トラブル メーカー 意味。 トラブルメーカーに共通する21個の特徴

トラブルメーカーの特徴23選!トラブルを起こす人の心理や対処法とは

トラブル メーカー 意味

何かと波風を立てる人や、問題を起こしがちな人のことを指す言葉として「トラブルメーカー」は用いられます。 一緒にいると立て続けに問題が起こったり、その人が原因でトラブルに発展するという人物は周りにいませんか? もしそんな人が周りにいるようなら、要注意です。 彼らは間違いなくトラブルメーカーであるということができるでしょう。 トラブルメーカーとは、すぐに他人を巻き込んで何かしらの問題を起こす人のことを言う言葉なのです。 彼らの周りにいると、あなた自身も何かと苦労が絶えないことでしょう。 英語で「trouble」とは「問題」という意味です。 では「maker」とは何かというと、「作る人」という意味です。 これを合わせて「troublemaker」とすることで、「問題を起こす人」という意味になります。 元々は英単語の組み合わせの言葉ですが、今では日本でも当たり前のように使われているのがこの「トラブルメーカー」という言葉です。 そのわかりやすさから、トラブルメーカーという言葉が日本において広く普及したというのも良くわかるのではないでしょうか。 英語に馴染みがない人でも理解しやすい言葉です。 彼らは自分自身がトラブルメーカーであるという自覚を一切持っていません。 トラブルメーカーと聞いて、彼らは自分ではなく、真っ先に身近にいるそれらしい他人のことを思い浮かべるでしょう。 もし自覚があれば、努力をして治そうとするはずなのです。 トラブルメーカーは自分が周りに迷惑を抱えているという自覚がないからこそ、ありのままの振る舞いをする中で問題を頻発させてしまうこととなります。 問題が起きて周りが迷惑に感じている時も、彼らはまるで何も起こっていないかのように、もしくは問題の責任が自分にないかのような表情をしていることでしょう。 いくら他人に迷惑をかけていようが彼らには全くの自覚がないため、結局何も改善されないままになってしまいます。 いつまで経ってもトラブルメーカーがトラブルメーカーであり続けるのは、このことが原因だと考えられるでしょう。 もし自覚があるなら、少しずつでも彼らに変化が見られるはずなのです。 トラブルメーカーと言われるような人は、基本的に厚顔無恥な傾向にあります。 彼らはどんな時も厚かましく、初対面の人からも「図々しい人である」と認識されることが多いでしょう。 そんなトラブルメーカーは、人目を気にしていないことがほとんどです。 もし彼らが人目を気にするような性格をしていたとしたら、ここまでトラブルを頻発させることはないでしょう。 トラブルメーカーと呼ばれるくらい問題を頻発させてしまうということは、人の目を気にしていないことが原因の一つとして考えられます。 彼らはきっと他人に迷惑をかけることをも何とも思っていないことでしょう。 そんな彼らに似合う言葉は、まさに「厚顔無恥」です。 面の皮が厚いと言われることも多いトラブルメーカーには、謙虚さというものがまるで備わっていません。 もし少しでも彼らに謙虚さが備わっていれば、問題を起こす前に自粛しようと思い至ることでしょう。 彼らは問題を起こしやすいその性格から、多くの人に距離を置かれがちです。 近くにいると自分も問題に巻き込まれてしまうかもしれないと思うと、誰も彼らに寄りつきたくはなくなってしまうのです。 トラブルメーカーが人格者になれることはないでしょう。 それどころか、問題を多発させるような人は、周りの人たちからすべからく嫌われてしまう傾向にあります。 故意に問題を起こそうとしているわけではなくとも、周りの人が彼に抱く感想は変わらないはずです。 人から嫌われるようなトラブルメーカーになってしまっていないか、自分含め今一度よく確認しましょう。 以下に関連記事として嫌われやすい人の性格や原因についてまとめられたものがあります。 トラブルメーカーの人は、何もしていないのになぜか嫌われがちだと言います。 