二 二 六 事件 成功 し てい たら。 二・二六事件

二・二六事件とは (ニーニーロクジケンとは) [単語記事]

二 二 六 事件 成功 し てい たら

皇道派が「対ソ一撃論」であるとの説は統制派による虚言です。 もっと正確に言えば、満州事変後の陸軍の方針で小畑が対ソ主軸の戦略を主張したら、永田が先に中国を叩くべしと異論を唱えたのですが、出席者は小畑に賛同したので、論議に負けた永田が原田に「小畑は対ソ先制を考える好戦的な男で、自分はそれに反対して部内の議論も優勢だった」と虚言を話し、それが秘書の原田から元老西園寺へ伝えられて、彼の回想が残されて世に広まったのです。 というのも、皇道派の満州戦略は内線を生かした防衛戦略であって、ソ連への攻勢戦略は独ソ戦勃発後の関特演を実施した時点でも用意されていなかったのです。 また青年将校は皇道派であるとの説も俗説で、皇道派とは荒木貞夫が大臣になった際に陸軍省の要職についたエリート中のエリートがやっかみで言われたものです。 ですので皇道派と部隊つき将校たるクーデター参加者は基本的につながりはありません。 むしろ統制派と呼ばれる連中のほうがより多くの接点と接触がありました。 この時点で故人になっている永田鉄山が三月事件の際に企て、子分の片倉が国防に関するパンフレットで記したような手順や方針に則って、2・26事件の青年将校たちがクーデターを実行したのは偶然ではありません。 クーデターが成功しても長続きしなかったでしょう。 最大の要素は昭和天皇と議会勢力でしょう。 クーデターの成功とは、昭和天皇が同意した場合であり、しかも彼らの要求は議会と憲法の否定でした。 現代から観れば古臭くても当時の日本は世界に誇れる議会制の国だったのです。 昭和天皇が同意したからと言って、こうした勢力が大人しくなるわけではありません。 また天皇による親政とは言っても実際には不可能であり、誰かが取り仕切らねばなりません。 それを担う人間はどこにもおらず、増長した若手に担がれやすい人間がついたところで、治安と政情が不安定になるだけでしょう。 もう一つの強力な武装勢力である海軍がそもそも納得するわけがなく、長続きする要素がありません。 それとクーデターやテロが手段として間違いなのは、それで成功した場合に、新たな体制を否定する側にしろ反対する側にしろ新たな陰謀を誘発しやすいことです。 5・15事件が2・26事件を引き起こす要因になったようにです。 こういったカウンタークーデターに揺るがないほどの基盤を青年将校一派が築ける要素はどこにもありません。 対外的には中国との戦争は避けられません。 出先の軍人の北支分離工作に、蒋介石は我慢がなりませんでした。 上海の利権も常々狙っていて、2・26事件後の日本の混乱を弱体化と判断したとなれば、1937年に第二次上海事変を起こして日中戦争を勃発させたように、戦争を仕掛けてくることは十分あり得ます。 どのような展開にしろ史実よりましになる可能性はかなり低いでしょうね。

