アズレン 脅威海域。 【アズールレーン】海域危険度システムとは?【アズレン】|ゲームエイト

アズレン編成 ブログ

アズレン 脅威海域

13章から追加された新要素について 厄介な特殊敵艦が複数登場 防空艦 対空攻撃により、 こちらの艦載機を落としてきます。 対空火力は尋常ではなく、 ほとんどの艦載機が落とされてしまうレベルです。 倒しても再度出現するため、非常に厄介な存在です。 また、 艦載機からの攻撃に対して耐性を持ち、12. 5%しかダメージを与えられません。 (8割以上軽減されます) 航空攻撃で落とすことは困難であるため、 前衛の砲撃や主力艦の砲撃で処理するのがおすすめです。 装甲は中装甲なので 「重巡洋艦の徹甲弾」「軽巡洋艦の榴弾」が有効です。 なお、駆逐艦の主砲攻撃はダメージが通りにくいため注意が必要です。 指揮艦 Danger 13章の攻略を邪魔する、 非常に注意すべき艦です。 13-3、13-4ではボスと一緒に出現するため、最優先で撃破する必要があります。 撃破しない限り、敵全体の攻撃力を50%上昇させます。 さらに、出現してから一定時間で、攻撃力をさらに30%追加で上昇させます。 撃破したとしても、攻撃力30%強化は残るというぶっ壊れた性能です。 敵艦の強化だけでもきついのに、 おまけとして航空攻撃まで発動してきます。 (勘弁してくれ・・・) 装甲は、 重装甲で非常にタフです。 砲撃のダメージが通りづらいため、 航空攻撃で一層するか魚雷を叩きこむなど少し工夫が必要です。 工作艦 明石と同じ工作艦です。 定期的に敵全体のHPを割合で回復させます。 回復量もそこそもあるため、火力が低いと戦闘が長引いて危険な存在。 装甲は、 軽装甲ですが非常にタフです。 「重巡洋艦の榴弾」「軽巡洋艦の榴弾」が有効で、駆逐艦の砲撃もそこそこ通ります。 しかし、出現位置が後方であるうえに、定期的に後退するため狙い撃ちするのが難しいです。 航空攻撃で一層すると良いでしょう。 特殊敵艦の対処法 指揮艦を最優先で落としたいところですが、砲撃が通りづらいです。 航空攻撃で一層しようとすると、防空艦が邪魔してきます。 以下の手順で、対応するのがおすすめです。 step 1防空艦を砲撃で落とす step 2指揮艦と工作艦をまとめて航空攻撃で落とす 攻略のポイント• 制空権は可能な限り『制空権確保』、最低でも『制空権優勢』にする。 Lvは115以上まで上げておく(13-4のボスはLv120推奨)• 道中の主力は「明石」「ユニコーン」「イラストリアス」を推奨• 前衛は回避と耐久を重視• 前衛の先頭キャラには『バルジ』の装備を推奨• 陣形は『輪形陣』を活用• 13-4は道中・ボス共に手動攻略推奨(安全海域になるまでは) 制空値システムの重要性について 制空権は非常に重要なので、絶対に 「制空権優勢」以上にしてください。 以下を見ていただければ分かりますが、「制空権優勢」以上のメリットが大きすぎます。 「拮抗中」からダメージがダウンする効果がついてしまうので攻略がきつくなります。 おすすめ設備 主砲や副砲については、艦種毎に最適なものがあると思うので省略。 ここでは、 13章で必須級の設備を中心にご紹介します。 強化油圧舵 回避を大幅にアップし耐久までアップします。 さらに、スキルにより一定確率で攻撃を回避する事が出来ます。 研究開発室でしか入手できないため、数を揃えるのが難しいですが、 ボス戦で装備させるために最低でも3つは欲しいところです。 SGレーダー 主に明石に装備させます。 道中での「敵艦見ゆ」の確率を下げるためにも、装備しておきたいです。 1つあれば十分です。 油圧カタパルト 航空値を大幅に強化し、耐久値も強化します。 空母にはとりあえずこれを装備させます。 ここまで来た指揮官さんなら数は揃っているはず。 ホーミングビーコン 航空値の強化と、航空攻撃の装填時間を4%短縮するスキルが強力です。 航空攻撃の回転を上げることも、この海域では重要です。 高性能対空レーダー 対空値を大幅強化する設備です。 対空番長であるサンディエゴ改にはこれを持たせます。 入手方法が研究開発室のみなので数は揃えにくいです。 複数持っている場合は、他の艦にも装備すると良いです。 SHS 火力を大幅強化し、クリティカル率までアップさせる素晴らしい設備。 ボス戦で使う主力戦艦に持たせたい一品。 ボス戦は時間との戦い(時間をかけるとこちらが落とされる)なので、火力の強化は重要です。 一式徹甲弾 火力と命中を大幅強化し、クリティカルダメージを25%もアップさせます。 ウォースパイトには絶対に装備させたい設備です。 応急修理装置 鉄板とも言える設備です。 耐久値の強化と一定時間ごとに耐久値を回復させるスキルは優秀の一言。 前衛にはとりあえず持たせておきたい。 バルジ 耐久の強化と、魚雷ダメージを30%軽減するスキルに助けられます。 前衛の先頭は、魚雷によるダメージも洒落にならないので装備必須です。 改良型シュノーケル 潜水艦の潜航力を強化します。 13章は敵との戦闘時間が長くなりがちです。 潜水艦には少しでも戦場に留まってほしいので、潜航力の強化は必須です。 各ステージの攻略について 個別に記事を作成したので、以下の記事をご覧ください。 13-1 オート攻略(脅威海域) まずは小手調べといった難易度。 13-2 オート攻略(脅威海域) 13-1がクリアできれば13-2は問題ないかな?という印象です。 13-3 オート攻略(脅威海域) 難易度が一気に跳ね上がります。 育成・装備ともに整っていないと道中の時点できついです。 13-4 手動攻略(脅威海域) 難易度が頭おかしいレベルです。 基本的には手動攻略必須。 13-4 オート攻略(安全海域) 安全海域にしてもオートの100%S勝利は難しいです。

