栄光 へ の スピン。 ワルキューレの栄光とは

NETFLIX『栄光へのスピン』更新?打ち切り?

栄光 へ の スピン

ワルキューレの栄光 [編集 ] 本作は「ワルキューレ」シリーズのひとつで、ワルキューレを主人公とし、かつシリーズ作品のリメイクやでない完全新作としてはに発売された『』以来、18年ぶりの作品にあたる。 なお、のが同名の作品を『』()で連載したが、本作と直接関連するものではない。 ストーリー [編集 ] マーベルランドで「 神の眼」の力を手にした邪教祖がタッタ族にを広め、住民を脅威に晒していた。 事態を憂慮した大女神は事の真相を調べさせるために神官をに派遣するが、たちは次々に消息を絶ち、最後の望みは神の子・ワルキューレに託された。 果たして、ワルキューレはマーベルランドの住民たちを邪教の脅威から解放し、邪教祖を操る「神の眼」の謎を解き明かすことが出来るのだろうか? ゲームシステム [編集 ] マップ画面とアクション画面により構成され、マップ画面上のフィールドに入ることで画面が横スクロール方式のアクション画面に切り替わる。 基本的な攻撃方法は剣であるが、展開によりやスキルを習得することがある。 特に3段ジャンプ・4段ジャンプ・空中浮遊のスキルはゲームクリアに必須となっている。 敵を倒すことにより経験値を積み、レベルアップする度に最大HPが増加する。 途中、イベントによりプレイヤーの操作するキャラクターがサンドラに交替する場面がある。 主要キャラクター [編集 ] 主人公。 大女神の命を受け、地上に降り立った神の子。 大女神 邪教の蔓延により混乱するマーベルランドの状況を憂慮し、ワルキューレを地上に遣わせた天界の女神。 邪教祖 「神の眼」の力を手にし、タッタ族に邪教を広めている正体不明の人物。 サンドラ サンドランド平原の心優しき民。 砂漠の危険地帯で大蠍・ドクサスGの毒に冒されたワルキューレを救助し、解毒剤を求めて森へ分け入る。 コアクマン 森の住民。 毒の知識が豊富で、サンドラの願いを聞き入れて解毒剤を与える。 リレイア ワルキューレより先にマーベルランドに派遣された天界の戦士。 黒衣に身を包みワルキューレと似た技を使う。 ズール 元盗賊の行商人。 主にキャンプでアイテムを売っている。 マッコウクジラ 体調を崩し、地底湖に迷い込んだクジラ。 前作が横スクロール形式なのに対し、本作は『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』に近いフィールド型のアクションRPGとなっている。 ストーリー(ワルキューレの栄光2) [編集 ] 天界から地上にもたらされた「想念樹」を巡って人々が起こした争いを鎮める命を大女神より受けたワルキューレは、マーベルランドに降り立つ。 外部リンク [編集 ]•

次の

藤原竜也主演「探検隊の栄光」スピンオフドラマ配信決定!探検隊結成の前日譚描く : 映画ニュース

栄光 へ の スピン

ワルキューレの栄光 [ ] 本作は「ワルキューレ」シリーズのひとつで、ワルキューレを主人公とし、かつシリーズ作品のリメイクやでない完全新作としてはに発売された『』以来、18年ぶりの作品にあたる。 なお、のが同名の作品を『』()で連載したが、本作と直接関連するものではない。 ストーリー [ ] マーベルランドで「 神の眼」の力を手にした邪教祖がタッタ族にを広め、住民を脅威に晒していた。 事態を憂慮した大女神は事の真相を調べさせるために神官をに派遣するが、たちは次々に消息を絶ち、最後の望みは神の子・ワルキューレに託された。 果たして、ワルキューレはマーベルランドの住民たちを邪教の脅威から解放し、邪教祖を操る「神の眼」の謎を解き明かすことが出来るのだろうか? ゲームシステム [ ] マップ画面とアクション画面により構成され、マップ画面上のフィールドに入ることで画面が横スクロール方式のアクション画面に切り替わる。 基本的な攻撃方法は剣であるが、展開によりやスキルを習得することがある。 特に3段ジャンプ・4段ジャンプ・空中浮遊のスキルはゲームクリアに必須となっている。 敵を倒すことにより経験値を積み、レベルアップする度に最大HPが増加する。 途中、イベントによりプレイヤーの操作するキャラクターがサンドラに交替する場面がある。 主要キャラクター [ ] 主人公。 大女神の命を受け、地上に降り立った神の子。 大女神 邪教の蔓延により混乱するマーベルランドの状況を憂慮し、ワルキューレを地上に遣わせた天界の女神。 邪教祖 「神の眼」の力を手にし、タッタ族に邪教を広めている正体不明の人物。 サンドラ サンドランド平原の心優しき民。 砂漠の危険地帯で大蠍・ドクサスGの毒に冒されたワルキューレを救助し、解毒剤を求めて森へ分け入る。 コアクマン 森の住民。 毒の知識が豊富で、サンドラの願いを聞き入れて解毒剤を与える。 リレイア ワルキューレより先にマーベルランドに派遣された天界の戦士。 黒衣に身を包みワルキューレと似た技を使う。 ズール 元盗賊の行商人。 主にキャンプでアイテムを売っている。 マッコウクジラ 体調を崩し、地底湖に迷い込んだクジラ。 前作が横スクロール形式なのに対し、本作は『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』に近いフィールド型のアクションRPGとなっている。 ストーリー(ワルキューレの栄光2) [ ] 天界から地上にもたらされた「想念樹」を巡って人々が起こした争いを鎮める命を大女神より受けたワルキューレは、マーベルランドに降り立つ。 外部リンク [ ]•

