生理痛 軽減 体勢。 辛い生理痛・・・温めるべき場所はココ!

ツボ押しや体操で生理痛と上手につきあう|頭痛・生理痛・肩こり痛など、さまざまな痛みに「ロキソニンSシリーズ」|第一三共ヘルスケア

生理痛 軽減 体勢

「生理トレーニング」では、普段は 膣をしっかり締めて、経血を溜め込み、トイレでは膣をゆるめてまとめて流す方法を伝授します。 生理用ナプキンが普及していない頃の女性は実践していたと言われており、大便や小便と同じく、経血も意識して自分のタイミングで排泄する方法です。 「便利になりすぎた現代の生活によって、今の女性は膣を締める骨盤底筋の力がゆるんで、眠ってしまっているような状態です。 ナプキンがあるからと、安心してダラダラたれ流しているのは、オムツがあるからおもらしをしっぱなしな赤ちゃんと同じこと。 経血の排出を自らきちんとできるようになれば、生理痛の軽減につながり、経血を意識して出し切ることができるので、生理も早く終わらせることができるんです」。 こういった生理の話をすると、講座に参加する女性たちは「えーーー!」と驚きつつ、「私の生理はこんな感じ」「私はこう」と、次々に話し出し、最後には、「次の生理のときに試したくてワクワクしてきました!」と、喜んでくれる方がとても多いそう。 すごく身近なことでありながら、普段なかなかフランクに話せる機会がないので、ひとりで抱え込んで悶々としてしまっているケースも多いようで、 生理について正面から語り合うことは、女性たちの小さな意識革命でもあるようです。 「経血の排出は、何度かやっているうちに『あ、こういう感じ?』とつかめる瞬間があるんですね。 自分の身体が少しずつ変わっていくことが実感できると、 トイレトレーニングでおむつを外せた子どもたちのように、「すごい、私!」と何だか誇らしげになり、『より自分の身体を大切に思えるようになった』と話す方も多いんですよ」 では実際に、骨盤底筋はどのようにすれば鍛えられるのでしょうか? 答えはカンタン。 いつでも、どこでも、「 尿道、膣、肛門を順に、意識して締め、ゆるめるのをくり返す」だけ。 フィットネスクラブに通わなくても、道具を用意しなくても、簡単に鍛えられる方法です。 たとえば座っているとき。 食事をするときやデスクワークのとき、姿勢がこんな風になっている人はいませんでしょうか。 ドキッ。 疲れてくると、ついこの姿勢になってしまうのは私です……。 両足がだらしなく開いて、骨盤が斜めになった状態だと、膣はだらんとゆるみ切ってしまいます。 背筋をすっと伸ばし、坐骨(お尻のいちばん出っ張っている骨)を椅子の座面につけて、 骨盤を立てるように座ります。 こうすると子宮が本来の位置におさまり、膣も自然と引き締まった状態になります。 この状態で、先ほどの「尿道、膣、肛門」を順にくり返します。 「このとき、ぎゅ~っと締め上げる必要はありません。 よく骨盤底筋を締めようとすると、ついでに腹筋にもぎゅ~っと力を入れている方が多いんですが、それは不要です。 また、尿道を締めるときは尿道だけ、膣を締めるときは膣だけ……という風に、3か所を区別して順番にしてみてください」 私も一緒に、関口さんの掛け声に合わせて開け閉めをしばらくやってみましたが、つい尿道と膣を一緒に締めてしまったり、しめるタイミングで腹筋も動いてしまいます。 つまりは、普段このあたりをいかに意識していないかが、よ~~く分かります。 関口さん曰く、講習をしていると、中には「あ、あ、穴の位置が分かりませーーーーん!」と叫び出す女性もいたりするそう(笑)。 photo:砂原 文 text:田中のり子•

次の

!生理痛に効く!(簡単&安上がり)

