オート ファジー 歌詞。 オートファジー

オートファジー 歌詞『柊キライ』

オート ファジー 歌詞

オートファジーは、 「反芻される羞恥の歌」をテーマに描かれた曲です。 Youtubeより 柊キライさんの7作目となるボカロ曲でボーカルは人気急上昇中のFlowerが歌っています。 イラストを担当したwoomaさんは人気の絵師さんで煮ル果実さんやBINのイラストも担当しています。 woomaさんの華奢でもブラックな絵柄は、力強くも真っ黒なオートファジーとの相性抜群です。 「オートファジー」の曲名の意味 オートファジー Autophagy は、細胞が持っている細胞内のタンパク質を分解するための仕組みを意味します。 その機能は 自食 じしょく とも呼ばれていて、細胞内に侵入した病原微生物を排除する作用もあります。 より 目的は「飢餓状態を生き抜くため自己消化をして栄養源を確保すること」です。 単語に分解すると以下のような意味になり、• オート auto :「自分自身」• ファジー phagy :「食べること」 自分自身を守るために食いつぶす防衛機能を意味していると解釈できます。 オートとファジーは別の意味も含んでいることがわかります• オート auto :自己、自生、自動• ファジー fuzzy :曖昧さ "自分に対する曖昧さ"のような意味合いも含まれていると想像できます。 自分自身を食い尽くしてでも生き抜く手段・生き方がオートファジーの楽曲では描かれているのではないでしょうか? 食い潰されるのは何なのでしょうか... ? 柊キライさんのコメントで羞恥の歌とあるように、「心」を辱めすり減らされるのでしょうか? オートファジーの歌詞解釈に移っていきます。 「オートファジー」歌詞解釈 「ハロー」と「アロー」 歌詞に印象的に出てくる言葉といえば「ハロー」と「アロー」。 太陽が腕に隠されている ハローの意味を見た際に「halo:太陽や月の周囲にできる光の輪」が含まれることはあまり考えられませんが MVを見ると 主人公の左腕に「太陽」の刺青が入っています。 太陽のマークは泣いているような表情とも笑っている表情とも捉えられます。 主人公の身体に描かれていることからも、主人公の感情を表していると解釈できます。 またタロットカードでの太陽の意味は 正位置の意味:成功、誕生、祝福、約束された将来。 逆位置の意味:不調、落胆、衰退、 堕胎・流産。 引用: 太陽の意味からもあるのように、 誰かの命をないがしろにしてしまった、もしくは奪ってしまったのではないかとも考えられます。 偏見の目に晒された状況 〜 囚われては被害者振ることも出来ないから 主人公自身は周りから否定されて「被害者ぶることはできない=加害者となっている」状況を意味しています。 囚われる:捕まる。 自由に考えることが出来なくなる。 囚われるという単語は、「捕まる」だけではなく「自由に考えられなくなる」という意味を含みます。 馬鹿という言葉で、片付けられることで主人公は周りから否定されていると解釈できます。 自由に考えられなくなるのは、偏見に固まってしまう周りの人たちだと考えられます。 また、その偏見の言葉にずっと晒されて気になってしまう主人公もずっと解放されないのだと解釈できます。 理解されずに変わり者扱いされている状況を歌詞で描いているのでしょうか.. ? 自分のことなんて気にしなくていい 穏やかに暮らしてほしい 自分のことなんて気にしないでほしい。 「見なくていい」といっているような意図が歌詞に含まれているのではないでしょうか。 周りの目や言葉に囚われて自由になれない。 