次の

海外ドラマデータベース:栄光へのスピン

栄光 へ の スピン

アニスです。 Netflixの海外ドラマ「栄光へのスピン」を見た感想です。 3話までの感想はネタバレなし、最終(10)話まで見た感想はネタバレ有で描いてます。 お正月から配信が始まった アイススケートの新ドラマ「栄光へのスピン」ですけど、これが掘り出し物でした! IMDbが8. 0といい数字なので、オっという感じで見始めましたが、好きだわ~。 かつて見た少女漫画の世界にかぶってちょっと懐かしい。 世界を目指す事情ありな美少女に(といっても21歳)、 高飛車な パートナーの美少年(そんなイケメンじゃないけど)。 夢を諦めたくないヒロインにはこれでもか、これでもか・・とハンデが襲い掛かかるわけでえすが、一つ一つに立ち向かう姿が清々しくて応援せずにはいられない・・! 少女漫画なんて言っちゃうと怒られそうですけど、全然安っぽくないんです。 キャラ達の繊細な心情も豊かに表現する形でリアルだし、役者たちもそれぞれが魅力的! 3話でこれほど引き込まれるとは・・。 私の乙女な部分をガツっと掴まれてしまいました。 かつて、スポ根系の漫画やアニメにはまった世代(特に女子)なら絶対お勧めの青春ドラマです! まず、可愛らしいオープニングソングの雰囲気からグッときますよ。 思わずホロッと来た方は絶対ハマると思います。 「栄光へのスピン」登場人物とキャスト ヒロインの キャット・ベイカーを演じるのはイギリス人の カヤ・スコデラリオ。 うわ~、それであんなに滑れるの?って感じですけど、もともとダンサーだったので素養はあったのと、もちろんスタントマンにも演じてもらってるみたいです。 (とはいえ、本人は全然準備期間が足りなくて間に合わなかったとインタビューで答えてましたが・・) ちなみに、スケート未経験だったのはこのカヤと、妹を演じたウィロー・シールズで、他のキャストは全員経験者だそうです。 キャットの抱える事情があまりにヘビーで過酷なので、後で一挙にまとめます。 妹の セレーナ。 若手有望のソロアイススケーター。 新しいコーチがちょっと好き。 演じるウィロー・シールズもアイススケートは初めてだったそうですが、彼女は4か月みっちりトレーニングをする時間があったそう。 パートナーで超金持ちのボンボン、 ジャスティン・デイヴィス。 顔がスネ夫っぽくてあんまり好みじゃないわ~、と始め思ったんですけど、見てると段々良くなりました。 長身で男としての魅力あり。 2人のコーチ、 ダーシャ。 いかにもな雰囲気のロシア人コーチなので怖いのかな・・と思ったら、意外に優しくてファンになった。 キャットとセリーナの母、 キャロル。 なぜ、そこまで冷たくなれる!?というほどキャットに厳しい鬼母。 でも綺麗。 キャットの親友で幼馴染の ジェン。 彼女のキャラ最高~。 こういう脇役のアジア系女子としては一番好きかも。 キャットの抱える事情がヘビー過ぎる! これぞ少女漫画! (じゃないけど) やはり戦うヒロインにはたくさんの逆境が必要ですね・・。 才能ある選手だったが、数年前にスピンの着地に失敗し頭に大けがをする。 以来、 トラウマで高度なスピンができない。 家が貧乏。 シングルマザーの母に育てられ、スケートを習うお金が限られている。 練習の後はもちろんバイト。 超ボロボロの車に乗っている。 母が双極性障害で薬を飲もうとしない。 たびたび暴走する母から妹を守ろうと必死。 自分自身も双極性障害で、リチウムを飲んでいる。 時々負の感情を抑えきれず、 自傷行為をしてしまう。 自分に厳しい母とはうまく行ってない。 どうですか? これだけあって、まだ夢を諦めきれずに「自分にはアイススケートしかない!」と、世界を目指そうとしてるんです。 もうね、「その車どこでゲットしたの??」というほど凄い車に乗ってますよ。 見ていて切なくなるほど気の毒な逆境ばかり・・。 