いさ ぎ 魚。 丹後の春を告げる魚・イサザ

イサキ

いさ ぎ 魚

特徴 [ ] 成魚の全長は5-8cmほど。 頭が上から押しつぶされたように平たく、口は目の後ろまで裂ける。 体は半透明の黄褐色で、体側に不明瞭な黒褐色斑点が並ぶ。 第一背鰭後半部に黒点がある。 同属種の G. urotaenia に似るが、小型であること、体側の斑点が不明瞭なこと、尾柄が長いことなどで区別される。 田中茂穂によって記載された当初はウキゴリの Chaenogobius urotaenia isaza とされていた。 琵琶湖の固有種で、北湖に産する。 琵琶湖にはウキゴリも生息しており、イサザはウキゴリから種分化が進んだものと考えられている。 なお1964年(昭和39年)には(相模ダム)とで各1尾が記録されたが、これはの稚魚に混入するなどでされたものと考えられ、その後の繁殖も確認されていない。 生態 [ ] 成魚は昼間には沖合いの水深30m以深に生息するが、夜には表層まで浮上して餌を摂る。 琵琶湖の環境に適応し、ハゼにしては遊泳力が発達しているのが特徴である。 食性は肉食性で、幼虫などのやを捕食する。 産卵期は4-5月で、成魚は3月になると沖合いから沿岸に寄せてくる。 この季節はまだ水温が低いため他の魚類の活動が鈍く、卵や稚魚が捕食されないうちに繁殖を終わらせる生存戦略と考えられている。 オスは岸近くの石の下に産卵室を作り、メスを誘って産卵させる。 メスは産卵室の天井に産卵し、産卵・受精後はオスが巣に残って卵を保護する。 卵は1週間で孵化し、仔魚はすぐに沖合いへ出る。 しばらくは浮遊生活を送るが7月頃から底生生活に入り、成長に従って深場へ移る。 秋までに全長4. 5cmに達したものは翌年の春に繁殖するが、それに達しなかったものは次の年に繁殖する。 寿命は1年か2年で、繁殖後はオスメスとも死んでしまうが、メスには1年目の産卵後に生き残り2年目に再び産卵するものもいる。 人間との関係 [ ]• 版レッドリスト 要注目種 琵琶湖特産種のうえ、や(ブラックバス)による捕食が影響し個体数は減少している。 環境省のでは1999年版で「準絶滅危惧(NT)」として掲載されたが、危機的状況に陥ったという判断から2007年版では一気に「絶滅危惧IA類(CR)」に変更された。 もともとイサザの漁獲量は変動が大きい。 1950年代に一旦激減した後、1962-86年には160-590tまで回復したが、1988年以降に再び漁獲が激減、1993-95年には1t以下にまで落ち込んだ。 その後再び漁獲されるようになったが以前ほど漁獲されていない。 有効な保全策も不明とされている。 参考文献 [ ]• - 環境省自然環境局 生物多様性情報システム• 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』北隆館• 井田齋他『新装版 詳細図鑑 さかなの見分け方』講談社• 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海編『山溪カラー名鑑 改訂版 日本の淡水魚』(解説 : 高橋さち子).

次の

新潟県笹川流れ 民宿磯魚(いさな)

いさ ぎ 魚

特徴 [ ] 成魚は全長45cmに達する。 体型はやや前後に細長い紡錘形で側扁する。 体表は細かいが密集し、ザラザラしている。 成魚の体色はオリーブがかった褐色だが、幼魚は体側の上半分に黄色の縦縞が3本ある。 成長するにつれこの縦縞は薄れるが、成魚でも春夏には縦縞が出現する。 以南の日本沿岸、、、に分布する。 沿岸は分布しないとされるが 、やにも生息するとした文献もある。 が多い岩礁域に生息し、をつくる。 昼は水深50mほどまでの深みに潜むが、夜になると海面近くまで泳ぎ出す。 食性は肉食性で、小魚・・等の小動物を捕食する。 産卵期はで、直径0. 8-0. 9mmほどの分離浮性卵を産卵する。 1匹のメスの産卵数は体の大きさにもよるが、全長30cmで128万粒ほどとみられる。 卵は海中を漂いながら1日ほどで孵化し、稚魚はを捕食しながら成長する。 稚魚は海岸の浅い所で群れを作って生活するが、成長するにつれ深みに移る。 オスは生後2年で成熟し、4年目には全て成熟する。 名称 [ ] 標準和名「イサキ」は磯に棲むことに因んだ「磯魚」(イソキ)、または幼魚の縞に因んだ「班魚」(イサキ)に由来すると云われ、これに「伊佐木」「伊佐幾」という漢字が当てられている。 もう一つの漢字「鶏魚」は背鰭の棘条がの鶏冠に似るためという説があり、これは英名"Chicken grunt"も同じである。 他に日本での地方名として、オクセイゴ(東北地方)、イサギ(東京)、クロブタ(神奈川)、コシタメ(静岡)、エサキ(北陸-山陰)、ウズムシ(近畿)、カジヤコロシ(和歌山県南紀)、イセギ(高知)、イッサキ()、ハンサコ(大分-宮崎)、ハタザコ、ショフ、ジンキ(宮崎)、ソフ(鹿児島県内之浦)、クチグロマツ(奄美大島)などがある。 南紀での呼称「カジヤゴロシ」(鍛冶屋殺し)は、イサキの骨が非常に硬く、骨が喉に刺さって死んだ鍛冶屋がいたことからその名が付いたと云われる。 九州での呼称「イッサキ」は「一先」という字を当てられることが多い。 幼魚は黄色の縦縞模様がの子に似ていることから、各地でウリボウ、ウリンボウ、イノコなどと呼ばれる。 大分では幼魚をウドゴと呼ぶ。 人との関わり [ ] や、などで漁獲される。 は初夏で、この頃のイサキを麦わらイサキ、梅雨イサキとも呼ぶ。 なお「麦わらタイ」は同時期のを指すが、イサキとは逆に不味い。 身は白身で、マダイよりは柔らかくて脂肪が多い。 ・・・などいろいろな料理で食べられる。 水揚げしたイサキは目が濁りやすいので、目の濁り具合は鮮度の判断基準にならない。 近年技術の研究がなされ、市場にも養殖ものが流通している。 食中毒 [ ] 中国から輸入した中間種苗を国内で養殖した・イサキから幼虫の寄生が高頻度に認められたとの報告があり、厚生労働省では中国産に由来する養殖魚に注意を呼びかけている。 類似種 [ ] (縞伊佐木) は以南のでよく見られる。 体に縦縞模様があり、名前にも「イサキ」とあるが、イサキ科ではなく で、イサキとはまた別物の魚である。 参考文献 [ ].