それならば自分の存在を忘れてほしいと願っていると考えられます。 主人公は見た目が違う? 力強いイラストに惹きつけられて主人公の見た目に注目できませんでしたが、 よく見ると「白髪に赤目」だと分かります。 これは「アルビノ」を言ってるのではないでしょうか... ? アルビノは、メラニンに関わる遺伝情報の欠損によって先天的にメラニンが欠乏している遺伝子疾患がある個体を意味します。 他とは違う見た目をしているのではないでしょうか。 「羞恥」という言葉も、見世物小屋のように面白おかしく見られている状況を表しているのかもしれません。 自己否定にもがき苦しむ主人公 〜 脳内案内人 そう かわった人ね サビの「ハロー」は執拗に何度も繰り返していることから "届かない主人公の声"を表しています。 脳内案内人は自分自身の頭の中を意味していて、 変わった人だと自分を他人的に見ることで平静を保っているのだと解釈できます。 止めどない もう なかったことに という歌詞があることからも自分までもが周りに合わせて自分自身を否定しようとしています。 主人公の生きづらさが伺えます。 自分自身を否定して周りに合わせて適合させようとする。 歌詞でも自分の過去に問い掛け苦しんでいる様子から まさに「オートファジー」飢餓状態を生き抜くための自己消化だと解釈できます。 追い込まれた苦しさ 「生きてく上で避けられず 割り切るしか」 そう言うあなたは困ってなさそう 主人公は自分自身を食い潰すことで生きようとしてもがいている状況だと解釈できます。 周りの声は個性を否定してでも周りに合わせろと言っているようです。 それに馴染めている人には自分のことはわからない。 誰からも理解されない孤独な状況を描いているんじゃないでしょうか。 脳髄から締め出したくて 脳髄は脳を意味します。 脳から締め出したいけど締め出せない自分自身がいることがわかります。 MV後ろの背景だと思われた赤の模様が、イントロでは主人公と重なります。 主人公の顔の位置にもぴったりなこことから、 自分自身の別人格を表しているとも考えられます。 また「鬼」のような絵柄であることからもその性格は残忍で汚いものを表現しています。 「アロー」の意味 歌詞では「アロー」 意味:許す という言葉が続きます。 MVに隠された意味 忘れさせて 〜 止めどない もう なかったことに 苦しかった感情も全て忘れさせてほしいと懇願している状況が歌詞に出てきます。 そして、このタイミングでMVがアップになります 02:26 がよく見ると 主人公の右半面の顔が泣いていることがわかります。 惹きつけるイラストの表情とも思っていましたが、主人公の相反する感情 2面性 が左右の顔に出ているのでは無いでしょうか? 顔の片側を隠して見るとわかりやすいです。 主人公は周りに合わせられない自分に嫌気がさし、もう諦めようとしていていますが ただ諦めるだけではなくずっと葛藤している様子も歌詞・MVから読み取れます。 嫌な感情からも逃げてなかったことにしたい。 だから最後に「バイバイしたい」という言葉が含まれます。 顔の半分に刺青のように入った黒の模様な涙を表しているとも解釈できます。 まとめ オートファジーは、最初は厳つくて狂った印象を受けましたが、周りと自分の違いに悩む少年の姿が歌詞には表現されていました。 解釈の中でもっと解きほぐせる部分も多数あると思いますので、擦り込むように読みたいと思います。 今回は「オートファジー」の歌詞・MV解釈をしました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

