看板 カフェ。 カフェ・飲食店舗の外観と看板デザイン事例 ~シンプルからおしゃれなものまで~

カフェ・喫茶店の看板《かんばん劇場のかっぱ橋石山製作所》

看板 カフェ

Contents• カフェ・喫茶店の店舗外観・看板デザイン 東京都表参道 LATTEST 表参道にあるラテとエスプレッソのお店です。 サイフォンで淹れてくれるお店です。 AIBOのサイモン君がいます。 東京都阿佐ヶ谷 Bnei Coffee(ブネイコーヒー) 阿佐ヶ谷の自家焙煎珈琲店です。 お店前の木の看板がいい味だしてます。 東京都高円寺 CAFE & BAKE momomo 高円寺の焼き菓子とコーヒーのお店です。 店舗は2階にあるので階段下に 立て看板があります。 東京都吉祥寺 CAFE ZENON (カフェゼノン) 漫画雑誌『月刊コミックゼノン』 WEB漫画『コミックぜにょん』などの コンセプトカフェです。 東京都吉祥寺 麻よしやす ハンモックカフェです。 3階にあるので路上の立て看板がメインです。 東京都神保町 Paper Back Cafe(ペーパーバックカフェ) 神保町の東京堂書店に併設されているカフェです。 東京都神楽坂 Lantern burger(ランタンバーガー) 東京都神楽坂路地にある 鉄板焼きのハンバーガー店です。 東京都根津 Nezu cafe 根津珈琲店 50代以上の年齢層高めの喫煙可の喫茶店です。 東京都千駄木 CIBI TOKYO メルボルン発のエスプレッソとコーヒーのお店です。 千葉県みのり台 CAFE MOGMOF このサイトでも記事にさせていただいたことがある コーヒーとサンドイッチのカフェです。

次の

Cafe カフェにおすすめ表札と看板

看板 カフェ

一口にカフェと言っても実に様々なカフェが存在します。 カフェは数ある業種の中でも特に店舗のコンセプトやデザイン、スタイルなど表現の幅が広い業種の一つと言えます。 アットホームな雰囲気もあれば、スタイリッシュでカッコ良さを押し出したカフェや和風の和み系・癒し系やオシャレやアンティーク調の雰囲気まで、さらには猫カフェやネットカフェまで実に様々な店舗があり、その一つ一つのお店でアピールしたい点も異なってくるかと思います。 それだけに店頭に置く看板でもしっかりお店の特徴や強みを表現したいものです。 せっかく店舗のコンセプトやイメージがあるのにそれが看板にデザインされていなかったらもったいないですね。 看板は店舗の前で一番最初にお客様をお出迎えする店舗の顔になる存在です。 言わば店舗のコンセプトをコンパクトにまとめたシンボル的な存在になります。 看板のデザインにもカフェオリジナルのコンセプトを表現することで看板と店舗の違和感をなくし一体感のある店舗演出を行うことが効果的に看板で集客を上げる近道になります。 では、具体的にどのようにお店の特徴や強みを看板にデザインしていけば良いのでしょうか。 「お客様にアピールしたいものを看板に」ということで、オススメしたいメニューや店内のこだわりなどをあれもこれも書いてしまっては長くなってしまい、結果的に見にくい看板になってしまいます。 たくさんアピールしたい点はあるかと思いますが、ここはこらえてお客様の立場になった時に「興味を持ってもらえる3つの要素」から自分のお店に一番合うものを看板にデザインされてみてはいかがでしょうか。 この3つのカフェの付加価値を高める3つの要素から「ひとつ」を選んで看板に表現することでスッキリと明確にお店の一番の売りを看板にデザインすることができます。 メニュー メニューは文字通り、カフェで提供するコーヒーやフードなどのメニューです。 自家焙煎コーヒーやオリジナルメニューなど店舗で提供するメニューに特にこだわりや想いがある場合、自慢のメニューを看板でも大きくアピールしたいものです。 雰囲気 落ち着きのある雰囲気や和みの空間、または日常から離れた空間演出など店舗の店内演出に重みを置いていらっしゃる場合は看板でもしっかりアピールしたいですね。 カフェの場合、他の飲食店よりも店舗の雰囲気を気にされるお客様が多いのではないでしょうか。 店舗のイメージを看板で演出することで雰囲気を重要視されるお客様を呼び込むことができます。 サービス 本屋さんが併設されていたり、ペットカフェなど店舗独自のサービスがある場合はぜひ看板でも大きく取り上げましょう。 同じ趣味を持ったお客様にカフェの存在をPRするのに看板は大いに役立ちます。 いかがでしたでしょうか。 今回はカフェの店頭でPRしたい店舗の特徴を3つの要素に分けて取り上げてみました。 実際にはメニュー、雰囲気、サービス全てにこだわられていらっしゃるかと思います。 なのでひとつの要素に絞るのはもったいないような気もするかと思いますが、看板のアイキャッチは大きくてシンプルで分かりやすいほど効果が高い傾向があります。 道行く人に瞬時に店舗のイメージを伝達できるように看板の限られたスペースに表現するには要素を絞るということも看板のインパクトを上げるためのポイントです。

