インスタント ラーメン 専門 店。 横浜に日本全国のインスタントラーメン集結!初見のラーメン充実で面白すぎた

インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら 総本店

インスタント ラーメン 専門 店

店内は、オシャレなカフェという雰囲気 280円でチャーシューやメンマなどのトッピングも 店内は、カフェラテやパスタが出てきそうなお洒落な雰囲気。 "インスタントラーメンカフェ"と謳っているだけあって、なるほど、内装は"カフェ"である。 しかし、店内奥に設置された棚を見て仰天。 230~240種類のインスタントラーメンがぎっしりと並べられているのだ。 多いときには400種類ほどになるそうで、ご当地ラーメンや有名店プロデュースのラーメンも並ぶ。 ご当地商品は北海道や九州ものが多いが、「店で仕入れているものを調べてみたところ、店に無いのは10県くらいでした」 「即席拉麺箱画廊茶室 GOLD 7 Tokyo」プロデューサー・増田修一さん。 その他、キムチラーメンやグリーンカレーラーメンなど、韓国やタイの商品も揃う。 ラーメン棚には上から下まで、全国各地のインスタントラーメンがぎっしり また、同店の系列店である「インスタントラーメン さくら」 本店は東京・新井薬師で2006年1月オープン。 支店もあり オリジナルの「さくら 醤油ラーメン」 180円 、「さくら 坦々麺」 200円 、「さくら つけ麺」 200円 も販売している。 インスタントラーメンの価格は100円~300円。 さて、これらのラーメンのオーダーシステムはというと、レジカウンターに好みの商品を持って行き、調理代280円を払って調理してもらうという内容。 調理代には基本トッピングのチャーシュー 1枚 ・ネギ・モヤシ・メンマが含まれている。 なお、ネギやモヤシ、メンマはそれぞれプラス50円で大盛りにすることが可能だ。 調理していただいたインスタントラーメン。 自家製チャーシューがジューシー。 人気のトッピングは煮たまごで、「ちょうどよい半熟具合になるポイントを発見したので、ぜひ食べてもらいたいです。 また、オリジナルの肉そぼろは味噌系のラーメンによく合いますよ」。 人気のラーメンは、「熊本もっこすラーメン 豚骨味」 150円。 「麺がしっかりしていて、スープも旨みがあってオススメです」。 インスタントラーメンは調理ナシでラーメンのみの持ち帰り販売も行っているため、お土産用として"熊出没注意"と記されたパッケージデザインが面白い「北海道ラーメン」 200円 や、以前東京・秋葉原にあった「インスタントラーメン さくら」のオリジナルラーメン「アキバ発 変身ラーメン」 200円 が喜ばれているとのことだった。

次の

大和一朗のインスタント専門店の場所はどこ?営業時間と定休日/口コミ/通販と取り寄せ/プロフィールや経歴/ラーメン/マツコの知らない世界

インスタント ラーメン 専門 店

[広告] 同店での売れ筋インスタントラーメンについて、大和さんは「池袋はみちのく出身者が多いのか、他店と比べ特に東北系と北海道のラーメンがよく売れる。 大阪総本店やイベントでは、20代から40代の若い世代が主流だが、ISP(池袋ショッピングパーク)は他店と比較して年齢層が高く、あっさりとしたラーメンが売れ筋に入ってきている」と話す。 人気商品第1位は、「利尻昆布を麺に練り込んだうまみの強い全方向的マルチなラーメン」という「北海道利尻昆布ラーメン」(270円)、第2位は「明石のりを麺に練り込んだしょうゆ屋が作った関西屈指のラーメン」という「明石のりラーメン」(320円)、第3位は「小麦もトマトも福岡県産にとことんこだわったうますぎるヘルシーラーメン」という「福岡とまとラーメン」(300円)。 大阪総本店に次ぐ直営2号店で、東京初進出店となる同店。 「東京では大阪と違い、売れ筋がガラッと変わるところが面白い。 東京では全く知名度がないので、店名から『やかん』の専門店と勘違いされてご来店される方もいた」と大和さん。 「来客層は、駅直結ということもあり、少しずつだが観光客の方々、特に海外からの客が増えている。 東京のお土産を探している方々に向けてまだ数は少ないが、東京のラーメンを少しずつラインアップに加えている」とも。 1周年を記念し、ご当地即席麺7個を詰め合わせた「大感謝セット」(1,600円)を用意する。 大和さんは「まだまだ東京ではやかん亭のことを知らない方が多いので、ぜひご当地ラーメンを少しでも多くの方々に食べていただき、都会と地方をしっかりとつないでいきたい。 みんなやかん亭に来てや~」と来店を呼び掛ける。 営業時間は10時~20時30分(日曜・祝日は20時まで)。

次の

ファン必見!全国のインスタントラーメンが集結する大阪「やかん亭」

インスタント ラーメン 専門 店

[広告] 全国各地、日本三大麺処の北海道・喜多方・九州などから希少麺・当地麺まで250種類以上ラインアップ。 大和さんが日本全国のインスタントラーメンを直接現地などで購入し「本当においしかったものだけを厳選している」という。 一番人気の商品は、同店の「ラーメン番付」東日本横綱の「利尻昆布ラーメン塩」(270円)。 「死ぬまでに一度は食べたいラーメンとしてお薦めしている」という即席麺で、利尻昆布の生産者がこだわる昆布練り込み麺と「最後の一滴まで続く」うま味が特徴だという。 「ラーメン番付」西日本横綱は、明石の高級のりと明石のしょうゆにこだわった「明石のりラーメン」(310円)。 「あっさりだがコクのあるうま味がたっぷりのしょうゆスープに、のりを練りこんだ麺のハーモニーが人気の秘訣(ひけつ)」だという。 そのほかの売れ筋は、「マヨらーめん」(350円)や、オホーツク産の毛がにを練り込んだ麺が特徴の「北海道ラーメン毛がにみそ」(300円)など。 「マヨらーめん」は、白湯豚骨をベースに昔ながらのラードで揚げた「揚げ麺」、そして特製粉末マヨネーズと特製野菜のかやくが付いた商品となっている。 「ご当地でしか手に入らないうますぎるラーメンたちが随時250種類以上。 代表の大和イチロウが1万を超えるインスタントラーメンを食べて続けたコレクション。 居ながらにして旅ができる当店に来店いただければ」と大和さん。 営業時間は10時~20時30分(日曜・祝日は20時まで)。

次の