次の

【アズールレーン】ドロップ狙いおすすめ周回海域【アズレン】|ゲームエイト

アズレン 脅威海域

演習について書くことがないので、今更ながら13章で使っているオート編成について書いておこうと思います。 今一番周回している場所ですね。 目的は《潜水艦用Mark16魚雷》掘り。 13章が結構手こずったので、14章のために潜水艦を育ててます。 13章攻略メンバーは14章でもそれなりに通用すると思うのでさせておく意味もあります。 どう考えても早とちり。。。 PCで他のことしながらやっているので、基本戦闘見ないのとやり直すのが面倒なので、道中全部大型でも負けないようにします。 道中編成 明石とはしてますが、安定のために入れています。 主力が受けるダメージが1体に集中すると落ちることがあるので、はその事故防止です。 特に明石は耐久が低いためとペアにすると良いです。 13章で個人的に一番評価が上がったのが。 高い対空性能、全体バフ、低燃費と地味つよなところがお気に入りです。 エンプラは無敵スキルのおかげで落ちにくいので旗艦に向いていますね。 ただ、炎上ダメは無敵でもくらってしまうので、消火器はあったほうが良いです。 編成の強さだけを求めるなら、吾妻より対空が高いネプのほうが良さげです。 しかしネプもしているので当分海域で使うことはないでしょう・・・ この編成でオート星3も可能です。 ボス編成 なるべくスキル運に左右されない編成です。 ポイントはセントーに速度デバフの818中隊を載せるところ。 セントーの航空攻撃に遅れないためにエセ子にビーコン必須です。 動きが遅くなったボスにエセ子の流星が刺さります。 エセ子はセントーのあとに発艦するため、防空艦がいない状態になっており、金カタがいいと思います。 また、セントーに合わせて潜水艦を呼ぶとめっちゃダメージ入ります。 潜水艦がいなくてもセントーは最強格ですが、速度デバフと潜水艦の相性がいいのでますます最強です。 潜水艦を呼ぶタイミングはセントー発艦より少し前が良さげです。 モンピはサンディエゴとスキルの発動タイミングがぴったりなので気に入っています。 《ソロモンの伝説》が落ちやすい最前のポネキを守ってくれます。 たぬは演習で使っているので装備変更不可。 演習と海域で装備分けれたらいいのに 陣形は道中・ボスともに輪形陣にしています。 <参考動画> 13-4 — Nardin Nardin1618 危険海域クリア目的なら、を真ジュノーにすると良いと思います。 Mark16の金図は19枚集まったけど、バンカーは出ないです。 試行回数が足りないのか運が悪いのかは分からない。。。 <後日談> バンカーはMark16の金図26枚集まったところで掘り当てました。 おそらく300周ぐらいだったと思います。 あとオートで弾薬補充なし、潜水艦なしでボス以外を撃破する縛りプレイが面白かったです。 編成の安定度を見るのにちょうど良くて、結構ちゃんと組まないとクリア出来ないと思います。 オートでボス以外全艦撃破した場面。 結構ボロボロになります。。 見直した道中編成 エンプラの代わりにも良かったのですが、ちょっと火力不足かなと思いました。 手動でやるなら火力もカバーできるのでが安定だと思います。 13章はがおすすめです。 対空406で威力補正145%なのでとても活躍してくれます。 見直したボス編成 ボス編成も少し変えて、モンピの代わりにシアトルを入れました。 ポネキが落ちるかどうかでSが取れるか決まるため、ポネキを守る目的で対空盛りにしています。 シアトルもなかなかのダメを出してくれます。 続き uniheraction1618.

