大塚 アナウンサー 死去。 <訃報>有賀さつき死去。急死の原因や理由は病気?病名は?元フジテレビアナウンサーの闘病。

<訃報>有賀さつき死去。急死の原因や理由は病気?病名は?元フジテレビアナウンサーの闘病。

大塚 アナウンサー 死去

「以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 「'11年11月に急性リンパ性白血病のため、『めざまし』を休業し治療に専念。 しかし、本人が不在のまま、翌年3月に降板が発表されました。 '13年2月には461日ぶりに『めざまし』に生出演するなど本格復帰を目指していましたが、同年3月に白血病が再発。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 しかし、'15年5月放送の『世界HOTジャーナル』(フジ系)以降は、テレビに姿を見せていない。 そんな中、フジテレビ局内では、ちょっとした騒動が起きていた。 全く連絡が取れない状態 「今年は『めざまし』が25周年なので、何らかの形で大塚さんに出演してもらおうと接触を試みたのですが、まったく連絡がつかなくなってしまったんです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。 それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。 そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、 《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》 とFAXで回答が寄せられた。 だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。 マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。 NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。 「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。 メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。 私や仲間も、すごく心配しているんです」 そこで、『めざまし』時代に住んでいた渋谷区内の賃貸マンションに行ってみると、すでに部屋は解約ずみ。 個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人) と、最近の目撃談を聞くことはできなかった。 だが、ここにきて大塚アナは、大きな決断をしていた。 「今年6月に大塚さんは姉の娘、つまり姪っ子であるA子さんを個人事務所の役員に就任させたのです。 今まで役員は大塚さんだけだったのですが、現在は2人が共同経営者のような形になっています。 彼は独身で子どもがいないため、このA子さんが献身的に看病をしているんですよ」(テレビ局関係者) すでにA子さんの名前は登記簿に記載されている。 大塚アナが彼女に全幅の信頼を寄せている証拠だろう。 「A子さんを役員にするだけではなく、10月には彼女を受託人として、自分の所有する不動産を信託目録にしているんです。 あくまで推測ですが、大塚さんの病気が進行して寝たきりになってしまったら手続きができなくなってしまうおそれもあるので、A子さんに託したとも考えられます」 と分析する。 現在も叔父の看病をひとりでみているA子さん。 そこで、彼女に大塚アナの近況を聞こうと自宅を訪ねたが、不在だったため手紙をしたため置くと、後日、電話にて取材に応じてくれた。 「おかげさまで健康状態のほうは悪くもなく、元気に過ごしております。 今、どちらにいらっしゃるのですか? 「港区のマンションのほうにいるんですよ。 自宅で療養中なんです。 ただ明るい叔父ではあるので、冗談を言い合いながら今も明るくやっております。 本人は復帰への意欲もありますし、暖かくなったら仕事を再開したいとも言っています」 過去のインタビューでは「東京オリンピックをレポートしたい」と話していた大塚アナ。 外部サイト.

