ジョンソン エンド ジョンソン。 美白製品の一部を販売中止に。ジョンソン・エンド・ジョンソン、「Black Lives Matter」運動を受けた製品批判で

ジョンソンエンドジョンソンの株価・見通し・決算情報|米国株なら投資パンダ!

ジョンソン エンド ジョンソン

上場企業(: )。 概要 [ ] 、、のジョンソン三兄弟が創業した。 の概念を世界で初めて製品に導入。 家庭用のや、ベビーオイルから医療機関で使用する、薬剤、薬、のなどを製造販売している。 一般企業の社訓にあたるOur Credo(我が信条)が有名。 ジョンソン・エンド・ジョンソングループでは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の社内組織としてを採用しており、コンシューマー カンパニー、メディカル カンパニー、ビジョンケア カンパニーのそれぞれのカンパニーがある。 エチコン、ASP、エチコンエンドサージェリー、オーソ・クリニカルダイアグノスティックス、バイオセンスウエブスター、コッドマン、マイテック、デピュー、デピュースパイン、コーディス、コンシューマー、など。 また、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」ブランドの各カンパニーとは別に、独立した医療用医薬品部門のがある。 なお、アメリカ合衆国の主に家庭用洗剤を製造、販売する化学メーカー『』社の日本法人である『』とは関係ない。 両社共に1978年に創立。 日本におけるJJKKの工場はにある。 2007年1月1日から全ての職場エリアが禁煙となったほか、日本法人のメディカルカンパニーの全従業員につき、所定労働時間中は休憩時間を除き一切の喫煙が禁止されている。 ただし、派遣社員、業務委託社員等の非正規従業員に限り、職場エリア外での喫煙を所定労働時間中でも許可されている。 取り扱い製品 [ ] 日本の一般向け製品は日本法人のコンシューマーカンパニーが、使い捨てコンタクトレンズの「アキュビュー」は同じ日本法人のビジョンケアカンパニーが、それぞれ販売している。 一般用医薬品は、アメリカ本社が2006年5月にファイザー社の一般用医薬品事業を譲受し、日本も2007年8月にの一般用医薬品事業をコンシューマーカンパニーが譲り受けたが、2012年10月からが販売する。 すでに製造委託している一部製品は販売提携となる。 2017年4月に武田薬品工業のコンシューマーヘルスケア事業が分社化され、が販売する。 テレビ広告は当社の各製品の欄を参照。 医療・衛生用品として、、キズパワーパッド、バンドエイドフットケア、ジョンソン綿棒などがある。 赤ちゃん・子供のケア用品として、ジョンソンベビーには、スージングナチュラルズシリーズ、ベビーローション、ベビークリーム、ベビーオイル、ベビーパウダーがある。 スキンケア・化粧品として、ジョンソンボディケアには、ドリーミースキンシリーズ、ラスティングモイスチャーシリーズ、エクストラケアシリーズがあり、またニュートロジーナがある。 オーラルケアには、リーチ、プラックス、があり、後者はファイザー株式会社から譲り受けた製品であるが、前者については2017年5月1日より銀座ステファニー化粧品に移管された。 A(解熱鎮痛薬)【第2類医薬品】 - 2000年9月に発売開始。 当初はが販売を行っていたが、2004年10月より当社直販体制に移行し、2005年にリニューアルしている。 日本で唯一、空腹時にも(風邪による発熱・の場合を除く)服用できる解熱鎮痛薬である。 タイレノールというブランド名の由来は、アセトアミノフェンの正式な化学名、N-アセチル-p-アミノフェノールから取ったものである。 (acetyl-p-aminophenol)また眠くなる成分は入っていない。 15歳以上の大人専用(製造販売元:)。 コールタイジン点鼻液a(鼻炎用薬)【指定第2類医薬品】 - 2009年7月発売。 