シンフォギア2初当たり。 ついにシンフォギア2を打った感想。ディスクアップもちょっと。自粛明けのパチンコ屋の動向は・・・?

PF戦姫絶唱シンフォギア2 掲示板

シンフォギア2初当たり

1種2種混合タイプで、小当たりによるV入賞を活用した継続システムを採用しているぞ。 右打ち中のラウンド振り分けは半分が4R当たり。 なお、シンフォアギアチャンス中は7がテンパイした時点で15R当たり濃厚だ!! 装者リーチで絶唱煽りが成功すると後半に発展。 後半リーチは全部で7種類あり、リーチの種類が「未来」なら…!? ゴールド図柄変化 あり 超激アツ!? まさかの展開がッ! 」 絶唱ゾーン 突入後に楽曲連続予告が発生 突入後に聖詠ボーナスチャンスに発展 唄っては ダメ! フリーズ フリーズ終了の瞬間に絶唱ゾーン突入 or70億の絶唱リーチ発展 強予告 ロングリーチに発展 70億の絶唱リーチ発展はNG 奏者リーチ前半 絶唱煽り失敗 ・ 聖詠ボーナスチャンスに発展 突響予告 エクスドライブver. なら3人ver. 1回 20. 4回 23. 4回 26. 5回 3. 2回 19. 9回 22. 3回 24. 6回 3. 1回 19. 7回 22. 1回 24. 4回 4. 5回 18. 7回 21. 7回 23. 1回 『脱サラ』さやかの写蓄生活 前編では大当たりを引くも上手くいかず絶賛追加投資中のさやか。 シンフォギアチャンスに突入しなければ出玉もビンゴ達成も難しくなってくるので、是が非でもシンフォギアチャンス突入を願うさやかは後半戦で巻き返しを狙う! 後半開始早々、持ち玉が消滅し再び追加投資となり500円の貸玉ボタンを押すとなにやら液晶がザワつき始める。 見慣れない演出に戸惑っていると…なんと、レボリューションチャンスへ突入!しかもこれがスーパーレボリューションチャンスへと昇格し、信頼度も急上昇!絶唱演出も絡んで70億の絶唱リーチへ発展し見事大当たり!早めの引き戻しで金銭的にも精神的にも余裕が出たさやかは最終決戦で今度こそシンフォギアチャンスを目指す! 最終決戦ではチャンスアップの響が2人と、最終決戦突破のチャンス!これが念願のシンフォギアチャンスへ突入し、あとは連チャンさせるのみ!この初シンフォギアチャンスは保留連のV-STOCKも出現したが、3300発獲得の5連チャンで終了。 このシンフォギアチャンスが終わったあとにさやかは「もう1回シンフォギアチャンスを味わいたい!! 」ということで打ち続けることに…。 さやかの実戦結果は下記リンクにて無料掲載中! 『脱サラ』さやかの写蓄生活 今回の写蓄実戦は「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」。 8のライトミドルなため少し安心かと思いきや、前回の甘デジコブラで散々やられたさやかは「ちょいパチでやっと同等に張り合えるレベル」とのこと。 それもそのはず、最近のパチンコ戦績は16連敗と、とんでもない負けっぷり!同コラムお馴染みのビンゴマスや高ポイント演出よりもプラス収支で実戦を終えることを切に願うさやか。 実戦開始後、107回転目で入賞時の響ランプの赤が点灯し、液晶の右下には激アツ文字が出現!さらには3大演出の聖詠演出と絶唱演出が絡みエピソードリーチへと発展し大当たり!最近のさやかにしては早めの大当たりでとりあえず一安心したが、シンフォギアはここからが肝心。 4の大当たりを引ければ継続率の高いシンフォギアチャンスへと突入という流れになるため、最終決戦で勝利することが重要なのだ。 ……が、そう上手くはいかず5回転があっさり終了…。 再び追加投資となったさやかの結末は!? 下記コラムにて無料公開中!.