次の

【アズールレーン】海域危険度システムのダメージ軽減効果

アズレン 脅威海域

左 中心 旗艦 右 主力 前衛 工作艦で弾薬を増やす 高難易度海域はボス出現まで6体の雑魚を倒す必要がある。 工作艦を編成するとマップでの弾薬が5から6に増えるので、全ての雑魚をスムーズに倒すことができる。 工作艦は回復もできる 工作艦は マップでの回復ができるため、道中が安定する。 戦闘中も回復スキルが使えるため、連戦に強くなれる。 回復できる空母で前衛を回復 高難易度での連戦はダメージが大きく、特に前衛は耐久値が減りやすい。 工作艦とは別に 更に回復できるキャラを編成することで、連戦が安定する。 前衛の自由度は高め 重要になるのは主力艦隊の編成なので、前衛の自由度は高め。 最強ランキングなどを見つつ、 自分の手持ちから強力なキャラを選べばOKだ。 入れ替え候補 ティルピッツと入れ替え候補 ステータスが高く、高い主砲ダメージがだせる。 手数を増やせる弾幕スキルも優秀。 ティルピッツと入れ替え候補 スキル「グロリー・オブ・ロイヤル」による瞬間火力と味方空母の装填をアップ出来るのが強み。 主砲は攻速重視で装備しよう。 祥鳳改と入れ替え候補 祥鳳と同じ役割ができる軽空母。 祥鳳より高ステータスで対空も得意だが、火力面はやや祥鳳に分がある。 燃費もユニコーンのほうが少し悪い。 祥鳳改と入れ替え候補 前衛にシールドを付与できる空母。 被ダメージを減らせるので、回復スキルと似た感覚で使える。 重装甲で耐久値も高いので、軽空母に比べて倒されにくい。 明石と入れ替え候補 数少ない工作艦キャラのひとり。 基本は明石と同じ役割をこなせるが、回復スキルは明石のほうが使いやすい。 ヘレナのスキルで速攻撃破!ボス用編成 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 ヘレナのスキルを活かした編成 ヘレナのスキル「レーダー探知」の、敵被ダメージ大幅アップの効果を活かした編成。 魚雷や戦艦の攻撃は元々のダメージが大きいため、ヘレナのスキルの恩恵を効果的に受けられる。 Point 長門&加賀赤城などの大ダメージを狙える主力艦隊とも相性抜群です。 ヘレナのスキル発動タイミングを調整 ヘレナのスキル発動タイミングは20秒毎。 ヘレナのスキル発動の少し前にボスが出現するよう、画面右上の戦闘時間を見て道中の突破タイミングを調整しよう。 Point デューク・オブ・ヨークの特殊弾幕スキルも20秒毎の発動。 スキルの発動時間を意識して戦えると他の編成でも役に立ちます。 ただし、スキル発動のタイミングを調整するためなら多少使ってしまっても問題ない。 移動速度ダウンで攻撃が命中しやすい アーク・ロイヤルは、スキルで敵の移動速度ダウンが可能。 移動速度ダウンさせることで、魚雷や戦艦の攻撃が命中しやすくなる。 そのため、魚雷や戦艦の主砲攻撃を行う前に、アーク・ロイヤルの航空攻撃を行っておこう。 一部高難易度用対空編成 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 12章や一部のイベント海域などを想定 ノーマル海域12章や一部イベント海域など、敵の航空攻撃が激しい海域を想定した編成。 対空に優れるキャラをメインに編成している。 戦闘機数が多い空母を編成 戦闘機を装備できる空母は、敵の航空攻撃に合わせて自動で戦闘機が発艦し、対空を行ってくれる。 中でもイラストリアスなど、戦闘機数が多いキャラの対空が優秀だ。 Point 戦闘機も爆弾を積んでいない、対空特化の戦闘機にしてみるのもおすすめ。 