相互チェッカー。 【2018】おすすめはどれ?Instagram相互フォロー・片思い管理アプリを徹底比較

【2018】おすすめはどれ?Instagram相互フォロー・片思い管理アプリを徹底比較

相互チェッカー

Contents• instaチェッカーで出来る事 無料版 instaチェッカーは、 インスタグラムのアカウントと連携させることにより、アカウントを閲覧したユーザーやフォロワー管理がおこなえるアプリです。 アプリ内には様々な機能がありますが、課金によりサービスの内容を広げる仕様になっており、 無料版で出来る事は限られています。 獲得フォロワーの確認 instaチェッカーでは、 獲得したフォロワーが確認出来る機能があります。 自身のインスタグラムアカウントの通知からも確認が出来ますが、一覧で表示されるなら見落とす心配が無いので安心です。 しかし 、リアルタイムでの算出では無く、ある一定期間内で獲得したフォロワーを決まった周期で公開する仕様なのか、別アカウントでフォローしたものの、表示はされませんでした。 説明文では「from now on we start to fetch the people who followed you. whenever people follow you, they will be shown here. 」(これから、あなたをフォローしている人を取得し始めます。 ユーザーがあなたをフォローするたびに、ここに表示されます。 )と書かれています。 実際に他のユーザーからも、 「この画面から表示が変わらない」という声も挙がっており、サーバーの問題なのか仕様の問題なのかは不明です。 NEWインスタストーカー NEWインスタストーカーは、 自身のアカウントに訪れたユーザーを表示してくれる「足あと機能」の事です。 インスタグラムには、初期機能で「足あと機能」が無く、他のユーザーアカウントを閲覧する際に気を遣わずに見に行けるのはメリットです。 しかし、 instaチェッカーを使えば何時にどのユーザーが訪問してきたか、一目で分かってしまいます。 実際に2つのアカウントを使い、instaチェッカーと連携しているアカウントにアクセスすると、自身のアカウントが表示されました。 ・ハッシュタグ 「あなたの投稿にあったベストなハッシュタグを見つける」 「詳細分析」に関しては、全てサブスクリプション課金を行った後で操作可能になります。 そもそも使えない機能がある instaチェッカーの中には 「実現不可能な機能」が存在しています。 例えば、 「あなたをブロックしているユーザー」という機能があり、自身がブロックされているか分かるようです。 しかし、その情報を知るためには、相手のアカウント情報を盗み出す必要があります。 そんな ハッキング能力のあるアプリは、App Storeの厳しい監視下でリリースする事は不可能です。 実際に2つのアカウントを用いて、instaチェッカーに連携させてあるアカウントをブロックしてみましたが、instaチェッカーには検知できませんでした。 現在、instaチェッカーのようなフォローワー管理アプリは多く存在しますが、どれもレビューや評価が悪く、安全に使いたいのならオススメしません。 中には、 情報が漏洩した可能性があるレビューや、インスタグラムに制限をかけられてしまったユーザーもいるようなので、使用するのは自由ですが、何かしらのトラブルにあっても自己責任という事を覚えておきましょう。 無料版でのinstaチェッカーの使い方 無料版でのinstaチェッカーの使い方を分類に分けて解説していきます。 フォローやフォロワーの人数管理がメイン 有料版と無料版では、サービスの幅は大きく変わりますが、 基本的に「・フォローされている人・フォローしている人」そして「NEWインスタストーカー」にて、足跡を確認するといった使い方が一般的です。 操作方法は、 上記のトップ画面から見たい項目をワンタップで、全て操作出来てしまうので非常に簡単です。 「詳細分析」は普通では確認出来ない情報があり、インスタグラムユーザーにとって気になる情報が多いのですが、課金をしなければ操作する事が出来ません。 ユーザーによっては、不具合によりNEWインスタストーカーが更新され場合があるようです。 アンフォローの手順 自身が片思い中の相手や、アカウント整理をおこなう場合は、 「アンフォロー」からフォロー状態を解除できます。 ・アンフォローをおこなう手順 まずはフォローしている相手で、アンフォローしたい相手を選択しましょう。 相手アカウントを選択すれば 「アンフォロー」のタブが出てくるのでこちらをタップしてください。 最終確認画面が表示されるので、アンフォローする場合は「はい」しない場合「キャンセル」をタップすれば完了です。 また、 アカウント選択画面で右上の「選択」がある場合は、複数のアカウントをまとめてアンフォローする事も可能です。 一度アンフォローした相手がプライベートモードだった場合、再度フォローする際には改めて承認申請をする必要があります。 Instaチェッカーを解約する方法 利用してみたものの、 アプリに満足できなかった方や合わなかった等の理由でInstaチェッカーの利用を辞める方も多くいます。 無料版を利用していた方は、アプリ削除を行うだけでも問題は無いですが、 有料のサブスクリプショに課金していた方は正しい退会手続きが必要です。 まず、ホーム画面にある歯車マークの「設定」をタップしましょう。 次に、1番上に表示されている「Apple ID」の項目をタップします。 最後にサブスクリプションの項目が表示されるので、こちらから退会手続きを完了させましょう。