次の

看板デザイン集:カフェ/パン/スイーツ

看板 カフェ

カフェ看板を置く理由 カフェの入り口などにカフェ看板を置くことの理由には以下のような理由があります。 カフェの紹介 カフェ看板にカフェの名前や営業時間、またはメニューなどを書いてカフェの紹介をすることができます。 場所案内 都会などでは特に、入り組んだ路地などにカフェがある場合は少なくないです。 カフェ看板に地図や矢印を載せることで道案内や場所案内ができ、お客さんがカフェを見つけることができます。 集客のため カフェ看板による集客能力はとても重要なポイントです。 カフェ看板は、広告の役割も果たします。 この役割は直接カフェの集客に繋がることになるため、カフェ看板を置く理由の中で重要です。 その効果は大きいとされており、実際に置いたあと集客が2~3倍になったという店があるようです。 なぜなら、カフェ看板を使っているカフェはとても多く、お客さんはカフェ看板を見て入るカフェを選んでいることがあります。 そのため、置くことやその出来が集客にとって重要なのです。 カフェを経営する際にもこの点にこだわっている場合があります。 定期的にデザインを変えることが義務付けられているカフェもあります。 カフェ看板を置く理由には、このような理由があるのですね。 現在ではよく使われているカフェ看板ですが、いくつか種類があるようです。 次の章をみてみましょう。 カフェの看板には『立て看板』がおすすめ! カフェの看板には立て看板がおすすめです。 立て看板とは、店の外の路上などに立てて置くタイプの看板です。 立て看板だけでもいろんな種類があるようです。 先にその種類を見ておくことで、どの看板がおすすめかをわかりやすくします。 立て看板の種類 ・A型看板 横から見るとアルファベットのAに見えます。 ・黒板付き看板 A型看板に黒板が付いているタイプの看板です。 ・バナースタンド 印刷されたバナーを立てるスタンドです。 ・電飾看板 蛍光灯やLEDを利用した夜でも光る看板です。 代表的な立て看板はこちらです。 このほかにも絵画のように看板を置けるイーゼルタイプのものなどたくさん種類があるようです。 カフェ看板に利用したい看板はこの中にあります。 この中でカフェに利用する立て看板には、上ふたつのようなA型看板がおすすめです。 A型看板は黒板やマーカーボードなど書き換えられる仕様のものが多く、それらがカフェには適しています。 A型看板のような立て看板をおすすめする理由はこちらです。 低コスト ほかの看板と違い取り付け工事がないため、とても低コストで用意することができます。 また立て看板は人の目線に近いところにあり、ほかの看板よりも歩いている人の目に留まりやすいです。 デザインが自在 立て看板は、内容が書き換えられる黒板タイプのものなどは特にデザインが自在に変更できます。 営業時間やメニューが変わってもすぐに対応することができます。 また、カフェの雰囲気などは決められた文字やデザインだけでは伝わりにくいです。 デザインなどを細かなところまでこだわることができるほうがよいです。 場所や出し入れが自由 立て看板はひとりで持ち運びができるほど軽い看板のため、天候や道路状況によって立て看板の位置を変えたり屋内へしまったりすることが簡単にできます。 このような理由から、カフェの看板にはA型看板のような立て看板がおすすめです。 カフェ看板を置く理由とおすすめの立て看板がわかりました。 次はカフェの看板が看板を見る人にどのようなことを伝えているかについてです。 カフェの看板が伝えること カフェの看板が伝える基本的なことはこちらです。 メニュー・サービス 具体的なメニューや営業時間を伝えます。 日替わりのメニューなどは看板によって効果的に宣伝することができるでしょう。 またカフェによってサービス内容が異なります。 モーニングやランチタイムのサービスをおこなっている場合は、看板によってこのことを伝えたほうがよいです。 カフェの雰囲気 カフェ看板は字や絵を使ってデザインを変えることができるため、カフェの雰囲気を伝えることができます。 看板の素材や文字の形などを変えるとより雰囲気を伝えやすくなります。 カフェ看板によってこれらの内容を伝えることができます。 これらはほとんどのカフェ看板に載せられています。 しかし載せるべき内容はこれだけではありません。 カフェの看板に載せるべき内容 最低限載せる内容のほかにカフェ看板に載せるべき内容は、そのカフェ特有の商品であったりサービスであったりを載せましょう。 それは次のようなものです。 価格 商品の価格はカフェによって違います。 もっともカフェの特徴が出る点のひとつだといえます。 価格が載っていると安心感を与えることもできます。 雰囲気が重視されているカフェではその空間や居心地の良さによって料金を底上げしている場合があります。 同じ飲み物を飲みたくてもお店によって料金が大きく変わることがあるということです。 逆に居心地を重視してお店を選ぶ人がいますから、どちらがよいという話ではありません。 