工作艦の編成もおすすめ 回復効果が目立つ工作艦だが、対空能力も非常に高い。 道中用の編成などであれば、無理なく編成することができるだろう。 ボス用にはダメージがだせないためやや不向き。 おすすめの工作艦はこちら 状況を見て調整しよう 対空砲の強化具合などによって、対空ができるかどうかは大きく変化する。 実際に戦闘してみて対空能力が足りていないと感じたら、空母を多めに編成する、より対空値の高いキャラを編成するなどして調整しよう。 Point 対空値アップできる設備などで補うのもおすすめです。 エディンバラと入れ替え候補 スキル「大物狩り」と「火力全開」でとても高い攻撃力を持つ。 ボスが重巡の場合に起用するのがオススメ。 同性能のキャラにが存在する。 同時編成することで、より攻撃的な編成にすることも可能。 エディンバラと入れ替え候補 エディンバラから装甲を落とす代わりに、より艦隊火力を高めたい場合はこちらを編成する。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 攻撃力は控えめだが、スキル「装甲空母」による前衛へのバリアが強い。 ヘルキャットなどの 爆弾を持った戦闘機を装備させて少しでも火力を伸ばそう。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 スキル「BIG SEVEN」による特殊弾幕が強み。 自爆ボートやボス前の雑魚敵処理などに非常に強力だ。 同じ性能を持ったキャラに、がいる。 フッドがいない場合、ネルソンとロドニーの同時起用しても強い。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 特殊弾幕や主砲砲撃が命中した際の付属効果が優秀。 砲撃自体の火力も高くダメージ稼ぎにも貢献してくれる。 Point! 演習でおなじみのロイヤル艦隊、もちろん海域でもすごく強いです!敵に合わせて編成をあれこれ変えてみるのも楽しくていいですよ。 そのため、ボスまでの 道中戦の被害を抑えながら進むことが出来る。 そのため、主力艦の攻撃が無い時でも安定してダメージを与えて敵を倒しやすい。 安定した自爆ボートの処理が可能 ティルピッツのスキル「磁性魚雷」と前衛の副砲を合わせることで、 自爆ボートの処理がかなり楽にできる。 道中連戦する際には重要視したいポイントになる。 攻撃機は「汎用型」を使おう 道中の敵は駆逐艦や巡洋艦が出てくることが多く、敵が動いてるので魚雷のタイプが「汎用型」の攻撃機を使用しよう。 理想はバラクーダT3だが、持っていないのであればバラクーダT2やTBFアベンジャーT3でOK。 入れ替え候補 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フレッチャー級の駆逐艦を3隻編成する フレッチャー艦隊とは、前衛艦隊に無凸のフレッチャーとフレッチャー級のノーマル駆逐艦を2隻編成した低燃費周回用の艦隊。 フレッチャーのスキルで前衛を強化できるため、 ある程度までの海域の道中戦を1回あたり消費燃料4で行える。 後衛は海域に合わせて変更 後衛は攻撃力と燃費を優先するのであれば無凸のレンジャーを、前衛艦隊の耐久維持が難しければ 回復スキル持ちのユニコーンや祥鳳を使用する。 ハーミーズなどの同時編成もオススメ。 入れ替え候補 一番燃費がいい編成はレンジャーだが、育成状況や海域に合わせて主力艦隊を入れ替えたり、これらの中から複数編成するのがオススメ。 特に回復がかなり欲しい海域では ユニコーンと祥鳳の同時起用もあり得る。 