楽天 カード 紹介。 楽天カードを紹介したい!方法や特典、紹介する際の注意事項とは?

楽天カードの友達紹介のやり方は? id確認方法と3つの流れ

楽天 カード 紹介

【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社 楽天カード紹介キャンペーンは紹介する側もされる側もオトク 楽天市場での買い物で最大5倍以上のポイントが付くことで人気の楽天カードですが、 友達に紹介するだけでもポイントが受け取れることをご存知でしょうか? 「友達に紹介したらポイントが貰える」という仕組みは、色々なサービスで取り入れられていますが、楽天カードにも存在します。 しかも紹介する側にも、される側にもメリットがあるんです。 紹介した友達が楽天カードに申し込むと1,000ポイント貰えます 紹介した友達が楽天カードに申し込むと、 1,000ポイントが貰えます。 楽天カードの公式サイトに紹介のための専用フォームがありますので、LINEやTwitterなどを使って簡単に紹介することができます。 受け取った紹介ポイントは期間限定ポイントですが、楽天市場などでの買い物で1,000円分の支払いに利用することができます。 紹介された友達はさらに入会キャンペーンのポイントもプラス もちろん紹介した人だけではなく、紹介された人にもメリットがあります。 紹介した人が1,000ポイントを受け取れるのと同じように、 紹介された人にも楽天ポイントが1,000ポイント付与されます。 さらに、楽天カードの新規入会特典を併用することが可能ですので、紹介された人は紹介キャンペーンの1,000ポイントに加えて、 新規入会特典で最大5,000ポイントを受け取ることができます。 楽天カードの紹介からポイントをゲットするまでの流れ 楽天カードの公式サイトからの紹介方法は、 メール、Twitter、LINEの3種類です。 紹介した人に楽天カードが発行されることによって紹介キャンペーンの1,000ポイントが貰えるので、 紹介URLを送信した後のやりとりがスムーズな方法で紹介することがおすすめです。 楽天カード紹介方法は3つ メール、Twitter、LINE 楽天カードの公式サイトの専用フォームから紹介することは共通していますが、それぞれの紹介方法によって特徴があるので、詳しく解説をしていきます。 なお、どの紹介方法であっても 招待コードの入ったURLの有効期限は10日間ですので、注意してください。 その他の注意点については、紹介方法のあとに情報をまとめています。 メールで楽天カードを紹介する方法 紹介したい人のメールアドレスに楽天カードの紹介メールを送る方法です。 楽天カードから届くメールの本文には友達の名前が記入されていますので、迷惑メールでないことは分かります。 しかし、友達のメールボックスの設定によっては迷惑メールに仕訳されている可能性がありますので、招待メールを送信後には友達にメールボックスを確認するように伝える必要があります。 Twitterで楽天カードを紹介する方法 紹介したい人のTwitterアカウントに対して紹介をおこなう方法です。 Twitterによる認証手続きを利用する紹介方法ですので、Twitterのタイムラインに楽天カードの紹介文が掲載されるわけではありませんので安心してください。 紹介された人は、 Twitterの認証画面を経由して楽天カードの申し込み画面へと進む形になります。 スマホアプリなどのTwitter認証と同じ手続きですので、操作は難しくありません。 気軽に楽天カードを紹介したいという方には、Twitterによる紹介がおすすめです。 LINEで楽天カードを紹介する方法 日頃からLINEでのやりとりが多い人には、 LINEを通じて楽天カードを紹介するのが便利です。 メールのように迷惑フォルダに仕訳されることもなく、確実に紹介したい人に情報を届けることができます。 基本的に楽天カードの申請手続きは難しくありませんが、申し込み方法で困っている人がいた場合は、LINEならすぐにケアをすることができます。 紹介用のURLの期限は10日間ですので、 紹介の通知を見落とされることがない紹介方法を選ぶことが重要です。 