この記事を読めば、なぜトラブルメーカーの人たちが嫌われてしまうのか理解できるようになるでしょう。 なぜか嫌われると悩むあなたにもオススメの記事です。 トラブルメーカーと言われるような人たちは、他人と関わることが苦手で、上手に話すことができない傾向にあります。 もし彼らがコミュニケーションをとることに長けていたら、そもそも問題を起こすことなどないでしょう。 他人と関わるのが苦手でコミュニケーションが下手だからこそ、彼らは問題をよく起こす人として認識されてしまうこととなったのです。 女性でも男性でも、コミュニケーションが不得意な人はこのトラブルメーカーに陥ってしまいやすいものです。 コミュニケーションが苦手な自覚のある人は気をつけましょう。 もし彼らが精神的に自立をしていたら、トラブルメーカーになることなどないでしょう。 いまだ誰かに依存し続けてしまっているからこそ、トラブルメーカーはよく問題を起こす人だという認識のままになってしまうのです。 自分の足できちんと立つことができる責任感のある大人なら、いくら問題を起こしてしまうことがあったとしても、よくトラブルを起こす人であるという見られ方をすることはないはずです。 男性にしても女性にしても、責任感のない自立していない人は、トラブルメーカーとして一括りにされてしまうでしょう。 彼らは集合時間や朝起きるべき時間、寝るべき時間など全てにおいてルーズな傾向があります。 その傾向は時間だけでなく、家事や課題など、日常生活においてしなければならないこと全般に渡ります。 トラブルメーカーが律儀なはずはありません。 そのため、トラブルメーカーとされる人には誰も安心して何かを頼むことなどできないでしょう。 どうせ問題を起こされてしまうのだと思うと、トラブルメーカーには何も言いたくないと思ってしまうようになるはずです。 トラブルメーカーでありつづけると、周りの人から頼られることなく自尊心を失うことになりかねません。 すぐにトラブルを引き起こすような人と深く関わりすぎてしまうと、面倒な問題に巻き込まれかねません。 そのような事態になるのが好ましいと感じる人はいないでしょうから、トラブルメーカーな男性・女性には関わりすぎないようにしましょう。 とはいえ、仕事上どうしても関係を持たざるを得ないことだってあるはずです。 そんな場合は、相手との距離をうまくはかりながら関わるようにしましょう。 誘いに全て乗るなどして積極的に関わる必要はありません。 平穏な日々を送りたいなら、トラブルメーカーな女性・男性とは深く関わりすぎないようにするのが一番でしょう。 トラブルメーカーの男性・女性がどのように動いているかをよく見張って、危ないなと思ったらその都度注意してあげるようにしましょう。 トラブルメーカーの人たちは、なぜ自分が嫌われるのか、その原因について分かっていない人がほとんどです。 つまり彼らは自分自身がトラブルメーカーになっているという自覚がないのです。 そんな彼らのために、注意をしてあげましょう。 それによって、トラブルメーカーの男性・女性があなたに感謝するであろうことは言うまでもありません。 もし感謝されなかったとしても、間違いなく彼らのためになるよい対処法でしょう。 トラブルメーカーでも大切だと思える友人がいるなら、あなたが嫌われ役である注意する立場を引き受けても良いのではないでしょうか。 以下に関連記事として、人間関係のストレス度診断をまとめたものがあります。 職場の嫌い・苦手な人への対処法についてもまとめられているので、すぐに問題を起こす苦手なトラブルメーカーへの上手な対応をここから学びましょう。 自分のストレス度を可視化すれば、現状をなんとかしなければならないと思えるはずです。 トラブルメーカーとうまく付き合おう! トラブルメーカーの人とうまく付き合うのはそう簡単なことではありません。 彼らの思いもよらない言動に、悩まされてしまうこともあるでしょう。 そんな時は、相手との距離をうまくとりつつ付かず離れずの関係を保つようにしてください。 トラブルメーカーの人とうまく付き合えるようになれば、人間関係が楽になるはずです。 よく問題を起こすような人と上手な関係を築くことができるということは、すなわちどんな人相手でもうまく付き合えるようになるということでもあります。 トラブルメーカーな人とうまく付き合って、上手な対処法を覚えましょう。