生理痛 軽減 体勢

[目次]• つらい生理痛を和らげる楽な寝方とは 生理痛がつらくて、我慢できないときは、可能であれば 無理せず横になりましょう。 生理痛には、骨盤内のうっ血も関係しているため、横になるときは• ボトムのベルトやホックを外す• ガードルやストッキングを脱ぐ など、腰回りを緩めるとよいでしょう。 生理痛が和らぐ寝方は、人によってそれぞれ違うので、 自分が楽になると思う体勢で構いません。 ひざを曲げて寝る ひざを曲げて寝ると、 お腹まわりの筋肉がゆるみ、骨盤内の血流がよくなるといわれています。 枕やクッションを抱えるのもよいでしょう。 うつ伏せになって横になる 身体をうつ伏せの状態にすると(ただし首は横に向ける)、 呼吸がラクになり深く眠れたり、 背部への圧力が軽減されたり、 腰回りの血行がよくなるといわれています。 腹巻きやカイロで温めるなどの工夫で痛みが緩和 生理痛のときに、 腰やお腹を温めて骨盤内の血行をよくすると、痛みがやわらぎます。 つらくて横になるときは、お腹に ブランケットをかけたりカイロをあてたりするなど、お腹まわりを温めましょう。 また、日頃から冷え対策として、 腹巻きや湯たんぽを活用するのもおすすめです。 生理中の痛みを和らげ良い眠りにつく方法 生理前や生理中になると、日中は眠いのに夜になると目が冴えてしまったり、眠りが浅くなったりするなど、睡眠トラブルに悩まされる人も少なくありません。 しかし、 睡眠不足でストレスが溜まると、自律神経が乱れてしまい生理痛が悪化しがちです。 寝る1~2時間前に身体を温める 一般的に、手足から熱が発散されて体の内部の温度が下がると、眠気がくるといわれています。 このため、床に入る1~2時間前に、 ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、ストレッチをしたりして身体を温めると、反動で体温が下がり眠りにつきやすくなります。 また、寝る直前に 足浴・手浴をするのもよいでしょう。 アロマオイルで快眠効果を上げる 精神的な緊張やストレスをほぐし、入眠しやすくするために、 就寝前にアロマオイルを使うのもおすすめです。 快眠効果があるとされるアロマには、• ラベンダー• スイートオレンジ• スイートマージョラム などがあります。 寝る直前のパソコンやスマートフォンを控える 寝る直前の テレビやパソコン、スマートフォンは脳を興奮させ、眠りを妨げる要因になります。 また、 寝る前の食事も、消化のために身体が活動状態になるので控えましょう。 生理痛をやわらげる方法はさまざまありますが、効果は人それぞれで異なります。 自分に合った方法を見つけてつらい生理痛をのりきりましょう。

次の

寝たいのに痛くて寝れない!生理痛が楽になる寝方は?

生理痛 軽減 体勢

生理痛が重いという人は、普段の姿勢の悪さが原因かもしれません。 猫背ぎみの場合は腹部の血流が悪くなっている可能性があるので、なるべく背筋を伸ばした正しい姿勢をキープするように意識しましょう。 また、足を組んでイスに座ったり、床に横座りをしたりするクセのある方は注意が必要です。 そのような姿勢を繰り返すと骨盤にゆがみが生じ、卵巣や子宮が圧迫されて血液循環が滞り、重い生理痛の原因になってしまうこともあります。 骨盤のゆがみが気になる人は「骨盤矯正ストレッチ」を試してみましょう。 仰向けの姿勢で寝たまま、手の平を上にして腰の下に両手を入れます。 その状態で両足を曲げてゆっくりと上げ、15秒キープします。 さらに首を起こして5秒キープします。 ゆっくりと元の位置に戻すまでが1セットです。 これを1日3セット行います。 生理痛を緩和させる楽な姿勢をご紹介! 生理痛がつらいという時は、少しでも緩和させるための楽な姿勢をとり、つらい時期を乗り越えましょう。 まずは、横になることができる場所がある場合は、ソファーの上で横になるだけでも随分と楽になります。 生理痛が腰に来る人は、仰向けで寝るよりも、うつ伏せ寝の方が、腰が軽くなる場合もあります。 また、お腹への適度な圧迫感がよいという人もうつ伏せ寝を試してみましょう。 お腹の痛みがとにかくつらいという人は、胎児のように横向きで体を曲げるようにして寝ると痛みが軽くなる場合があります。 生理痛のつらさや痛いと感じる場所は人それぞれですので、自分に合った楽な姿勢をとってみましょう。 また、あまり動かない立ち仕事やデスクワークのときに生理痛がつらくなった場合、体全体の血流が悪くなっている可能性がありますので、適度なタイミングで背伸びや屈伸運動をして血流改善に努めてみましょう。 快適グッズ使用で効果アップ!楽な姿勢で生理痛を乗り切る! 座ってくつろげるような場所にクッションや枕があった場合は、それらを使用してゆったりとした気分で生理痛を乗り切りましょう。 腰が重いまたは痛いという人はクッションや枕を腰に当てて、それに寄りかかるようにして体をゆだねると楽になってくる可能性があります。 他にもクッションや枕を抱えるようにして丸くなって体を預けるようにして横になるのもいいかもしれません。 このとき、きついスカートやパンツ、ガードルなど腹部を圧迫するようなものは、脱ぐかボタンなどをはずして血流改善に努めましょう。 他にも生理痛を緩和させる効果的なアイテムはたくさんあります。 アロマディフューザーを使って好きな香りを部屋全体に満たすことで、体ばかりでなく、心も落ち着いて楽に過ごすことができるようになります。 また、好きな香水をコットンに湿らせて、枕元に置いておくのもいいかもしれません。 もし体が冷えるようであれば、湯たんぽやカイロ、腹巻などを使って、腹部や腰を温めるようにしてみてはいかがでしょうか。 このように体が気持ちいいと感じるものは何でも利用して試してみましょう。 「これがいい!」という発見があるかもしれません。 まとめ.

次の