婚活 返事 遅い。 婚活で返事に迷った時、男と女は違う。

お見合いで返事が遅いときは脈なし!? 相手の頭の中は?

婚活 返事 遅い

婚活中に重要な役割を果たしてくれるのが何と言ってもメールやライン、メッセージなどの連絡ツールですね。 便利な反面、相手からの返信が遅いとモヤモヤした気持ちになったり、「自分には興味がないのかな?」などとネガティブ思考になったりするでしょう。 また、せっかちな人ならば、相手からの返信の遅さに耐えきれず、返信の催促をしてしまう事もありますよね。 では、婚活中、相手が返信を遅い場合、どのようなことか考えられるのでしょうか。 また、メールやラインの返信が遅い事でどのようなリスクが生じるのかも検証します。 さらに、相手に失礼のないように返信を催促するうまいトークがあるのかも見ていきますね。 メールの返信が遅いときに考えられること メールの返信が遅い時には相手がどのような心理なのでしょうか。 また、相手がどのような境遇にいる時にメールの返信が遅れがちになるのかを見ていきましょう。 他に良い人がいる 婚活は同時進行する事もあるため、ほかの婚活者と同時進行されている可能性もあります。 婚活をしていれば決して珍しい事ではないため、「婚活で他に良い人がいるのかも?」と考え、引き際としての判断材料に使うこともあります。 仕事が忙しい 仕事が多忙で返信が遅れるというケースは珍しくはありません。 これは婚活以外の恋愛でも同じ事が言えますよね。 平日の日中勤務の人に対して、ラインやメールを送ったとしても、返信がくるのは帰宅後の夜になる事は十分理解できます。 逆に考えれば、仕事中なのにもかかわらず、返信が早い方が不可解でしょう。 もともとメールやラインが苦手 メールやラインに関しても得て不得手がありますよね。 苦手どころか、全く興味がなくて、婚活だから仕方なくやり始めたと言う人だっているはずです。 このような人はメールやラインの文字打ちがやっとで、返信が遅いという概念すらないのです。 特に、女性よりも男性の方がこうした通信ツールのやり取りは苦手なケースが多いため、男性の返信が遅ければ、「男性はメールやラインが苦手だから仕方ないよね」くらいの寛大な気持ちで構えるのがベストでしょう。 体調を悪くしているのかも メールやラインの返信をしたくてもできないケースがあります。 その中のひとつとして風邪などの疾患で体調不良の状態です。 こうした時って、返信どころか、スマホをいじるのも苦痛ですよね。 このようなピンチな状況で、返信が遅れてしまう事はあり得ます。 フェードアウトしようとしている 人によっては、「断れない」という性格の人もいるでしょう。 そうした人が相手を傷つけないようにするために、メールの返信を遅れさせる事もあります。 ひどい時には返信自体しない人もいるのです。 こうして、返信の遅れは婚活におけるフェイドアウトの予兆と言う事も言えるでしょう。 メールの返信を早めてもらう方法 婚活中にメールやラインの返信が遅いということは、返信を待っている側とすれば、大切な時間を無駄にしてしまうことになりますね。 