーチはその時点で10R濃厚だ。 大当り中演出 より『シンフォギア2』を楽しめる裏ボタン技を大公開。 これらを使えば激アツを察知したり、10連チャン以上しないと選べないキャロルモードもすぐに遊べるぞ。 なお、強リーチなのに白のままなら超激アツだ。 デジタル回転中にガングニールデバイスを操作すると発生。 大当りを引いていれば、約半数で発生するので激アツ演出時に押してみよう。 羽の色が赤く光れば灼熱! もし虹色なら大当り濃厚だ。 「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」に関連する機種一覧.

次の

PF戦姫絶唱シンフォギア2 掲示板

シンフォギア2 響が押す

Contents• シンフォギアの主人公は死亡した!? これは、 戦姫絶唱シンフォギア第1話で、未来が主人公であるはずの響の墓参りをしていたことから言われ始めた噂です。 アニメの第 1話で、こんな様子が放送されたら驚きますよね。 結論から言いますと、シンフォギアの現在の主人公、立花響は生きています。 第 1話で亡くなってしまったのは、 放送開始前まで主要人物だと考えられていた天羽奏でした。 話を戻しますと、第 1話と第 13話で未来が響のお墓参りをするという同じ情景が描かれています。 第 1期ラストではフィーネとの戦いが描かれていました。 戦いの激しさに 1度は倒れてしまったシンフォギア装者たちですが、皆からの歌による応援で立ち上がります。 そして、フィーネにより街中に放たれたノイズと倒しに向かい、ノイズの殲滅を開始しました。 同じ頃、ソロモンの杖を体内へ取り込んだフィーネは、ノイズを次々と吸収し巨大化していきます。 あろうことか、 デュランダルまでもを取り込み、とてつもなく巨大な姿へ変わってしまったのです。 フィーネには 3人の奏者がそれぞれの必殺技を放っても、全く歯が立ちませんでした。 しかし、 3人で協力しフィーネを圧倒し、ディランダルは響の手に渡りました。 響は暴走しかけますが、皆からの呼びかけによりディランダルを制御することに成功し、 滅びの聖母・ベイバロンを二つに切り裂き戦いは無事に終了した・・・かに思われました。 フィーネは最後の力を振り絞り、ネフシュタンの鎧の力を使い月の欠片を地球へ引き寄せてしまいました。 地球を、皆の未来を守るために、響、翼、クリスの 3人は宇宙へ向かい、一緒に絶唱を発動することにより月の欠片の破壊に成功しました。 地上へ残された未来たちには宇宙へ行った 3人は燃え尽きて亡くなってしまった。 そう見えたのです。 機密事項を知らせることが出来なかった未来たちには、 響は死んだと正式に伝えられました。 1話で、響のお墓があったことや、 13話でも死亡したと正式に伝えられたことから、響死亡説が出てしまったのです。 内容を詳しく見ていきましょう。 響たちが通う学校で開催されていた学園祭に、調と切歌が来ていました。 カラオケ大会に参加するなど、調も切歌も学園祭を楽しんでいましたね。 