ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました。 「ご足労いただきありがとうございました」意味・敬語・目上への使い方

「ご足労いただき」とは?目上の人に使える?会話やメールで使用例・「ご足労」を使った表現も解説

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

スポンサーリンク 「ご足労いただき」とは? まずは、 「ご足労いただき」の意味と使い方について詳しく見ていきましょう。 ひとつずつ分かりやすく説明していきますね。 「ご足労いただき」の意味は? では「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」の意味についてお話します。 「足労」の意味は「足労」を構成する漢字を見ればすぐ分かります。 「足労」とは、足を使うことです。 つまり「ご足労いただく」というフレーズの意味は 「足を使っていただく」すなわち「お越しいただく」ことです。 そして「ご足労をおかけする」というフレーズは 「足を使わせるという労力をかけさせる」ことを表します。 「ご足労いただき」の使い方は? では 「ご足労いただき」「ご足労おかけし」の使い方についてお話します。 まず「ご足労いただき」は「わざわざお越しいただいて感謝しております」といった意味合いで使います。 すなわち「ご足労いただき」の後に続く文は、基本的には謝罪を表す文ではなく、感謝を表す文をつなげます。 そして「ご足労をおかけし」とは 「労力をかけさせてしまって申し訳ありません」といったニュアンスです。 つまり「ご足労をおかけし」の後に続く文は、基本的には感謝を表す文ではなく、謝罪を表す文をつなげます。 また、お越しいただく前に使うことは、相手方に「こちらから出向くことを強制された」という印象を与える場合があります。 そのため基本的にはお越しいただいた後に使いますが、お越しいただく前に使うことも間違いではありません。 「ご足労」という言葉は、商談の打ち合わせの時に良く使われますので、正しく使いこなしたいところですね。 また、「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」というように「ご足労」は「いただく」「おかけする」とセットで使われます。 「いただく」とセットで使う時と「おかけする」とセットで使う時、ニュアンスの違いがありますのでこちらも使い分けましょう。 スポンサーリンク 「ご足労いただき」を使った例文は? 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズの意味や使い方はお分かりいただけたでしょうか。 さらに「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」の使い方をマスターしていただくため、例文を5つずつ挙げます。 本日はあいにくの天気ですが「ご足労いただき」誠にありがとうございます。 先日は弊社まで「ご足労いただき」たいへんありがとうございました。 ご多忙の中、皆様には「ご足労いただき」たいへん感謝致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労いただき」深くお礼を申し上げます。 本日はあいにくの天気の中「ご足労をおかけ致しまして」誠に申し訳なく思っております。 先日は弊社まで「ご足労をおかけ致しまして」たいへん申し訳ありませんでした。 ご多忙の中、皆様には「ご足労をおかけ致しまして」たいへん恐縮致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労をおかけ致しまして」申し訳ありません。 「ご足労をおかけ致します」が、何卒よろしくお願い致します。 「ご足労」は上司や目上の人には使えるの? さて「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」といったフレーズが使える相手についてお話します。 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」は敬語にあたりますので目上の方に問題なく使えます。 ただし、どの敬語にもあてはまりますがお客様が同席中、ご自分の上司にも「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」を使うことは良くありません。 社内の人物にも敬語を使いますと、社内の人物が社外のお客様と同じ立ち位置になってしまい、お客様に対してたいへん失礼です。 社外のお客様は同席しておらず、上司ひとりがあなたのところまで出向いてくださった場合に使うことは、間違いではないと言えるでしょう。 ぜひ、ビジネスシーンで「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズを活用しましょう!.

次の

「本日はご足労いただきありがとうございました。」とメール...