次の

大塚範一の今現在!白血病と福島の関係・独身の理由・別人レベルの激太り画像も総まとめ

大塚 アナウンサー 死去

「以前より元気な小倉智昭の姿でお会いしたいと思います。 12月14日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)ではコメントが読み上げられ、手術後の回復が順調であることをアピールしていた。 「'11年11月に急性リンパ性白血病のため、『めざまし』を休業し治療に専念。 しかし、本人が不在のまま、翌年3月に降板が発表されました。 '13年2月には461日ぶりに『めざまし』に生出演するなど本格復帰を目指していましたが、同年3月に白血病が再発。 臍帯血移植手術をし、9月には退院して復帰へのリハビリをしていました」(スポーツ紙記者) '14年には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演するなど、徐々にテレビに復帰。 しかし、'15年5月放送の『世界HOTジャーナル』(フジ系)以降は、テレビに姿を見せていない。 そんな中、フジテレビ局内では、ちょっとした騒動が起きていた。 全く連絡が取れない状態 「今年は『めざまし』が25周年なので、何らかの形で大塚さんに出演してもらおうと接触を試みたのですが、まったく連絡がつかなくなってしまったんです。 '17年1月のラジオ出演を最後にメディアに出ていないので、スタッフ一同、本当に心配していますよ」(フジテレビ関係者) 現在も高視聴率をキープする『めざまし』を育て上げたのは、第1回放送から約18年もの間メインキャスターを務めた大塚アナの功績であることは誰もが認めるところ。 それだけに、局側としても25周年という節目には、最大の功労者を迎えたいという気持ちが強かったのだろう。 そこで、大塚アナと連絡がとれないことについてフジテレビに問い合わせると、 《番組側と大塚範一氏側は連絡が取れる状況にあり、ご指摘のような事実は一切ございません》 とFAXで回答が寄せられた。 だが、実際に週刊女性が大塚アナの個人事務所に電話をしてみると、引っ越したため不通に。 マネージャーの携帯に電話をしても、すぐに留守電になってしまい期限までに連絡は来なかった。 NHKで大塚アナと同期だった佐塚元章アナも不安の色を隠さない。 「大塚は闘病中でも仲間内の集まりにちょくちょく顔を出していましたし、頻繁に連絡をとり合っていたのですが、1年くらい前からまったく連絡がつかなくなってしまって……。 メールを送っても返信がないし、電話をしても折り返しが来ない。 私や仲間も、すごく心配しているんです」 そこで、『めざまし』時代に住んでいた渋谷区内の賃貸マンションに行ってみると、すでに部屋は解約ずみ。 個人事務所名義で所有している1億5000万円ともいわれる港区内のマンションで話を聞いてみると、 「ここ1年くらいは大塚さんの姿は見ていないですね。 ときどき、事務所の方と思われる人が出入りしていますが、もうここには住んでいないんじゃないかなあ」(同じマンションの住人) と、最近の目撃談を聞くことはできなかった。 だが、ここにきて大塚アナは、大きな決断をしていた。 「今年6月に大塚さんは姉の娘、つまり姪っ子であるA子さんを個人事務所の役員に就任させたのです。 今まで役員は大塚さんだけだったのですが、現在は2人が共同経営者のような形になっています。 彼は独身で子どもがいないため、このA子さんが献身的に看病をしているんですよ」(テレビ局関係者) すでにA子さんの名前は登記簿に記載されている。 大塚アナが彼女に全幅の信頼を寄せている証拠だろう。 「A子さんを役員にするだけではなく、10月には彼女を受託人として、自分の所有する不動産を信託目録にしているんです。 あくまで推測ですが、大塚さんの病気が進行して寝たきりになってしまったら手続きができなくなってしまうおそれもあるので、A子さんに託したとも考えられます」 と分析する。 現在も叔父の看病をひとりでみているA子さん。 そこで、彼女に大塚アナの近況を聞こうと自宅を訪ねたが、不在だったため手紙をしたため置くと、後日、電話にて取材に応じてくれた。 「おかげさまで健康状態のほうは悪くもなく、元気に過ごしております。 今、どちらにいらっしゃるのですか? 「港区のマンションのほうにいるんですよ。 自宅で療養中なんです。 ただ明るい叔父ではあるので、冗談を言い合いながら今も明るくやっております。 本人は復帰への意欲もありますし、暖かくなったら仕事を再開したいとも言っています」 過去のインタビューでは「東京オリンピックをレポートしたい」と話していた大塚アナ。 外部サイト.

次の

大塚範一の余命はわずか?白血病の今の病状や体調はどうなの?