オートファジーとは?超簡単説明!癌や絶食による効果が素晴らしい!!

オート ファジー 歌詞

オートファジーは、 「反芻される羞恥の歌」をテーマに描かれた曲です。 Youtubeより 柊キライさんの7作目となるボカロ曲でボーカルは人気急上昇中のFlowerが歌っています。 イラストを担当したwoomaさんは人気の絵師さんで煮ル果実さんやBINのイラストも担当しています。 woomaさんの華奢でもブラックな絵柄は、力強くも真っ黒なオートファジーとの相性抜群です。 「オートファジー」の曲名の意味 オートファジー Autophagy は、細胞が持っている細胞内のタンパク質を分解するための仕組みを意味します。 その機能は 自食 じしょく とも呼ばれていて、細胞内に侵入した病原微生物を排除する作用もあります。 より 目的は「飢餓状態を生き抜くため自己消化をして栄養源を確保すること」です。 単語に分解すると以下のような意味になり、• オート auto :「自分自身」• ファジー phagy :「食べること」 自分自身を守るために食いつぶす防衛機能を意味していると解釈できます。 オートとファジーは別の意味も含んでいることがわかります• オート auto :自己、自生、自動• ファジー fuzzy :曖昧さ "自分に対する曖昧さ"のような意味合いも含まれていると想像できます。 自分自身を食い尽くしてでも生き抜く手段・生き方がオートファジーの楽曲では描かれているのではないでしょうか? 食い潰されるのは何なのでしょうか... ? 柊キライさんのコメントで羞恥の歌とあるように、「心」を辱めすり減らされるのでしょうか? オートファジーの歌詞解釈に移っていきます。 「オートファジー」歌詞解釈 「ハロー」と「アロー」 歌詞に印象的に出てくる言葉といえば「ハロー」と「アロー」。 太陽が腕に隠されている ハローの意味を見た際に「halo:太陽や月の周囲にできる光の輪」が含まれることはあまり考えられませんが MVを見ると 主人公の左腕に「太陽」の刺青が入っています。 太陽のマークは泣いているような表情とも笑っている表情とも捉えられます。 主人公の身体に描かれていることからも、主人公の感情を表していると解釈できます。 またタロットカードでの太陽の意味は 正位置の意味:成功、誕生、祝福、約束された将来。 逆位置の意味:不調、落胆、衰退、 堕胎・流産。 引用: 太陽の意味からもあるのように、 誰かの命をないがしろにしてしまった、もしくは奪ってしまったのではないかとも考えられます。 偏見の目に晒された状況 〜 囚われては被害者振ることも出来ないから 主人公自身は周りから否定されて「被害者ぶることはできない=加害者となっている」状況を意味しています。 囚われる:捕まる。 自由に考えることが出来なくなる。 囚われるという単語は、「捕まる」だけではなく「自由に考えられなくなる」という意味を含みます。 馬鹿という言葉で、片付けられることで主人公は周りから否定されていると解釈できます。 自由に考えられなくなるのは、偏見に固まってしまう周りの人たちだと考えられます。 また、その偏見の言葉にずっと晒されて気になってしまう主人公もずっと解放されないのだと解釈できます。 理解されずに変わり者扱いされている状況を歌詞で描いているのでしょうか.. ? 自分のことなんて気にしなくていい 穏やかに暮らしてほしい 自分のことなんて気にしないでほしい。 「見なくていい」といっているような意図が歌詞に含まれているのではないでしょうか。 周りの目や言葉に囚われて自由になれない。 それならば自分の存在を忘れてほしいと願っていると考えられます。 主人公は見た目が違う? 力強いイラストに惹きつけられて主人公の見た目に注目できませんでしたが、 よく見ると「白髪に赤目」だと分かります。 これは「アルビノ」を言ってるのではないでしょうか... ? アルビノは、メラニンに関わる遺伝情報の欠損によって先天的にメラニンが欠乏している遺伝子疾患がある個体を意味します。 他とは違う見た目をしているのではないでしょうか。 「羞恥」という言葉も、見世物小屋のように面白おかしく見られている状況を表しているのかもしれません。 自己否定にもがき苦しむ主人公 〜 脳内案内人 そう かわった人ね サビの「ハロー」は執拗に何度も繰り返していることから "届かない主人公の声"を表しています。 脳内案内人は自分自身の頭の中を意味していて、 変わった人だと自分を他人的に見ることで平静を保っているのだと解釈できます。 止めどない もう なかったことに という歌詞があることからも自分までもが周りに合わせて自分自身を否定しようとしています。 主人公の生きづらさが伺えます。 自分自身を否定して周りに合わせて適合させようとする。 歌詞でも自分の過去に問い掛け苦しんでいる様子から まさに「オートファジー」飢餓状態を生き抜くための自己消化だと解釈できます。 追い込まれた苦しさ 「生きてく上で避けられず 割り切るしか」 そう言うあなたは困ってなさそう 主人公は自分自身を食い潰すことで生きようとしてもがいている状況だと解釈できます。 周りの声は個性を否定してでも周りに合わせろと言っているようです。 それに馴染めている人には自分のことはわからない。 誰からも理解されない孤独な状況を描いているんじゃないでしょうか。 脳髄から締め出したくて 脳髄は脳を意味します。 脳から締め出したいけど締め出せない自分自身がいることがわかります。 MV後ろの背景だと思われた赤の模様が、イントロでは主人公と重なります。 主人公の顔の位置にもぴったりなこことから、 自分自身の別人格を表しているとも考えられます。 また「鬼」のような絵柄であることからもその性格は残忍で汚いものを表現しています。 「アロー」の意味 歌詞では「アロー」 意味:許す という言葉が続きます。 MVに隠された意味 忘れさせて 〜 止めどない もう なかったことに 苦しかった感情も全て忘れさせてほしいと懇願している状況が歌詞に出てきます。 そして、このタイミングでMVがアップになります 02:26 がよく見ると 主人公の右半面の顔が泣いていることがわかります。 惹きつけるイラストの表情とも思っていましたが、主人公の相反する感情 2面性 が左右の顔に出ているのでは無いでしょうか? 顔の片側を隠して見るとわかりやすいです。 主人公は周りに合わせられない自分に嫌気がさし、もう諦めようとしていていますが ただ諦めるだけではなくずっと葛藤している様子も歌詞・MVから読み取れます。 嫌な感情からも逃げてなかったことにしたい。 だから最後に「バイバイしたい」という言葉が含まれます。 顔の半分に刺青のように入った黒の模様な涙を表しているとも解釈できます。 まとめ オートファジーは、最初は厳つくて狂った印象を受けましたが、周りと自分の違いに悩む少年の姿が歌詞には表現されていました。 解釈の中でもっと解きほぐせる部分も多数あると思いますので、擦り込むように読みたいと思います。 今回は「オートファジー」の歌詞・MV解釈をしました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