せっかく紹介しても、期限が過ぎてしまっていると紹介ポイントを受け取ることができません。 友達に楽天カードが発行されるとポイントが発生 楽天カードの紹介キャンペーンは、友達にクレジットカードが発行されることによって、紹介した人とされた人の両方にポイントが付与されます。 紹介された人がカードの申請をするだけでなく、発行されることまでが紹介キャンペーンの条件です。 また、紹介ポイントは楽天カード発行後すぐに受け取れるわけではないので、注意してください。 楽天カードの紹介ポイントの付与されるタイミング 楽天カードの紹介キャンペーンによる楽天ポイントの付与は、 カード発行 入会 から2カ月後の20日です。 例えば4月15日に楽天カードが発行された場合には、6月20日に紹介キャンペーンによるポイントが付与されます。 予定日になってもポイントが付与されない場合には、次の項目のような理由が考えられます。 紹介したのにポイントが付与されない?その理由と注意点 せっかく友達に楽天カードを紹介したのに、ポイントが付与されない場合があります。 楽天のシステムは安定しているので、どうしてもポイントが付与されない場合には、紹介した人かされた人のどちらかで問題が生じている可能性が高いです。 しっかりと条件を守れば必ず受け取れるポイントであり、紹介した人にもされた人にもメリットがありますので、事前に条件を確認してください。 では、楽天カードの紹介キャンペーンの条件を確認しつつ、失敗しやすいポイントと注意点を解説します。 紹介した友達がリンクをクリックせずに申し込んでしまった 楽天カードの紹介キャンペーンは、 メールやLINEなどの紹介方法で送信したURLがクリックされることによって確認されます。 紹介された人がURLをクリックすることなく、自分でGoogle検索などをして楽天カードの公式サイトにアクセスして楽天カードの申請手続きをおこなった場合には、紹介した人にもされた人にもポイントが付与されません。 このケースでは、紹介した友達も1,000ポイントが付与されませんので、その点をしっかりと伝えるようにしてください。 別の人からの紹介リンクをクリックして申し込んでしまった 複数の人から1人に対して楽天カードの紹介がおこなわれた場合、 紹介された人が最後にクリックした紹介URLが有効になります。 日常的に使っている連絡方法で紹介することによって、他の紹介URLをクリックしてしまう可能性が減ります。 普段からやりとりしている方法で、楽天カードの紹介をおこなうようにしてください。 このケースでは、別の人の紹介キャンペーンが適用されるため、紹介された人には紹介ポイントが付与されますが、紹介した人は紹介ポイントを受け取ることができません。 既に楽天カードを持っている or 持っていた 楽天カードの紹介キャンペーンは、新規入会のみを対象としていますので、 紹介した人が既に楽天カードを持っている場合には1,000ポイントの付与はされません。 また、現在は楽天カードを持っていなくても、過去に持っていたことがある場合にも、同じく新規入会ではないため紹介によるポイントの対象外となります。 このケースでは、新しい楽天カードが発行されても、紹介した人とされた人のどちらにも紹介ポイントは発生しません。 審査に通らずカードが発行されなかった 楽天カードは審査が厳しくないクレジットカードとして知られていますが、 紹介した友達が何らかの事情で審査に通らなかった場合には、カードが発行されないので紹介キャンペーンが適用されません。 楽天カードの申請時には正しい情報を入力することが、カード発行のためには重要になります。 これは楽天カードに限らず、全てのクレジットカードの申請で共通していることです。 入力項目が多いですが、最後までしっかりと入力するように伝えましょう。 毎月の紹介上限 9名 を超えてしまっていた 楽天カードの紹介キャンペーンは、 月ごとに紹介できる人数の制限があります。 毎月の 紹介上限は9名で、それ以上の人数に対して楽天カードを紹介しても、9名分のポイントしか付与されません。 紹介したい人が10名以上いる場合には、ひとつの月に全員に紹介するのではなく、毎月9名ずつ紹介するようにしてください。 紹介者数は、毎月月末の時点でリセットされて、翌月1日から改めてカウントされます。 