次の

トラブルメーカー

トラブル メーカー 意味

1:トラブルメーカーの意味は? (1)トラブルメーカーとは? 「トラブルメーカー」とは、どういう意味なのでしょうか? 小学館デジタル大辞泉には以下のような説明がありました。 トラブルメーカー(troublemaker) もめごとをよく起こす人。 オチもひねりもありませんが、そういうことです。 (2)ドラマの主題歌にも!嵐「トラブルメーカー」の歌詞の意味は? 「トラブルメーカー=Troublemaker」といえば、人気アイドルグループ、嵐のシングルに、同名の曲があります。 こちらの曲ですが、タイトルが「Troublemaker(トラブルメーカー)」なのに、歌詞には一度も、その言葉自体は出てきません。 タイトルだけ見ると、男女の恋愛トラブルをテーマにした歌のように思えるのですが、実際に歌詞を見たり、曲を聴いてみたりすると、前向きな気分にさせてくれるような曲なのです。 この曲は、嵐のメンバー・櫻井翔さんの主演ドラマ『特上カバチ!! 』の主題歌であり、同ドラマが法的トラブルを解決する行政書士事務所を舞台としたものなので、タイトルは、歌詞よりもドラマの内容にリンクさせたものなのかもしれません。 2:トラブルメーカーの特徴6つ (1)他責的である タチが悪いことに、トラブルメーカーたちは自身が地雷源という自覚がありません。 自分のせいで何か問題が起こっても、それは常に他人や環境のせい。 そして、ただ無責任なだけでなく、「〇〇のせいで自分はこんなひどい目にあった!」と被害者意識を募らせていることも多々あります。 そういう点では、元カノ・元カレの悪口を言う人は、トラブルメーカーの可能性あり。 確かに、相手にも問題はあったのでしょう。 しかし、男女交際については、お互いさまという面もありますし、そういう相手を好きになったのはほかならぬ自分自身。 なのに、自身の落ち度についてまったく省みることなく、一方的に相手を恨むばかりというのは、要注意人物と見ていいでしょう。 たとえば、ランチタイムの混雑時に、自分の注文した料理が届かないからといってイライラ……。 「店員さんも忙しそうで大変だな」と、お店側の事情を汲むことなく、ただ自分の欲求を満たすことだけに心がとらわれてしまうのが、トラブルメーカーの特徴です。 恋愛においても、相手が疲れているのをお構いなしに「何で連絡くれないの!? 」などと責め立てたり、「好きならばこれくらいしてくれて当然だよね」と、過度な要求を押し付けたりする傾向があります。 (3)「みんな」「いつも」など極端な言い回しを使いがち トラブルメーカーにとっては、自分の常識こそが絶対的な正義。 自分と対等、もしくは自分よりも立場が弱い人間と意見が食い違ったときには、「自分が正しい。 おまえの考えはおかしい」と決め付けて、決して譲ることがありません。 そんなトラブルメーカーが、自分の言い分を通そうとするときによく使うフレーズが、「みんな」と「いつも」。 「みんなそう言っている」「いつもあなたは〇〇だ」など、根拠がないことでも極端な言い回しを用いて、自分の正当性を主張しがちです。 自分より上の立場の人間には従順だったり、借りてきた猫のような態度をとったりします。 ただし、心の底から相手を敬っているのではなく、大人しいのは上っ面だけ。 上司などに正面切って自分の意見を伝えることはできませんが、不満を溜め込むと、ネットの匿名掲示板などに悪口を書き込むなどして憂さ晴らしをすることも。 (5)発言がコロコロ変わる 自分の都合が第一、自分の非は絶対に認めないというスタンスのトラブルメーカーは、状況に応じて発言がコロコロ変わりやすいです。 