韓国 ドラマ 逆転 の マーメイド あらすじ。 逆転のマーメイド あらすじ

逆転のマーメイド視聴率をご紹介!感想は?面白い面白くない?

韓国 ドラマ 逆転 の マーメイド あらすじ

【ユン・サンウン役】ハニョン イェウンの姉。 ピアノ教室を経営。 【チェ・ジェウン役】オ・デギュ 美容整形外科の院長。 サンウンとお見合いをする。 【イ・ジンソプ役】カン・ソジュン イェウンの夫。 チャモン医療機器会社の社長。 【ミン・ヒョンジュ役】イ・シガン TMOグループの御曹司。 TSシャンプー本部長。 【チョ・ファヨン役】パン バン ・ソヨン ジンソプの秘書で不倫相手。 【イ・ソンピル役】イム・チェム ジンソプの父。 遊び人。 【チン・マルシム役】キム・ソンファ ジンソプの母でソンピルの本妻。 【ヤン・ヘジョン役】オ・ヨンシル ソンピルの内縁妻的な愛人。 豚足屋店主。 【イ・セラン役】ホ・ウンジョン ジンソプの妹。 留学から帰国し片想い相手のヒョンジュのもとに駆けつける。 【イ・ビョンスク役】イ・イェビン ソンピルとへジョンの娘。 ニートでポッチャリ体型。 【コ・ダホン役】ボラナ ユン姉妹にとって姉のような存在。 12歳の息子と7歳の娘がいる。 【ナ・スンミ役】キム・ヨンイム ヒョンジュの母。 TMOグループ会長。 【ノ・ユラ役】キム・ハリム シンソングループの令嬢。 ヒョンジュの元恋人。 【チェ・ジニ役】イ・ヨンウン ジェウンの娘。 中学2年生。 スポンサーリンク 逆転のマーメイド【韓国ドラマ】あらすじ 専業主婦のイェウン(イムシヨン)は、姑マルシム(キムソンファ)のわがままに振り回されながらも優しい夫と幸せに暮らしていました。 二人の子供にも恵まれ、結婚7年目にしてマイホームも購入し、この先も幸せな暮らしが待っていると思っていたのですが、ある日夫の不倫が発覚してしまったことで離婚を考えるようになります。 その一方でイェウンの姉サンウン(ハニョン)は、未婚な上に経営するピアノ教室も赤字経営で借金を抱えていました。 そんなサンウンは、一発逆転をかけて好条件な医者チェ・ジェウン(オデギュ)との見合いに挑みます。 しかし、ジェウンは自身の離婚後愛を信じなくなっており、娘のために契約結婚をしてくれる人を望んでいたのです! 女性として、妻としての生き方について考えさせられる作品! 逆転のマーメイド【韓国ドラマ】みどころ 本作はアラフォー女性たちが輝きを取り戻していく姿を描いた作品です。 ヒロインの奮闘劇というのは韓国ドラマの代名詞のようなジャンルで、そこにはドロドロとした人間関係や、嫁姑問題に不倫、そして複数の恋愛ドラマも描かれており、ラブコメ、サスペンス、ヒューマンドラマなど様々な要素が盛り込まれているのが特徴です。 そんな中でも本作は、嫁姑問題よりかは色んな立場の女性たちの恋愛や社会での頑張りを描くのが中心となります。 とはいえ、お決まりの複雑な人間関係やお金をめぐっての争いに記憶喪失などといったマクチャン要素もあり、昼ドラマ好き・メロドラマ好きの要望も満たしています。 原題からもわかるように、女性たちがしあわせを掴むために奮闘する姿が描かれた作品です! スポンサーリンク 逆転のマーメイド【韓国ドラマ】感想・評価 これまでに数多くの韓国ドラマを見てきましたが、本作のようなジャンルのドラマは敬遠してきました。 それは、嫁姑問題やお金持ちと貧乏人の対立などもそうですが、一番はヒロインがイビられる姿を見るのが苦痛だからです。 あり得ない展開や内容もそうですが、そんな話に長い間付き合わなければヒロインが幸せになれないというのもネックで、そういうこともあって基本的に短い作品しか見ないようにしてきました。 とはいえ、本作は色んなタイプの女性キャラが多く、テンポよく展開する上にコミカルさもあるということで見ることました。 その結果としては、確かにこのジャンルとしては軽快で見やすい部類だとは思いますが、やっぱりドロドロな展開は健在で、苦手意識は拭えませんでした。 見ていてイライラさせられるものを見続けると、内容はあまり入ってきませんしツッコミどころばかりが気になってしまいます。 悪人が長いこと野放しなのにも我慢出来ないのですが、特に終盤の展開にはついていけませんでした。 結局は悪人たちは裁かれるますが、最後までお金に執着するのは当然ながら、悪人たちの恋愛と死に、子供を身ごもったり、精神を病んで記憶喪失になるなど、呆れる展開のオンパレード・・・。 痛快ホームコメディという触れ込みでしたが、やっぱりドロドロな作品でした。

次の

デュエル【韓国ドラマ】キャスト・あらすじ・視聴率・最終回感想!