レンジャーと入れ替え候補 回復スキルが必要な場合に編成する。 同じ回復持ちの祥鳳と比べると、 装填速度を上げるスキルを持っている点が優秀。 レンジャーと入れ替え候補 回復スキルが必要な場面で編成したい。 ユニコーンと比較すると、艦載機の装備スロットが攻撃寄り。 主力の追加候補 ノーマル艦なので消費燃料が低く、スキル「強襲空母」で高い火力を出すことも出来る。 Point! 無凸フレッチャー編成は、敵のレベルが上がってくると周回が苦しくなってきます。 その場合は、完凸したフェニックスを単艦で運用したり、主力に軽空母を3隻入れて火力を上げるなどして対応しましょう。 後半の海域で使うことを意識するなら、 応急修理装置など装備の強化をしっかりとしていきたいです。 第2艦隊編成例:ボス用艦隊 クリーブランドと入れ替え候補 支援はできないが、クリーブランドより単体での火力が高い。 手に入れたら積極的に運用していこう。 クリーブランドと入れ替え候補 クリーブランドより火力で劣るが、スキル「真紅の不死鳥」で耐久値を回復できる。 RキャラなのでSRキャラより少しだけ燃費が良い。 速力が遅く、回転率の遅い重巡主砲なので小回りはきかないが、それを補って余るステータスの高さ。 R重巡艦と同じ消費燃料なので、低燃費キャラとしても優秀。 フッドと入れ替え候補 スキル「磁性魚雷」と副砲をあわせた自爆ボート処理能力が魅力。 主砲砲撃の火力も高い。 フッドと入れ替え候補 自爆ボートの攻撃が激しくない海域の場合、エンタープライズも候補に入る。 空母なので耐久が若干低いが、スキル「LuckyE」が発動した時は一撃でボスを撃破することもある。 フッドと入れ替え候補 ボス艦隊の動きが遅い場合は攻撃に特化した空母であるアークロイヤルも選択肢に。 攻撃機を2スロット装備できるので、「重桜型」の攻撃機を使ってボスを一気に仕留めよう。 フッドと入れ替え候補 高い主砲火力を持つ戦艦。 特殊弾幕を持つので手数もあり使い勝手が良い。 Point! 強力なキャラが揃ってない場合、配布でもらえるインディアナポリスとポートランドの組み合わせなどもオススメ。 道中だけ低燃費にしてボスは一番強い艦隊を用意しよう。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 一航戦を使った速攻編成 赤城と加賀はスキル「先手必勝!」を持っており、 1回目の航空攻撃を早く繰り出すことが出来る。 また、赤城と加賀の同時出撃でスキル「一航戦」が発動し、高い航空能力を持つので強力な攻撃が出来るのが特徴。 攻撃機は「重桜型」を使おう 演習では敵主力艦隊が動かないので、敵に魚雷が一直線に進む流星T3や天山T3と言った「重桜型」の攻撃機を装備させたい。 Point! 逆に敵前衛艦隊を意識したいなら、当てやすい「汎用型」の魚雷でもOK。 敵の編成に応じて装備を変更しよう! 入れ替え候補 赤城と加賀がメインになるため、それをサポートするキャラを入れ替えて編成する形になる。 特殊弾幕でダメージもだせる。 長門と入れ替え候補 スキルによって主砲火力が高い。 耐久ステータスもトップクラス。 長門と入れ替え候補 特殊弾幕によって手数が多く、移動速度もダウンできる。 ステータスも優秀。 長門と入れ替え候補 スキル「LuckyE」が発動すれば敵を一気に殲滅出来る。 強化レベル15まで育成すれば、序盤の魚雷ダメージがトップクラスに。 耐久面も優秀で、主砲でもダメージを出せる。 神通と変更しても問題ない。 防御スキルによって自身の耐久面も優秀。 敵前衛が軽装甲だった場合、開幕から大ダメージを狙える。 全弾発射の魚雷も強力。