多くの人を紹介する予定の方は、今月紹介予定の人について簡単なメモをとっておくことが好ましいです。 紹介キャンペーンの対象となる楽天カードの種類 楽天カードには機能が異なる様々なクレジットカードがあり、 ほぼ全ての楽天カードが紹介キャンペーンの対象になります。 楽天市場などでの買い物でメリットが大きい 「楽天カード」が最も一般的ですが、他にも女性の利用に便利な 「楽天PINKカード」や、マイルと楽天ポイントが両方貯まる 「楽天ANAマイレージクラブカード」、楽天市場での買い物でポイントが最大5倍となる 「楽天ゴールドカード」、海外旅行の際に空港ラウンジが無料で使える 「楽天プレミアムカード」など、楽天カードの種類が豊富です。 学生限定の 「楽天カード アカデミー」もあります。 学生だけの特典が用意されていますので、大学生などにはおすすめできるクレジットカードです。 紹介された側のメリット、新規入会特典について解説 楽天カードを紹介すると1,000ポイントが貰えますが、紹介された人は紹介による1,000ポイントだけでなく、さらに 新規入会特典を受け取ることができます。 新規入会特典は時期によって異なりますが、 現在は最大で5,000ポイントが特典として受け取れます。 一般的にこのようなキャンペーンは同時に使うことができないことが多いですが、楽天カードの紹介キャンペーンと新規入会特典は併用が可能なのでオトクです。 誰でも必ず貰える楽天カードの新規入会特典 楽天カードに新規入会することで必ず受け取れる新規入会特典は、2,000ポイントです。 つまり、 カードに入会するだけで2,000円分の買い物が可能なポイントが貰えます。 楽天カードが発行しているクレジットカードの管理に便利な楽天e-NAVIで受け取り申請することによって、5営業日以内にポイントが付与されます。 ただし、この2,000ポイントは 期間限定ポイントで、有効期限は半年ですので使い忘れには注意が必要です。 楽天カードを使うと貰える新規入会特典 さらに楽天カードが発行された翌月末までに買い物などで使うことによって、 カード利用特典として3,000ポイントが付与されます。 使用する金額には条件がありませんので、たとえ1円であっても楽天カードを使用すれば特典を受け取ることができます。 カード発行翌月末までの期限付きの特典ですので、こちらも貰い忘れの内容に注意が必要です。 ポイントの付与は、はじめて楽天カードを利用した月の翌月20日ごろです。 ただし、カードの利用情報が楽天に届くのが遅れた場合には、翌々月20日ごろになることがあります。 例えば4月15日にはじめて楽天カードを利用した場合、最短では5月20日、最長で6月20日ごろに3,000ポイントが付与されることになります。 新規入会特典の受け取りは楽天e-NAVI 新規入会特典のポイントを受け取るためには、 楽天e-NAVIに登録する必要があります。 楽天e-NAVIは新規入会特典のポイント受け取りだけではなく、楽天カードの利用履歴や利用可能残高、カード利用によって発生した楽天ポイントの確認などをおこなうのに便利なサービスです。 楽天e-NAVIの登録時には、楽天カードの情報を入力して、アカウントを作成します。 楽天カード保有者のための専用サービスですので、 一度だけ登録を済ませると楽天カードを保有している限りはずっと使用することができます。 楽天カードの紹介キャンペーンのまとめ 楽天カードの紹介キャンペーンについて、おわかりいただけたでしょうか? アフィリエイトのような紹介者だけが得をする仕組みではなく、紹介された人にも同じようにメリットがありますので、まだ楽天カードを持っていない人が周りにいたら積極的に活用したいキャンペーンです。 紹介したら1,000ポイント、紹介されても1,000ポイントが貰え、さらに紹介された友達には新規入会特典がありますので、どちらにとってもメリットがあります。 楽天カードを持っていない人にどんどん紹介したいところですが、毎月の紹介人数は9名までという制限がありますので、ご注意ください。 しっかりと活用すれば 毎月最大9,000円分の楽天ポイントがゲットできるキャンペーンですので、ぜひ活用してみてください。

