年賀状 メッセージ 一言 文例。 年賀状に添える気の利いた添え書き・一言メッセージ文例集

友達や親戚への年賀状に添え書きする一言メッセージ文例集!

年賀状 メッセージ 一言 文例

年賀状のデザインを考える際には、送る相手への一言を添え書きできるように、ある程度のスペースを確保してレイアウトすることがポイントです! また、市販の年賀状などで「あけましておめでとう」や「謹賀新年」などの、お祝いの言葉や挨拶文が前もって印刷されているデザインである場合には、 印刷されている内容と添え書きする一言文がかぶらないように気を付けなければなりません。 例えば、「本年もどうぞよろしくお願いいたします」と印刷されている年賀状に、「今年もよろしくね」と添え書きするのは、受け取る相手にとっては喜ばしくない内容になってしまいます。 毎年添え書きをする一言に困ってしまう人は、 年賀状にあらかじめ印刷された文章が少ないデザインを選択しておくこともポイントですね。 ご無沙汰している人への添え書き一言メッセージのポイント 相手の魅力や個性を褒めること それほどお付き合いがなくなってしまったようなご無沙汰している人へ年賀状を送る場合には、ありふれた内容の添え書きメッセージになってしまうことも多いのではないでしょうか。 そのような場合には、 以前送る相手に対して感じられた魅力や個性などを思い浮べてみると、インパクトのある一言メッセージを添え書きすることができます。 【文例】• また、まだ付き合いの浅い関係の相手であれば、距離を縮めたいという場合にもお誘いをする一言メッセージは良いかもしれません。 【文例】• 近いうちにお茶でもしよ~ 都合の良い時にでもLINEで返信くださーい• 今年こそは一緒に夏フェス行こうぜ!!• さらに、 初めに質問されたメッセージが添え書きされていると、年賀状を送ってきた相手を意識してイメージをしやすくなるため、印象に残る年賀状になるのではないでしょうか。 【文例】• さらに、親戚の中において冠婚葬祭などの行事があったのであれば、その時の件を書き加えるのも良いのではないでしょうか。 【文例】• 中学を卒業してからもう15年にもなるんだね!今度 卒業15年のお祝いしよー!• 今年はオープン10周年記念ですよね!おめでとうございます!! 上司や恩師への添え書き一言メッセージのポイント 感謝の気持ちをまっすぐに伝えること 普段からお世話になっている上司や大切な恩師に向けては、 日頃は言いづらい感謝の気持ちをまっすぐに伝えるメッセージを添え書きすると良いですね。 とくに、「実は」や「あの時は言えなかったけど」、「本当は」などというようなフレーズをプラスすると、ますます相手に対する感謝の気持ちが身に染みて感じ取れて、心から温かい気持ちになってくれるのではないでしょうか。 【文例】• 先日はお会いできて 本当に嬉しかったです あの時は伝えられませんでしたが 感謝の気持ちでいっぱいです• 決して、相手のネガティブな部分をフォローするという訳ではなく、 ポジティブに刺激を与えるというようなイメージの添え書きメッセージを贈ることがポイントになります。 【文例】• 今年も一緒に切磋琢磨しながら頑張ろう!もしものことが起こった時には フォローするから安心してな!• いつでもアシストするから、とことん一生懸命に取り組んでみて! 気合いが入るような熱い気持ちを伝えること 年賀状で相手の気合いが入るような熱い気持ちを添え書きすることは、 相手が大切にしていることや目標などを日頃からシェアしていると、年賀状をもらった相手は一段と心に響くこと間違いなしですね。 いつもは物静かな印象のある人でも、年賀状では少しくらい熱いキャラを出して、添え書きをしてみてはいかがでしょうか。 【文例】 SPONSOR LINK 年賀状に添え書きするポイントとは?相手に喜ばれる一言文例のコツ!のまとめ 年賀状に添え書きするポイントや相手に喜ばれる一言文例のコツの参考になりましたでしょうか? あらかじめ印刷されている年賀状であっても、手書きされたメッセージが添え書きされていたら、淡白なイメージを与えることもなく、あなたの気遣いが感じ取れる年賀状になりますよね。 自分自身の近況や抱負など自分中心のメッセージだけでなく、相手に向けての気持ちが伝わるような話題の内容を添え書きすることが大切ですね。