次の

CRF戦姫絶唱シンフォギア パチンコ 保留・信頼度・継続率・評価・感想・ボーダー

シンフォギア2初当たり

リセマラSSやSランクのカードがピックアップされている、超旋律ガチャもおすすめ。 序盤から使いやすく、長く使える優秀な通常コストカードが欲しいならこちらを引こう。 最初は周回向きorイベカードがおすすめ! 完凸が理想だがリセマラでは難しい カードは限界突破なしだと戦力としてはいまいちで、理想的には上限解放するために6枚ほしい。 リセマラでの1枚入手に大きいリターンはないので、 まずは周回向きのカードで石を回収し、強いカードの狙い時に完凸を目指そう。 ボーナスカードでスタートダッシュもあり イベントでは「ボーナスカード」と呼ばれるものが設定されていることがあり、これをリセマラで狙うのは一つの手。 アイテムを手に入れやすくなるので、 強化素材やゴールド不足になりづらい。 好きなキャラで始めるのもあり! シンフォギアXDには、高難易度などの一部クエストを除き、このキャラがいないと攻略できない、というキャラはほぼいない。 リセマラランクを気にせず、 自分の好きなキャラで始めるのもありだ。 与ダメ時HP回復で特に序盤のクエスト周回ではかなり倒されづらい。 コストは重いが、長く使える高性能なカードだ。 ランクS 入手: 合重奏 クリティカル攻撃に特化した火力の高い力属性アタッカー。 力属性のサポートなどもできる優秀なカードだ。 コストは重いが、強力なアタッカーが欲しいならおすすめ。 ランクS 入手: 合重奏 力属性に追加ダメージ効果を付与して火力を底上げできる。 敵の受けるダメージ上昇要員や回復役としても活躍する使い勝手の良いサポートカードだ。 ランクA 入手: 渚の四騎士 状態異常「毒」や「即戦闘不能状態」を付与でき、状態異常が通る相手に強い。 基本的には同じ属性や種族と組み合わせて特に輝く、サポートタイプのカードだ。 陰属性かつ4体・5体攻撃に強いため倒されづらく、最初の一枚としてかなりおすすめだ。 状態異常の封印や常闇付与、物理ダメージ無効、力属性への麻痺無効なども持ちクエストやアリーナで広く活躍できる。 入手: 超歌唱石 他のどの属性にも有利をとれる絶属性で汎用性が高く、4体攻撃技も持つため周回にも向く。 追加ダメージが強く、アリーナや高難易度でも活躍しやすい。 入手: 超歌唱石 全体と4体攻撃技を持つ怒属性カードで、周回性能が高いため最初の1枚として非常におすすめ。 状態異常の常闇と火傷付与や追加ダメージなどで高難易度クエストやアリーナでも活躍できる超優秀なカードだ。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技を2つ持ち、周回性能が非常に高く、序盤をサクサク進めやすい。 通常攻撃後に確率で気絶状態を付与でき、敵の動きを止めつつ戦えるのも嬉しい。 入手: 超歌唱石 受ける全てのダメージ減少と反射のスキルが多くの場面で役立つ。 ボスに多い聖遺物やアリーナで多い装者に有利で、高難易度クエストからアリーナまで幅広く使える。 全体攻撃技を持ち、周回性能も高い。 入手: 超歌唱石 必殺技1は4体攻撃、必殺技2は全体攻撃と周回にかなり向いている。 クリティカル時の追加ダメージや封印付与、バフターン減少なども優秀だ。 攻防揃ったカードであり、クエスト・アリーナ問わず役立つ。 HP回復のパッシブスキルを持つため耐久力もそこそこある。 入手: 渚の四騎士 ATKの高さと手数の多さで非常に火力が高く、敵を次々倒していける。 与ダメ時HP回復で特に序盤のクエスト周回ではかなり倒されづらい。 コストは重いが、長く使える高性能なカードだ。 NEW!! 