次の

i2i

相互チェッカー

【要約】 【課題】チェッカー煉瓦の水平方向のずれに起因したガス流路の接合部の閉塞や流路断面積の縮小を防止する。 【解決手段】チェッカー煉瓦30は、六角柱状の煉瓦本体31と、煉瓦本体31を上下方向に貫通する複数のガス流路32と、煉瓦本体31の上面又は下面に設けられる凸ダボ33及び凹ダボ34とを備える。 煉瓦本体31の上面35におけるガス流路32の上端開口37は、煉瓦本体31の下面36におけるガス流路32の下端開口38よりも大きい。 複数のチェッカー煉瓦30を積み重ねたときに、上下方向に相隣接するチェッカー煉瓦30の凸ダボ33と凹ダボ34が嵌合するとともに、上下方向に相隣接するチェッカー煉瓦30のガス流路32が相互に連通し、下段のチェッカー煉瓦30のガス流路32の上端開口37が、上段のチェッカー煉瓦30のガス流路32の下端開口38を包含する。 スポンサード リンク• 【特許請求の範囲】 【請求項1】 熱風炉の蓄熱室内に積み重ねられる熱風炉用チェッカー煉瓦において、 六角柱状の煉瓦本体と、 前記煉瓦本体を上下方向に貫通する複数のガス流路と、 前記煉瓦本体の上面又は下面の一方に設けられる凸ダボと、 前記煉瓦本体の上面又は下面の他方に設けられ、前記凸ダボと嵌合可能な形状を有する凹ダボと、 を備え、 前記煉瓦本体の上面における前記ガス流路の上端開口は、前記煉瓦本体の下面における前記ガス流路の下端開口よりも大きく、 複数のチェッカー煉瓦を積み重ねたときに、上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記凸ダボと前記凹ダボが嵌合するとともに、上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記ガス流路が相互に連通し、下段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の上端開口が、上段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の下端開口を包含することを特徴とする、チェッカー煉瓦。 【請求項2】 前記ガス流路の上端開口と下端開口の大きさの差は、前記凸ダボと前記凹ダボ間の余裕代以上であることを特徴とする、請求項1に記載のチェッカー煉瓦。 【請求項3】 前記ガス流路は、前記煉瓦本体の下面側から上面側にかけて拡張するテーパ孔からなることを特徴とする、請求項1又は2に記載のチェッカー煉瓦。 【請求項4】 前記ガス流路は、上下方向に一定の断面積を有する貫通孔からなり、 前記ガス流路の上端開口には、前記ガス流路の上端を部分的に拡開した上端拡開部が形成されていることを特徴とする、請求項1又は2に記載のチェッカー煉瓦。 【請求項5】 前記ガス流路の下端開口には、前記ガス流路の下端を部分的に拡開した下端拡開部が形成されており、前記下端拡開部は、前記ガス流路の上端開口よりも小さいことを特徴とする、請求項1〜4のいずれか一項に記載のチェッカー煉瓦。 【請求項6】 前記ガス流路の一部は、前記凹ダボに対応する位置に形成されており、当該凹ダボに対応する位置に形成されたガス流路の下端開口は、当該凹ダボよりも小さいことを特徴とする、請求項1〜5のいずれか一項に記載のチェッカー煉瓦。 【請求項7】 前記凸ダボ及び前記凹ダボはそれぞれ、前記煉瓦本体の上面又は下面に3個又は6個設けられることを特徴とする、請求項1〜6のいずれか一項に記載のチェッカー煉瓦。 【請求項8】 請求項1〜7のいずれか一項に記載のチェッカー煉瓦が複数積み重ねられた蓄熱室と、前記蓄熱室と連通する燃焼室とを備えた熱風炉において、 上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記凸ダボと前記凹ダボが嵌合するとともに、上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記ガス流路が相互に連通し、下段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の上端開口が、上段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の下端開口を包含しており、 前記蓄熱室に蓄熱する工程において、前記燃焼室から前記蓄熱室の上部に流入したガスは、前記相互に連通したガス流路を下方向に流通し、 前記蓄熱室から熱風を送出する工程において、前記蓄熱室の下部から流入した空気は、前記相互に連通したガス流路を上方向に流通することを特徴とする、熱風炉。 