次の

年賀状で一言友達に添え書きする文例は?同僚や友人へのおもしろ言葉

年賀状 メッセージ 一言 文例

宛名面と裏面のルールとマナーを知ろう 年賀状の書き方 年賀状は、日ごろからお世話になっている人や友人、親戚などに年に一度、旧年中の感謝や相手の幸せを願う気持ちを伝えるものです。 意外と知らないマナーがあるので、礼を欠いた年賀状にならないように、最低限のルールをおさえて、相手に喜ばれる1枚を送りましょう。 宛名面の書き方 1住所1 郵便番号の右2桁の中心に、宛名よりも小さく高い位置から書く。 郵便番号の枠とはがき右端から1文字分スペースを空ける。 都道府県は省略せず正式な住所を記入。 数字は、縦書きは漢数字、横書きは算用数字を基本とする。 2住所2(マンション名など) マンション名は、郵便番号の小枠左2つの中心を目安に、住所よりやや小さく、下げて書く。 マンション名は省略せずに記入。 3宛名 郵便番号の左3桁の中心に合わせ、一番大きい文字で目立つように書く。 文字の間を1文字分空けてバランスを取る。 4敬称 原則的に名前の下は「様」をつける。 恩師や医師、弁護士、政治家宛の場合は「先生」とつける。 5年賀 私製はがきの場合、切手の下に朱色で「年賀」と必ず記入。 6差出人 切手幅の範囲か、差出人の郵便番号の幅に合わせて書く。 ただし裏面に書く場合は、書かなくても失礼にあたらない。 人数が多い場合は、代表者の名前とその横に「ご一同様」と書き添える。 旧字体や旧かなづかいの氏名には要注意。 「辺」は「邉」、「崎」は「﨑」、「斉」は「齋」など、パソコンにデータを入力している場合は、正式な表記を事前に確認しましょう。 2添え書き1(お礼や挨拶) 「旧年中はお世話になりました」「昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます」など。 3添え書き2(今後の指導や支援をお願いする言葉) 「今年もどうぞよろしくお願いいたします」「本年も変わらぬご芳情を賜りますようお願い申し上げます」など。 4添え書き3(相手の健康や繁栄を願う言葉) 「皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます」「御社のますますのご発展を心よりお祈りいたします」など。 5年号・日付 「令和2年元旦」「2020年1月1日」。 元号と西暦はどちらを使ってもよい。 6差出人 郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・氏名など。 宛名面に記載する場合は不要。 本来、賀詞とは「祝意を表す言葉」ですが、近年では年賀状の文頭に使う決まり文句(新年のお祝いの言葉)として用いられています。 賀詞にはさまざまな種類がありますが、 送る相手によって使い分ける必要があります。 送る相手に合わせて正しく賀詞を選びましょう。 相手が目上の場合 「謹賀新年」「恭賀新年」など漢字4文字の賀詞。 相手が目下の場合(目上の人に使うと失礼になるもの) 「福」「賀」「迎春」「賀正」など、漢字1〜2文字の賀詞。 ビジネス関係の相手など、誰にでも使える賀詞 「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など。 写真入り年賀状は、近況を伝えるには最適ですが、相手との関係性や相手の状況を考慮しましょう。 親しい友人や親戚など身内に送るのなら問題はありませんが、 上司や取引先などには控えた方が無難です。 ただし、出産祝いをいただいたり、家族ぐるみでお付き合いしている場合など、喜ばれる場合もありますので、日ごろのお付き合いの度合を見極めて判断してください。 裏面を作るとき気をつけたいポイント 送る相手に合わせたメッセージを 手書きで一言添えられていると受け取った相手もうれしくなります。 近況報告や相手への質問、感謝の言葉など、相手が読んで楽しくなるメッセージを一言添えましょう。 もし、特別に報告することがなくても仕事や趣味など、何気ない日常のことを書きましょう。 変わらず元気に暮らしていることを知らせるだけで相手にはばれるはずです。 暗い話題やデリケートな内容は避ける 病気やケガ、亡くなった方のことなど、暗い話題は控えましょう。 また、「彼との結婚話はどうなりましたか」「赤ちゃんを楽しみにしています」などの結婚や出産に関する内容は、 自分は励ましているつもりでも相手がプレッシャーに感じる場合もあるので注意が必要です。 相手の家族も読むことを考える メールと違い、 年賀状は送った本人以外の目に触れる機会があります。 過去の恋人のことや仕事上のミスなど、相手が家族に知られたくないようなことや、相手の家族が見て不快になる話題は書かないように気をつけましょう。 賀詞・添え書きには「、」「。 」を使わない もともと句読点は「子どもが読みやすいように」と使われ始めた記号であるため、 相手に敬意を示す挨拶状や賞状で用いることは失礼にあたります。 また、慶事に「区切りをつけない」という縁起を担ぐ意味もあるそうです。 「忌み言葉」は避ける 「去年」の「去」には「別れる」「離れる」といった意味があるため、年賀状では「旧年」「昨年」を用います。 また、「失う」「倒れる」「衰える」「枯れる」「絶望」「残念」などの「忌み言葉」や、「離婚」「倒産」「病気」などおめでたい場にふさわしくない話題は避けるようにしましょう。 言葉の重複は避ける 元旦は1月1日の朝のことです。 「2020年1月1日元旦」では重複していますので間違いです。 また「新年あけましておめでとうございます」は「新年」と「明ける」が重複しているという意見が多く、使わない方が無難です。 そのまま使える 挨拶文・一言添え書き文例集 「謹賀新年」などの賀詞の後につづる添え書きは、健康や幸せを祈り、新年の抱負を述べるなど明るい話題を簡潔にまとめるのがマナーです。 新年の挨拶とともに、結婚、出産などの近況報告を兼ねるほか、日ごろの感謝の気持ちや疎遠になっている方へ相手を気遣う一文を入れるように心がけましょう。 close 閉じる.