学園祭の最中に、シンフォギア装者の 3人 響、翼、クリス は調、切歌から決闘を申し込まれます。 決闘という形をとったのは、 無関係な民間人を巻き込まないようにという配慮があってのものでした。 装者 3人が決闘の場所へ行くと、なんと、ノイズを従えたウェル博士と完全聖遺物ネフィリムが待ち受けていたのです! 戦闘中、翼とクリスはノイズの放った白い粘液によって動きを封じられてしまうのでした。 そのため、 響は単身ネフィリムと相対し、拳を使った攻撃で圧倒します。 しかし、ウェル博士の「守るための拳で他の誰かをぶっ殺す」という言葉によって精神を揺さぶられてしまい、 ネフィリムに左腕に噛みつかれてしまいます。 そしてネフィリムは、 響の左腕を飲み込んでしまうのでした。 自身の左腕を咀嚼しているネフィリムの姿を見て、悲鳴を上げていました。 と、いうところで、 5話が終了します。 ここまでの内容が 5話のラストシーンに相当します。 しかし、 第 4期の響は自身の左腕を使用して生活をしています。 それは、一体なぜなのか。 これから、説明をしていきます。 6話である衝撃的な出来事が起こりました。 ネフィリムの様子をみて悲鳴を上げた響は、 再び暴走してしまったのです。 暴走とは、まず、見た目としては、全身が黒く染まり目は赤く吊り上がった状態です。 戦闘力は大幅にアップしますが、 理性を失っているため、破壊衝動のままに敵味方関係なく襲い掛かってしまいます。 暴走の原因は、左手を失ったことにより負の感情に苛まれ、聖遺物・ガングニールが自身の意思では制御不能になってしまったことにあります。 この、暴走状態になったことにより、 響の左手は再構成され元の状態に戻ったのです。 そして、現在でも特に問題はなく左手を使用して生活を送っています。 良かったです、主人公の左手が食べられて亡くなったままのアニメなんて、嫌すぎる(汗) 響の墓があるとの噂も 最初の見出しでも書いたように、 戦姫絶唱シンフォギアの1話と13話で未来がお墓参りをする様子が描かれています。 お墓が作られた理由は、機密事項があったため 未来たちには響が生きていることを伝えていなかったからです。 ですので、響の写真を飾ったお墓が存在したことは事実ですが、 響の骨は埋められていなかったということになります。 まあ、1話から主人公のお墓があるとなると、嫌でも噂になりますよね。 まとめ いかがでしたか? 今回は、シンフォギアで言われている、主人公響に関する2つの都市伝説、• 響は腕を失った• 響の墓が存在する という話を見ていきました。 伏線が至る所にちりばめられているシンフォギア。 オリジナル作品ということもあり、 リアルタイムでアニメを見ている人たちの中で様々な憶測が飛び交ったのです。 まあ、響ショックとまで言われるほど視聴者に衝撃を与えた事件でしたからね(汗) 色々と書きましたが、主人公である立花響は生きており、元気に生活をしていました。