それでも、自分のプライドを捨ててまでスケートを続ける道を模索するキャットには感情移入せずにはいられない! (でも、妹に関してだけは過保護すぎだろ・・って気もするけど。 ) いいですよね~。 あの町から全米を目指し、オリンピックを目指すなんて夢がありすぎる~! ちなみに双極性障害についてですが、「ホームランド」のキャリーがそうでしたよね。 薬を飲んでいないと、躁状態と鬱状態に定期的に襲われメンタルが安定しない。 母キャロルが夜中に起きだして突然娘にトレーニングを強要するシーンがありますが、あれは躁の症状だと思います。 リチウムなどの薬で安定させることができるのですが、リチウムを飲むと人によっては吐き気がしたり、頭痛やめまいなどの副作用が強烈にでるらしいのです。 (キャットも水の中にいるようだと言ってた) 恐らくそれでキャロルは飲みたくないのだと想像します。 また、カヤがこの難しい役を引き受けるにあたり、一番惹かれた部分がこのメンタル疾患を持つ主人公だったそうです。 これまであまり語られることのなかったメンタル疾患についてしっかり描き、若い人たちにも理解を深めてもらう事の意義を感じているのだとか。 スケートの世界がまず厳しい!! もう、衝撃なのは、血が多いってことですよ~。 痛い!とにかく痛い!! 1話の冒頭で女の子がスケートのブレードが足に刺さるシーンがあるんですけど、キャー痛すぎる~。 しかも、寒い氷の上・・。 寒いとなぜかもっと痛いじゃないですか。 もう見てられないんですよ。 スケートってそんなに危険なの? 実際のところはよく分かりませんが、こういう場面で緊張感がぐっと高まるのでキャットの抱えるトラウマも実感として伝わってくるんですよね。 (でも、演じる役者の方も転ぶシーンなんかでは絶対青あざ量産してますよね。 厳しい世界だわ・・。 ) そして、朝練が毎日あるそうなんですけど、朝5時とかからってどんだけ早い?! ただでさえ寒いアイダホ州のサンバレーが舞台。 (スキーリゾート地) 外に出れば普通に雪降ってるし、スケートリンクだって相当寒いはず! でも、この雪の舞う町の独特の雰囲気もちょっとロマンチックなんですよね。 私は絶対に住みたくない場所ですが(南国がいい)、こんな世界もあるんだなぁ・・と別世界に浸れます。 ちょっと話がズレますけど、アマプラで見れる「」に少し雰囲気近いかなぁと。 クラシックバレエの独特な世界観が描かれますが、主人公にはやっぱり自傷行為なんかがあったりして複雑なんですよね。 ただ、あちらはちょっとした「異色ドラマ」だったのに対し、この「栄光へのスピン」は 確実に正統派でしょう。 恐らく期待する方向へまっすぐに向かっていってくれると思います! 【追記】 最終話まで見た感想で書きましたけど、4話以降かなりメロドラマな側面が強くなりだし、スケートをする場面がますます少なく・・。 期待したスポ根色は薄くなり、少し物足りなかったです。 というわけで、この先10話まであるんですけど、もう楽しみ過ぎますね。 キャットはトラウマを乗り越え、新たなパートナーとペアスケーターとして新境地を切り開いて行けるのか! また最後まで見たら感想書きます~。 *次は最終話まで見たネタバレ感想です。 最終回まで見たネタバレ感想 う~~~~ん、惜しかった!! 3話まで見た段階ではメチャメチャ期待したんですけどね。 あの後中盤から全然スケートしなくなっちゃったんですよ~。 え、もしや? と心配した通り、お決まりの面倒くさい展開がダラダラと続き、よくありがちな青春メロドラマになってしまいました。 もう!スポ根が見たかったのよ~! マーカスとはさ・・ しつこかった~。 すれ違い、待ちぼうけ。 縁がないのよ!! そもそもですね、マーカスがキャットに恋してるのは明らかなのにキャットはその辺どうなのよ?ってとこですよ。 友達が欲しいくらいの感覚でデートしてるように見えるんですけど、それって女として共感できないわ。 