ステロイド成分と塩酸を配合した点鼻薬。 2012年1月にパッケージデザインをリニューアルし、「コールタイジン点鼻液」から商品名を変更(製造販売元:)。 (製造販売元:陽進堂)• 2011年11月に小改良を行い、「テラマイシン軟膏a」・「テラ・コートリル軟膏a」に改名された。 広告出演者 は該当項目参照• - リーチ• - リーチ• - リーチホワイトニング• yoshie - リーチブレススクリーン• - リステリン• - リステリン トータルケア• - 薬用リステリントータルケア トータルケアゼロ• - 薬用リステリントータルケア トータルケアゼロ• - リステリン• - プラックス• - プラックス• - バンドエイド クッションズ・フォー・フィート• - ジョンソンボディケア• - ジョンソンボディケア• - ジョンソンボディケアリッチスパ• - バイシン• - タイレノール• - ニコレット• - アネトン• - アネトンせき止めZ液• - アネトンi• - アネトンせき止め液• - テレスHiシリーズ• - テレスHiシリーズ など。 事件・不祥事 [ ] タイレノール毒物混入死亡事件 [ ] 1982年、米国シカゴで第三者が()に(シアン化合物)を混入し、7人が死亡するという事件が起こった。 同社は直ちにアメリカ全土から全てのタイレノールを回収し、異物を混入できない構造に改良した。 2500人の従業員を動員し、回収費用は当時で推定1億ドルともいわれる。 」と伝えた。 この一件は、企業理念の実践やにおける対応策に題材としてしばしば取上げられている。 独禁法違反事件 [ ] 2010年12月1日、はジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人に独禁法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を出した。 1日使い捨てのコンタクトレンズ「ワンデーアキュビュー」などについて、2008年12月ごろから2010年3月にかけ、取引先に対して新聞・雑誌などの広告で自社製品の店頭販売価格を表示しないよう強要していた。 違法マーケティング [ ] 子会社のがの不正表示・違法マーケティングで和解金を支払うことに合意した。 製品へのアスベストの混入 [ ] 、は、社がアメリカ国内でしていたベビーパウダーから微量のを検出。 会社はに販売した当該ロットのを始めた。 なお、過去に販売されていたベビーパウダーにもアスベストが混入していた時期があると疑われており、約15000件の訴訟に直面している。 これに対して会社は、一貫して原材料のにアスベストが含まれていないことを主張している。 しかしながら売り上げは徐々に減少したため、2020年5月19日、タルクを原料とするベビーパウダーの販売をアメリカとカナダで中止することを発表した。 関連項目 [ ]• - 協賛学会• 脚注 [ ] []• , p. (武田薬品工業、2012年8月3日)• 時事ドットコム 2010年12月1日 2010年12月3日, at the. ロイター 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 ロイター 2018年12月17日. 2019年10月18日閲覧。 フランス通信社 2020年5月20日. 2020年7月29日閲覧。 参考文献 [ ]• 「歯科企業の動向 ジョンソン・エンド・ジョンソン 新社長に日色 保氏」『歯科医療経済』第2巻第1号、、、2012年1月、 35頁。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (日本語)• - チャンネル• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄• 100. 万科企業.