次の

【シンフォギア】立花響は死亡している!?公式フラグまとめ【戦姫絶唱シンフォギア】

シンフォギア2 響が押す

『戦姫絶唱シンフォギア』立花響とは? 『戦姫絶唱シンフォギア』は、サテライト制作のテレビアニメ。 音楽プロデューサーの 上松範康さん、ゲーム「ワイルドアームズシリーズ」で有名な 金子彰史さんが原作を務め、2012年に第1期が放送されました。 その後第2期、第3期と続編を重ね、2019年7月からはテレビアニメシリーズ完結作となる第5期 『戦姫絶唱シンフォギアXV』が放送されています。 聖遺物を歌の力によって武装化する シンフォギア装者の少女たちが、世界の脅威と戦う本作。 立花響は、本作の主人公である高校生の少女。 本編より2年前に 「ツヴァイウィング」のライブ会場で大事件に巻き込まれた響は、重傷を負いながらも、「ツヴァイウィング」の片割れのシンフォギア装者・ 天羽奏によって命を救われます。 そして、絶命した奏の聖遺物 「ガングニール」の破片を体内に残した響は、彼女の聖遺物を受け継ぎ、シンフォギア装者として戦いに身を投じていくことになるのです。 そんな響は、度々 死亡フラグを立てることで知られる存在。 彼女がこれまでに立ててきた死亡フラグの数々を以下でご紹介していきます! 【シンフォギア】1期1話にしてまさかの死亡フラグ 響には、 小日向未来という(公式で「嫁」認定されているレベルで)仲の良い幼馴染がいます。 1期1話は、 なんと彼女が響の墓の前で泣き崩れる場面から始まるのです。 1話ではその後、「ツヴァイウィング」のライブ会場に足を運んだ響の過去が描かれています。 その会場で大事件に巻き込まれた響が大怪我を負い、 「ここで響は死ぬのか」と視聴者はハラハラさせられたのですが、天羽奏の命がけの行為によって一命を取り留めます。 1期終盤、響はシンフォギア装者の仲間たちとともに宇宙に飛び立ち、 月の欠片が地球に落ちるのを防ぎます。 その後、生死不明のまま響たちの捜索が打ち切られてしまい、未来が響の墓の前で泣き崩れるシーンに繋がります。 これで響は本当に死んでしまったのかと思いきや、なんとその後、機密保持の関係で明かせなかっただけで響が生存していたことが明らかになります。 未来は泣きながら響に抱きつき、再会を喜んだのでした。 融合症例第一号とは、ガングニールの破片を体内に宿したシンフォギア装者である響のこと。 2期はキャッチコピーそのものが不穏すぎるのです。 その不穏なキャッチコピー通り、シンフォギア装者としてこのまま戦い続ければ肉体とガングニールとの融合が進み、下手をすれば命を落としかねないという状況に響は追い込まれます。 2期後半、 「響をこれ以上戦わせたくない」という気持ちを利用された未来が、なんと 「神獣鏡(シェンショウジン)」のシンフォギアを纏って響たちの前に敵として現れます。 「神獣鏡」の放つ光には、聖遺物由来の力を分解する効果がありました。 危険を覚悟でシンフォギアを身に纏った響は、未来を救い出すために彼女とともにその光の中に飛び込みます。 それによって「神獣鏡」は無事に解除され、なんと響の胸にあった ガングニールの除去にも成功。 未来が響を大切に思う気持ちによって、響は命を救われたのでした。 【シンフォギア】3期で昏睡状態に・・・ 2期の終わりに、マリア・カデンツァヴナ・イヴの持つガングニールを受け継ぎ、改めてシンフォギア装者になった響。 第3期では、響は 人助けをするはずの力で人を傷つけてしまうことに深く思い悩むようになり、一時はシンフォギアを身に纏えないほどに精神的に追いつめられてしまいます。 しかし、未来が 「響の歌は誰かを傷つける歌じゃないよ」と言ってくれたことで再起。 シンフォギアを纏い、工事現場で敵と戦います。 しかし、敵の強烈な一撃を受けて、響のガングニールは砕かれてしまいます。 目に光をなくした響が工事現場の床に横たわり、未来の叫び声だけがその場に響きます。 「死んでしまったのではないか?」とひやっとさせられる展開でしたが、翌週の放送では、ボロボロになりながらも病室で目を覚ました響が登場。 その姿に視聴者はほっとさせられたのでした。 関連記事をご紹介 【シンフォギア】4期は神の力を宿してしまい・・・!? 4期の終盤、神の力を宿してしまった響は、女性型巨人 「破壊神ヒビキ」の中に取り込まれてしまい、このままでは殺処分されてしまうという危機的な状況に陥ります。 今度こそ響の命が危ないという事態に、救出作戦を決行する仲間たち。 その作戦の「切り札」として招かれた未来は、巨人の中で眠る響に必死に呼びかけます。 響のことを心から大切に思う未来の声が届き、目を覚ます響。 崩れゆく巨人の中から抜け出した響の身体は、未来によって抱きとめられます。 仲間たちの必死の頑張りと、未来の愛が響の命を見事に救ったのでした。 【シンフォギア】2019年放送の5期でも死亡フラグを回避できるか!? 【配信情報? 第4期で響のガングニールには 「神殺し」の力があり、未来には響同様 「神の力」を宿せる可能性があることが示唆されています。 第5期で死亡フラグを立てているのは、 響ではなく未来の方なのです。 果たして未来は無事にそのフラグを回避できるか。 はたまた未来の命を守るためにまたもや響の命が危うくなってしまうのか。 第5期も見逃せません! 公式関連グッズ.

次の