【請求項9】 奇数段目のチェッカー煉瓦と偶数段目のチェッカー煉瓦とが水平方向にずれて配置されるように、前記複数のチェッカー煉瓦が前記蓄熱室内に多段に積み重ねられることを特徴とする、請求項8に記載の熱風炉。 【発明の詳細な説明】 【技術分野】 【0001】 本発明は、熱風炉の蓄熱室内に設置される熱風炉用チェッカー煉瓦及びこれを備えた熱風炉に関する。 該熱風炉の蓄熱室には、耐火煉瓦製の多数のチェッカー煉瓦(ギッター煉瓦とも称する。 )が多段に積み重ねられている。 該チェッカー煉瓦は、上記燃焼室から蓄熱室に供給された燃焼熱を蓄熱するとともに、該蓄熱を用いて空気を加熱する熱交換機能を有しており、ガス流路として多数の貫通孔が上下方向に貫通形成されている。 【0003】 蓄熱工程では、上記燃焼室から蓄熱室の上部に送られた高温の燃焼排ガスが、チェッカー煉瓦のガス流路内を下方向に流通するが、このとき排ガスとチェッカー煉瓦との間の熱交換により、上記燃焼熱がチェッカー煉瓦に蓄熱される。 送風工程では、蓄熱室下部から送り込まれた空気(冷風)が、蓄熱領域10に積み重ねられたチェッカー煉瓦のガス流路内を上方向に流通する。 【0004】 かかる熱風炉に用いられるチェッカー煉瓦は、例えば特許文献1〜4に記載のように、種々の形状のものが提案されているが、その基本構造について説明する。 図1に示すように、チェッカー煉瓦20は、略六角柱形状を有する煉瓦本体21と、該煉瓦本体21を上下方向(六角柱形状の軸心方向)に貫通する複数のガス流路22と、煉瓦本体21の上面25に設けられる凸ダボ23と、煉瓦本体21の下面26に設けられる凹ダボ24を備える。 従来のチェッカー煉瓦20のガス流路22は、煉瓦本体21の上面25及び下面26に対して垂直な方向にのびる貫通孔であり、煉瓦本体21の上面25から下面26にかけて略同一の断面積を有する。 従って、煉瓦本体21の上面25におけるガス流路22の上端開口27は、煉瓦本体21の下面26におけるガス流路22の下端開口28と、略同一の大きさである。 【0005】 かかるチェッカー煉瓦20は、図2に示すように、上下に相隣接するチェッカー煉瓦20、20のガス流路22、22が相互に連通するように、蓄熱室内に多段に積み重ねられる。 このように上下のガス流路22、22を相互に連通させることより、蓄熱室内に積み重ねられた多数のチェッカー煉瓦20を上下方向に貫通する同一径のガス流路内を、ガスが流通できるようになる。 【0006】 ところで、チェッカー煉瓦20のガス流路22は、燃焼室からの燃焼排ガスが流通するため、長期使用していると、ダスト等の付着成長、煉瓦本体21の一部溶融、異物流入等が原因で、ガス流路の途中が閉塞してしまうという問題があった。 ガス流路が閉塞すると、チェッカー煉瓦20の蓄熱及び熱交換機能に支障が生じ、熱風炉の熱効率が低下してしまう。 【0007】 このようなダスト付着等によるガス流路の閉塞という問題に対処すべく、例えば特許文献1では、チェッカー煉瓦の上下面にバイパス流路を形成して、煉瓦内部のガス流路の途中が閉塞した場合でも、その閉塞部分をバイパスさせてガスを流すようにしている。 また、特許文献2では、チェッカー煉瓦の上下面に横方向のカナール孔を設けて、複数の縦方向のカナール孔(上記ガス流路22に相当)を相互に連通することで、縦方向のカナール孔が一カ所で閉塞しても、ガス流路全長にわたって熱交換機能が失われることを防止している。 ところが、本願発明者が鋭意研究したところ、熱膨張によるチェッカー煉瓦の水平方向のずれ(以下、横ずれという。 )に起因して、上下に隣接するチェッカー煉瓦のガス流路の接合部の段差が生じ、該段差にダストが付着堆積して、ガス流路が閉塞してしまうという問題があることが判明した。 しかしながら、上記特許文献1、2に記載の従来技術は、かかる問題に対処できず、熱膨張によりチェッカー煉瓦が横ずれした場合には、ガス流路の接合部の段差に対するダストの付着を回避することはできなかった。 