オートファジー

オート ファジー 歌詞

オートファジーとは?超簡単説明 まずは、オートファジーとは何かを 分かりやすく解明してみたい。 ウィキペディアを読んで見ると、 オートファジー Autophagy は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。 自食(じしょく)とも呼ばれる。 酵母からヒトにいたるまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除することで生体の恒常性維持に関与している。 このほか、個体発生の過程でのプログラム細胞死や、ハンチントン病などの疾患の発生、細胞のがん化抑制にも関与することが知られている。 引用:wikipedia と、詳しく書かれているが、 やはりサッパリ理解出来ない。 ここから順を追って、 オートファジーとは何か? について說明するので、 じっくりと読んで頂きたい。 まず、 オートファジーとはギリシャ語であり、 「オート」は、自分自身という意味、 「ファジー」は食べるという意味で 「オートファジー」は自食作用 という意味になる。 人間の身体の約20%はタンパク質で 構成されている。 しかし、人間の生命力の強さは、 誰もが聞き及んでいるはずだ。 海や山で遭難しても、 無事生還したというニュースは、 オートファジーの作用によって 作られた奇跡とは言えないか? 絶食状態で栄養が取れなくなると、 自分の身体を構成している 細胞の中にあるタンパク質を アミノ酸に分解して、 エネルギーに替えて急場をしのいで くれる仕組みになっているのだ。 つまり、 外から栄養が入ってこないから、 自分の身体に蓄えている栄養から 少し拝借して補っているという事だ。 人間とは、水分さえ補給出来れば、 一週間程は生命を維持できる。 そんなオートファジーの仕組みを 解明した事で、今回のノーベル賞の 受賞に繋がっている。 生命の神秘の一部を解明したという、 とても素晴らしい研究成果といえる。 以上の説明で、 ピンときた方も多いだろうが、 オートファジーはダイエットにおいても その作用が活躍している。 プチ断食などの絶食や、 デトックス、アンチエイジングにも 効力を発揮しおり、 その仕組に納得できただろう。 スポンサード・リンク 癌や過食誘導と絶食による効果 次に、 癌や絶食による効果とは何か? について説明してみたい。 前述のとおり、オートファジーの作用 によって、人間は生命の危機からも 一時的に逃れる事が出来、更には その作用を流用して、絶食による 効果で、健康美を保つ事も出来る。 そして、 オートファジーの素晴らしい作用は これに留まらない。 例えば、人間が生きて行く為に 必要なタンパク質は、1日約200gだが、 食事で摂取出来るタンパク質は、 せいぜい60g前後しか無い。 この不足分も、オートファジーの作用が 体内のタンパク質をリサイクルして カバーしている。 そして更に、 体外からの細菌や有害物質も このオートファジーが作用して 除去しているという。 このオートファジーの作用が 停止してしまった場合には、 癌や生活習慣病、感染症などの 重度な病気に掛かるリスクが 大きくアップするそうだ。 今回、大隅良典教授が、 このオートファジーを肉眼により発見 した事で、未来に嬉しい可能性を 感じる事が出来るという。 癌やアルツハイマー病、パーキンソン病 などの細胞に関する病気も 治療も変化して行くと思われる。 癌の細胞に関しては、 オートファジーの作用が裏目に出て 完全に消す事が難しいそうだが、 このオートファジーを医学の力で 制御する事が可能になれば、 癌で命を失くす人も減るであろう。 癌以外の細胞に関する不治の病にも 同様に治療法が見つかる可能性も 出てきた。 おまけに、細胞の老化も制御出来れば、 健康寿命も伸びていくだろう。 今回の大隅良典教授の功績とは、 これほどまでに凄い事なのである。 今後も更なる研究の進行を期待したい。

次の