返信の受け手側も、同時進行している婚活相手が何人かいれば返信の遅さはあまり気になりません。 ですが、一途な人だと1人だけを婚活相手として頑張っているため、その1人の返信の遅さが精神的ダメージになる事もあるでしょう。 そこで、遅い返信をいつまでも待っているだけでは、婚活がストップしてしまいますね。 次のようなことを意識して、こちらからもアクションを起こして下さい。 2、3日後にやんわりと催促メール メールやラインの返信が遅いときは、2〜3日くらいを目安に催促メールをしてみましょう。 絶対にやってはいけないのがその日にメールの返信を催促したり、強い言葉で返信を促す事です。 質問形で答えの返信を促す 返信の遅い人に返信を促すときは、質問系の内容でメールやラインを送るようにしてください。 例えば「今度の日曜日、晴れるようなので御花見なんていかがですか?」など、相手が返信をせざる終えない状況を作ってしまいましょう。 それでも返信が遅い場合は…。 例え、その人とお付き合いしたとしても、波長が合わずにイライラしてしまう事が目に見えていますね。 見切りをつけるタイミングかもしれません。 いくらメールの返信が遅い相手でも、真剣な結婚を考えたいのであれば、こちらから告白をしてしまうのも作戦の一つです。 告白された相手は、最初はびっくりしますが、こちら側の本気さが伝わり、メールやラインのペースを見直してくれる事もありますよ。 告白は勇気がいりますが、返信が遅くて悶々とした無駄な日々を過ごすよりも、潔くけじめをつけることができます。 告白の返事が思わしくないものであれば、 「返信が遅かったのは、自分に恋愛感情を抱いていなかったのだな…」 「諦めて次の婚活に励もう!」 という切り替えができます。 逆に告白の返事が良いものであれば、 「返信が遅いのは、忙しかったからなんだね」 「これからも返信が遅くてもモヤモヤしないようにしよう」など納得して婚活を進める事ができますね。 自分もメールの返信が遅くないかを思い返す 相手側のメールやラインの返信の遅さはとても気になるものです。 ですが、逆の立場も考えてみましょう。 自分は相手に対してメールの返信を遅れさせてはいないでしょうか。 もし、相手からきたメールやラインに対して「返信が遅いかも!?」と思うのであれば、なるべく早めに返信をした方が良いです。 メールやラインが送られてきた婚活相手に対し、これ以上恋愛感情がわかない場合、すぐに断りましょう。 相手の婚活を遅らせて婚期まで遅らせてしまいます。 はっきりと断りを入れた方が返信を遅らせるよりも、ずっと誠実なやり方です。 マナー上、故意にメールの返信を遅らせたり、フェードアウトしたりするのは極力、控えるべきでしょう。 まとめ メールやラインの返信の遅さは、返信待ち側からすれば、ストレスに感じる事も。 しかも、時間が欲しい婚活だからこそ、早めに返信が欲しいと考えるわけです。 早めに返信が欲しいときは、メールの返信を早めてもらう方法を参考に、相手へ催促してみましょう。 また、相手の返信の遅さばかりを懸念するのではなく、自分自身も返信の遅れはないかどうかを確認してくださいね。 口コミ投稿フォーム.

