ジャニー さん 集合 写真。 【ジャニーズ家族葬集合写真名前入り】ジャニーさん葬儀に参列したメンバーと不在メンバーの名前一覧

ジャニーさんの葬儀【集合写真】中居正広やSMAPメンバーの参列は?【ジャニーズ家族葬まとめ】

ジャニー さん 集合 写真

本当にみんな笑顔で、優しい雰囲気に包まれていますよね。 後列には大御所のジャニーズ先輩がた、そして前列にはジャニーズJr.のメンバーが揃っています。 の練習場でもあるジャニーズアイランドの稽古場で行われたようです。 という事も話題になっていましたが、どうやらデマだったようで良かったです。 代表取締役社長ジャニー喜多川 家族葬に関するご報告 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 本日、2019年7月12日、弊社代表取締役社長ジャニー喜多川の家族葬を、ジャニーが大好きだったジャニーズアイランドの稽古場におきまして、滞りなく執り行いましたことをご報告申し上げます。 これも偏に、ジャニーの訃報に際しましても、これまでと変わることなく、皆様が温かく見守ってくださったことによるものと、心より御礼申し上げます。 ジャニーは、自身の子供のような存在でございますタレント達と最後のお別れをいたしました。 この度の家族葬は、これまで数多くのステージをプロデュースしてまいりましたジャニーにとって、自身が上がる初めてのステージとなりました。 だれよりもエンターテイナーである者にとってふさわしいステージとなるよう、忙しい子供達が時間を縫って、会場の設営から運営に至るまで、できる限り自分達の手で作ることにこだわりました。 司会を務めました国分太一と井ノ原快彦は、式次第は守りながら、ジャニーを明るく笑顔で送り出すよう、努めました。 また、ジャニーへの感謝の気持ちを、東山紀之(少年隊)、髙橋優斗(HiHi Jets)、堂本光一(KinKi Kids)とつなぎ、最後に近藤真彦がその思いを綴りました。 これまでジャニーはタレント達の活躍をいつもステージの下から見守ってまいりましたが、最後に、その姿をステージの下から約150名のタレント達が見届けました。 ジャニーの最後は優しく、心が温かくなるステージとなりました。 家族葬が進むにしたがって、タレント一人一人の目に力強さが増していったように感じました。 ジャニーは、最後の最後まで人を育て続けたプロデューサーでございました。 そして、これからもジャニーの意思を受け継ぎながら、成長し続けることができるよう、皆で精進してまいります。 改めまして、家族葬を滞りなく、執り行うことができましたことに、心より感謝申し上げます。 これまでお世話になりました皆様にお別れいただく機会につきましては、決定次第、ご案内申し上げます。 また、たびたびのお願いとなり、誠に恐れ入りますが、個別のお問い合せ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 2019年7月12日 株式会社ジャニーズ事務所 引用元:ジャニーズ事務所HP 忙しい中、子供たち自ら会場のセッティングをしていたんですね。 ジャニーさんが子供たちからどれほど愛されていたか、慕われていたのかよく分かりました。 本当に尊敬できる偉大な方だったと思いました。 話題になった森田剛はどこに?? なぜかV6の森田剛さんが話題になっていましたが…。