たとえば、上司がトラブルメーカー気質の場合、非常に厄介。 上司の指示で行った業務においてトラブルが発生したら、「自分はそんな指示はしていない」「そういうつもりで言ったのではない」などと言い逃れして、責任を部下に押し付けようとします。 また、その日の気分によって、OKとNGの基準がバラバラなので、チームを混乱に陥れることも。 それでいて、部下の発言に対しては「君はあのときこう言ったじゃないか」と言って、撤回を頑として認めてくれません。 (6)知り合って間もないころは「いい人」のこともある 深く関われば関わるほど、ろくなことが起こらないトラブルメーカー。 ですが、知り合って間もないころは「いい人」の仮面をかぶっていることもあるので要注意です。 ママ友付き合いでもよくあるパターンなのですが、初対面からやたらフレンドリーで何かと親切にも接してくれる人物は、のちのちトラブルメーカー化する恐れがあります。 あらかじめ恩を売り、仲良くなっておいて、あとから「友達なんだからこれくらいしてくれて当然だよね」と無理難題をふっかけるという策略にハマらぬように注意しましょう。 3:職場で恋愛で地雷扱い?女性のトラブルメーカーの仰天エピソード4つ 前項では、性別を問わず広くトラブルメーカーの特徴を取り上げました。 続いて、女性のトラブルメーカーのエピソードをご紹介しましょう。 4人の男性に語っていただきました。 年齢よりかなり若く見えるけど、在籍年数を考えるともう40代かな? いわゆるお局さんですね。 秘書室に自分より若くてかわいい女性が配属されると、めちゃくちゃ厳しいと噂です。 しかも、秘書室の在籍メンバーはみんな、その女狐の腰巾着。 寄ってたかって新入りをいじめるので、女狐のおめがねにかなわない女性は、退職に追いこまれるまでに半年ももちません。 ちょっと異様な感じなんですが、なぜか女狐は社長には気に入られているので、この構造が変わることはないと思います」(30代/保険) (2)不倫トラブルメーカー 「職場のトラブルメーカー? うちは固い職場なんで、そうそう変な人はいないけど、昔、強烈なのがいたなぁ。 いや、本人はすこぶる勤勉で真面目に見えたよ。 けど実は、職場外で不倫してたらしく、ある日、不倫相手の奥さんが、彼女の職場に乗り込んできちゃって大騒ぎに……。 上司がその場をとりなして、お引き取り願うことはできたけど、渦中の女性は翌日から職場に出てこれなくなって、そのまま退職しちゃった」(40代/公務員) (3)ヤンデレトラブルメーカー 「大学時代にトラブルメーカーというか、ヤンデレ彼女と付き合っていました。 それでも僕が仕事を続けていたら、バイト先に僕のことを中傷する怪文書まで送り付けていました。 その彼女、別れたあとも大学内でいろいろ僕の悪い噂を広めようとしていたみたいです。 ただ、彼女がトラブルメーカーだとみんな認識していたので、誰も信用しなかったのがせめてもの救いでしたね」(20代/コンピューター関連) (4)二股トラブルメーカー 「数年前に付き合っていた彼女のこと。 男性関係において、ぶっちゃけビッチだと囁かれていた女の子でしたが、自分はそんなこと信じていなかったし、仮にそれが事実だとしても、過去は過去だと思うようにしていました。 でも、甘かったな……。 一時期、仕事がものすごく忙しくて、なかなか彼女に会えない日々が続いたことがあったんです。 そのときに案の定やられました。 しかも、その相手というのが、僕の幼なじみで、親友だと思っていた男。 流れとしては、恋愛の悩み相談から男女の関係になっちゃった……と、まあよくあるやつです。 もちろん、彼女だけでなく親友のほうも悪いんですが、そいつは、女性にあまり免疫がなかったんで、おそらく彼女主導でのぼせあがったのだと思います。 いずれにせよその一件で、自分は恋人と親友を同時に失いました」(20代/専門職) 4:トラブルメーカーへの対処法5つ トラブルメーカーだとされる人物が友人や恋人の場合、話はシンプル。 トラブルに巻き込まれたくなかったら、自分から距離を置くことが最善です。 