高木雄也手。 高木雄也&MACO交際を匂わす新事実まとめ(同姓している噂まで)

高木雄也とmacoの匂わせまとめ!同じ皿とテーブルが大胆過ぎw|LifeNews Media

高木雄也手

「姉夫婦が祝ってくれた」と否定 この誕生日ケーキは、高木雄也さんではなくMACOさんの姉夫婦が祝ってくれたものだと否定しました。 「勘違いさせてごめんなさい」というところに、いろいろな自覚があることが分かりますし、なんか棘がありますよね…。 ただ、姉夫婦が祝ってくれたというのは本当のようです。 カワイイ姪っ子ちゃんも一緒に写っています。 髙木さんがその場にいたかどうかまでは不明ですが、同棲しているのであればいた可能性は高いと考えられます。 高木雄也の顔の横に女性の手 また、Twitterで最も波紋を呼んでいたのがこの写真。 高木雄也さんの顔横に手が写っていますが… パッと見は、 高木雄也さんが自分の髪をいじっている風にしか見えませんが…• 小指に ケーキの? クリームがついている• 高木雄也の手ではない ことが注目されています。 よーく見てみると、、 確かに小指にケーキのクリームらしきものが付着しています。 MACOさんの誕生日ケーキと関連性が見られますね。 さらに、よくよく見れば、高木さんの手首の 角度がおかしいことに気付きます。 出典: 画像をご覧いただくと分かりますが、もし自分の右手で左耳あたりを触る場合、手首は正面から見て左方向に伸びるはず。 ところが、正目面から見て右方向に手首が伸びているということは、この手は 高木雄也さんの手ではないということになります。 手も指も細長いので、女性の手である可能性が高い。 そう考えるとこれは 彼女であるMACOさんの手だと想像できます。 しかも、その瞬間をわざわざ自撮りしSNSに上げるということは、 明らかに意図的な匂わせであると言えます。 部屋のカーテンが同じ? さらにファンが着目したのは、お部屋のカーテン。 高木雄也さんとMACOさんの カーテンの色が同じなのですが、高木さんの方にだけ モザイクがかけられているので余計怪しさが増しています。 高木さんは、自撮り写真を上げるだけなら背後のカーテンにモザイクをかける理由が見当たりません。 モザイクをかけなければならない理由となると、同じ日にMACOさんが上げた写真に配慮したとしか考えられませんね。 お皿が同じ また、以前雑誌に載った高木雄也さんのお皿と、MACOさんが使用しているお皿が 完全に一致しています。 高木雄也の雑誌に載ったチャーハン お皿がカブるなんてことはあまりありませんからね。 これは意図的な匂わせではないにしろ、同棲している証拠と言えそうです。 テーブルの色が同じ また、お皿だけではなく テーブルの色も同じだと指摘されています。 高木雄也のテーブル 出典: MACOのテーブル 出典: 2人とも色は黒ですが、高木さんのテーブルにはうっすらと木目が見えるため木製であることが分かります。 MACOさんのテーブルには木目が見えないため、大理石なのか何なのか判別がつきません。 ただ、どっちとも光沢があるため同じテーブルかもしれませんね! 同じ夜景の写真をアップ 2017年春ごろ、 同じ場所から撮影したと思われる 夜景の写真が同じ日に投稿されました。 光の加減から時間帯は違う…と思われましたが、よく見ると 雲の形が同じです。 MACOさんは正午ごろにブログに投稿しているので、前日に観に行った可能性が高そう。 そう考えると 高木雄也さんとMACOさんは同じ日に同じ映画を観賞したことになります。 匂わせる意図がなかったとしても、これは一瞬でバレますよね。 ベイジャンでMACOの曲を紹介 JUMP da ベイベー! (ベイジャン)という、高木雄也さんと有岡大貴さんが毎週金曜日に放送しているラジオ番組で、 高木さんがMACOさんの曲を2015~16年にかけて何度も紹介しています。 こちらの音源では、高木さんが「最近好きな歌流していい?」と曲を流そうとすると、有岡さんに 「この人最近、自分のラジオにMACOさんの曲めっちゃ流してるらしくて」とツッコまれています。 そのシーンは 2:38~ 自分のラジオでMACOさんの曲を流しまくるって、これは 匂わせ以外の何物でもないでしょう。 同じ日に京都にいた 2020年1月5日、高木雄也さんとMACOさんは 同じ日に京都で目撃情報がありました。 プリザーブドフラワーをプレゼント 髙木雄也さんは以前雑誌で、「バレンタインでチョコをもらったら何を返す?」という質問で プリザーブドフラワーと答えていました。 出典: チョコのお返しに、バラのプリザーブドフラワーをあげるってどんだけオシャレなんですか…と思いますよね。 それに対して、MACOさんがインスタに上げたこの写真が波紋を呼びました。 出典: バラのプリザーブドフラワーです。 しかも日付を見てみると 2月16日とバレンタインデーの2日後となっています。 もらったのか、あげたのか。 コメントもありませんしすごく意味深な投稿ですよね。 macoが「紫」を多用 MACOさんのファッションや私物には紫色のものが多く、これが高木雄也さんのメンバーカラーである「紫」を匂わせていると言われています。 服&ネイル 出典: ネイル お?まさかのネイルも紫にしちゃうMACOちゃん???さすが意識高いわwwwwww — はち TohD8o ろうそく 出典: ピンクや紫がやたら多いですよね!服だけならまだしもネイルやロウソクまで紫色って、確信犯だとしか思えません。 髙木雄也とMACOは熱愛してる? 髙木雄也さんとMACOさんは熱愛していることは公にしていません。 しかし、これまでの匂わせが偶然だとは考えにくく、ほぼ間違いなく付き合っていると言えます。 しかも、皿やテーブル、カーテンまで同じだとすれば同棲している可能性が非常に高いと言えます。 2人とも交際を明言しないのは、ジャニーズアイドルやタレントとしての体裁を守っているのでしょうか?ここまでバレてて「匂わせだ!」と炎上を続けるくらいなら、早く公にしてしまった方がいいのでは?とも思います。 不安なところではありますね。