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

「ご足労いただき」はビジネスメールで使っても大丈夫? 「ご足労いただき」は口頭だけではなく メールでも使用可能です。 取引先と会う約束をするときや会ってくれたことに対して、メールでお礼を述べる際に使うことができます。 「ご足労いただき」を使った例文 ここからは「ご足労いただき」をビジネスシーンで使う場合の例文をご紹介します。 相手との関係や来てくれた日の天候など、 相手を迎えたときの状況に合わせた使い方を確認しましょう。 「ご足労いただき」の基本の形として、口頭でもメールでも使用可能です。 訪問したシチュエーションに合わせて前後の言葉を変えて表現できます。 」 天気が悪い日の訪問に「お足元の悪い中~」という表現もありますが、【足の状態が悪い人に対しての差別表現】と受け取られる恐れがあります。 こういう場合は言い換え表現として「ご足労」を使用しましょう。 相手に出向いてもらうことを前もってお詫びするときに使用します。 」 「ご足労いただき申し訳ございません」はあまり使われない表現 「ご足労いただき」は訪問してもらったことを丁寧に表現した言葉ですが、あまり一般的な言葉ではありません。 来てもらったことに対してお詫びを強調するのであれば、 「ご足労いただき」よりも「ご足労おかけして」とするのが適切です。 相手が遠いところからきた場合や雨や雪の日などの天候が悪い日など、出向くのに一苦労するときにこそ、来てくれた相手に使用するのが適切です。 ・Thank you for your struggle the other day. ・Despite being far away, I am deeply grateful for your struggle. ・I am sorry to have made struggle, but thank you for your consideration. ・I am sorry to disturb you while busy, but I sincerely hope for your hard work.

次の

ご足労の意味・目上のかたへの使い方・例文4つ

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

【このページのまとめ】• ・ビジネスシーンで使われる「ご足労」は、クッション言葉としても活用可能 ・「ご足労」は、そのときの状況や場面に合わせて使用しよう ・良い印象を与えるためには、「ご足労」を用いるタイミングに注意する 社会人になると耳にしたり、目にしたりすることが増える「ご足労」という表現。 普段なんとなく使っている人も多いのではないでしょうか。 使い方はイメージしやすいこの言葉ですが、使うタイミングに気をつけないと失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。 「ご足労」の意味や正しい使い方を身につけて、ビジネスシーンで活用しましょう。 このコラムでは、「ご足労」の表現について詳しく解説しています。 コンテンツ目次• 「わざわざお越しいただく」という意味があり、「こちらが足を運ばなければならないところ、わざわざ来てもらった」ことに対して感謝の意を表すときに用います。 「ご足労」はクッション言葉としても活用可能です。 クッション言葉とは、ストレートに言うときつく感じる言葉の衝撃をやわらげる言葉のこと。 目上の人に「お願い」や「お断り」といった内容を伝えるときに、クッション言葉として「ご足労」を用いることで、相手側も受け入れやすくなるでしょう。 「ご足労」は直接言うだけではなく、メールでも使用可能です。 来社する前なら「ご足労おかけしますが」「ご足労いただき恐縮ですが」といったような表現ができます。 また、ミーティング後にメールをする際にも「先日はご足労いただきありがとうございました」や「先日はご足労をおかけしてしまい申し訳ありません」などの表現を入れると丁寧な印象になるでしょう。 「ご足労」の具体的な言い回しについては、次の項目で詳しくご紹介します。 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします」という形を基本に、シーンに合わせて利用しましょう。 【来社前】 ・ご足労をおかけいたします ・ご足労をおかけしますが、よろしくお願いいたします 【来社当日】 ・本日はお足元の悪い中、ご足労いただきまして誠にありがとうございます ・本日は遠方よりわざわざご足労いただき、ありがとうございます ・この度はご足労いただきまして恐縮です 【来社後】 ・先日は大変ご足労をおかけいたしました ・遠路はるばるご足労いただき、誠にありがとうございました 先述したように、「ご足労いただきまして」「ご足労おかけしますが」といった表現は、口頭だけではなくビジネスメールのやり取りの最後に用いられることも多く、さまざまな場面で活用できます。 実際に使用するときは、状況に応じて上記のように活用すると良いでしょう。 以下のポイントに注意して使いましょう。 【相手の来社が確定するまで使わない】 相手側の来社が決定する前に「ご足労おかけしますが」と言うのは避けましょう。 来社することが前提となってしまい、押し付けがましい印象を与えてしまいます。 来社を依頼する際には、「弊社までお越しいただけますか」「おいでいただけると幸いです」など、他の表現方法もあります。 「ご足労」という表現は、来社を承諾してもらった後お礼を述べる際に使うと良いでしょう。 【社内向けに使わない】 「ご足労いただき」「ご足労おかけいたしますが」といった表現は、取引先や顧客など社外に向けて使うのが一般的です。 いくら目上の人といっても、上司など社内の人間に対して「ご足労」を使うのは避けましょう。 敬語の使い方次第で、相手に与える印象は変わります。 正しい敬語は、相手に対して配慮や気遣いの気持ちを表現するだけではなく、丁寧な印象や誠実な印象を与えることが可能です。 「ご足労」などビジネスシーンで使用する言葉を中心に、正しい意味や使い方を学んでいきましょう。

次の