とにかく逃げろ! ただ、職場だと相手を無視するわけにもいかず、なかなか難しいですよね。 そこで、職場にいるトラブルメーカーへの対処法をご紹介します。 (1)ふたりきりの状況を避ける 前掲のように、トラブルメーカーは発言が一貫せず、何か問題が生じると、その責任を他人に押し付けようとします。 その被害を予防するためには、トラブルメーカーとふたりきりになってしまう状況をなるべく避けること。 トラブルメーカーとの間で揉めごとが起こった場合に、当事者以外の第三者があなたの味方をしてくれる可能性があります。 (2)否定も同調もしない トラブルメーカーの発言がどんなに荒唐無稽であっても、「それは違う」と正面から否定するのは避けましょう。 被害者意識の強い彼らから逆恨みされては、あとで何をされるかわかりません。 だからといって、「その通りですね」と同調するのも考えもの。 たとえ表面上であっても、トラブルメーカーのおかしな発言に同調していると、知らず知らず汚染されます。 また悪口の類などは、同調しただけで、いつの間にか「〇〇さんがそう言っていた」と首謀者にされることも。 無難なのは、「〇〇さん(=トラブルメーカー)は、そう考えているんですね~」と受け流すこと。 否定も同調もせず、あなたの考えではそうなんですね、というスタンスで接するのが安全策だといえるでしょう。 (3)はっきりと境界線を設ける さきほど、トラブルメーカーに対して、正面から否定するのはよくないと述べましたが、はっきりと否定しなければいけないケースもあります。 それは、トラブルメーカーから「〇〇をして」と無理難題をふっかけられたときです。 「〇〇をして」という命令には、「あなたはそう考えているんですね」の返しは通用しません。 また仮に受けてしまえば、どこまでも自己中心的な彼らの要求がエスカレートするのは、火を見るより明らかです。 「それはできません」では角が立つので、「恐れ入りますが、私の力不足で……」と、やんわり断りましょう。 (4)周囲を味方につける いくら断っても無理な要求が止まなかったり、トラブルメーカーから悪い噂を流されたりなど、何らかの被害をこうむっている場合は、自分だけで悩みを抱え込まず、周囲に相談すること。 トラブルメーカーはたいていの場合、所属集団において厄介者扱いされています。 なので、きっと周囲はあなたの味方になってくれるはず。 それが会社であれば、そのトラブルメーカーの上司にあたる人物に相談するのが望ましいです。 彼らは権威に弱いので、上司から釘を刺されれば、被害が止むことも珍しくありません。 異動願いを出したり、社内事情的にそれも難しい場合には思い切って転職活動をしたりなど、トラブルメーカーから距離を置くことに全力を注ぎましょう。 相手を変えることはできなくても、自分の決断と行動次第で事態は好転します。 脱出に成功するまでは臥薪嘗胆の日々ですが、どうか希望を捨てないように! 5:まとめ 人のふり見て我がふり直せ。 トラブルメーカーの被害を受けないようにうまく立ち回るとともに、自身が周囲の人間にとってトラブルメーカーになっていないかどうか、この機会にぜひ振り返っておきましょう。 この記事を書いたライター 中田綾美 A. Nakata 大学卒業後、塾講師・司法試験挑戦・OL経験…と紆余曲折の末、2010年からライターとしての活動を始める。

次の

トラブルメーカーの特徴!職場でトラブルを起こす人の対処法も紹介

トラブル メーカー 意味