入手: 合重奏 クリティカル攻撃に特化した火力の高い力属性アタッカー。 力属性のサポートなどもできる優秀なカードだ。 コストは重いが、強力なアタッカーが欲しいならおすすめ。 NEW!! 入手: 合重奏 力属性に追加ダメージ効果を付与して火力を底上げできる。 敵の受けるダメージ上昇要員や回復役としても活躍する使い勝手の良いサポートカードだ。 入手: 旋律 4体攻撃技を持ち、周回性能はそこそこ良い。 火傷付与で敵のHPを削ることもできる。 サポート力が特に高く、長く使っていきやすい。 周回性能は高くないが、アリーナやクエスト全般で幅広く使える。 4体攻撃技を持ち、周回性能も悪くない。 入手: 水着フェス 錬金術師と組み合わせて活躍するカードだが、全体攻撃技持ちで周回には向く。 味方の錬金術師対象の効果が多いが、最低限自身にはかかるので単体で使うことも可能ではある。 入手: 水着フェス 全ての攻撃時に追加ダメージを与えられるため、火力が高い。 魅了状態付与で敵の動きを止められ、錬金術師への毒無効や復活能力も持つため耐久力もあり、無難に使いやすい。 入手: 水着フェス 防御無視技でHPを大きく削ったり、全体に状態異常「魅了」を付与して動きを止めつつ戦える。 アリーナや高難易度クエストなどで優秀なカードだが、攻撃技は1種しかないため周回性能は少し物足りない。 最大ステが低めな点には注意。 コストが重いのがネックだが、強力なカードなので先を見据えて狙うのはアリ。 コストは重いが、汎用性の高い優秀なカードなので先を見据えて狙うのもアリ。 入手: 超歌唱石 状態異常「即戦闘不能状態」を撒けるのが強く、全ての攻撃時追加ダメージで火力も高い。 必殺技がどちらも4体攻撃で周回でも役立つが、コストが重い点に注意。 入手: 超歌唱石 怒属性で火力が高く、4体攻撃技も持つため周回で役立ちやすい。 全てのダメージ最大7回無効で耐久力もあるが、必殺技で自身が狂化状態になる欠点もある点に注意。 入手: 超歌唱石 追加ダメージや固定値バフで火力が高く、状態異常「睡眠」も付与でき優秀。 状態異常耐性やブロック効果も持ち耐久力も高い。 コストは重いが、先を見据えて狙うのもアリだ。 入手: 超歌唱石 様々な状態異常耐性を持ち、全ての攻撃時追加ダメージや全ての攻撃クリティカル化で火力も高い。 コストが重いため最初の1枚向きではないが、先を見据えて所持しておくのはアリ。 入手: 超歌唱石 魅了・気絶・睡眠無効や全ての攻撃時追加ダメージ、気絶付与などがアリーナや高難易度などで優秀。 4体攻撃技は周回でも使える。 ただし、必殺技2には自身のDEF減少と狂化状態になる欠点がある点に注意。 入手: 超歌唱石 通常攻撃後に確率で麻痺を付与して敵の動きを止めつつ戦える。 2種類の追加ダメージ効果を持ち、火力も高い。 4対攻撃技を持つため、周回性能もそこそこある。 入手: 超歌唱石 復活能力や麻痺と毒付与、全ての攻撃時追加ダメージなど非常に高性能。 初期コストが76と高く序盤はパーティに入れづらいが、重ねなくても強力なので先を見据えて狙うのはアリ。 強力なカードである一方、 コストが重くリセマラにはあまり向かない。 4体攻撃技を持ち、周回性能も持ち合わせている。 入手: 超歌唱石 暗闇や常闇などの状態異常を付与でき、それらの状態異常の敵に追加ダメージを与えられ、火力が高い。 3体攻撃と4体攻撃技を持ち、周回でも便利。 入手: 超歌唱石 暗闇や常闇などの状態異常を付与する必殺技を持ち、それらの状態異常の敵に追加ダメージを与えられる火力の高いカード。 4体攻撃技も持ち、周回面でも役立てやすい。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技を持つため、周回で優秀。 