次の

二・二六事件慰霊像

二 二 六 事件 成功 し てい たら

二・二六事件とは、6年(11年)から29日にかけておきた陸軍皇の将校によってされた・反乱未遂事件。 概要 当時の陸軍内部では皇と呼ばれる・親政()を掲げる一と、合法的な手段で防体制を固めようと言う統制の対立が起きていた。 にを歴任した将官が多かった皇は将校の支持を集め、警した統制は切り崩しや弾圧を加えた。 これに対し皇は様々な事件を起こすが権握には結びつかず、自分たちが除隊や送りされている間に中央に残った統制が全に権を握することを恐れた将校たちが事態打開のために起こしたのが本である。 しかし、結果は失敗に終わり、犯行の多くはに処せられた。 事件までの経緯 皇と統制の対立は10年(11年)のデン・デンの密約にまで遡る。 中だった寧次、駐在武官の山、館付武官敏四郎は来るべき次のとの防についてのデン・デンにおいて会合をもった。 に軍の化とを中心とした閥人事の一新、政の革を掲げる点ではが一致し、帰後もしばらくは親密な付き合いが存在した。 ()にはを集めた会が結成され、陸軍内でも視できない存在となる。 しかし、はの意思に反して貞一と組み、4年(19年)に一夕会を結成する。 会合を重ねると前年に作霖事件が起きていたこともあり、満対策にが当てられ武解決で一致。 事件のを作り、6年(1年)に実行させた。 また、この事件に呼応して会と呼ばれた将校や者の北が未遂事件を起こす(事件)。 人事面でも彼らに理解があるとされたが陸軍大臣になり、翌年には崎甚が参謀次長、十郎が総監となり優位に進めた。 ここまでは紆余曲折を経ながらも協体制にあったとであったが、の解決に忙殺され会のに支障が出始めた。 さらに、へと拡大したことによりとのも大幅に拡大されたが、この対ソ政策を巡って両者はしく対立を開始。 7年(2年)後半、反ソ・・皇と親ソ・・統制に一夕会は分裂した。 また、会も事件の失敗と弾圧を機に統制に合流した軍人と皇に接近する人に分裂する。 これら佐官たちの権闘争は将校たちにも飛び火。 会を離れたた北は将校たちと接触し、の必要性を説いた。 をにした不況や農村の疲弊、財政界の汚職事件の多発もありこれを憂いていた三、四郎、香田清貞、安秀、中基明、丹生忠、浅一、孝次らの支持を取り付けることに成功する。 この尉官たちの策動に感を抱いた陸軍上層部は将校らに活動から身を引くように説得。 しかし、将校たちは応じず、9年(4年)に計画が露呈し、とをした(ただし、この事件は統制のでっちあげ説が根強い)。 だが、この事件を経ても将校らの反発は収まらなかった。 10年(5年)、とは法廷闘争により陸軍上層部との対決を望むが視された上で免官される。 同年には皇の崎甚総監が罷免され、皇と統制の争いは一触即発の状況へと突入した。 同年、の陸軍省において統制の中心人物であったがに殺される事件が発生(事件)。 しかし、皇への粛軍は収まることはなく、11年(6年)には将校たちが属していた第一師団にへのが決定される。 中央政局からへの排除と受け取った将校らは追い詰められ、ここに起死回生を図るべくを実行した。 事件の経過 中心人物は四郎とされる。 彼は実行使を三を叱し、決起を実現させた。 また、とは前年から軍上層部と接触し、についての了承を得ていたと言われる(実際は曖昧な態度でを濁されただけとされる)。 標は啓介とその閣僚を殺、の勅を経た後に崎をに据えた上で反対をすると言うものだった。 (あるいは日)、自らの中隊を率いた将校たちは連隊の庫からを接収して出動。 第一連隊の週番だったはであったためこれを黙認した。 第三連隊については自身が週番であったため自ら接収。 襲撃は即座に実行され、蔵相、実内大臣、錠総監が殺される(啓介は義であった伝蔵がとなり殺されているうちにに逃走し事。 従長は重傷を負ったが妻の機転により止めを刺されずに生還。 湯にいた伸顕元内大臣も別働隊の襲撃を受けたが生還している。 