トラブルメーカーとはどういう人を言うのでしょうか? ネットでも相談がありますよね。 トラブルになってしまった。 何か言われて噂流され、孤立した。 孤立してその後の報告がないので、元気かなって気になっています。 トラブルとトラブルメーカーは違いますよね。 トラブルになりやすい人、巻き込まれやすい人、色々ですが、トラブルメーカーさんが、自分はトラブルメーカーですとは言わないような気がする。 「あの人にああされた」と話しています。 気付かないうちにトラブルばかり起こす人がトラブルメーカーなのでしょうか? 何かを知っている状態で噂を流す人っているから、そういう人もトラブルメーカーさんなのでしょうか? いや、噂を流す時点で、流す人がトラブルメーカーなのでしょうか? ユーザーID: 0856906227 トラブルはあっても、必要なことをしつつ乗り越えている人達は、トラブルメーカーではありません。 トラブルメーカーとは、「火の無い所に煙を立てる人」です。 トラブルメーカーとは、「チャレンジを、カオスにする人」です。 トラベルメーカーとは、「個別の事象なのに、一般論を持ち出す人」です。 嫉妬深く、自分以外の不幸が蜜の味であるのが言動ににじみ出てきてしまう人がいたら、注意してください。 とても日常的に、トラベルメーカーを進んでしています。 そうですね。 「扇動する人」でしょうか。 もちろん、トラブルメーカーにも、下手くその人もいれば、巧妙な人もいるでしょう。 トラブルメーカーをしていない時は、楽しい人という場合もあります。 そういう人と接すると、言葉は立て板に水でも、じとーっと重い気持ちがしてきますから必ず気がつけます。 あらゆる方法で相手を操ろうとしているのですから、エナジーヴァンパイアでもあるのでしょうね。 ユーザーID: 5609549495• 当事者同士にしか分からない。 改めて考えると、トラブルとトラブルメーカーは違いますよね。 距離なしさんと距離取りが下手な人は、トラブルになりやすいです。 例えば、、、。 距離なしさんが一人目がダメで、違う人を求めて二人目もダメで、またまた違う三人目を見つけてダメで、ようやく仲良しの四人目を見つけるまでの様子。 三人の被害者が居た。 噂でしたら、距離なしさんが「トラブルメーカー扱い」だと思いますよ。 噂だけでは足りない人が被害者に聞きに行くのではないでしょうか? 距離取りが下手な人も、連続して四人の距離なしさんを相手にしたら…、第三者から見ても「トラブルメーカー」になるのではないでしょうか? 噂だと「あの人、トラブルばかりだよ」と、言われてる。 距離なしさんがいて、距離取りが下手な人が居るとそうなるような…。 仲良くなりたくて必死な人とじっくり仲良くな人だと、スタートラインが違うので…。 悲しいトラブル?になるのではないでしょうか? 噂しているほうも、陰で推測している人もいれば、聞くと当事者たちに割って入って行く人っているじゃないですか?所謂、聞き込みしてる人がトラブルメーカーかも? ユーザーID: 5072086901• 自戒を込めて答えるぜ 三人の「被害者」とか、「噂でしたら」と噂なんてあるものだという前提など、一つのテーマでも色々な捉え方があるのだなと、改めて思いました。 さらに、「陰で推測している人」とあって、もし集まってそうしているなら、エライことですし、 「当事者たちに割って入って行く人」なんて、ご苦労なことなので、わたしなら、その人含めて更に噂をしようなどとは思わないですが。 「聞き込みしている人」って、なんだろうと思いました。 あちこちに聞いて回っているなら、滑稽で、笑い話のようなものですが、もし、月さんの仰る当事者から、有無を言わさず聞かされてしまったのなら、もう一方の当事者に聞きに行くほど仲が良い人たちの間のことで、そこに、噂なんて、もってのほか。 それこそ、その人たち同士にしか分からないのでは、ないでしょうか。 結局、噂話って、誰かが誰かをだしにして、娯楽をしているだけですね。 トラブルメーカーとは。 うーん。 軽い意味と重い意味があるかも。 別物かもしれない。 「他人に無用の手間をとらせる人」と「悪意から他人を操る人」の2種類。 ユーザーID: 5609549495• 色んな場で噂になっています 該当者に聞く人はいますよ。 例えば、仲がよさそうな人同士?グループ?不定期なのか定期的ながら、飲み会があったとしましょうか? グループの中で特にAとBは仲が良い、他の数名の内Cは仲良しコンビだと思っていた。 毎回、飲み会にBが来ない。 Aからは何も言わない。 