という特定のクエスト攻略に向いているカードで、自身のみが対象だが麻痺無効も持つ。 入手: 超歌唱石 敵の防御を無視できる攻撃技で大ダメージを出せるので、物理技が通る場面で非常に優秀。 即戦闘不能状態にする状態異常技も持ち、アリーナや状態異常が効くクエストなどで活躍できる。 入手: 超歌唱石 全状態異常無効・全ての攻撃時に追加の特殊ダメージなどのスキルを持ち、どこでも活躍する超強力なカード。 コストが99と非常に高く序盤は編成しづらいが、非常に強力なので先を見据えて狙うのはアリ。 入手: 超歌唱石 敵の防御を無視して攻撃できる必殺技で敵のHPを大きく削れるため、特殊技が通る場面では非常に優秀。 技属性を火傷から守れるのも便利で、サポート力も高い。 入手: 超歌唱石 物理ダメージを無効にする能力がアリーナで特に優秀だ。 DEFダウン付きの3体攻撃技や火傷の付与やバフターン減少ができる必殺技も持ち、汎用性が高い。 入手: 超歌唱石 3体と全体対象の必殺技2つがクエストを進めるのに役立つ。 気絶や毒状態付与で攻めていける点でも、アタッカーとして優秀。 即戦闘不能という状態異常への耐性も嬉しい。 入手: 超歌唱石 必殺技はどちらも4体攻撃で、周回要員として役立つリセマラ向きのカード。 必殺技1はクールタイムを減少させるもので、手数を増やせる点も良い。 サクサク進めるのには向かないが、アリーナやクエストなど幅広く活躍できる。 入手: 超歌唱石 攻撃しつつ技属性の味方全体にブロックを付与する必殺技が優秀。 HPが減ると1度だけ自動回復する能力や、全体攻撃技も持ち、クエストでもアリーナでも活躍できる。 技属性の毒無効・ブロック効果・クリティカル時の追加ダメージなどの優秀な能力も持つ。 属性を問わず敵全体が受けるダメージを上昇できるのも便利。 ただし、最大ステがやや低めな点には注意したい。 特に全体攻撃の必殺技が強く、周回にも向くことからリセマラで狙うのにおすすめのカードと言える。 必殺技1も麻痺効果がついた4体攻撃で、敵の殲滅に優れるアタッカーだ。 リセマラで狙うのにかなり向いたキャラである。 バフやデバフは汎用性を重視 バフやデバフは多くのカードが行えるため、優先度はさほど高くない。 ただし、下記の効果を持つカードは評価が上がることがある。 ATKや与ダメなどの大幅な固定値上昇• 目安としてパッシブスキルの効果が4つ以上、必殺技の追加効果が3つずつ 計6つ 以上あると多い。 ステータスが高いかどうか 単純にステータスが高ければ、攻略への貢献度は高くなりやすい。 通常攻撃だけでなく必殺技や反撃、追加攻撃などの火力も上がるため、ATKの値は特に重視している。 シンフォギアXDでは、事前登録キャンペーン達成報酬で 最初から歌唱石200個入手した状態でゲームを始められる。 歌唱石はお知らせの「事前登録ありがとうキャンペーン」を選ぶことで取得可能だ。 カードタイプは2種類 ガチャから登場するカードは以下の2種類。 シンフォギアカード キャラ• メモリアカード 装備 バトルでの重要度は装備よりキャラの方が上なので、 なるべくシンフォギアカードを狙いたい。 同キャラの別バージョン多数! 例えば同じ「立花響」というキャラであっても、レアリティや属性、スキルや技などそれぞれ違うタイプのカードがいくつも存在する。 リセマラの際は間違えないよう気をつけよう。 星5が狙い目! 現在ガチャで出る最高レアリティは星6。 ただしコストが高く、育成も大変なのでリセマラにはあまり向かない。 性能意識なら、星5シンフォギアカードを狙いたい。 もちろん、好きなキャラで始めるのもアリ! ガチャの当たり確率 レア ギア メモリア 星6 0.