大塚 アナウンサー 死去

大塚 範一(おおつか・のりかず) 出身地: 東京都江戸川区 生年月日: 1948年9月28日 最終学歴: 早稲田大学政治経済学部経済学科 職歴: 元NHKアナウンサー 活動期間: 1973年 — ジャンル: 情報番組・スポーツ番組・バラエティ番組 など 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、1973年にNHKアナウンサーとして入局。 高松、広島、名古屋などの地方勤務を経て、1984年には東京に戻り、スポーツニュースやクイズ番組の司会なども担当していました。 約20年勤め1994年3月に退職し、4月からフジテレビ『めざましテレビ』の番組開始からのメインキャスターを担当。 以降、2011年に休業するまで約17年半の間朝の顔として活躍し、多くの人から愛されるアナウンサーとなっています。 しばらくはフジテレビ専属の形となっていましたが、基本的には大塚さんはどこにも所属しないフリーランスのアナウンサーとなっていますので、他局の番組にも出演しています。 フリーアナウンサーになった理由にひとつには、「オリンピックの実況がしたい」という思いがあったようです。 大塚さんは現在まで結婚歴はなく、独身となっています。 関連記事 ・ ・ ・ 大塚範一は急性白血病で『めざましテレビ』を降板 大塚範一は2011年11月急性リンパ性白血病であることを公表、長期休業へ 大塚範一さんは2011年の11月2日、それまで一度も休んだことのなかった『めざましテレビ』を体調不良により休業。 6日に、急性リンパ性白血病と診断され都内の病院に入院し、抗がん剤などの治療のため長期休養することを発表しました。 大塚さんは7日の『めざましテレビ』に生電話で出演し、自身の口から闘病に至った経緯を説明しており、「完全復帰は翌年の3・4月頃になるんじゃないか」と語っています。 司会の代行は、伊藤利尋アナが務めることも発表されました。 大塚キャスターは同局を通じて、「全く予期せぬ突然の病を得て、休みを頂くことになりました。 厳しい治療にも気力で耐えて、数カ月先の(番組が始まる)午前5時25分に再び元気な笑顔で再登場することをお約束します」とコメントしている。 引 用 : 【急性リンパ性白血病とは】 急性リンパ性白血病(Acute Lymphoblastic Leukemia: ALL エーエルエル )は、造血幹細胞からリンパ系に分かれた幹細胞(リンパ系幹細胞)ががん化した病気です。 リンパ系幹細胞は、成熟すると白血球の一部であるリンパ球になります。 リンパ球は、体に侵入してきたウイルスを攻撃するなどの免疫機能を担う重要な役割を持っています。 引用: リンパ性白血病の中でも、がん化する速度が早い性質の白血病がこの急性リンパ性白血病となっています。 大塚範一は2012年4月に『めざましテレビ』を正式降板 その後大塚範一さんは治療に励んでいましたが、回復が間に合わず2012年4月には『めざましテレビ』のメインキャスターを正式に降板することを発表。 本人が希望していた「3・4月頃の完全復帰」は叶わずとなっています。 急性リンパ性白血病のため昨年11月から休養していたフリーの大塚範一アナウンサー(63)が30日、この日で卒業となるフジテレビの情報番組「めざましテレビ」に電話で生出演。 視聴者、共演者にメッセージを送り、「秋口には必ず」と復帰を約束した。 引用: その後、大塚さんが病室から電話で出演し、「おはようございます。 非常に元気な闘病生活を送っております」と元気そうな声を聞かせた。 現在は半年かかる長期治療のおよそ3分の1が終わった状態で、強い副作用がなければ普段と変わらない生活を送れているという。 引用: 大塚さんは休養発表時と同様に番組に生電話で出演し、「病室から非常に元気に皆さんの活躍を見ています」とコメント。 番組休養以降は視聴者から約3000通の励ましのメッセージが寄せられたと言い、多くの人たちに支えられていることを実感したそうです。 4月からは番組リニューアルのため伊藤利尋アナから現在も継続して出演している三宅正治アナにメインキャスターが代わることも発表され、大塚さんは「三宅カラー、三宅ワールドを展開してください」とエールを送っています。 大塚さんは後に『めざましテレビ』の番組降板について、本来は20年続けて辞めようと思っていたと明かし、その悔しさについて語っていました。 大塚:なんにもないんだよ。 