韓国 ドラマ 逆転 の マーメイド あらすじ

その犯人はデータをUSBで盗み出し、待ち伏せていたヒョンジュを倒して逃走を図ります。 しかし、扉の近くにいたイェウンに見つかり、揉み合いとなり、USBを奪われてしまうのでした。 こうして犯人は仕方なく逃げ去り、機密文書の盗難は未遂に終わります。 二人は警察や警備員の力に頼ることなく、憎むべき犯罪者を撃退し会社を守ったのです。 しかし、二人は勝利に酔いしれることもなく、すぐに警備室で防犯カメラの映像を確認します。 そして映像を慎重に見ながら分析を進め、犯人の特定作業を行うのでした。 一方、ダホンは病院に入院していましたが、スジは彼女の様子を見てある決心をします。 それは、自分が養護施設に入って母親の負担を軽くすることです。 子供なりに母親のことを考えた末の結論でしたが、話を聞いたダホンは悲しくなります。 またそれと同時に嬉しさもこみ上げ、スチャンも入れて家族3人は抱き合って涙を流すのでした。 その様子を見ていたのはマンボクですが、彼も同じように涙を禁じ得ません。 そして胸を引き裂かれるような思いに駆られますが、そのとき、朗報がもたらされます。 よかった!よかった!ああこんな嬉しいことはない!ついに子供が出来たんだ!と。 イェウン母のドクジャに交際を反対され、勢いを削がれてしまいます。 そして嫌な沈滞ムードが漂い始め、テンションも急降下していくのでした。 これは予想外の展開だったため、イェウンもヒョンジュもどうしていいか分かりません。 その一方、イェウンは犯人に目星をつけ、会社に籍を置くある女性を呼び出しました...。 それと同時に、ダホンは彼女の母親として幸せ者だなあと思いました。 ダホンは母親として胸を張ることができるし、自分に自信を持つべきです。 そして自信を持ったのであれば、堂々と遠慮することなくマンボクと結婚すべきです。 そうすることによって、子供達を安心させられるし、気を遣わせることもなくなります。 ダホンが勇気を持てないことが原因で、スジが家を出ようと決めたことに、やっと気づきましたか? 一方、ジンソプはイェウンにアプローチしてる場合じゃないですね。

次の

韓国ドラマ「逆転のマーメイド」第11

韓国 ドラマ 逆転 の マーメイド あらすじ

スポンサーリンク 韓国ドラマ「逆転のマーメイド(ハッピーシスターズ)」あらすじ115話~117話の感想&ネタバレ 危ない状況に陥ったジンソプ。 そんなジンソプはどうしてもイェウンと一緒にいたいようですね…。 ヒョンジュはそんなジンソプに対し、厳しい言葉で対応していました。 ジンソプの気持ちも分からなくもないですが、これまでの行動が行動であるだけにヒョンジュの言いたいことも分かりますよね…。 ジンソプは気の毒ではありますが、やはりイェウンのことを都合よく考えている部分があるのではないかと思います。 その部分に注目するとヒョンジュが怒るのも当然です…! そんな中、イェウンへと告げられたジンソプの最後の願い。 その願いは自分が死ぬまでの間、イェウンに一緒にいてほしいといったものでした。 死ぬ前くらいはイェウンに優しくしてあげたいと言っていたジンソプ。 ここだけ切り取ると非常に切ないシーンに思えるのですが、これまでのことを思い出すとどんどん眉間の皺が深くなってしまいます…。 本当にイェウンによくしてあげたい!申し訳ない!と思っているなら、イェウンに干渉しないことが一番だと思うのですが…!! これにはヒョンジュだけでなく、イェウンも涙を流しながら怒っていましたね。 このシーンでイェウンが言葉や行動で人を傷つけるのも殺人だ、と言っていましたが、これは本当にその通りだと思います。 ジンソプはおそらくこれほどにイェウンを傷つけていたという自覚が足りていなかったのではないかと考えます。 それが故に一見、冷酷だともとれるような行動を心優しいイェウンにとらせてしまって…(涙) このシーンはいろいろな意味で辛いものがありましたね…。

次の