エリ ウド キプ チョゲ。 2時間1分台の世界新より恐るべき、キプチョゲの「ラスト2.195km」。

マラソン「2時間の壁」は破れずも… 究極のチャレンジが示した可能性

エリ ウド キプ チョゲ

軽くて衝撃を吸収してくれます。 ソールもいいです。 リカバリーが早くできるというのも特長だと思います。 キプチョゲ 軽くて、履いていて快適だということ。 そして接地時の衝撃を抑えてくれるものが究極だと思います。 キプチョゲ マラソンにおいては、スピード、スタミナ共に欠かせません。 両方、トレーニングすることが重要です。 キプチョゲ トラックではスピードを要求されますから、トレーニングにもそれなりの強度が求められます。 ただ、長い距離を走るマラソンでは、それほどではないかもしれません。 キプチョゲ 1㎞3分10秒ペースで、40~42㎞ほど行っています。 メニューは日によって変わりますが、1000、1200、1600、2000m、これらの距離をミックスしています。 ペースは早いときで2分40秒くらいでしょうか。 キプチョゲ もちろん、目標のトップリストに上がっています。 どんな気象条件であろうと、レースはレースですから。 ベルリン・マラソンでは2時間01分39秒で優勝。 キプチョゲ 美しいレースがしたいです。 みんなに楽しんでもらえるようなレースができれば、美しいレースができたということだと思います。 キプチョゲ すごく頭が良いという印象があります。 競技に対する情熱がありますし、努力を惜しみません。 それに誰にも負けたくないという気持ちを感じさせます。 何よりも走ることが好きですし、マラソンを愛しています。 マラソンは世界中の人々に感動を伝えられるスポーツだと思います。 2003年パリ世界選手権5000mで金メダルを獲得。 07年大阪で開催された世界選手権5000mでも銀メダルに輝いた。 12年、マラソンに転向し、初マラソンとなる13年のハンブルク・マラソンで大会新となる2時間05分30秒で優勝。 以降、リオ五輪の金メダルを含み、11戦10勝と圧倒的な勝率を誇る。 18年9月のベルリン・マラソンで2時間01分30秒の世界新記録を樹立した。

次の

ロンドンマラソン、キプチョゲとファラーがNIKEの新厚底シューズで激突!

エリ ウド キプ チョゲ

軽くて衝撃を吸収してくれます。 ソールもいいです。 リカバリーが早くできるというのも特長だと思います。 キプチョゲ 軽くて、履いていて快適だということ。 そして接地時の衝撃を抑えてくれるものが究極だと思います。 キプチョゲ マラソンにおいては、スピード、スタミナ共に欠かせません。 両方、トレーニングすることが重要です。 キプチョゲ トラックではスピードを要求されますから、トレーニングにもそれなりの強度が求められます。 ただ、長い距離を走るマラソンでは、それほどではないかもしれません。 キプチョゲ 1㎞3分10秒ペースで、40~42㎞ほど行っています。 メニューは日によって変わりますが、1000、1200、1600、2000m、これらの距離をミックスしています。 ペースは早いときで2分40秒くらいでしょうか。 キプチョゲ もちろん、目標のトップリストに上がっています。 どんな気象条件であろうと、レースはレースですから。 ベルリン・マラソンでは2時間01分39秒で優勝。 キプチョゲ 美しいレースがしたいです。 みんなに楽しんでもらえるようなレースができれば、美しいレースができたということだと思います。 キプチョゲ すごく頭が良いという印象があります。 競技に対する情熱がありますし、努力を惜しみません。 それに誰にも負けたくないという気持ちを感じさせます。 何よりも走ることが好きですし、マラソンを愛しています。 マラソンは世界中の人々に感動を伝えられるスポーツだと思います。 2003年パリ世界選手権5000mで金メダルを獲得。 07年大阪で開催された世界選手権5000mでも銀メダルに輝いた。 12年、マラソンに転向し、初マラソンとなる13年のハンブルク・マラソンで大会新となる2時間05分30秒で優勝。 以降、リオ五輪の金メダルを含み、11戦10勝と圧倒的な勝率を誇る。 18年9月のベルリン・マラソンで2時間01分30秒の世界新記録を樹立した。

次の

ケニアトレーニングキャンプ21日目 キプチョゲ遭遇

エリ ウド キプ チョゲ

大台への壁を超えるまであと26秒にまで迫った。 レース後のキプチョゲも「これは歴史だ」と振り返った。 同時に関係者も究極の目標には一歩及ばなかったものの、この半年間、スポーツ科学など多角的なアプローチから人間の限界を押し上げる試みは成功したと胸を張った。 このレースの中継解説も担った女子マラソン世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ氏は2時間の壁という「象徴的な」数字に挑み、そしてそれに近づいた今回の挑戦を「人々に勇気を与え」「世界を新たな境地へを誘った」と挑戦の意義について述べた。 またゲストとして来訪した元男子短距離のスーパースター、カール・ルイス氏は2時間もの間に高い集中力を見せた選手をたたえると同時に、「いつか2時間の壁が破られる時は、今日がそのスタートだったと振り返ることになる」と興奮気味だった。 3人が出走したが、真の意味で2時間の壁に挑むことができたのは、当初の予想どおり世界のトップ中のトップ、リオ五輪金メダリストでフルマラソン通算8戦7勝の実力者、キプチョゲだった。 リラックスし、かつ身体や頭が大きくぶれない安定した走りで、1周2.4キロの同サーキットの周回コースを反時計回りに淡々とストライドを刻んだキプチョゲ。 表情も、42キロの道程の大半は苦しさを感じさせない走りだった。 前半で大きく遅れ始めたレリサ・デシサ(エチオピア)や、最終的には自己記録を3分近く縮めた(2時間6分51)とはいえ、ハーフ地点過ぎあたりから「2時間ペース」についていけなくなったゼルセナイ・タデッセ(エリトリア)と比べて、これこそがエリートランナーの力だとあらためて思わせた。 しかし、そんなキプチョゲですらも1時間台への突入はならなかった。 通常のレースのように他の多くの競技者と競う形ではなく、周回コースを6人のペースメーカーに囲まれながら序盤から想定のペースを刻むだけだった。 序盤の5キロを14分14秒で入ったキプチョゲは、その後の5キロごとのスプリットも14分7秒、14分13秒、14分15秒、14分17秒、14分17秒と、35キロ地点まで大きくタイムを上げ下げすることなく走った。 だが、35キロから40キロのスプリットで14分27秒と大きく減速。 これが響き2時間の壁に手を触れることはかなわなかった。

次の