ゴルフ行って疲れたなあって首筋さわったときに、硬いもんが二つ三つ、あれ、これはなんだろうって。 ちょっとおかしいなと思って血液検査に行って。 それが金曜だったかな。 それで次の火曜から入院。 あんなかたちで番組やめると思わなかった。 17年と7カ月。 20年やってやめようと思ってたのに、先にやめざるをえなくなってさ。 それがショックだった。 引用: 大塚範一の急性リンパ性白血病は福島の野菜のせい? 2011年11月に急性リンパ性白血病が発覚した大塚範一さんですが、ネット上では大塚さんが白血病になったのは福島の原発事故や現地の野菜が関係しているのではないかと噂されるようになりました。 「こんな話が出てくる背景には3つの要因があげられています。 1つめは首都圏を含む東日本の各地に高濃度の放射性物質が飛散した3月15日に、大塚さんが石巻で現地ルポをしていた。 2つめは原発事故後、『めざまし』の番組内で10回以上にわたり『福島県の食物を応援しよう』という企画で、福島産の野菜を使った料理を食べていた。 そして、高濃度の放射能が検出され『ホットスポット』と言われる千葉県柏市に住んでいるという点です」 引用: 放射線によって誘発・・・。 2ちゃんで知りましたが、これは・・・。 >白血病の中でも慢性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病は放射線によって誘発される可能性が高く、ついで急性骨髄性白血病が高い。 — ぽぽんぷぐにゃん poponpgunyan 今朝は茨城産の野菜食べてたね… RT : 急性白血病になった「めざましテレビ」の大塚範一キャスター。 番組内でずっと福島県産の野菜や野菜を使った料理を食べるキャンペーンをやっていたんですね。 風評被害払拭、福島を応援するためにだそうですが、う~ん・・・。 『めざましテレビ』では「福島県の食物を応援しよう」という企画で確かに大塚さんは福島県産の野菜を何度も食べています。 韓国で放送された大塚範一のニュース こちら右は大塚さんが療養から復帰後の画像になっていますが、「福島の農産物を試食し白血病に」と伝えられています。 引用: これが本当ならば他に一緒に食べていた出演者がみんな大塚さんと同様になっていてもおかしくないということになりますが、5年以上経った現在もそのようなことはありません。 ネット上の拡散により大塚さんの白血病の原因が福島産の野菜だという情報が出回ったことについては、「風評被害だ」と指摘する声もありました。 大塚範一は2013年の急性リンパ性白血病が再発し再び闘病生活 『めざましテレビ』降板後も治療を続けていた大塚範一さんですが、やはり治療は相当過酷なものだったようです。 「入院直後から抗がん剤を用いた化学療法を始めました。 この時期は副作用で吐き気やめまいがして起きていられなくなり、ただ寝て1日が過ぎるのを待つという苦しい日々が続いたそうです。 当初は今年8月末に退院する予定でしたが、退院まであと一カ月で退院というときに感染症や合併症を併発。 2カ月間は命を失いかねない危険な状況だったそうです。 大塚さんは『よく助かったなというのが実感』と語っていました」(フジテレビ社員) 引用: 大塚さんは、同年の9月中旬に都内の病院を退院。 退院後『めざましテレビ』に生電話で出演した大塚さんは外の気持ちよさについて語り、いつ退院できるのか不安があったことを明かしています。 散歩などをして体力をつけながら翌10月には鹿児島の霧島温泉に旅行し、この旅行中にはVTR出演もしていました。 『アゲるテレビ』代役は軽部真一 大塚さんに代わってメインキャスターとなったのは、同じく『めざましテレビ』でお馴染みの軽部真一アナでした。 しかし番組は、奮闘虚しく半年で打ち切りとなってしまっています。 大塚範一の現在と死去の噂について 大塚範一、骨髄移植は不可もさい帯血移植に成功 再度闘病生活となった大塚範一さんですが、治療に有効とされる骨髄移植は難しいと判断されできずとなっています。 骨髄移植を行う場合、ドナーと移植対象患者との間で、白血球の血液型であるHLAが適合しなければならない。 適合しない骨髄液を移植した場合、拒絶反応、GVHD(移植片対宿主病)が起きる。 HLA型が適合して移植が可能になる確率は、同父母の兄弟姉妹間で25%、非血縁者間では数百~数万分の1といわれている。 HLA型は両親から半分ずつ遺伝する為、通常親子間では適合しないが、全くの非血縁者よりは適合の可能性は高いとされる。 