次の

道玄坂 漁

いさ ぎ 魚

特徴 [ ] 成魚は全長45cmに達する。 体型はやや前後に細長い紡錘形で側扁する。 体表は細かいが密集し、ザラザラしている。 成魚の体色はオリーブがかった褐色だが、幼魚は体側の上半分に黄色の縦縞が3本ある。 成長するにつれこの縦縞は薄れるが、成魚でも春夏には縦縞が出現する。 以南の日本沿岸、、、に分布する。 沿岸は分布しないとされるが 、やにも生息するとした文献もある。 が多い岩礁域に生息し、をつくる。 昼は水深50mほどまでの深みに潜むが、夜になると海面近くまで泳ぎ出す。 食性は肉食性で、小魚・・等の小動物を捕食する。 産卵期はで、直径0. 8-0. 9mmほどの分離浮性卵を産卵する。 1匹のメスの産卵数は体の大きさにもよるが、全長30cmで128万粒ほどとみられる。 卵は海中を漂いながら1日ほどで孵化し、稚魚はを捕食しながら成長する。 稚魚は海岸の浅い所で群れを作って生活するが、成長するにつれ深みに移る。 オスは生後2年で成熟し、4年目には全て成熟する。 名称 [ ] 標準和名「イサキ」は磯に棲むことに因んだ「磯魚」(イソキ)、または幼魚の縞に因んだ「班魚」(イサキ)に由来すると云われ、これに「伊佐木」「伊佐幾」という漢字が当てられている。 もう一つの漢字「鶏魚」は背鰭の棘条がの鶏冠に似るためという説があり、これは英名"Chicken grunt"も同じである。 他に日本での地方名として、オクセイゴ(東北地方)、イサギ(東京)、クロブタ(神奈川)、コシタメ(静岡)、エサキ(北陸-山陰)、ウズムシ(近畿)、カジヤコロシ(和歌山県南紀)、イセギ(高知)、イッサキ()、ハンサコ(大分-宮崎)、ハタザコ、ショフ、ジンキ(宮崎)、ソフ(鹿児島県内之浦)、クチグロマツ(奄美大島)などがある。 南紀での呼称「カジヤゴロシ」(鍛冶屋殺し)は、イサキの骨が非常に硬く、骨が喉に刺さって死んだ鍛冶屋がいたことからその名が付いたと云われる。 九州での呼称「イッサキ」は「一先」という字を当てられることが多い。 幼魚は黄色の縦縞模様がの子に似ていることから、各地でウリボウ、ウリンボウ、イノコなどと呼ばれる。 大分では幼魚をウドゴと呼ぶ。 人との関わり [ ] や、などで漁獲される。 は初夏で、この頃のイサキを麦わらイサキ、梅雨イサキとも呼ぶ。 なお「麦わらタイ」は同時期のを指すが、イサキとは逆に不味い。 身は白身で、マダイよりは柔らかくて脂肪が多い。 ・・・などいろいろな料理で食べられる。 水揚げしたイサキは目が濁りやすいので、目の濁り具合は鮮度の判断基準にならない。 近年技術の研究がなされ、市場にも養殖ものが流通している。 食中毒 [ ] 中国から輸入した中間種苗を国内で養殖した・イサキから幼虫の寄生が高頻度に認められたとの報告があり、厚生労働省では中国産に由来する養殖魚に注意を呼びかけている。 類似種 [ ] (縞伊佐木) は以南のでよく見られる。 体に縦縞模様があり、名前にも「イサキ」とあるが、イサキ科ではなく で、イサキとはまた別物の魚である。 参考文献 [ ].

次の