ストーカー 相談 窓口。 無料相談窓口|ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

ストーカー・嫌がらせ被害電話相談窓口のご案内|ストーカー・嫌がらせ対策の探偵興信所|ストーカー・嫌がらせ被害対策室

ストーカー 相談 窓口

一人で抱え込まずに誰かに相談することで精神的に楽になる• 今すぐに始められる防犯対策についてアドバイスをくれる• ストーカー被害の正しい対処法について教えてくれる• 警察に相談する時に押さえておきたいポイントを伝授してくれる 一人で悩んでいても解決には繋がらないので、相談窓口を利用してストーカー問題を解決しましょう。 ストーカー被害の相談窓口でおすすめのサービスは? ストーカー被害の相談窓口と一口に言っても、現在では様々なサービスがあります。 それだけストーカー問題が深刻化している何よりの証拠ですね。 一昔前のように待ち伏せされたりつきまとわれたりするだけではなく、現在ではTwitterやFacebookなどのSNSサイトを通じたネットストーカーの被害も増えています。 そこで、このページではストーカー被害の相談窓口でおすすめのサービスを幾つか紹介していますので、「どこに相談すれば良いの?」と悩んでいる方は参考にしてみてください。 特定非営利活動法人よつば 特定非営利活動法人よつばは、浮気・不倫・離婚の問題解決で悩む人のための無料相談所です。 浮気や不倫などの男女の難しい関係だけではなく、ストーカーや嫌がらせ行為で悩んでいる人に対しても徹底的にサポートしてくれます。 他のサービスと違い、特定非営利活動法人よつばにどのようなおすすめポイントがあるのか見ていきましょう。 おすすめPOINT• 当事者全員の協力と理解で平和的にストーカー問題を解決できる• 警察への依頼とは違って、「仕返しされるかも」と悩まずに済む• 身内の人間に被害が及ぶ前にストーカー問題を早期解決できる• 「中々証拠が集まらないから警察に相談しても動いてくれない・・・」という悩みを抱えている方にも、ストーカーバスターズはおすすめです。 犯人の特定やストーカー被害を受けないためのアドバイスをしてくれる• ストーカー行為による被害の証拠を集めてくれる(警察が動いてくれるきっかけになる)• 自宅に盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられていないか調べてくれる ストーカー相談窓口のサービスに依頼するよりも、探偵事務所の方が確実にストーカー被害の証拠を集められます。 「弁護士に相談するのはちょっとハードルが高いな・・・」と感じている方にも、探偵事務所の利用はおすすめです。 探偵事務所の選び方で迷っている方には原一探偵事務所がおすすめ! 探偵事務所と一口に言ってもたくさんの会社がありますので、選び方で迷っている方は少なくありません。 今後の人生を決める重要な問題ですので、本当に信頼できるところに依頼すべきですね。 そこで、ストーカー被害に遭っている方には、原一探偵事務所をおすすめします。 以下では、ストーカー問題を『 』に依頼した方が良い理由をまとめてみました。 被害を受けた日時や場所• 目撃者などの細かい記録• 相手の具体的な言葉や動作などの記録• 電子メールや手紙、LINEなどの内容• 留守番電話や会話の録音 つまり、最初に探偵に依頼してストーカー被害の証拠を集めて、その後に警察に相談する流れがベストです。 いくら警察でも、本当にストーカー被害を受けているのか分からない状況であれば、捜査に踏み込むことはできません。 まとめ ストーカー被害の拡大を防いで平穏な日常を取り戻すには、相談窓口の利用がおすすめです。 ストーカー被害の相談窓口を利用すれば、今すぐに始められる防犯対策やストーカー被害の正しい対処法に関するアドバイスをしてくれます。 探偵事務所や警察に相談して適切な対処をしてもらうのも選択肢の一つですので、「一人で何とかしなければ・・・」と抱え込むのではなく、第三者に相談してみてください。