次の

「お見合い申し込みの返事がこない!」理由とは?

婚活 返事 遅い

メールの返信が遅いのは、男と女のコミュニケーションの違いが原因!? 婚活をしていると、メールの返信が遅い男性がたくさんいることに気づきます。 女性からすれば、1日経って返信なんて脈なしってこと? と思ってしまいます。 しかし、メールの返信が遅いからといって、あなたに好意がないわけではありません。 女性と違い、メールの返信速度や頻度と男性の気持ちの関連性は薄いのです。 それには、男性と女性のコミュニケーションの違いが関係しています。 一般的に、 女性はおしゃべりでストレスを発散するといわれます。 頭で考えたことや感じたことを話し、聞いてもらい共感されると、脳が快感を感じるのです。 一方で、 男性のコミュニケーションは問題解決型といわれます。 何かを話すのは、問題を解決するため。 そのため、女性の話を聞くと、脳みそが「この問題はなにか」「解決にはどうしたらいいのか」と考えます。 妻がママ友づきあいの愚痴を話したら、よかれと思って夫がアドバイスしてしまう。 夫婦関係でよくある話です。 この場合、女性はアドバイスではなく「大変だったね」という共感がほしかったことになります。 男性の脳は、話を聞くと解決策を考えます。 言い換えると、男性は必要性の低い会話を好んでしません。 そのため、元々のメールの頻度が少ないタイプが多いです。 内容で重要性を判断し、返信速度は気にしません。 男女の間には、このようにコミュニケーションへの温度差があります。 女性の場合、優先順位が低い相手へはメールの返信頻度は少なくなり、返事も遅くなる傾向にあります。 しかし、それをそのまま男性も一緒と考えると、婚活の落とし穴にはまってしまうかも。 男性の返信が遅いのは、男性なりの心理が働いています。 それがわかれば、たとえ相手の返信が遅かったとしても、無駄に悩まずにすみます。 適度なアプローチができ、男性との親密度を上げるのに役立つでしょう。 婚活で、返信が遅い男性の心理!返信速度は男にとって重要ではない では、返信が遅い男性の一般的な心理をみてみましょう。 仕事が忙しいから面倒臭いまで、男性の返信が遅くなる理由はシンプルです。 ・本当に仕事が忙しい 恋人同士ならまだしも、婚活でメールをやりとりしている段階では、男性にとって重要なのは仕事です。 仕事の繁忙期になれば、婚活どころではないという事もあります。 ・返信が思いつかない 男性と女性の会話のパターンは違います。 女性が「今日はいい天気だね」と日記のようなメールを送ってきたら、異性慣れしていない男性の脳は「どうやって返信するのがいいのだろう?」とフリーズします。 また、さほど重要でないと判断するため、後回しにしてしまうことも。 本来であれば、「そうだね、こっちも晴れてるよ」と共感を返してくれるのが、女性が喜ぶ返信です。 しかし、これはある程度メールのやりとりに慣れていないとできません。 男性側も、婚活を始めたばかりで返信内容に悩んでいる可能性もあります。 焦らず、待ってみるといいでしょう。 ・返信速度を重視していない 女性は、早く返信することは「相手に気がある」証拠だと考えます。 しかし、返信の遅い男性はそうした女性心理を理解していません。 仕事とも違い、早いレスポンスが求められているわけではない。 婚活サイトのアプリでもらったメッセージは、仕事が一段落したらゆっくり返事をしようと考えていることも。 メールの返信する早さやタイミング、頻度のこだわりは人によってそれぞれです。 女性の中でも、とても気にする人と、のんびりと待っている人と性格でわかれます。 婚活のはじめのステップでは、一人にこだわらず、何人かとやりとりすることが重要です。 たとえ男性からの返信が遅くても、「脈がないからだ」と落ち込まず、婚活を続けましょう。 お礼メールの返信タイミングに迷ったら。 