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 長門一航戦編成を仮想敵に設定 演習で上位に上がるほど遭遇率が上がる長門一航戦編成への対処を考慮した編成で、ユニオンと重桜の決戦は史実を彷彿とさせる。 高速かつ強烈な空襲に耐え切って特殊弾幕や浸水による反撃を加え、 粘り勝ちを目指して行く。 ワシントンとサウスダコタが主軸 ワシントンにはサウスダコタとシナジーがあり、サウスダコタの耐久が減少することをトリガーとして自身のダメージを強化し、サウスダコタのダメージを一定時間無効化する。 これによって 激しい空襲により耐久が一気に奪われる事があっても、旗艦の損失を一度は免れることが可能。 Point サウスダコタについて多少無理が効くことから、長門など強力な弾幕を受けがちな旗艦を引き受けてもらっています。 徹底的な対空強化 本編成は 対空の高いキャラの中でも強力なスキルを保有するキャラを選抜している。 サンディエゴ改のスキルで更に対空が強化された際の迎撃率は高く、ジュノーを先頭に配置することで全体回復スキルを誘発し、削れてきた艦隊の耐久を仕切り直すことも出来る。 ユニオン編成の自由度の高さ ユニオンにおいては編成の縛りが緩い艦が多く、目的に沿って編成を組み替えることで、 比較的自由に艦隊の方針を変えることが出来るのが利点だ。 入れ替え候補にはそれらを挙げて行くので参考にしてほしい。 Point! 例えば今回の例はユニオン編成を活かす為に、ユニオン艦が多ければ強化されるエセックスや、仮想敵を長門一航戦とした為に駆逐艦対策でオーロラを編成しています! 入れ替え候補 ワシントンとサウスダコタのシナジー、対空と反撃という考え方を基礎にエセックスとオーロラの枠を入れ替え対象として細かい方針を決定していく。 エセックスと入れ替え候補 より対空に偏重するための候補。 ついでにエセックスのスキルが一つ発動しないモヤモヤも解消する。 オーロラと入れ替え候補 より広い範囲の対処を考慮。 編成される前衛が全て軽巡なので、モントピリアの命中と火力、被ダメ軽減のスキル効果が前衛全員に掛かる。 ただし発動が20秒間隔なので、長門一航戦の開幕初擊には間に合わない。 オーロラと入れ替え候補 主力保護に偏重する候補。 スキルによって旗艦のダメージを大きく軽減可能な為、激しい攻撃にさらされる事がほぼ確定しているサウスダコタをピンポイントで守ることが出来る。 オーロラと入れ替え候補 前衛保護に偏重する候補。 被弾をトリガーに前衛全体のダメージを一定時間無効化する為、前衛を長時間生かすことで全体の安定化を図る。 ただしスキル解禁まで20秒掛かるので、初擊の速い長門一航戦を相手取るには向かない。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フォーチュン改で主力艦隊を守る フォーチュン改のスキルで主力艦隊の被ダメージを軽減できるため、 主力艦隊による安定した継続火力をだすことが可能。 前衛艦隊はフォーチュン改を守るために、回避スキル持ちなどの耐久を重視した編成にしよう。 ジュノーには真珠の涙を持たせよう ジュノーはスキル「戦争の悲劇」によって、 戦闘不能時に味方の耐久を回復することが可能。 同様のスキルを持つ設備「真珠の涙」を装備させることで、かなりの耐久値を回復することが出来る。 Point! ジュノーという艦は2隻いるので、間違えないように。 演習で使うのは ユニオンのジュノーです!ジュノーは対空補正も高いので、エンタープライズや一航戦に対しても強かったりします。 編成例2:煙幕回避ロイヤル.

次の