次の

PF 戦姫絶唱シンフォギア 2-パチンコ新台

シンフォギア2初当たり

ついにシンフォギア2を打つ いやーついに打ちましたよ。 シンフォギア2。 6月中旬まで行かないつもりだったけど・・・ 無理でした。 いやー僕は本当に意思が弱い。 元々貯玉の換金だけしようと思ったんだけど、ちょっとディスクアップを打っちゃいまして。 で、負けまして。 1万円やられて(ノーボーナス)貯玉の利用上限まで使い切っちゃったから負けを取り戻したくて。 でも、この恐らく設定1しかない状況で捲れる気が全くせず・・・・ ディスクもひどかったもんなー 9枚役もスイカも設定マイナス3くらいだった。 残念ながら全然面白くなかったよ。 で、ついにパチのシマへ。 打ちたかったシンフォギア2!自粛明けの回転数は・・・? さて、何を打つか? 決まってますよね。 なんとか液晶内に回転数の表示を発見!! 1000円当たりの回転数を数えてみると・・・・ 13回!! 流石自粛明けの新台。 全力で回収に入っておる。 他の台も回転数はそんなに変わらないと思うけど、シンフォギア2はほぼ満席。 パチンコ産業はまだ大丈夫だなーと思いましたね。 大体前回と同じですね。 このスペックは割と気軽に打てるから好きだね。 連チャン率が上がってるけど、1300発の当たりの中に時短99回が混じってるからかな。 むしろ時短中の当たり確率はちょっと前作より減ってる。 っていうか、1300発の当たり何回か取ったけど、あれ時短99回だったのかなー 演出も前回を踏襲してるっぽい。 てがみとか絶唱とか。 打感が似てるから前作打ててた人は打てるらしい。 ちなみに演出はアニメの第3期。 第3期は面白かったからこれは良かった。 4期とかもうあんまりストーリー覚えてないからなー 4期以降ははっきり言って惰性で観てたしね。 第3期は普通に面白かった。 記念すべき初当たりはデュランダル! 結局初当たりまで投資11000円。 その間、まともなリーチ無し。 手紙は全部は剣(多分一番弱いでしょう)ばっかだった。 両隣は不死鳥のフランメ演出とか、響シルエットとか結構出てて羨ましかった。 やっぱり法則も前作を踏襲してるっぽい。 当たったのはまさかのデュランダル!! あいつ、マジでいきなり来るから写真とか撮れなかった。 SONG保留がデュランダルに途中で変わって、あの効果音も前回のまま。 レバブルも無いし絶唱も行かないし冷や冷やしてたけど、マリアリーチのロングからの絶唱(最短で真っすぐに一直線にーってやつ)で当たり。 前作の感じだったら全然外れてもおかしくない感じだったから良かった。 当たりラウンドは第3期のオープニングでした。 初の最終決戦は・・・?? 初の最終決戦のメンツはこれ!! いや、素晴らしい。 何しろ絶唱がある!! 更に最後の保留だから演出を全部見た後、絶唱演出も見た上でシンフォギアチャンスとか最高やん!! さて、もうすぐか・・・・・ん? レ、レバブルしてる・・・ いやいやいや、絶唱見せてくれよ。 翼さん、今はやる気要らないから。 ってか世界で一番要らないレバブルだよ、これ・・・ ドカーン!!! シンフォギアチャンス!!! いや、いいんだけどさ!! 初のシンフィギアチャンスは6連で終了 で、結局6連で終了。 捲りまでは行かないけど、パチ単体では勝ちだしディスクの負け分取り返せたから良しとしましょうか。 肝心の演出はなんか毎回当たる時1回転目でばっかり当たって、演出は全然分からんかった。 毎回1回転目で響のこぶしがドーン!!ばっかり。 一回もVストしなかったから確率が減ってるのかも。 そういえば最後の回転は第3期の敵キャラとバトルに変わってたな。 もしかしたらシンフィギアチャンス中も普通に敵とバトルなのかなー 結局分からんまま。 まあ、どーせまた打つから良いでしょう。 近々行きたいけど、流石に1000円13回転ではキツイ・・・ 冷静になると打つべきでは無かったね。 反省しましょう。

次の