次の

【最新】髙木雄也とMACOの匂わせ画像!謎の手&モザイクなど2020年〜過去の熱愛疑惑まとめ

高木雄也手

髙木雄也さん手の動き大丈夫そう?自分の手なら相当すごいことしてね?• あきらかに髙木雄也の手じゃないんですけど?• 髙木雄也さん あの手の角度どうやってやるんですか?? この手の位置で、彼女との匂わせ疑惑だけならまだしも、手の角度がホラー?とまで言われています。 後ろのカーテンだけをモザイクにしたのも、怪しいですね。 高木雄也を触る手はmacoで確定?画像を検証 誰の手なのか話題になっています。 実際に誰の手なのでしょうか? この指はmacoさんで確定なのか、インスタに載っていた画像をチェックしました。 今回の高木雄也さんの画像は手がボヤけているのでmacoさんと確定とまではいかないにしても、 高木雄也さん本人の手ではないことは間違いなさそうです。 指輪とかがついているわけでは無いですが、細くて長い指が女性を感じさせますよね。 また、 macoさんの誕生日が5月10日で有りインスタで誕生日を祝ってもらったと投稿していることからも、高木雄也さんの写真に映った手がmacoさんと言われる要因の1つとなっています。 ただ、誰かの手で有ったとして、不要不急の外出はやめましょうと自粛期間のこの時期に誰かと一緒に居ることは確実です。 それに対して、JUMPaperを見たファンからは「家に居ましょう」と指摘が入っているのは事実です。 高木雄也とmacoの今までの匂わせ 匂わせは、今回の手が初めてではないのです。 高木雄也さんとmacoさんの過去の匂わせもまとめました。 Say! JUMPのシングル『fantastic time』の発売日前に「fantasticおいしい」と投稿していることで匂わせと言われています。 シングル発売日は2016年10月26日・投稿日は2016年11月19日 3週間も前の投稿ですね。 匂わせならもう少し近い日で投稿する気がしますので、これは偶然かもしれないと思います。 使われているお皿が同じで有ること• macoさんが誰かに朝食を作ってもらったときはテーブルの色が黒色(高木雄也さんは黒のテーブル)• macoさんは投稿直後に削除していること テーブルは色が見えるくらいでデザインがハッキリと見えないですね。 お皿は世界で1枚ではないので、偶然同じになることがあるかもしれません。 ただ、なぜmacoさんは、せっかく 投稿したものを削除したのでしょうか? この行動が 疑惑を深めることとなったようです。 雲の形が同じのように見えますので、少しの時間差で撮った写真に思えます。 macoさんの 「当たり前を始めてにしてくれた 愛する人にありがとう」という言葉も意味深に感じます。 これは1ヶ月ほど前からmacoさんがウサギを飼い始めていたことも有り、macoさんの家に行っているのではないかと噂されました。 同じ時期にmacoさんも友達と旅行していたことが分かり、グループ交際の噂が流れました。 同じ時期に噂されている2人が同じ場所へ旅行しているのは、確かに怪しすぎます。 高木雄也の手についてまとめ 今回は、 高木雄也さんの画像に映った手について紹介してきました。 映った手がmacoさんと言われているのは、過去の2人の匂わせが原因です。 そもそも高木雄也さんがラジオでメンバーにも指摘されるほど 頻繁にmacoさんの曲を選曲していたことで、注目されるようになっています。 もしかすると、この選曲がアピールだったのかなとも思ってしまいます。 もちろん2人が認めたわけでは有りませんが、もしお付き合いをしお互いが大切な人ならば幸せに過ごしてほしいです。 ですが、ファンは 匂わせてほしい気持ちは無いと思いますので、 あえて有料のブログで載せるべきではなかったかもしれませんね。 画像掲載までに、事務所の人がチェックしているようなので、今回の画像をなぜ載せたのかは疑問が残ります。

次の

平山あやと高木雄也の噂とは?平山あやは二股していたの?