次の

ストーカーが同僚の場合の効果的対処法

ストーカー 相談 窓口

ストーカー被害に遭われた女性など、女性の様々な問題に対して、相談・保護・自立支援など専門的支援を行うことを目的とした公的機関です。 都道府県、市町村等が自主的に設置している女性のための総合施設です。 女性問題の解決等を目的として、女性が抱える問題全般の情報提供、相談、研究などを実施しています。 都道府県が設置する婦人相談所その他の適切な施設において、 配偶者暴力相談支援センターの機能を果たしています。 また、市町村が設置する支援センターもあります。 相談、カウンセリング、保護命令制度利用等の情報提供、自立支援のための情報提供を行います。 地方公共団体の犯罪被害者等のための総合的な窓口 都道府県、政令指定都市、市町村において、犯罪被害者等からの問い合わせ・相談があった場合に総合的な対応を行う窓口が設置されています。 精神保健福祉センター 一般相談 心の健康相談、精神医療に関する相談、社会復帰相談など 特定相談 アルコール、薬物、思春期、認知症に関する相談 に応じています。 「ストーカー行為」や「配偶者からの暴力等」、「セクハラ」など、女性に関する人権相談に応じています。 法的トラブルに関する相談内容に応じた相談窓口や法制度に関する情報を提供しています。 民間シェルター等に委託して一時保護が行われることもあります。 民間団体によって運営されている暴力を受けた被害者が緊急一時的に避難できる施設です。 利用者の自立に向け、中長期的に生活を支援する施設です。 生活支援や就労支援を行います。 利用者の自立に向け、就業や新たな居住地についての情報提供や助言を行います。 被害者が自立した生活を望む場合、自立支援のための様々な情報を提供します。 また、詳細についてにも掲載しています。 戸籍の手続における支援措置 申し入れがあった場合、DV被害者等の住所等が覚知されないよう処置を施した上で、戸籍の届書等の記載事項証明書等を発行します。 選挙人名簿の抄本の閲覧の拒否 加害者から被害者に係る閲覧の申出があった場合など、閲覧事項を不当な目的に利用されるおそれがあると認めるときは、閲覧を拒否できるとするなど個人情報保護に配慮し、厳格な取扱いを徹底しています。 登録事項等証明書の交付請求に係る配偶者からの暴力等の被害者のための取扱い 登録情報が不当な目的で使用されることを防止するための取組を行っています。 具体的な取扱いの内容については、最寄りの運輸支局及び自動車検査登録事務所にご確認ください。 検査記録事項等証明書の交付請求等に係る配偶者からの暴力等の被害者のための取扱い 軽自動車検査ファイルに記録されている情報を不当に利用して被害者の住所を探索することを防止する取組を行っています。 具体的な取扱いの内容については、最寄りの軽自動車検査協会事務所等にご確認ください。 不動産登記手続における支援措置 不動産登記を申請する際に、現住所の秘匿の申出をすれば登記記録への現住所の記録を省略し、又は前住所を記録することができるほか、不動産登記関係書類の閲覧請求がされた場合に、当該書類の現住所が記載されている部分についての閲覧の制限などを行います。 供託制度における措置 申出をすれば供託物払渡請求をする際に住所の記載を一部省略することができるほか、供託関係書類の閲覧請求がされた場合に当該書類の住所等をマスキングする等の措置を執っています。 後見登記制度における支援措置 申出があれば、ストーカー・DV加害者等から被害者等である成年後見人等及び成年被後見人等に係る登記事項証明書の交付請求及び当該登記申請書等の閲覧請求があった場合に、これらの請求を制限します。 行方不明者届の不受理の措置 ストーカー・DV加害者等が、被害者についての行方不明届をしようとした場合、被害者から行方不明届の不受理の申出があれば、届出を受理しません。 具体的に、被害を受けた方は、婦人相談所などが発行する配偶者からの暴力の被害を受けている旨の証明書を持って医療保険者へ申し出ることにより、被扶養者等から外れ、配偶者の世帯とは別に公的医療保険に加入することができます。 なお、配偶者からの行為によって生じた傷病についても、被保険者証を提示すれば保険診療による受診は可能です。 また、医療保険者の中には、被保険者の方へ医療費通知の送付を行っているところもありますが、医療費通知の送付により被害を受けた方が受診した医療機関が配偶者に伝わるおそれがありますので医療保険者へお申し出いただければ、配偶者宛の通知には被害を受けた方の情報を記載しないことも可能です。 年金 個人情報が第三者に漏出することがないよう、本人確認を徹底するなどの取組を図っています。 郵便局の転居届 情報が第三者に漏出することがないよう、徹底した取組を図っています。