次の

楽天カードは家族カードを作ると損?本カードとの違いとメリット・デメリットを比較

楽天 カード 紹介

楽天カードは、利用の用途にかかわらず1%の楽天ポイントが還元されます。 楽天系列のサービスの場合は、ポイントの還元率がアップするのもメリットです。 利用するサービスによっては、ポイント還元率が大幅に上がるでしょう。 たとえば、楽天市場では、カードの有無にかかわらず「楽天会員」なら商品購入時に1%の還元です。 通常のカード利用で貯まる1%の還元もあり、3%の還元が受けられる仕組みです。 楽天サービスの利用だけでなく、楽天ポイントが貯まる加盟店でも「加盟店利用で貯まるポイント」と「楽天カードのポイント」が両方貯まる二重取りが可能です。 前者の付与率は、お店によって異なります。 入会キャンペーンを活用しよう 楽天カードには、一気にポイントが貯まる入会キャンペーンがあります。 もらえるポイントは入会時期によって異なりますが、カード発行だけで数千ポイント単位がもらえるものがほとんどです。 付与されるポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類があります。 このうち、マイルに交換ができるのは、通常ポイントとして付与されるもののみです。 入会特典ポイントは通常ポイントで対象ですが、カード利用特典は、期間限定ポイントのためマイルに交換できません。 「家族カード」の申込やリボ払いの設定などのキャンペーンなどでも付与される期間限定ポイントは、楽天市場など楽天のサービスで利用しましょう。 ポイントはANAマイルに交換可能 楽天ポイントを「ANAマイル」などの他社ポイントに交換する場合、まずは楽天会員が利用できる「楽天PointClub」にログインしましょう。 ポイントに関する確認や管理ができるサイトで、アプリもあります。 メニューから「ポイント交換」を選ぶと、各種ポイントへの交換が可能です。 楽天ポイントからANAマイルへの交換を選ぶと、申込画面へ移動します。 このとき、楽天ポイントの口座番号をあらかじめ確認しておきましょう。 交換ポイント数・ANAお客様番号・ANAに登録している氏名を入力し、手続きを進めます。 お客様番号と氏名は「ANAマイレージクラブ」入会時に発行されたものです。 楽天ポイント2ポイントで、1マイルに交換できます。 楽天ポイントをANAマイルに交換する場合、1回50〜1000ポイントずつの交換となります。 1カ月の交換上限は2万ポイントです。 1回申し込むと、次は24時間経過後に申し込めます。 また、期間限定ポイントや「提携先から交換したポイント」は、ANAマイルに交換できません。 キャンペーンで付与される多くのポイントは、期間限定ポイントです。 楽天ポイントに交換できるクレジットカードから移行したポイントは、提携先から交換したポイントとみなされます。 なお、楽天市場などで買い物をした際に付与されるポイントは「獲得予定ポイント」の時点では使用できません。 「利用可能ポイント」となったポイントのみ、交換できます。 楽天カードでANAマイルを貯めるメリット 楽天カードを利用して楽天市場での買い物をする場合、最大3%のポイントが貯まります。 楽天系列以外のショッピングや支払いでも、還元率は1%です。 ANAマイルに交換する場合は、0. 5〜1. 5%の還元率です。 年会費無料のカードとしてはレートが高く、使い勝手が良いといえるでしょう。 ほかのクレジットカードでも、還元率0. 5%は一般的です。 50ポイント~2ポイント刻みで交換でき、利用額が少額でも余すことなくマイルに移行できるなど使いやすさも魅力でしょう。 別途手数料などはかかりません。 お得なレートで交換できるカードは「マイルへの交換に移行手数料を設けている」ケースや「追加で有料の移行コースに登録が必要」な傾向があります。 移行コースの登録は、年5000円ほどかかるものもあります。 