マメな返信が好印象 相手の男性からメールの返信が遅いと、「メールがあまり好きではないのかな?」と感じてしまいます。 たくさんメッセージを送りたくても、即レスするのは返信を要求しているようでプレッシャーを与えてしまうかもと、メールの頻度に悩みますよね。 さして深い仲ではないのに、1日に何回も一方的にメールをするのは考えものです。 けれども、こまめに連絡をくれる相手には、好印象を抱きます。 心理学的には、挨拶したり、すれ違ったり頻繁に接触する機会が多ければ、たとえ時間が短くても、親密度が上がるという話があります。 それと同様に、連絡の間隔が1週間と空いてしまうよりは、「おはよう」「おやすみ」のような短い挨拶でも目に入る頻度が多いほうが印象に残ります。 また、婚活は複数人とのやりとりが並行して進むのは珍しいことではありません。 そのため、男性のメールの返信が遅いからと油断していると、ほかの女性に決まってしまうことも。 婚活は、常にライバルがいる状態です。 たとえ返信が遅いタイプの男性でも、いいなと思うならデート後のお礼メールは早めに送りましょう。 次のデートにつなげるためにも、2日に1回はメールするなど、こまめな近況報告が功を奏します。 返信が遅くても落ち込まない。 メールの返信頻度が遅い男性への対処法 いくら男性は返信が遅いといっても、返信がないと関係が進展しません。 返信間隔が空いてしまい、二人の中が宙ぶらりん。 自然消滅のようにフェードアウトされてしまうことだってありえます。 返信頻度が遅い男性との仲を進めるには、次のことを意識してみましょう。 ・長文を避ける 長文メールは、男性が返信に迷う原因です。 一度返信タイミングを逃すと、そのまま流れてしまうことも。 短い文面のほうが、気負わずに返信できます。 ・スタンプを使う 文章を書くのが苦手でも、スタンプなら気持ちを伝えるのに役立ちます。 個人の連絡先を交換したあとなら、ラインのスタンプを使ってみるのも男性が返信しやすくなる雰囲気を作れます。 ・メールが嫌なら、電話する メールだと、返信内容を考えたり、わざわざ入力する時間を作ったり、身構えてしまう男性がいます。 メールは相手の反応が見えないから、男性側が緊張することも。 もし、メールは素っ気ないのに、会った印象は正反対という男性なら、メールが嫌いなだけかもしれません。 「メールって、あんまり好きじゃないんですか?」と確認してみましょう。 もし、男性がメールは嫌いだけれど電話ならと言うのであれば、連絡手段を電話に変えてしまうのも一つの解決策です。 返信が遅いと責めるよりは、会いたい気持ちを伝えよう 期待している相手から、返信が来ないとやきもきしてしまいますよね。 とくに、婚活がうまくいくかはタイミングにも左右されます。 「お付き合いしたい」と思う瞬間が一緒でないと、返事を保留にされ、そのまま数週間空いてしまうこともあります。 返信がない期間が空けばあくほど、相手が心変わりしたかもと不安になります。 なぜ連絡をくれないのかと、責めたくもなるでしょう。 交際が進んでいる間柄であれば、男性の行動を責めるのではなく、素直に会いたい気持ちを伝えてみましょう。 繰り返しますが、メールの返信速度が重要ではないと思っている男性がいます。 そうした男性には、責めたとしても訳がわからず、恋人から急に怒られたという印象しか残りません。 それよりも、実際に会って話ができる場面で、メールの返信が遅いと気になると伝えてみましょう。 女性の気持ちを思いやる優しい男性なら、あなたの心情を汲んで返信速度に気を使ってくれるかも。 もし、真剣交際の前であれば、男性がほかの女性を見つけたり、気持ちが変わってフェードアウトされた可能性が考えられます。 お断りならば一言欲しいところですが、婚活ではお断りの理由を言うのも気が引けるため、はっきりと告げないケースもあります。 そんなときは、残念ですが気持ちを切り替えて前に進みましょう。