次の

誹謗中傷対策マニュアル|誹謗中傷ドットネット

ストーカー 相談 窓口

ストーカー被害で警察に動いてもらうには ストーカー被害で警察が役に立たないという認識の理由 ストーカー被害を受けると、まず最初に思いつく対策としては 「警察」への相談が考えられると思います。 しかし、最近では三鷹であったストーカー事件などは警察への相談はしているにも関わらず、大して効果がなく、 最悪な結果となってしまいました。 もちろん、相談を受けた警察の対応にも問題はありましたが、警察にもそれなりの理由があります。 まず、 警察は明確な犯罪行為がなければ動けません。 警察が明確な犯罪行為だと認識するのは 「脅迫」「強要」「障害」などですが「 らしい行為」というレベルですと、正直警察が動いてくれるとは考えにくいです。 それゆえ、迅速に警察を動かすためにも 「証拠」が重要になってきますので、ストーカーの証拠になるようなものは 全て保管し、録音や録画などを積極的に行いましょう。 深刻なストーカー被害は警察の本庁に相談する事 明確なストーカー被害に遭っていても、警察が動いてくれないことも、やるせないことですが、多々あります。 ではそんな時、 警察に動いてもらうにはどうすれば良いのでしょうか。 もちろん上述したような 「証拠」集めも、もちろん重要ですが、警察の「 上からの圧力に弱い」という点を利用し、警察組織の上に当たる「 警視庁」に直接相談をするのが効果的だと考えます。 1度や2度では取り合ってくれない可能性もありますが、 何度も連絡すると効果があります。 警察は上からの圧力に非常に弱いので、 本庁の担当者から連絡が所轄所に行けば、所轄の警官は動かざるを得ません。 相談窓口は検索すればすぐに出てきますので、ストーカー被害を受けているが、警察が動いてくれないと嘆いている方は試してみては如何でしょうか。 ストーカー被害を警察に相談する方法 ストーカー被害は警察の相談窓口に連絡 ストーカー被害にあった場合、警察に相談することが先決です。 被害がまだひどくなる前に警察に相談すれば、どのような証拠が必要で、どのような被害に合えば警察が動いてくれるかなどの アドバイスをもらえるはずです。 また、警察への相談は最寄りの警察署に行うのがいいのですが、受付の担当者次第では、対応してくれないという酷い話もありますので、 ストーカー対策のための相談窓口が各県警毎に用意されていますので、まずはそちらに電話で相談することをお勧めします。 「#9110」で電話できますので、お困りの方は相談してみてください。 ストーカー被害を警察に相談する際の交番は無意味? ストーカーの被害を相談するうえで、警察には最初に相談しましょう。 しかし、 近所の交番に相談するのでは、あまり意味はないかもしれません。 ストーカー規制法が施行されてしばらく経ちますが、交番の警官があまり詳しくない人だと、的外れのアドバイスを受けたり、取り合ってくれない危険性もあります。 ですので、 相談は専門の窓口への相談がおすすめです。 また、ストーカー規制法で規制されている内容を以下に記載しますので、ご確認ください。 これらの被害にあった場合は、被害届けを出すことにより 検挙することが可能です。 ・つきまとい・待ち伏せ ・監視していると告げる ・面会・交際の要求 ・乱暴な言動 ・無言電話・連続した電話やFAX、メール ・汚物の送付 ・名誉を傷つける ・性的羞恥心の侵害.

次の