次の

ジョンソン・エンド・ジョンソンがCOVID

ジョンソン エンド ジョンソン

上場企業(: )。 概要 [ ] 、、のジョンソン三兄弟が創業した。 の概念を世界で初めて製品に導入。 家庭用のや、ベビーオイルから医療機関で使用する、薬剤、薬、のなどを製造販売している。 一般企業の社訓にあたるOur Credo(我が信条)が有名。 ジョンソン・エンド・ジョンソングループでは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の社内組織としてを採用しており、コンシューマー カンパニー、メディカル カンパニー、ビジョンケア カンパニーのそれぞれのカンパニーがある。 エチコン、ASP、エチコンエンドサージェリー、オーソ・クリニカルダイアグノスティックス、バイオセンスウエブスター、コッドマン、マイテック、デピュー、デピュースパイン、コーディス、コンシューマー、など。 また、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」ブランドの各カンパニーとは別に、独立した医療用医薬品部門のがある。 なお、アメリカ合衆国の主に家庭用洗剤を製造、販売する化学メーカー『』社の日本法人である『』とは関係ない。 両社共に1978年に創立。 日本におけるJJKKの工場はにある。 2007年1月1日から全ての職場エリアが禁煙となったほか、日本法人のメディカルカンパニーの全従業員につき、所定労働時間中は休憩時間を除き一切の喫煙が禁止されている。 ただし、派遣社員、業務委託社員等の非正規従業員に限り、職場エリア外での喫煙を所定労働時間中でも許可されている。 取り扱い製品 [ ] 日本の一般向け製品は日本法人のコンシューマーカンパニーが、使い捨てコンタクトレンズの「アキュビュー」は同じ日本法人のビジョンケアカンパニーが、それぞれ販売している。 一般用医薬品は、アメリカ本社が2006年5月にファイザー社の一般用医薬品事業を譲受し、日本も2007年8月にの一般用医薬品事業をコンシューマーカンパニーが譲り受けたが、2012年10月からが販売する。 すでに製造委託している一部製品は販売提携となる。 2017年4月に武田薬品工業のコンシューマーヘルスケア事業が分社化され、が販売する。 テレビ広告は当社の各製品の欄を参照。 医療・衛生用品として、、キズパワーパッド、バンドエイドフットケア、ジョンソン綿棒などがある。 赤ちゃん・子供のケア用品として、ジョンソンベビーには、スージングナチュラルズシリーズ、ベビーローション、ベビークリーム、ベビーオイル、ベビーパウダーがある。 スキンケア・化粧品として、ジョンソンボディケアには、ドリーミースキンシリーズ、ラスティングモイスチャーシリーズ、エクストラケアシリーズがあり、またニュートロジーナがある。 オーラルケアには、リーチ、プラックス、があり、後者はファイザー株式会社から譲り受けた製品であるが、前者については2017年5月1日より銀座ステファニー化粧品に移管された。 A(解熱鎮痛薬)【第2類医薬品】 - 2000年9月に発売開始。 当初はが販売を行っていたが、2004年10月より当社直販体制に移行し、2005年にリニューアルしている。 日本で唯一、空腹時にも(風邪による発熱・の場合を除く)服用できる解熱鎮痛薬である。 タイレノールというブランド名の由来は、アセトアミノフェンの正式な化学名、N-アセチル-p-アミノフェノールから取ったものである。 (acetyl-p-aminophenol)また眠くなる成分は入っていない。 15歳以上の大人専用(製造販売元:)。 コールタイジン点鼻液a(鼻炎用薬)【指定第2類医薬品】 - 2009年7月発売。 ステロイド成分と塩酸を配合した点鼻薬。 2012年1月にパッケージデザインをリニューアルし、「コールタイジン点鼻液」から商品名を変更(製造販売元:)。 (製造販売元:陽進堂)• 2011年11月に小改良を行い、「テラマイシン軟膏a」・「テラ・コートリル軟膏a」に改名された。 広告出演者 は該当項目参照• - リーチ• - リーチ• - リーチホワイトニング• yoshie - リーチブレススクリーン• - リステリン• - リステリン トータルケア• - 薬用リステリントータルケア トータルケアゼロ• - 薬用リステリントータルケア トータルケアゼロ• - リステリン• - プラックス• - プラックス• - バンドエイド クッションズ・フォー・フィート• - ジョンソンボディケア• - ジョンソンボディケア• - ジョンソンボディケアリッチスパ• - バイシン• - タイレノール• - ニコレット• - アネトン• - アネトンせき止めZ液• - アネトンi• - アネトンせき止め液• - テレスHiシリーズ• - テレスHiシリーズ など。 事件・不祥事 [ ] タイレノール毒物混入死亡事件 [ ] 1982年、米国シカゴで第三者が()に(シアン化合物)を混入し、7人が死亡するという事件が起こった。 同社は直ちにアメリカ全土から全てのタイレノールを回収し、異物を混入できない構造に改良した。 2500人の従業員を動員し、回収費用は当時で推定1億ドルともいわれる。 」と伝えた。 この一件は、企業理念の実践やにおける対応策に題材としてしばしば取上げられている。 独禁法違反事件 [ ] 2010年12月1日、はジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人に独禁法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を出した。 1日使い捨てのコンタクトレンズ「ワンデーアキュビュー」などについて、2008年12月ごろから2010年3月にかけ、取引先に対して新聞・雑誌などの広告で自社製品の店頭販売価格を表示しないよう強要していた。 違法マーケティング [ ] 子会社のがの不正表示・違法マーケティングで和解金を支払うことに合意した。 製品へのアスベストの混入 [ ] 、は、社がアメリカ国内でしていたベビーパウダーから微量のを検出。 会社はに販売した当該ロットのを始めた。 なお、過去に販売されていたベビーパウダーにもアスベストが混入していた時期があると疑われており、約15000件の訴訟に直面している。 これに対して会社は、一貫して原材料のにアスベストが含まれていないことを主張している。 しかしながら売り上げは徐々に減少したため、2020年5月19日、タルクを原料とするベビーパウダーの販売をアメリカとカナダで中止することを発表した。 関連項目 [ ]• - 協賛学会• 脚注 [ ] []• , p. (武田薬品工業、2012年8月3日)• 時事ドットコム 2010年12月1日 2010年12月3日, at the. ロイター 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 ロイター 2018年12月17日. 2019年10月18日閲覧。 フランス通信社 2020年5月20日. 2020年7月29日閲覧。 参考文献 [ ]• 「歯科企業の動向 ジョンソン・エンド・ジョンソン 新社長に日色 保氏」『歯科医療経済』第2巻第1号、、、2012年1月、 35頁。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (日本語)• - チャンネル• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄• 100. 万科企業.

