そっけ ない 楽譜。 楽譜があまり読めない、なかなか弾けない とは

「そっけない / RADWIMPS」の楽譜一覧

そっけ ない 楽譜

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

楽譜がスラスラ読めない、楽譜をスラスラ読めるようにする方法って? part 1

そっけ ない 楽譜

ピアノの楽譜をスラスラ読めるようにする具体的な練習方法とは??? この記事は、過去の記事に新しい情報を加えて編集し更新したものです。 今回は動画を貼り付けています。 ぜひご参考になさってみてください。 楽譜をスラスラ読めるようになる方法の続編です。 第1回、第2回と書いてきて、まだお伝えしたい情報があることに気づいたので、第3弾を書くことにしました。 最後までお付き合いいただけけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 この第3弾は、第1回、第2回の記事がベースになっていますので、まだ前の記事を読んでいらっしゃらない方は先に前回、前々回の記事をお読みくださいね。 楽譜?景色????と思われる方のためにちょっとだけ説明させていただきますね。 ピアノを長年やっていると、 音符の細かい音、これはドとかこれはソとか、そんなのは正直どうでも良いというか?なんとなく感覚で楽譜を「景色」で見られるようになります。 その経験がない人にどう伝えれば理解していただけるのかわからないのですが、これを説明することに挑戦してみますね。 うまく伝えられたら嬉しいのですが・・・(汗) 「楽譜を景色として捉える」という言葉の意味が、どういうことかというと・・・ 楽譜って景色なのです。 音符の玉は山とか谷を現しているイメージです。 音が高くなれば丘か山を上るイメージ。 音が低くなれば音が谷に向かって下がるイメージ。 四分音符で山に向かえば音はゆっくり上がり、16分音符や32分音符で山に向かっていけば駆け足で登っていくイメージです。 逆に谷に向かって降りるとすれば、四分音符で谷に向かえば音はゆっくりと下がり、16分音符や32分音符で谷に向かっていけば駆け足で転がり落ちていくイメージになります。 音符が山に向かえば、指は右に向かって動き、音符が谷に向かえば指は左に向かって動きます。 あとは、3度で動くのか?(ドとレの関係を2度、ドとミの関係を3度と言い、音がいくつ離れているかを表現します)、5度で動くのか?1つ飛ばしで動くのか???と音符を判断しています。 正直なところ、私の場合は、音符そのものを「ひとつひとつ読んでいる感覚」はありません。 音符の読み方は、自転車の乗り方と似ています。 これを音符の読み方を「模様読み」もしくは「景色読み」していな肩にどう説明するか???考えると、多分、自転車の乗り方、か?スキー、スケートの滑り方と似ているというと理解できるかもしれません。 自転車の練習をしている時には、最初の一漕ぎは大きく踏み込まないと進まないとか、スピードを出したいなら、立ち漕ぎをすれば勢いがつくとか、右に曲がる時には重心を右にかけるとか・・・こういったことは誰に教えてもらうでもなく「乗っているうちになんとなくマスター」していきます。 最初は転ばないように、「こうしよう」とか「こういう時にはこうしちゃいけない」とか頭で考えていたはずです。 でも、乗れるようになってしまってからは「頭は使わない」状態になりますよね?スキーやスケートも同様。 音符の読み方もこれと同じなのです。 頭は全然使っていません。 なんとなく、音符がこっちに向かっていくから指はこっちへ向かえは良いとか、音が下がっているから指はこっちにいけば良いとかetc… 音符のひとつひとつは読めなくても構わない 私が生徒に伝える言葉なのですが、 「音のドとか、ソとか、そんなひとつひとつの音に拘らなくて良いから、楽譜を景色で見て!」とよくいいます。 音符のひとつひとつは慣れてしまえば覚えてしまいます。 そんなことはどうでも良いので、 山を上がれば「右に指がいく」、谷に向かっていくなら「指が左に行く」といったような、自転車と同じような感覚を身につけて欲しいのです。 その感覚さえ身につけてしまえば、流れがつかめます。 足し算で言えば、問題を見たと同時に、これが足し算なのか?引き算なのか?を判断する能力といったイメージです。 少なくとも楽譜を見ただけで「上がるんだな」とか「下がるんだな」という感覚を身につけて欲しいのです。 その大きな流れがつかめるようになってくれば、あとは時間と回数をこなせば、音符は割とスラスラと読めるようになります。 (個人差はあります) 動画でも説明しています。 ご参考になさってくださいね。