次の

年賀状の一言文例集2020!友達~上司まで相手・状況別の添え書き例

年賀状 メッセージ 一言 文例

年賀状は新年をお祝いし、相手の健康や幸せを祈念するものです。 できれば印刷されたメッセージだけなく、手書きで一言、添え書きをすると大変喜ばれます。 手書きのメッセージを添えることで、一通の年賀状に独特の温かみが加わります。 日頃の感謝など、その人に対して感じている気持ちがより伝わりやすくなることは、間違いありません。 手書きで添え書きを書くときに気を付けたいのは、「年賀状に印刷されているメッセージと同じ文言を書かない」ことです。 「あけましておめでとうございます」と大きく印刷されているのに、手書きの一言が「おめでとー!」になっていたとしたら、受け取る側は違和感を覚えてしまうでしょう。 重複する文言ではなく、できれば送る相手に関連したメッセージ(近況報告や抱負、仕事や趣味の話、相手を気遣う言葉など)が望ましいといえます。 年賀状に書く一言メッセージの注意点 続いて、一言メッセージを書く上で注意したい事柄について、順を追って見ていきましょう。 まず、頭語・結語について。 頭語・結語は、手紙における「こんにちは」「さようなら」に当たる挨拶のようなものです。 「拝啓」と「敬具」「謹啓」と「謹言」のような組み合わせがありますが、年賀状にはこうした頭語・結語を書く必要はありません。 また、「新春の候」といった時候の挨拶も不要です。 次に、忌み言葉を避けるようにしましょう。 「忌み言葉」とは、不吉なことを連想させる言葉を指し、「死」「別」「失」「去」「絶」などがあります。 年賀状のようなお祝い事の時に使うのは縁起が悪いため、使わないように気を付ける必要があります。 特に、去年の「去」は避け、「昨年」「旧年」と言い換えるようにしましょう。 また、印刷するメッセージも含め、句読点(、。 )は入れないのが通例です。 日本語が縦書き文化だった時代の名残が理由とされていますが、句読点がないと読みにくくなってしまう箇所は、少しスペースを空けて書くようにすると良いでしょう。 メッセージについては、新年の挨拶ということもあり、できるだけネガティブな内容を避けるようにしたいものです。 年賀状は本人だけでなく、相手の家族も目にする可能性があります。 受け取る本人が、家族に知られたくない内容についても書くことを避けるようにしたいものです。 「離婚」「病気」といった事柄について年賀状で伝える必要がある場合は、相手が心配したり、不快になったりする表現を避けて、名前の近くにさりげなく添え書きする程度にとどめておいた方が良いでしょう。 会社の上司や先輩、取引先、親類など、目上の方に対してメッセージを書く時には誰しも緊張してしまうものです。 普段、日常的に会っている会社の上司や先輩には「昨年のお礼」や「今年の抱負」「新年のお付き合いに対するお願い」を書くと良いでしょう。 普段あまり会わない目上の方に対しては「ご無沙汰の挨拶」と「相手を気遣う一言」を添えることで、温かみのあるメッセージになるはずです。 また、目上の方に手書きの一言を書く際には色付きのペンを避け、黒い字で書くようにしましょう。 特に、 宛名と同様に、赤い色でメッセージを書くのは避けるのがマナーです。 「謹賀新年」のような賀詞については、赤い文字を使用したデザインも多く見られます。 元来、赤い色が邪気や魔を払う効果を持つと考えられており、祝い事で使われてきたという理由があるためです。 また、修正ペンや修正テープを使うのもマナー違反になります。 書き損じた年賀状は、手数料を払えば郵便局の窓口で交換ができますので、間違いのない年賀状を送るようにしましょう。 (交換できるのは年賀状の販売期間である11月初旬から翌年の1月初旬まで) さらにもうひとつ。 相手の名前や住所、会社名などに誤字・脱字があると大変失礼です。 せっかくの年賀状が、マイナスの印象を与えることにもなりかねません。 必ず確認してから投函するようにしたいものです。 印刷されただけの年賀状は、どうしても形式的な印象を与えてしまいます。 手書きの文章を一言添えるだけで、相手への気遣いや、真心を伝えることができます。 新年に届く年賀状は特別なものです。 お世話になった方々や大切な方へ、あなただけの心のこもった年賀状を送りましょう。

次の