高木雄也手

Hey! Say! JUMP・高木雄也のかっこいい名言まとめ 『なれる自分じゃなくて、なりたい自分になる』 『なれる自分じゃなくて、なりたい自分になる』 かっこいい名言ですね。 なれる自分になるのは簡単だと思います。 ですが、なりたい自分・理想の自分になるのは難しいことなのではないでしょうか。 この言葉を胸に、高木雄也さんもなりたい自分になってきた事と思います。 なりたい自分になっていきたいなと思いますね! 『昔の自分を振り返った時に、何もしてなかったってなると、人生つまんないじゃん。 』 『昔の自分を振り返った時に、何もしてなかったってなると、人生つまんないじゃん。 』 この言葉、深いですね〜。 その当時を振り返った時に、あの時あんなに頑張ったな、あれだけ努力したなって思える過去があるって素敵ですよね。 そう思えるように、毎日毎日全力で物事に向き合っていきたいと感じますね。 『自分の最大の味方であり理解者は自分自身なんだから、僕は常に自己評価を高く持っていたいですね』 『自分の最大の味方であり理解者は自分自身なんだから、僕は常に自己評価を高く持っていたいですね』 自分の最大味方であり、理解者は自分自身。 本当にそうですよね。 自分自身が、認めることが一番大事なのではないでしょうか。 ここまで見てきた通り、素晴らしい名言を数多く残していますね!! Hey! Say! JUMP・高木雄也のジュニア時代のエピソードまとめ ここからは、ジュニア時代のエピソードをご紹介します! 玉森裕太との幻のユニット ジュニア時代、J. Expressというグループで一緒に活動していた高木雄也さんと玉森裕太さん。 実は、2人のユニットが誕生しようとしていたんです。 ですが、高木雄也さんは2つのグループを兼任して疲弊した先輩の苦労を見ていたため、『俺はJ. Jがいい』と、その話は断ったのだとか。 2人のユニットも見て見たかった気もしますが、やっぱり、高木雄也さんにはHey! Say! JUMPですよね!!! 振付師に「ぶん殴るぞ!」と怒られていた 高木雄也さんはジャニーズに入ってすぐ、堂本光一さんの舞台「Endless SHOCK」に出演し、翌年にはJ. Expressに入りました。 順調に活躍しているように見えましたが、実はいつ自分が外されるんだろう…と思っていたようです。 怒られることも多く、振付師の方に「ぶん殴るぞ!」と言われたこともあったみたいです。 振付師さん、そんなことも言うんですね…笑 ジュニアだとしても、プロ。 プロの精神を教えようとしてくれたのかもしれませんね。 「居場所がなかった・・・」 これはジュニア時代のエピソードではないのですが、ぜひ知ってもらいたいエピソード。 ごくせんが終わったら、ジャニーズを辞めようと思っていた高木雄也さん。 当時は一匹狼タイプで、JUMPのメンバーといるよりごくせんのメンバーという方がずっとずっと楽しかったそうです。 その時に、高木雄也さんを変えたのが薮宏太さん。 『俺は握った手を乱暴に振りほどこうとしてたのに、一番ジャニーズっぽかった薮が、その手を掴んで離さなかった。 だから、今も俺はここにいる。 』 辞めたいということを伝えに社長室に向かったドアの前で浮かんだのはメンバーの顔。 ジャニーズを辞めるという強い決意を崩したのは、メンバーでした。 メンバーに支えられた過去があっての今の高木雄也さんがあるんですね! Hey! Say! JUMP・高木雄也はファンサしてくれる? コンサートで高木雄也さんはファンサをしてくれるのでしょうか? 結果から言いますと、高木雄也さんはあまりしてくれません。 笑 全体に向けて、が多いですね。 本人も誰か1人に向けてのファンサはあまりしたくないと言っていたので、少し難しそうですね… ですが、高木担の子にたまにファンサをしている印象がありますね! ぜひうちわを持ってコンサートに行きたいところですね! まとめ 今回はHey! Say! JUMP高木雄也さんのかっこいい名言、ジュニア時代のエピソード、ファンサはしてくれるのかについてご紹介しました! いかがでしたでしょうか? ファンサが欲しい方は、ぜひうちわを持って行ってくださいね! ファンサをもらえる可能性は低いかもしれませんが、幸せをもらえることは明らかです! これからも高木雄也さんのさらなる活躍に期待したいですね! 最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の