他数名も「Bは来ないの?」とか誰も聞かないようだ。 聞いてるかもしれない。 知らないのはCだけ? Cが「あれ?この頃、飲み会に来ないけど?何かあったのか?」と疑問に思う、CはBに「Aさんと何かあったの?」って聞いてしまう 聞かれたBは「えっ?何もないよ」 Cは「この頃飲み会に参加してないから」と言う Bは「飲み会の話は知っているよ。 断ったんだ」と返します。 Aが誰にも言わないと周囲のうち、誰かが疑問に思って本人に聞いてしまったりします。 Bは「なぜCさんは、あんなこときくんだろう?」とA以外のループメンバーに聞きます。 メンバーは「Aさんが声を掛けた?Bが来れないと聞いてないよ」と返ってきます。 盛り上がってる飲み会で来ないBのことをいちばん仲良しのAが言わないと、聞きづらい状況です。 ユーザーID: 5072086901• 知りたがる人はいるので 聞き込む人はいますよ。 人の事を人づてで他人のことを知りたがったり、答えづらいことを聞いちゃう人。 それをどういう価値観なのか、「私が聞いたらねえ」と話す人がいます。 >「悪意から他人を操る」他人を操るのも通常は難しいですが、噂が大好きなかたは簡単に操れます。 弱いかたは簡単だそうです。 自分で知ろうとしない、人づてをあてにする。 人の言葉に縋る人。 >「他人に無用な手間をとらせる人」コレがわかりません。 噂でトラブルメーカーと呼ばれている人と接しても、「?」の場合があります。 コレが誰かの悪意だと思います。 トラブルがあったのかなかったのかと、聞かれたら、何かトラブルはあったのでしょうが、周囲がとやかく言うことでもないのです。 ただ、トラブルが続くと自信をなくしたりします。 距離取り下手さんは引っ込み思案。 距離なしさんは仲良くなりたいだけなので、スタートラインが違うだけの話。 「なし」さんを一人で数名相手にする「下手」さん。 数名の「下手」さんをどういう基準で選んでるか聞いてないので分かりませんが「なし」さんは気の合う人を見つけるまで…繰り返す。 ユーザーID: 5072086901• 噂を流す人がトラブルメーカーでした 昔働いていた会社に、おしゃべり好きなおばさんが居ました。 その人は気さくに声をかけて来たり、他の人の噂話を話すのが好きな方でした。 どこでもいい顔をして「私はあなたの味方よ」と他の人の悪口を言って、ちょっとでも賛同しようものならすぐにその本人に「誰々があなたの事こう言ってたよ」と言って、仲が悪くなるのを喜ぶような人でした。 情報を仕入れるのが得意な人でした。 そして口が軽い。 これがトラブルメーカーと呼ぶ人でしょう。 会社では裏でこのお喋りな人を「スピーカー」と呼んでいました。 他にトラブルメーカーな人は、人の物を欲しがる人です。 誰かが片想いしてるのを知ってて横からその好きな人を奪う。 付き合ってる人がいるのに相手を奪い三角関係になる人。 その人が好きなんじゃなくて、誰か知ってる人のものだから横取りしたくなるタイプ。 性質が悪いです。 ユーザーID: 4211781801• うーん。 月さんの追加のお話を読み返してみましたが、どうしても、どこにトラブルがあるのか、全く分かりません。 最近来ないね、くらいが、なんでしょう??? 月さんにとっては、なにか重要なことがあったのかと推察されますが、その件を聞きたいとは私は思わないので、これ以上のコメントは控えさせて頂きます。 「他人に無用の手間をとらせる人」というのは、大人限定で、主に仕事関係を思い浮かべてくだされば、イメージしやすいかと思います。 連絡事項を伝え忘れたり、数字を間違えたり、無断欠勤をしたり、納期を間違えたり、等々、文字通り、トラブルをメイクしますが、普通は防げたことなのに、特定の人が良くやらかすということなら、その人はトラブルメーカーでしょう。 PTAなどでも、あるのではないですか。 もっと重い意味だと、「悪意から他人を操る人」で、どちらもトラブルメーカーと呼ぶけれど、別物だと考えます、と書きました。 ユーザーID: 5609549495•

次の