引用 : 一般的に骨髄のドナーは20歳以上55歳以下となっており、本来は適合者となる大塚さんの3人の姉は高齢のため条件に合わず不可となったそうです。 大塚さんは、両親がすでに他界しているため、血縁者は3人の姉となる。 だが、大塚さんには、姉たちに骨髄移植を頼めぬ事情がある。 同年の10月、大塚範一さんは『めざましテレビ』の20周年記念特番の生放送中に電話出演し、約8ヶ月ぶりに近況を報告。 さい帯血移植を受けたことも明かしました。 また「さい帯血移植といってへその緒を移植するんですけどね、めざましのキャスター陣は血液型がB型とかO型がほとんどなんですけど…私、さい帯血移植の結果、血液型が変わりましてA型になりまして。 A型の女の子なんですよ。 うらやましいだろう」とスタジオに呼びかけて笑いを誘っていた。 引用: さい帯血移植は骨髄移植と同様に白血病に効果ががあるとされている治療法で、骨髄移植とくらべ白血球の型がすべて一致しなくてもよい、ドナーのコーディネート期間が不要などのメリットがあると言います。 そして、白血病などの患者さんがさい帯血移植を必要で希望する場合には、適合するさい帯血を検索し、見つかれば、患者さんに移植が行われます。 移植前処置をした患者さんのいる病院に、さい帯血を冷凍のまま搬入し、解凍して患者さんの静脈に注射します。 移植したさい帯血が生着して血液を作り出せれば、移植は成功です。 引用: 大塚さんは無事このさい帯血移植に成功し、山を越えることができたようです。 このことについて、大塚さんは以下のように語っています。 大塚さんは「この年で再発し移植することは奇跡だろうといわれていた。 それがなんとか乗り切れて退院できた。 このラッキーをなんとか(今後に)生かさないといけないなと」と今の心情を語った。 引用: 大塚範一の現在~再復帰後の姿に衝撃の声 翌年4月に大塚範一さんはインタビュー・ドキュメンタリー番組『ワンダフルライフ』に出演しテレビ復帰を果たしています。 大塚範一の顔に衝撃の声も 大塚さんは抗がん剤の副作用よる「ムーンフェイス」やお腹も腫れており、その変化には衝撃を受けた人も多かったようです。 治療が一段落したという大塚さんは「寛解」の状態となっており、治療中に落ちた体力をつけるために日々トレーニングにも励みながら療養を続けている状態となっています。 白血病の完治は5年が目処と言われており、この地点ではまだ1年だったことから長い道のりであるとも語りました。 大塚さんは同年6月には『徹子の部屋』にも出演し、治療の影響から目が悪くなり手術したことも明かしました。 番組では、大塚さんの闘病生活の様子や、入院中に93歳で死去した母への思いなどが語られた。 多い時は1日70~80錠の薬を服用していた、粘膜をやられて口中血だらけになったなど辛い治療のエピソードも飛び出したが、現在は薬の量も減り、食欲も旺盛だという。 ただ、免疫の低下で体のあらゆる部分に影響が出て、先日も目が悪くなり手術したそうだ。 テレビ画面で見る限り、確かに左目が充血しているようだった。 今は2週間に1回は通院しているとのことだ。 引用: 『徹子の部屋』に出演した大塚範一 手術の影響か左目が充血しています。 ネット上では、大塚さんの抗がん剤治療の副作用を目の当たりにしたことによる衝撃の声が寄せられていました。 46 ID:TGGEPQqR0. net 首や顔がパンパンになって腹だけ出て、目が見えなくなって手術してって、これガンのせいじゃないからな。 全部抗がん剤の仕業だから。 91 ID:TGGEPQqR0. net 抗がん剤って毒以上にヤバイとしか思えない。 引用 : 大塚範一の死去説は本当? ネットで大塚範一さんが死去したという噂が出ているようですが、死去したという事実はありません。 悪質なデマに騙されないようにしましょう。 まとめ 急性リンパ性白血病と診断され、長い闘病生活を送っていた大塚範一さん。 本田美奈子さんやカンニング・中島忠幸さんなど白血病によって亡くなってしまった芸能人も多おり、大塚さんの状態にも大きな注目が集まっていましたが、幸いなことに治療が成功し寛解となっています。 ここ数年はメディアにもほとんど露出はなく現在も自宅療養中であるとみられていますが、現在は治療から4年となっています。 完全寛解が5年以上続けば治癒と言われていますので、その頃にはまた大塚さんの姿が見れるかもしれません。 「健康を取り戻して東京五輪のキャスターがしたい」と語っていた大塚さんですが、ぜひ叶えてほしいですね!.

次の