ラーメンズ。 ラーメンズは解散したの?小林の事務所異動後の現在2019の活動は?

ラーメンズ初心者におすすめ!名作ネタ動画14『採集』『条例』など

ラーメンズ

ラーメンズとは、とによるである。 在学中にを結成。 左 …版画科卒。 もじゃもじゃな長での貌が印的な怪優。 多数の作品を作成、出展もしている。 活動は幅広くラーメンズ以外では、、などにも出演している。 右 …同卒。 ラーメンズ作品の脚本、及び演出を担当している。 をえるである。 はダテ、視は2. という題名でを書いているでもある。 活動は幅広くラーメンズ作品以外にも 脚本演出 、、、S 活動? など行っている。 10分以内の短い物から分近くの物までの長さは不規則、そして内容に関しても一般的なから、等の要素を持った物まで、様々なで展開される。 には「」「売地下劇場」等、番組に出演することも多かった。 においては、 「 」や 「」など、にが集中しているが、決してそれだけが彼らの魅ではなく、 「」や 「新噺」といったの中にちりばめられたを消化していくも魅的である。 また、 「ドーと言う男」「ネーさん」に代表されるを扱うや、 「と」「現代概論」「怪傑」「部」等、一人だけが良く喋り動くがもう一人はほとんどを話すこともなく静止しているだけの形式のも多々ある く「やってはいけないことではないのに、もやっていないこと」らしい。 また、内ではラーメンズのを元にした作品 以下と記述する が多数存在する。 詳細は「」の項を参考のこと。 この二人はをうたわれているほどお互いを尊敬し合っているらしい。 関連動画 単独公演• 「式」• 「式第二集」• 「全~ECT ~」• 1 ~ 6. 特別演• 特別演「R1」 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の

小林賢太郎(ラーメンズ)の嫁や弟がいる?イケメンで名言が深い!

ラーメンズ

公演日 2001年6月1日〜7月8日 出演 片桐仁(かたぎり じん) 小林賢太郎(こばやし けんたろう) 収録 ことわざ仙人 超能力 バースデー 壷バカ 絵かき歌 count アカミー賞 器用で不器用な男と不器用で器用な男の話 どうも。 コント作家のリキゾーです。 今回も、コント作品をレビューしていきます。 取りあげるのは、 9回目の単独ライブを収録したものです。 以下、気になる作品をみていきます。 『超能力』 あらすじ 「超能力をつかえるようになりたい」とはなすふたり。 しかしかたほう(小林)は、つぎにおこることが分かったり、触れずに物を引きよせることができる。 むかしのトラウマから親友にも言いだせずにいる。 それでも、正直に能力をみせるが……。 チカラをかくし、正体を見せないようにする。 プロットの構図としては「交錯」にあたります。 参考: 超能力がつかえるのをかくし、バレる/バレないのジレンマで笑いを誘うようにみえますが、後半、もう一度ヒネリがありました。 このあたりはさすがラーメンズってかんじです。 超能力という常識ではありえないテーマをあつかっていますが、共感できるコントです。 「超能力」を「自分なりのひみつ」におきかえると、作品を深く味わえます。 『バースデー』 あらすじ きょうが誕生日の男(小林)。 友人(片桐)が「ふくろ」をもってやってくるが、それを置いて、外で電話をかけはじめる。 男は「プレゼントか?」と思い、なかみを確認したくなる。 しかし、 「もし確認したのがバレたらどうしよう」 「もしプレゼントじゃなかったら、どれだけショックか」 と煩悶(はんもん)する。 そのモヤモヤするキモチが、カラダをくねらせて……。 別撮りでとった〝ココロの声〟にあわせて、カラダをくねらせていく。 そのもん絶ぐあいが笑いどころ。 同じく、電話から帰ってきた友人も、煩悶しはじめる。 その反復がよりいっそう笑いをおこす。 ストーリー展開もおもしろく、オチもみごとです。 『器用で不器用な男と不器用で器用な男の話』 あらすじ 会話は不器用だが、立ちまわりがうまく裕福な男(小林)。 会話は器用だが、立ちまわりがヘタで貧乏な男(片桐)。 おたがいのメリット/デメリットを補うような関係で、ふたりはウマがあう。 しかし芸術家をめざす貧乏な男が、その夢をあきらめると言いだして……。 正反対の二人をとおして、〝世の中の理想と現実〟をえがく。 なによりキャラクターの設定がうまく、すんなりストーリーに入りこめる。 だれも経験したことがある悩みを、コントで表現しています。 ラーメンズの作品にはシュールなイメージがついていますが、これをみるとそれが偏見だとわかります。 人間ドラマを描いているんですね。 まとめ そのほかアクションメインの 『壷バカ』や、演出に工夫をこらした 『アカミー賞』などが収録されています。 多彩なコントで、ラーメンズさんの世界観が堪能できます。 ぜひチェックしてみてください。 ではまた。 よきコントライフを〜。