【0010】 つまり、熱風炉の操業中は、蓄熱室内に積み上げられた多数のチェッカー煉瓦の温度が完全に均等分布している訳ではないので、各々のチェッカー煉瓦の熱膨張/熱収縮に偏りが生じる。 このため、蓄熱室内のチェッカー煉瓦は、熱膨張等により相互に横ずれが生じるため、上下に相隣接するチェッカー煉瓦のガス流路の接合部に段差が発生してしまう。 従って、かかるガス流路の接合部の段差にダストが付着堆積することで、ガス流路の閉塞や断面積の減少が生じてしまうという問題があった。 【0011】 この原理について図2〜図4を参照して詳細に説明する。 図2に示すように、チェッカー煉瓦20A〜20Cが熱膨張/熱収縮していない場合には、上段のチェッカー煉瓦20Aと下段のチェッカー煉瓦20B、20Cの間に横ずれは生じない。 このため、上段のチェッカー煉瓦20Aのガス流路22Aと、下段のチェッカー煉瓦20B、20Cのガス流路22B、22Cとの間にも横ずれは生じていない。 【0012】 これに対し、図3に示すように、上段のチェッカー煉瓦20Aが熱膨張/熱収縮した場合には、上段のチェッカー煉瓦20Aと下段のチェッカー煉瓦20B、20Cとの間に横ずれが生じるため、上段のガス流路22Aと下段のガス流路22B、22Cとの間にも横ずれが生じる。 この結果、図4(a)に示すように、上段のガス流路22Aの下端開口28Aと、下段のガス流路22Bの上端開口27Bとが横ずれするため、下段のチェッカー煉瓦20Bの上面25Bが流路内に突き出て段差15が生じてしまう。 このため、蓄熱工程において燃焼室からの燃焼排ガスがガス流路22A、22B内を下方向に流通する際、該排ガスに含まれるダストが上記段差15に付着堆積しやすくなる。 従って、かかる段差15に付着堆積したダスト16が成長すると、ガス流路22Aと22Bの接合部が閉塞したり、その流路断面積が縮小したりするという問題があった。 【0013】 そこで、本発明は、上記問題に鑑みてなされたものであり、本発明の目的とするところは、チェッカー煉瓦の水平方向のずれに起因したガス流路の接合部の閉塞や流路断面積の縮小を防止することが可能な、新規かつ改良されたチェッカー煉瓦及び熱風炉を提供することにある。 【課題を解決するための手段】 【0014】 上記課題を解決するために、本発明のある観点によれば、熱風炉の蓄熱室内に積み重ねられる熱風炉用チェッカー煉瓦において、六角柱状の煉瓦本体と、前記煉瓦本体を上下方向に貫通する複数のガス流路と、前記煉瓦本体の上面又は下面の一方に設けられる凸ダボと、前記煉瓦本体の上面又は下面の他方に設けられ、前記凸ダボと嵌合可能な形状を有する凹ダボと、を備え、前記煉瓦本体の上面における前記ガス流路の上端開口は、前記煉瓦本体の下面における前記ガス流路の下端開口よりも大きく、複数のチェッカー煉瓦を積み重ねたときに、上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記凸ダボと前記凹ダボが嵌合するとともに、上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記ガス流路が相互に連通し、下段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の上端開口が、上段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の下端開口を包含することを特徴とする、チェッカー煉瓦が提供される。 【0015】 前記ガス流路の上端開口と下端開口の大きさの差は、前記凸ダボと前記凹ダボ間の余裕代以上であるようにしてもよい。 【0016】 前記ガス流路は、前記煉瓦本体の下面側から上面側にかけて拡張するテーパ孔からなるようにしてもよい。 【0017】 前記ガス流路は、上下方向に一定の断面積を有する貫通孔からなり、前記ガス流路の上端開口には、前記ガス流路の上端を部分的に拡開した上端拡開部が形成されているようにしてもよい。 【0018】 前記ガス流路の下端開口には、前記ガス流路の下端を部分的に拡開した下端拡開部が形成されており、前記下端拡開部は、前記ガス流路の上端開口よりも小さいようにしてもよい。 