実際すぐにジャスティンに行っちゃってるし、そんな軽い気持ちでマーカスをどうするつもりだったのよ。 残念なのは・・ 申し訳ないんですけど、キャットがだんだん嫌いになるのよね・・。 美しいと思ったお顔も、笑うとちょっと怖いし、表情に乏しくてあんまり可愛げがない。 少女漫画タッチのドラマには向いてなかったかも。 それとね、 貧しいなら真面目に仕事しよ~!ってことですよ。 これは躁鬱が酷くなる前の話ですよ? その段階から全然やる気が感じられなかったわ。 ボスがマーカスなのをいいことに、色目使いながら適当にやってたでしょ。 しかもね~。 この 貧乏設定も途中からブレブレ! マンディに「自分の衣装代は半分出す」と言ってた辺りまでですよね。 貧乏設定がしっかりしてたのは。 その後ジャスティンと付き合いだしてからは超適当~。 特にお金に困ってる様子もなく、ジャスティンとべたべた、キャッキャ。 金持ち男子と付き合いだしたら解決なの? そういうことなの?! 躁の時に開いたパーティではシャンパンを箱ごとオーダーしてましたけど、あれとかって全部ジャスティン持ち? そして、最後はあれですよ。 母が「愛してる」という男ミッチに対し、また「妹に手を出してる!」と言い出した! この期に及んで、まだ言うか! さすがに呆れました・・。 序盤でもしつこく追及してウンザリしましたけど、あれだけ母と順調交際してる姿を見ながら、まだ疑うのかと! 人を見る目がないにも程がある! それと、ジェンとのことも呆れましたよ。 もう少し彼女のことも考えてあげて~。 怪我のこと、失恋のこと、全然支えてあげようという気配が見えない。 なのに、ジェンが自分を支えるのは当たり前だと思ってる感がイラっとします。 そんなこんなで、ベイカー家の皆さんはワガママ女子ばかりでついに孤立無援になっちゃいました。 でも、なんとかジャスティンは戻ってきてくれたけど・・。 これもキャットの美貌のおかげでしょうか。 それと、ペアで世界目指したいしね。 スケートをもっと見たかった! 私はてっきり、もっとスケートに打ち込む話かと思ってたんです。 始めに出てきたペアのライバルいますよね。 彼らともっとゴリゴリに競い合って切磋琢磨していくものだと思ってました。 ところが、全然じゃないですか~。 ちなみに、この方たちはたぶんプロのスケーターですよね。 最後の演技でもご本人たちが滑っているのしっかり分かって、迫力ありました。 ただ、一方のキャット、ジャスティン組はキャットに関してボディダブルを使わないといけないので、そこがネックでしたよね。 濃い化粧をしてなんとか遠目で同じ顔に見せる・・というテクを使うので、どうしても小手先の映像で違和感が付きまとう。 こうやって見ると、ジャスティンも違う人に見えるなぁ。。 最後も、全然練習しないで突然トーナメントに参加してるし、そんなんでいいの?? そして、 え?! 最後スケートしてくれないの!!? ということは、彼らのスケーティングが締めの見せ場だったみたいです。 確かに素晴らしかった! あとね~、なにしろ話を広げすぎなんですよね。 ぶっちゃけ、マンディの出産話なんてどうでもいいわ~。 マンディ好きだけど、そんな過去話まで掘り下げなくてもいいでしょうに。 整骨医の女遊びの話もどうでもいいし、リアリティないしね。 ジェンをどんだけ不幸にするの・・。 ともかく、スケートにフォーカスした話で、 躁うつ病や貧しさを乗り越えて夢を追いかける!というスポ根が見たかったんですけどね・・。 せっかくその要素はあったのに、残念な方に話を広げ、肝心のスケートについては大雑把な描写に終わってしまいました。 シーズン2はあるんでしょうか? まだNetflixからの通知がないようですが、あと数か月中に分かるだろうということです。 あの終わり方は続ける気満々でしたけどね。 もう少し方向修正すれば劇的に面白くなる要素はあると思うので、今後に期待したいと思います!.

次の