しかし価格を表示することはカフェの紹介という点で意味があります。 無料や低額サービス モーニングなどの無料サービスやおかわりの飲み物の低額サービスがあるという情報はお客さんにとって有益な情報になります。 リピーターを獲得したい場合にも有効です。 実物の写真 文字や絵だけでなく、写真をつかって商品そのものなどを載せるとよいです。 例えばラテアートの変わったデザインがあると写真を見てお客さんが興味を示すことがあります。 Wi-Fiなどの商品以外の情報 カフェはラーメン屋などを違い、商品を食べ終わったらすぐに出る場所ではありません。 カフェはその居心地の良さも重要な要素のひとつです。 Wi-Fiのサービスやソファー椅子があるなど、商品以外にアピールポイントがある場合もその内容を載せるとよいです。 ちなみにWi-Fiがあるカフェは外国人観光客に人気です。 立て看板にはこのようなそのカフェ特有の情報を載せることも大切です。 カフェ看板には基本的なメニューなどの情報から特別な情報まで載っているのですね。 そんないろんな情報が載っているカフェ看板ですが、看板作りのときに注意すべき点があるようです。 どのような点なのかみていきましょう。 カフェの看板作りの注意点 カフェの看板づくりには次のような注意点があります。 あまり多くの色を使わない 看板に使う色を、字の色を白に統一することや使うとしても3~4色に抑えることが大切です。 あまり多くの色を使いすぎると看板が見づらくなってしまい、逆効果になることが多いです。 強弱をつける 文字の大きさを変えるなどの強弱をつけることで看板がより読みやすいものに変わります。 文字だけでなく文字のフォントを変えてみるなど単調なデザインよりも強調されている部分があったほうがよいです。 無理に凝りすぎない カフェ看板の中には、上手な絵やキレイな字などだれでも真似ができるわけではないデザインの看板があります。 チェーン店などではカフェ看板を担当できる人が限られているくらいです。 デザインに凝りすぎて無理をしてしまうとかえって見にくくなってしまうことがあります。 汚れないようにする カフェ看板はそのお店の顔といってもよいくらいよく目にされ、お店選びの判断材料にされています。 カフェ看板が汚れているとカフェ自体の印象がよくありません。 特に黒板を使用している看板だと書き換えた際に汚れが取れていないことがあります。 このようにせっかくのカフェ看板の効果が薄れてしまうような看板づくりには注意が必要だといえます。 一定の情報量があり見やすく、なおかつキレイなカフェ看板はお客さんに受け入れられやすいです。 受け入れてもらってはじめてお客さんの目に止まることになり、集客に繋がる可能性ができます。 カフェ看板は載せる内容に気を配り、上記の注意点に気を付けて作ることが大切です。 これまでカフェ看板を置く理由から看板に載せるべきことを紹介してきました。 これまでの情報を知っているとだれでもカフェ看板の制作ができると思います。 取り組む前には、実際にあるカフェ看板を見ておくとスムーズに進みます。 おしゃれなカフェ看板を選ぶために参考となるようサンプルを集めたので、次章にてみていきます。 おしゃれなカフェ看板4選! 実際にあるカフェ看板をいくつかご紹介します。 文字による紹介がきっちりで見やすい看板サンプル — 7月 12, 2017 at 8:48午後 PDT 夏を感じさせる商品をアピールしていると、季節感が出ます。 字体などはあえて崩して書くことでおしゃれな雰囲気にみせることができます。 これらのおしゃれなカフェ看板を看板づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか。 まとめ なぜカフェ看板を置いているかの理由は、カフェの紹介をするためもそうですが、カフェ看板による集客力が高いからという理由もあります。 特にその集客力の高さは重要視されているため現在では多くのカフェでカフェ看板が利用されています。 看板にはいろいろ種類がありますが、カフェに使う看板は立て看板がおすすめです。 立て看板はデザインを変えやすく、メニューを変えたくなった場合に便利です。 またコストがかからないため用意がしやすい点もおすすめです。 その看板に書く内容は、メニューやお店の雰囲気などが最低限わかるものから、お店の特徴などさまざまです。 競争率の激しい地域などでは、より特徴がある部分を看板に書いてアピールするとよいかもしれませんね。 カフェ看板はとても自由度が高いため、実際にあるカフェ看板のデザインを見比べることもおもしろいと思います。 カフェ看板を作りたい場合はさまざまな看板を見て決めることをおすすめします。 もし看板のデザインを自分で決めることができないときは、看板製作のプロに意見を求めながら、集客効果のある看板を製作していきませんか。 看板・標識制作を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の