次の

【企業分析】Johnson & Johnson(JNJ)ジョンソン・エンド・ジョンソン

ジョンソン エンド ジョンソン

ジョンソン・エンド・ジョンソングループは日本において、1961年に事業活動をスタートさせて以来、消費者向け製品をはじめ、医療機器、医薬品などを次々に導入・販売し、ビジネスの拡大を図ってきました。 日本におけるビジネスは、各事業体がそれぞれの分野に専門特化することで展開されており、環境に応じて、時に独自の、時にジョンソン・エンド・ジョンソンのブランド力を武器にし、様々なチャレンジを繰り返し、数多くの製品でトップクラスのシェアを獲得しています。 その結果、ワールドワイドにおける成長と同じように、日本においてもビジネスの継続した拡大を遂げており、飛躍的な成長に繋がっています。 また、これに伴ってワールドワイドのジョンソン・エンド・ジョンソングループにおける日本のプレゼンスは非常に高くなっており、日本市場のニーズを反映させた、日本発の製品開発も進んでいます。 世界における日本の位置付けが今後益々高まるということもあり、このような世界に向けた発信はさらに広がっていくと見込んでいます。 各事業体は分社分権経営により、各々の事業領域、マーケットに特化した独自の戦略に基づいて事業を展開しています。 一方で世界に広がるネットワークを活用し、他国、他地域で展開されている同種の事業に関する情報を共有したり、ワールドワイドの視点で最適化された生産拠点と連携を図ることで充実したサプライチェーンマネジメントを実現するなど、コングロマリットとしての強みも活かしています。 expand 日本のジョンソン・エンド・ジョンソングループ ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は社内カンパニー制を採用し、3つのカンパニーがそれぞれ分社分権経営により運営されています。 メディカル カンパニー 外科、内科をはじめ幅広い診療領域をカバーする最新の医療機器、医療関連製品の輸入・製造販売を手がけています。 1961年 ジョンソン・エンド・ジョンソン・ファーイースト・インコーポレイテッド設立。 本格的な国内生産開始。 1970年 外科向け医療品を扱うホスピタル事業開始。 1972年 福島県須賀川市に新工場完成。 1975年 手術用縫合糸・縫合針を扱うエチコン部門設立。 1978年 日本法人「ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社」を設立。 米国ジョンソン・エンド・ジョンソンと協和発酵工業株式会社とのジョイントベンチャーとして「ヤンセン協和株式会社」設立。 1981年 日本法人「オーソ・ダイアグノスティック・システムズ株式会社」設立。 ジョンソン・エンド・ジョンソン・ファーイースト・インコーポレイテッドの名称を「ジョンソン・エンド・ジョンソン ジャパン インコーポレイテッド」とする。 1983年 エチコン・ホスピタル事業部が分離独立し「ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社」を設立。 1991年 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社、須賀川新工場完成。 1995年 オーソ・ダイアグノスティック・システムズ株式会社、日本コダック ダイアグノス株式会社と合併。 社名を「オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス株式会社」に変更。 1999年 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル株式会社が合併し、現在のジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社となる。 米国ジョンソン・エンド・ジョンソンと米国デピュー社との合併により、「株式会社デピュー・ジャパン」設立。 日本セントコア株式会社が、ジョンソン・エンド・ジョンソン グループになる。 2002年 「ヤンセン協和株式会社」がジョンソン・エンド・ジョンソン100%出資となり(2001年12月)、「ヤンセンファーマ株式会社」に社名を変更。 2005年 株式会社デピュー・ジャパンが、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社と合併。 2006年 ファイザー株式会社コンシューマー ヘルスケア部門を事業承継。 2007年 株式会社ロバート・リード商会から、「デピュー・スパイン」などの脊椎関連製品の販売事業を移管。

次の