また、啓介の警護に当たっていた官四人は殺されている)。 事件後、彼らが率いる3名の兵により、、、坂は占領された。 黙認して出発を見送ったは義であった本繁に連絡し、ここから従を通じてに伝えられた。 は将校らが不法に軍を動かしたことと、信頼していた重臣たちが殺されたことにされたとされ、い段階から鎮圧をめた。 また、元老の望ら宮中も信任していた実の殺に。 いかなる政変・組閣も認めない態度を取り、将校らの思惑は当初から外れていた。 この一連のの意向を知る由もない将校らは使者から決起趣意書がに伝わったことを知り、さらに決起趣意書をもとに大詔案が作られていると言う誤報もあって成功を確信したと言う。 また、陸軍同士が相討つことを避けたい上層部の曖昧な態度もあり、26は楽観的なが漂っていた。 27日午前三時、厳が敷かれたが、将校らの部隊は「決起部隊」とされとは認められていなかった。 しかし、この陸軍の曖昧な態度はのに触れ、原状回復を命じる奉勅命が下される。 には拝謁に訪れた陸軍大臣に対して「陸軍が動かないなら私自らが師団を率いて鎮圧する」とまで述べて決意を表明した。 また、ちょうどこの頃になり啓介のがになったため倒閣は成立せず、陸軍もようやく鎮圧に向けた行動を取るようになる。 日、将校らに奉勅命が伝わる。 また、厳官として決起部隊の包囲に当たっていた浩は皇であったため、即座の鎮圧は回避し説得に当たった。 には奉文がされ「鎮圧の奉勅命が出るのは時間の問題であること」を告げた。 将校らは「勅使による命と見届け」を条件とした撤兵案を提示するが、したは「するなら勝手にさせればよい」とこれを一蹴した。 午後四時、ついに厳部において鎮圧の決定がなされ29日午前五時には準備が了するように下された。 午後十一時、「反乱部隊」と言う呼称も定められの失敗はになった。 29日午前八時三十分、攻撃命が下された。 同時にやアド、チラシを使った下士官・兵に対する投降勧告がなされ、多くの兵卒たちは戦うことなく現場を離れ始めた。 師自らが説得にあたり、午後二時には反乱部隊は解体された。 ・はを図ったが、は失敗。 その他の将校らも午後五時にはされ事件は終結した。 軍はを期待し、のまで用意していたが将校らは法廷闘争を決め込んだと言う。 裁判 の将校は当日に免官となり、関係者も中には全て免官となった。 また、北・税間人も反乱の首謀者としてされた。 法廷闘争で世間に訴えると言う将校らの思惑は外れた。 緊急勅による非開かつ一審の特設軍法が設けられたためである。 これは通常の軍法では開かつ三審のため、陸軍内の速かつ内密に裁判を進めたいと言う意思が反映されたと言う。 に不当な裁判だったが、当初将校らは類似事件のと同様に軽い罪で済むと楽観視していた。 刑時も「どうせもっけて後で情状酌量をする算段」とうそぶいたと言う。 しかし、判決直前のになり事件のが処刑されたことを知ると、その楽観論も吹き飛びを覚悟したとされる。 、第一次判決が下され以下名の将校に判決が下された。 史上でも稀に見る大量処刑であり、覚悟していたもした。 、このうちを含めた15名は処刑された。 には残っていたとも処刑され、積極的な参加者はほぼが処刑されると言う末であった。 また、北と税も処刑された。 一方、皇上層部は崎を除いて表向きの処断はされず、崎も軍法にかけられたが拠不十分でとなった。 世間一般では「判断に乏しい将校らが怪しい中の思想に教唆されて犯行に及んだ」とされ、その思想やは説明されることはなかった。 関係者が口を開くことができるようになったのはであり、詳しい裁判記録が発見・開されたのは何とになってからだった。 その後 事件にがあるとされた皇は随時予備役に編入され、陸軍内は統制導のもと粛軍が進められた。 また、退役した皇将校を復活させないと言う口実を元に軍部大臣現役武官制が敷かれ、が陸軍を掣肘することがより困難な情勢となった。 しかし、導権を握った統制もや南進・北進論の対立に見られる・内部対立に悩まされた。 