次の

「楽譜が読める」は「やがて弾ける」-音名編

そっけ ない 楽譜

お話の順番• 3つの方法 楽譜を読めるようになりたい理由は何でしょうか。 たぶん、「ピアノやギターが弾けるようになりたい」「歌のレパートリーを増やしたい」といったところではないかと思います。 「いや、楽譜のひとつも読めないから弾けないんだけど」と思った人もいると思いますが、まあとりあえずこれがひとつ。 もうひとつの方法は「 楽典やソルフェージュのレッスンを受ける」といった方法です。 こちらは、楽譜を読むことに特化したレッスンです。 そして残るひとつが「 独学で頑張る方法」です。 では、ひとつずつ説明していきます。 実技(楽器や歌)の先生に学ぶという方法 ピアノを弾けるようになりたければピアノのレッスンに通い、ギターならギターレッスン、トランペットならトランペットレッスン、歌なら声楽やボーカルのレッスンに通うのが良いでしょう。 マンツーマンで指導を受けると、以下のメリットがあります。 生徒の能力や趣向に合わせたやり方で教えてくれる• 効率良く学習ができる• 実際の 演奏とリンクさせて楽譜が読めるようになる (イメージとしては、実際に外国に行ってそこの言語を自然習得するような感じ) これはマンツーマンでしか得られないですよね。 楽器や歌を独学でやってきた人は遠回りをしていた可能性があるし、サークルでの楽器経験があったとしても、実際に「耳だけを頼りに (仲間の模範演奏を聴きながら音を覚えて)」楽器を弾いてきたという人もいます。 そんな状態も悪いわけではありませんが、なかなか楽譜を読めるようにはなりません。 ちょっと読めるようになっても、時間ばかりが過ぎて忘れてしまうこともあります。 マンツーマンで直接先生に学べるということは、とても貴重です。 先生は、あなたの苦手を把握し、うまくリードしていってくれるのではないでしょうか。 むろん、相性の問題もあるとは思いますが、独学より遥かに良いでしょう。 レッスンという環境があるだけで、 集中力やヤル気の面でも断然変わってくると思います。 「楽典」とは、いわば楽譜上の決まり事のことをいいます。 「ソルフェージュ」とは、いわば音楽の基礎的な音感訓練のことです。 「楽典」のレッスンでは知識を取り入れて 理論的な読譜練習をし、「ソルフェージュ」のレッスンでは読譜のための 聴覚的訓練をすることが多いでしょう。 ピアノやギターや歌などといったレッスンでも、(先に書いたように)基礎から読譜の練習をさせてもらえるとは思いますが、どうしても演奏実技に特化してのレッスンになるだろうし、先生の中にはあまりよろしく思わない人もいることでしょう。 そのため、「とにかく 楽譜を読めるようになることに集中したい」「 不動の基盤を作り、色々応用できるようになりたい」という場合は、楽典やソルフェージュのレッスンを受けるのが得策でしょう。 理論面からのアプローチなら「楽典」のレッスン、音感面からのアプローチなら「ソルフェージュ」のレッスンが良いと思います。 が、特別な事情がない限り、これらは分離させてもあまり意味がないので どちらも受けるのが望ましいです。 理論と音感がバランス良く融合してこそ、改めて意義のある読譜ができます。 とは言っても、 両方が合体しているレッスンであることが多いと思うので大丈夫でしょう (ちなみに、音大の授業では分かれていたりする)。 自分が弾きたい楽器などのレッスンは受けられませんが、 しっかりと読譜のベースを作って揺るぎないものにしていくには、楽典・ソルフェージュのレッスンが有効でしょうね。 独学で頑張る方法 「なかなかレッスンには通えない」「レッスンは恥ずかしい」と思う人は、独学で頑張る方法しかありません。 が、「ひとりで自信を持って頑張れるよ!」という人以外には おすすめしません。 楽譜ショップに行くと、楽譜を読めるようにするための本が売っています。 そういうのをパラパラとめくって読んだことがありますが、正直「う~ん」というのが第一印象でした。 たしかに、楽典的なことも書いてあったし、中にはCDも付いて聴覚的な読譜練習をすることができるものもありました。 なので、 初歩的なことであればそれで十分でしょう。 むしろ、それぞれの楽器の初心者本だけでも間に合うかと思います。 でも、それだけなんですよね。 ひとりで学ぶのには 限界があると思います。 勘違いして覚えてしまうこともあるし、 遠回りをしたりもするし、 非効率かと思います(まあ、好きなときに好きなだけ学習できるというメリットはあります)。 英語を学ぶときに英会話教室に通うように、読譜を学ぶときもそれなりの教室に通って指導を受けるのが一番でしょう。 ポイントの整理 ちょっとごちゃごちゃとしてきたので、ここでまとめておきましょう。 読譜ができるようになる方法とデメリット・メリットは以下のとおりです。 実技(楽器や歌)の先生に学ぶという方法 演奏実技に特化しがちだが、実地を通して読譜力UPが図れる!• 楽典やソルフェージュのレッスンを受けるという方法 演奏の楽しみはないが、しっかりと読譜のベースを築くことができる!• 独学で頑張る方法 あまりおすすめできないが、レッスンが嫌ならこれで頑張ろう! といった感じです。 いかがでしょうか? 読譜を学べる教室の例 楽器や歌の教室なら、調べればたくさん出てくると思います。 そこで読譜力を身に付けたいなら、一度体験レッスンを受けるときに先生と相談すると良いでしょう。 むろん、演奏することが第一目標とはなるので、そのおつもりで。 そして、楽典・ソルフェージュのレッスンですが、これは、楽器や歌のレッスンを開いている教室で行っていることもあれば、全くの単体で行われていることもあります。 ここでひとつ、(愛知県ではありますが)教室例を挙げてみましょう。 こちらです。 レッスンは貸スタジオや自宅などで展開されます。 もし愛知県にお住まいであれば、一度検討してみてはいかがでしょうか。 最後に 以上、全く楽譜が読めない大人に向けて、楽譜が読めるようになる方法をお伝えしました。 でも、それが一番だと思ったのでそうお話ししました。 あと、大人といえば、歳を重ねるたびに頭が固くなり、順応力もなくなってきます。 加齢が進めば進むほど、楽譜を読めるようになるにも時間がかかるようになるでしょう。 だからこそ、独学では破綻しかねません。 絶対に先生がいたほうが安心だと思います! 以上、お読みいただきありがとうございました。

次の