【0019】 前記ガス流路の一部は、前記凹ダボに対応する位置に形成されており、当該凹ダボに対応する位置に形成されたガス流路の下端開口は、当該凹ダボよりも小さいようにしてもよい。 【0020】 前記凸ダボ及び前記凹ダボはそれぞれ、前記煉瓦本体の上面又は下面に3個又は6個設けられるようにしてもよい。 【0021】 また、上記課題を解決するために、本発明の別の観点によれば、上述したチェッカー煉瓦が複数積み重ねられた蓄熱室と、前記蓄熱室と連通する燃焼室とを備えた熱風炉において、上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記凸ダボと前記凹ダボが嵌合するとともに、上下方向に相隣接する前記チェッカー煉瓦の前記ガス流路が相互に連通し、下段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の上端開口が、上段のチェッカー煉瓦の前記ガス流路の下端開口を包含しており、前記蓄熱室に蓄熱する工程において、前記燃焼室から前記蓄熱室の上部に流入したガスは、前記相互に連通したガス流路を下方向に流通し、前記蓄熱室から熱風を送出する工程において、前記蓄熱室の下部から流入した空気は、前記相互に連通したガス流路を上方向に流通することを特徴とする、熱風炉が提供される。 【0022】 奇数段目のチェッカー煉瓦と偶数段目のチェッカー煉瓦とが水平方向にずれて配置されるように、前記複数のチェッカー煉瓦が前記蓄熱室内に多段に積み重ねられるようにしてもよい。 【0023】 上記構成によれば、熱風炉の蓄熱室に複数のチェッカー煉瓦を積み重ねたときに、上下方向に相隣接するチェッカー煉瓦の凸ダボと凹ダボが嵌合するとともに、上下方向に相隣接するチェッカー煉瓦のガス流路が相互に連通する。 そして、下段のチェッカー煉瓦のガス流路の上端開口と、上段のチェッカー煉瓦のガス流路の下端開口とが接合され、当該上端開口が当該下端開口を包含する。 従って、チェッカー煉瓦の熱膨張により上下方向に相隣接するチェッカー煉瓦が水平方向にずれた場合でも、当該下端開口が当該上端開口内に収まるので、上下のガス流路の接合部における段差の発生を防止できる。 よって、当該ガス流路の接合部に対するダスト付着や、流路断面積の縮小を防止できる。 【発明の効果】 【0024】 以上説明したように本発明によれば、チェッカー煉瓦の水平方向のずれに起因したガス流路の接合部の閉塞や流路断面積の縮小を防止することができる。 【図3】従来のチェッカー煉瓦が横ずれした状態を示す断面図である。 【図4】図3の波線円で示した部分の拡大断面図である。 【図5】本発明の第1の実施形態に係る熱風炉を示す概略構成図である。 【図8】同実施形態に係るチェッカー煉瓦が横ずれした状態を示す断面図である。 【図9】図8の波線円で示した部分の拡大断面図である。 【図10】本発明の第2の実施形態に係るチェッカー煉瓦を示す断面図である。 【図11】同実施形態に係る上下のガス流路の接合部を示す部分拡大断面図である。 【図14】同実施形態に係るチェッカー煉瓦が横ずれした状態を示す断面図である。 【図15】図14の波線円で示した部分の拡大断面図である。 【図18】同実施形態に係るチェッカー煉瓦が横ずれした状態を示す断面図である。 【図19】図18の波線円で示した部分の拡大断面図である。 【図20】本発明の第4の実施形態に係るチェッカー煉瓦を示す断面図である。 【図21】同実施形態に係るガス流路の接合部の拡大断面図である。 【図22】チェッカー煉瓦の積み重ね方の変更例を示す断面図である。 【図23】• 【代理人】 【識別番号】100095957 【弁理士】 【氏名又は名称】亀谷 美明 【識別番号】100096389 【弁理士】 【氏名又は名称】金本 哲男 【識別番号】100101557 【弁理士】 【氏名又は名称】萩原 康司 【識別番号】100128587 【弁理士】 【氏名又は名称】松本 一騎• チェッカー煉瓦及び熱風炉• 当サイトではIPDL(特許電子図書館)の公報のデータを著作権法32条1項に基づき公表された著作物として引用しております、 収集に関しては慎重に行っておりますが、もし掲載内容に関し異議がございましたらください、速やかに情報を削除させていただきます。