また、情勢は・外交の失敗もありを経て泥沼化。 合法的に高度防を作り上げると言う統制の論みは成功したが、それは化のでありでの対戦開始で頂点を極めると共に破局を迎える。 一方、皇は壊滅したが陸軍内では隠然とその勢を保ち、後半より統制のが衰え始めるとにも関与。 暗殺計画など、ところどころで暗躍することとなる。 (余談だが、この敗戦を巡る争いが問題につながっており、うがった見方をすればまで続く一の二・二六事件のである)。 皮なことに、この陸軍内の反統制人脈と二・二六事件の者で生き残りの・啓介の導によりはへのを歩むことになる。 評価 未遂に終わったとは言え、他の列強諸では見られない尉官の反乱であるため、内外問わず当時から衝撃を与えた。 ただし、的には肯定的な意見は少なかった。 同情論もあり助命をする者(、長勲、顕)もいたが、の断固たる意志とこれ以上の事件を防ぐと言う意味で厳罰が下された。 民の間ではこの事件を起点にの化や軍部の専横が立つようになったと言う印もあり、もしばらくは否定的な印が立ったようだ。 ・思想界では左右両ともに分かれており、は「もやってはいけないと思っていたこと」をやったとして、しい憤りを覚えたことをの著書で述べている。 一方、彼を底的に嫌っていたは「この事件こそ精との衝突である」と述べ、全面的に肯定する作品を何部か描いている。 年安保や年安保での参加やが盛んになると、本事件もその流れで解説されるようになった。 作品などでも盛んに取り上げられている。 ただ、近年は裁判記録やなどから当事者たちの思想信条は大したものではなく、単に功名心や対立相手への敵愾心により、上層部の閥対立の構図を十分にできないまま事件を起こしたのではないか、とする意見も強くなっており、過剰な賛美や否定を伴った評価・作品は見られなくなっているようだ。 旧来の皇統制と言う図式も見直しがあり、そもそも将校は皇ですらないとする論も有である。 これに伴い、北らの裁判の不当性も浮き彫りになり、大逆事件や多喜二殺などと並び事件の一種と評されることがある。 その他よもやま• が受けた衝撃はすさまじいものであったらしく、もこの時期になると落ち着かない様子だったと言われる。 有名なの「」(のがをさらっていると言う噂)はこの事件の将校をにしていると言う説がある。 言論封殺で事件の全容がにまで伝わらず、噂が独り歩きしたと言う。 に巻き込まれてしまった兵卒の中に前座時代の、でやを撮った四郎がいた。 特にはその様子がの討ち入りのようであったこと、将校に半ば脅されて下士官・兵卒相手に寄席をやったことなど、当時の雰囲気について重な言を残している。 の「 」のでは6年からが開始するため、栄えある(?)ー1である。 鎮圧・成功のどちらを選んでも介入義にが振れる代わりに、独裁・側にも降れ独裁化してしまう。 このため、連合軍での参戦や対同盟を考える場合は回避が推奨される。 現場のや地位の低いの離反を「の二・二六」と呼称することがある。 関連項目• - 軍は当初から鎮圧をし、当艦のをに向けている。 参議官という、軍人版枢密院みたいなのの構成員が、6年に、皇族と寺内寿一(次期)陸軍大臣を除いたが綺麗さっぱりいなくなっている点は注すべきか。 陸軍の意思決定が複雑であるかのように言われているが、敢えて複雑にして何も決定できない形を作り上げ、「官」かつ「最先任」である寺内寿一の一で全てが決まる流れを作ったに過ぎない。 石根が葬られたのも、時点で、寺内より先任の「一の」であったからという見方も可。 あと、元は「の」と言われるさで知られているが、というはそう軽いものではない。 押せば言う通りに動くが、押すには「相応の」が必要。 以外で元を「押す」ことができるのは、寺内寿一以外に見当たらない。 問題は、現代に至ってもまだ寺内寿一に対するがなされていない点。 やでさえ「」されているにも関わらずである。 97 削除しました.