次の

婚活で返事に迷った時、男と女は違う。

婚活 返事 遅い

婚活中に重要な役割を果たしてくれるのが何と言ってもメールやライン、メッセージなどの連絡ツールですね。 便利な反面、相手からの返信が遅いとモヤモヤした気持ちになったり、「自分には興味がないのかな?」などとネガティブ思考になったりするでしょう。 また、せっかちな人ならば、相手からの返信の遅さに耐えきれず、返信の催促をしてしまう事もありますよね。 では、婚活中、相手が返信を遅い場合、どのようなことか考えられるのでしょうか。 また、メールやラインの返信が遅い事でどのようなリスクが生じるのかも検証します。 さらに、相手に失礼のないように返信を催促するうまいトークがあるのかも見ていきますね。 メールの返信が遅いときに考えられること メールの返信が遅い時には相手がどのような心理なのでしょうか。 また、相手がどのような境遇にいる時にメールの返信が遅れがちになるのかを見ていきましょう。 他に良い人がいる 婚活は同時進行する事もあるため、ほかの婚活者と同時進行されている可能性もあります。 婚活をしていれば決して珍しい事ではないため、「婚活で他に良い人がいるのかも?」と考え、引き際としての判断材料に使うこともあります。 仕事が忙しい 仕事が多忙で返信が遅れるというケースは珍しくはありません。 これは婚活以外の恋愛でも同じ事が言えますよね。 平日の日中勤務の人に対して、ラインやメールを送ったとしても、返信がくるのは帰宅後の夜になる事は十分理解できます。 逆に考えれば、仕事中なのにもかかわらず、返信が早い方が不可解でしょう。 もともとメールやラインが苦手 メールやラインに関しても得て不得手がありますよね。 苦手どころか、全く興味がなくて、婚活だから仕方なくやり始めたと言う人だっているはずです。 このような人はメールやラインの文字打ちがやっとで、返信が遅いという概念すらないのです。 特に、女性よりも男性の方がこうした通信ツールのやり取りは苦手なケースが多いため、男性の返信が遅ければ、「男性はメールやラインが苦手だから仕方ないよね」くらいの寛大な気持ちで構えるのがベストでしょう。 体調を悪くしているのかも メールやラインの返信をしたくてもできないケースがあります。 その中のひとつとして風邪などの疾患で体調不良の状態です。 こうした時って、返信どころか、スマホをいじるのも苦痛ですよね。 このようなピンチな状況で、返信が遅れてしまう事はあり得ます。 フェードアウトしようとしている 人によっては、「断れない」という性格の人もいるでしょう。 そうした人が相手を傷つけないようにするために、メールの返信を遅れさせる事もあります。 ひどい時には返信自体しない人もいるのです。 こうして、返信の遅れは婚活におけるフェイドアウトの予兆と言う事も言えるでしょう。 メールの返信を早めてもらう方法 婚活中にメールやラインの返信が遅いということは、返信を待っている側とすれば、大切な時間を無駄にしてしまうことになりますね。 返信の受け手側も、同時進行している婚活相手が何人かいれば返信の遅さはあまり気になりません。 ですが、一途な人だと1人だけを婚活相手として頑張っているため、その1人の返信の遅さが精神的ダメージになる事もあるでしょう。 そこで、遅い返信をいつまでも待っているだけでは、婚活がストップしてしまいますね。 次のようなことを意識して、こちらからもアクションを起こして下さい。 2、3日後にやんわりと催促メール メールやラインの返信が遅いときは、2〜3日くらいを目安に催促メールをしてみましょう。 絶対にやってはいけないのがその日にメールの返信を催促したり、強い言葉で返信を促す事です。 質問形で答えの返信を促す 返信の遅い人に返信を促すときは、質問系の内容でメールやラインを送るようにしてください。 例えば「今度の日曜日、晴れるようなので御花見なんていかがですか?」など、相手が返信をせざる終えない状況を作ってしまいましょう。 それでも返信が遅い場合は…。 例え、その人とお付き合いしたとしても、波長が合わずにイライラしてしまう事が目に見えていますね。 見切りをつけるタイミングかもしれません。 いくらメールの返信が遅い相手でも、真剣な結婚を考えたいのであれば、こちらから告白をしてしまうのも作戦の一つです。 告白された相手は、最初はびっくりしますが、こちら側の本気さが伝わり、メールやラインのペースを見直してくれる事もありますよ。 告白は勇気がいりますが、返信が遅くて悶々とした無駄な日々を過ごすよりも、潔くけじめをつけることができます。 告白の返事が思わしくないものであれば、 「返信が遅かったのは、自分に恋愛感情を抱いていなかったのだな…」 「諦めて次の婚活に励もう!」 という切り替えができます。 逆に告白の返事が良いものであれば、 「返信が遅いのは、忙しかったからなんだね」 「これからも返信が遅くてもモヤモヤしないようにしよう」など納得して婚活を進める事ができますね。 自分もメールの返信が遅くないかを思い返す 相手側のメールやラインの返信の遅さはとても気になるものです。 ですが、逆の立場も考えてみましょう。 自分は相手に対してメールの返信を遅れさせてはいないでしょうか。 もし、相手からきたメールやラインに対して「返信が遅いかも!?」と思うのであれば、なるべく早めに返信をした方が良いです。 メールやラインが送られてきた婚活相手に対し、これ以上恋愛感情がわかない場合、すぐに断りましょう。 相手の婚活を遅らせて婚期まで遅らせてしまいます。 はっきりと断りを入れた方が返信を遅らせるよりも、ずっと誠実なやり方です。 マナー上、故意にメールの返信を遅らせたり、フェードアウトしたりするのは極力、控えるべきでしょう。 まとめ メールやラインの返信の遅さは、返信待ち側からすれば、ストレスに感じる事も。 しかも、時間が欲しい婚活だからこそ、早めに返信が欲しいと考えるわけです。 早めに返信が欲しいときは、メールの返信を早めてもらう方法を参考に、相手へ催促してみましょう。 また、相手の返信の遅さばかりを懸念するのではなく、自分自身も返信の遅れはないかどうかを確認してくださいね。 口コミ投稿フォーム.

次の