次の

Twitterのユーザー関係チェッカー (他人同士のフォロー関係を調べよう)

相互チェッカー

保管中に劣化した性能は適正な条件で動作させることにより回復する場合もあります。 * 確認には大きく分けて3つの方法があります。 * 1、エミッションを調べる 最も簡単で、しかもかなり信頼性の高い方法です。 * 真空管の初期性能は、フィラメントやカソードなどの「陰極」から放射される電子の量が、経年変化で減少していくことで 徐々に少なくなっていきます。 長期間使い続けることで、陰極の性能が劣化することが多いですが、全く使わずに新品の状態で保管していても、管内の 電極などに残存するガスが出てきて真空度が低下し、「箱から出した新品なのにーーーー」なんてこともあります。 * 2、増幅率の測定 GMチェッカーで真空管の増幅率を測定するのが比較的確実な方法です。 データ一覧などに初期データが記載されていますので、測定値と比較します。 * ソケットもGT管が二つ、MT管が二つと大幅に増強されています。 このような簡易型のエミッションチェッカーは、真空管の足の配置が同じであることが 前提なので、同種のソケットが二つ配置されているのです。 AC」は6. 3V〜のラジオ用ミニチュア管(フィラメントは3、4 ピン) 「M. DC」はポータブルラジオ用の電池管(フィラメントは1、7 ピン)です * 下の型式一覧には記載されていませんが、当時の{ラジオ修理店}のおじさんには ちゃんと解っていました。

次の