次の

二・二六事件慰霊像

二 二 六 事件 成功 し てい たら

二・二六事件の犠牲者、処刑された青年将校らを弔う観音像 二・二六事件では、「反乱軍」となった陸軍の青年将校率いる部隊が総理大臣官邸、高橋是清大蔵大臣私邸、斎藤実内大臣の私邸、渡部教育総監私邸、鈴木侍従長官邸、各新聞社などを襲撃。 高橋是清大蔵大臣、斎藤実内大臣、渡辺錠太郎教育総監・陸軍大将や、警備の巡査らが多数死傷しています。 反乱は鎮圧され、陸軍将校16名、そして反乱の背景にあった北一輝、西田税(にしだみつぎ)が死刑となっています。 事件の後、立憲主義が大きく揺るがされ、陸軍内では統制派の東条英機が台頭、結果としてファシズム(全体主義)の色濃い、東条内閣へと軍靴の足音が大きくなっていきました。 陸軍将校16名が処刑(銃殺)されたのが東京陸軍刑務所で、現在の渋谷税務署などの入る渋谷地方合同庁舎の建つ一角。 敷地の北西角に立つ観音像が、犠牲者と処刑者を弔って昭和40年2月26日に建立された二・二六事件慰霊像です。 二・二六事件慰霊像 DATA 名称 二・二六事件慰霊像/ににろくじけんいれいぞう 所在地 東京都渋谷区宇田川町1-1 電車・バスで JR・京王電鉄・東京急行電鉄・東京メトロ銀座線渋谷駅から徒歩10分 駐車場 周辺の有料駐車場を利用 掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。 徳川幕府の終焉の時代と、広く世の中が認識した幕末の大事件が『桜田門外の変』。 江戸城西の丸入口、外桜田門で、安政7年3月3日(1860年3月24日)、水戸藩からの脱藩者らが、時の大老・井伊直弼(いいなおすけ)を殺害するという事件が起こります。 その現場は、今も往時... カテゴリ:• 「恐れ入谷(いりや)の鬼子母神(きしもじん)。 びっくり下谷の広徳寺。 そうで有馬の水天宮」というのは江戸っ子の洒落。 入谷は山手線鶯谷界隈の地名。 恐れ入るということを洒落て、入谷の真源寺に祀られる鬼子母神を掛けたものです。 境内と門前で7月に開かれる『朝顔市』は、東... カテゴリ: , ,• 東京都公園協会が管理する葛西臨海公園。 その中心施設である葛西臨海水族園の海側にあるのが同じ東京都公園協会が運航する東京水辺ラインの葛西臨海公園発着場です。 葛西臨海公園とお台場海浜公園、さらには浅草(二天門)、両国を結んで、水上バスが発着しています。 カテゴリ: , ,• 都立公園を管理する東京都公園協会が運航する水上バスが「東京水辺ライン」。 両国発着所をメインポートにして、浅草(二天門)からお台場海浜公園を結ぶ「浅草・お台場クルーズ」、葛西臨海公園まで足を伸ばす「葛西・浅草クルーズ」、そして葛西臨海公園とお台場海浜公園を結ぶ「... カテゴリ: , ,• 東京都文京区本郷、東京大学本郷キャンパスにあるのが夏目漱石の長編小説『三四郎』のモチーフとなった三四郎池。 東大本郷キャンパスは、江戸時代には加賀藩上屋敷だった地で、三四郎池もかつての大名庭園「育徳園」の一部。 正式名は育徳園心字池ですが、漱石の小説の影響で三四郎... カテゴリ: , ,• 御前山、三頭山と並び、奥多摩三山に数えられる大岳山(1266. 4m)を源に、北に流れて海沢渓谷となって多摩川に合流する海沢谷の上流部に懸かる滝が海沢三滝。 三ツ釜の滝、ネジレの滝、大滝の総称で、本来は、大滝のさらに上流に落ちる不動の滝を含めて海沢四滝とも呼ばれて... カテゴリ: , ,• 東京にある大名庭園は、東京とりっぷ取材班の調べで全23。 実は、ひょっとするとという候補がほかにもありますが、(池が大名庭園時代と同じ位置にあるなど)確定しているのは23ヶ所にすぎません。 その23庭園を、取材班が「お気に入り順」に紹介します。 大名庭園の存... カテゴリ: ,• 江戸時代中期、徳川吉宗により行楽地として開発された、王子・飛鳥山周辺(現・東京都北区)。 石神井川(しゃくじいがわ=滝野川)を中心に武蔵野台地の崖線に滝が懸かり、「王子七滝」として庶民にも人気の納涼地となっていました。 この七滝うち、現在唯一残るのが、名主の滝。 カテゴリ: ,• 昭和11年2月26日〜2月29日、北一輝らの影響を受けた天皇親政の下での国家改造(昭和維新)を目指す皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが起こしたクーデター未遂事件が有名な「二・二六事件」。 二・二六事件慰霊碑は、昭和11年7月12日に東京陸軍刑務所敷地(現・東京... カテゴリ: ,• 東京都板橋区赤塚にある乗蓮寺は、徳川家康から10石の朱印地を寄進された浄土宗の寺。 8代将軍・徳川吉宗は、鷹狩の際の「御小休・御膳場」に使っています。 境内に鎮座する東京大仏は、東京大空襲、関東大震災などの悲惨な戦災・震災が起きないように願いを込めて、昭和52年に... カテゴリ: , ,.

次の