次の

1964年の雑誌が掲載した、ジャニー喜多川さん32歳の顔写真: J

ジャニー さん 集合 写真

65年にはすでに「写真拒否」 2019年7月9日、87年の生涯を終えたジャニーさんは、自らの写真がメディアに掲載されることを、頑なに拒んだことで知られる。 すでに1965年の「週刊サンケイ」では、 「喜多川氏の写真は、本人の写してもらいたくないとの希望で掲載しません」 との但し書きがある。 この32歳当時の写真は、2012年版ギネスブックに掲載されたものと並ぶ、数少ない例外だ。 この1964年という年は、ジャニーさんにとって、その後の人生を決める「ターニングポイント」だった。 ジャニーさんは米ロサンゼルスで、日本人僧侶の次男として生まれた。 戦後、父の故郷・日本で、米大使館などで働くようになる。 そのジャニーズが芸能界に本格的に打って出たのが、1964年なのである。 父の縁で50年代から、エンターテイメント業界とかかわりを持っていたジャニーさんにとっても、この年はある意味で「デビュー」を果たした年と言っていい。 この年の芸能雑誌や少女雑誌には、売り出し中のアイドルとして、ジャニーズの特集記事がたびたび組まれている。 それらの記事を見ると、ジャニーさんの名前は毎号のように登場する。 その描写からは、ジャニーさんの「原点」がうかがえる。 東京代々木の「ナイス・ガイ」 たとえば、「ミュージック・ライフ」64年11月号は、ジャニーさんをこう描写している。 「よく世の中には、三度の飯より野球が好きとか、プレスリーを一日に一度きかないと寝つきが悪いというような、ウレしい人がいるものですが、この二つを同時にあわせ持ったようなナイス・ガイが、東京代々木に居たのです。 「『君たちにすばらしい映画を見せてやろう。 「ウエスト・サイド物語」、ブロードウェイで大ヒットしたミュージカルを映画化したものだ。 ダイナミックな踊り、唄、演技、こいつは野球よりおもしろいかも知れないよ』 喜多川さんは、興奮していた。 (中略)ポカンとしたのはジャニーズのめんめんだが、狐につままれたような気持ちで『ウエスト・サイド物語』を見に行った」(「週刊明星」64年7月号) 映画に感化された4人は、芸能界を志す。 だが、まったくの未体験だったダンスには、しり込みすることもあったようだ。 ジャニーさんはこう叱咤激励する。 「喜多川さんには自信がありました。 『15、6歳ごろの吸収力は人生で最高』というのが喜多川さんの、かねてからの持論なのです。 『このとしごろでやってやれないことはひとつもない。 きみたちだけができないわけはない。 「午前七時半。 東京駅降車口にとまっている一台のワゴン・カー。 運転席から中年の紳士が改札口のほうを見ている。 紳士の名前はジャニー喜多川さん。 まもなく改札口から、四人の若ものが出てきた。 おそろいの背広にしゃれたスーツケース。 真家ひろみ、あおい輝彦、中谷良、飯野おさみ、おなじみジャニーズのめんめんだ。 『おつかれさま。 』 ジャニーさんに迎えられて、四人はワゴンに乗り込む」(「女学生の友」64年12月号) こうしたジャニーさんに、4人も信頼を置いていたことがうかがえる。 「真家 (振り付けなどをめぐり)自分自身の意見があるんです。 それで意見が対立すると、ジャニーさんのところへ行って、どうしたらいいかと相談して、まとめてもらうんです」(「週刊平凡」64年7月号) 「YOUやっちゃいなよ」精神は半世紀前から こうして1964年の記事を読むだけでも、すでにその露出の多さは「裏方」の域を超えている。 「女学生の友」記者が(誉め言葉ながら)「ヘンなマネジャー」と評したその姿は、「生涯裏方を貫いた」にもかかわらず、タレント以上に強烈な印象を残したジャニーさんの人生を象徴するようだ。 チャキリスを見ろ!」と活を入れるくだりなどは、のちに口癖として有名になる「YOUやっちゃいなよ」そのままだ。 1964年の雑誌に掲載された、32歳の顔写真。 それは、半世紀以上にわたり走り続けたジャニーさんが、まさにスタートラインに立った瞬間を捉えた一枚だった。

次の

ジャニーさん葬儀の集合写真に写る全メンバーを画像で特定!森田剛が話題になっている理由は?

ジャニー さん 集合 写真

12日、9日に死去したジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長(享年87)の家族葬が行われ、所属タレント150名以上が参列した。 また、公式でタレントたちの「集合写真」も公開された。 日本を代表するアイドルグループのメンバーだらけなだけに、非常に豪華だ。 ファンならついつい自分の好きなタレントを探してしまうところだろうが、ファンの間で話題になっているのが「TOKIOの長瀬智也」である。 写真の左上最後方にいた長瀬。 ジャニーズでは高身長なのでその位置だったのかもしれないが、問題はその「表情やポーズ」である。 クイーンのフレディ・マーキュリーばりに手を上に掲げ、顔は満面の「笑顔」。 とても葬儀らしくはない。 TOKIO国分太一(44)とV6井ノ原快彦が司会を務めた葬儀は明るいものではあったようだが……。 ネット上では「長瀬のところだけ居酒屋」「明るすぎだろ」と思わずツッコんでしまう声が多数。 そりゃあそうだのレベルである。 しかし、最大の「疑念」は別にある。

次の