次の

ラーメンズ

ラーメンズ

文学作品をモチーフにしたものや、日本語を巧みに使ったものも多く、「笑い」だけでなく「驚き」や「感動」まで与えてくれます。 そんなラーメンズのコントが、2017年元日に100本、YouTubeへ「ラーメンズ公式」からアップされました。 これらの動画の中から、ぼくが 個人的に本当にすきなものだけを厳選!! もくじ• ラーメンズ観たことない方にはまずはこれを観て欲しい。 誕生日を祝ってくれる素振りを見せない友だちに対して、「サプライズかな?」「なにくれるのかな?」とワクワク妄想を繰り広げる男の話。 コントの設定は、イモムシと人間がペアを組んでパフォーマンスを披露するという架空の競技。 「ハリウッド条例」「ミュージカル条例」が最高。 コントと合わせて観るとより楽しめる。 信号の赤を「進め」という意味にする、透明人間の存在を証明する、などまるで論理の授業を観てるよう。 言葉と概念で遊ぶ、これぞラーメンズ。 終始ニヤニヤしてしまう。 夜中には観ないほうがいいかも。 都会から久しぶりに地元に戻った男(小林)と、その地元の友人である教師(片桐)。 発想が見事。 『アトム』と合わせて観るとより面白い。 大好き。 若くして豪華なマンションに住む気弱で不器用な男と、芸術家志望の風変わりな男の友情。 ふたりの友情に切なくなる。 もはや芸術。 もちろんモチーフは宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』。 コントにも作中に登場する名前や言葉が引用されている。 その他おすすめネタ 「ラーメンズ公式」には動画が上がっていないものの、おすすめな作品。 笑えるのにちょっと切ない。 ラーメンズのコントを観ると、「やっちゃいけないわけじゃないのに、誰もやっていないことをやる」、「非日常の中の日常を描く」といった新たな視点を得られて、なんとなくクリエイティブになった気がしますね(気のせい)。 小林賢太郎からのメッセージ これらの動画アップに合わせて、コバケンさんのにこんなメッセージが掲載されています。 謹賀新年 さてさて、ラーメンズ全17公演のうち、100本のコントが映像ソフト化されているのですが、本日2017年1月1日、全部YouTubeにアップしました。 なお、これによる広告収入は、日本赤十字社を通じ、各地での災害の復興に役立てていただきます。 この計画を実現させるにあたって、たくさんの方々にご理解とご協力をいただきました。 関係者のみなさま、本当にありがとうございました。 時間はかかりましたが、やっと実現にこぎつけました。 よかったら再生してくださいね。 本年も、どうぞよろしくお願いします。 小林賢太郎 引用元: 「時間はかかりましたが、やっと実現にこぎつけました。 」と、シンプルに語られてますが、YouTubeに無料で公開するのはいろいろ大変なんでしょうね。。 「DVDが売れなくなるからダメだよ!」とか言われるんだろうな。。 でも、動画が公開されたらファンが喜ぶだけでなく、それによって広告収入が得られて、災害復興に役立てられるなんて良いことづくしじゃないですか。 コバケンさんありがとう! ラーメンズDVD 本記事で紹介したネタが含まれている公演DVDの一覧です。 第5回公演『home』 『無用途人間』.

次の