多くのポイントをマイルに移行する場合はお得になることもありますが、少量の場合は手数料や登録費がない方が有利です。 年間に交換するポイントをある程度予測して、カードを選ぶことをおすすめします。 有効期限を延ばしやすい 楽天ポイントからANAマイルへ移行した際のマイル有効期限は「最後に利用した月から3年後の月末」です。 2020年6月1日に移行した場合、2023年6月30日まで使えます。 ただし、方法によっては、有効期限を延ばすことも可能です。 交換前の楽天ポイントには「最後に利用した月から1年間」の有効期限があります。 3月にポイントを獲得した場合は、翌年の2月末日までです。 しかし、ポイントを獲得するたびに、有効期限は更新されます。 定期的にポイントの獲得をしていれば、有効期限は切れません。 楽天カードを利用しているのであれば、クレジットカードを利用するだけでポイントが取得できます。 ポイントとして貯め続けて必要時に一気にマイルへ変えれば、そこから3年間はマイルが有効です。 なお、対象となるのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントのマイル交換はできません。 おすすめカードと特徴 ポイントの交換が面倒な場合は、ANAマイルが直接貯まる「楽天ANAマイレージクラブカード」がおすすめです。 「ANAマイルコース」と「楽天ポイントコース」が選べます。 マイルコースを選ぶと、クレジットカードの利用で貯まるポイントは原則マイルで貯まります。 楽天市場や加盟店利用の場合は楽天ポイントで貯まりますが、通常ポイントならマイルに移行が可能です。 どちらのコースを選んでも、途中で変更できる点もメリットでしょう。 ANAマイレージクラブならではの特典も、二つあります。 同名義のANAマイレージクラブカードのマイル統合と、空港の搭乗手続きを簡略化するスキップサービスです。 年会費は550円(税込)ですが、1年に1回利用すると無料となります。 楽天系列のサービスを利用してJALマイルを貯める方法には、楽天証券や「JALマイレージモール」を経由して楽天サービスを利用するなどがあります。 JALマイレージモールでは「楽天ブックス」や「楽天トラベル」がマイル付与の対象です。 それぞれ利用金額や条件が設定されており、加算されるマイル数も異なります。 楽天証券では、楽天ポイントか楽天証券ポイントのどちらかを選んで貯めるポイントプログラムを利用しましょう。 JALマイルに交換するには「楽天証券ポイント」が必要です。 楽天証券ポイントは楽天ポイントにも交換できますが、一度交換したものは元の楽天証券ポイントには戻せません。 ポイントサイトで交換 楽天ポイントとJALマイルを直接交換するプログラムはありません。 ただし、多くのポイントサイトでは、JALマイルに交換可能なポイントを貯められます。 交換レートは50~80%程度です。 ポイントサイトで楽天サービスの利用や楽天カードの発行案件を行い、条件達成で付与された各ポイントサイトのポイントをJALマイルに交換していきましょう。 「ドットマネー(. money)」では「楽天ツールバー」をインストールしてログイン後に楽天のWebページを検索するだけで、マネーが獲得できます。 マネーはJALマイルと、手数料無料で交換可能です。 「モッピー」などでは、条件を達成すればJALマイルの還元率が上がるキャンペーンも不定期で開催されています。

次の

楽天カードの紹介キャンペーンをする側・される側から解説【2020年版】|金融Lab.

楽天 カード 紹介

楽天が発行する、 年会費無料の楽天カード。 基本の ポイント還元率は1. 特に、常時開催されている友達紹介キャンペーンは誰でも簡単に参加でき、非常にお得なキャンペーンとなっている。 本記事では、この楽天カードの友達紹介キャンペーンに関して、その内容や参加方法、注意点などを解説する。 友達紹介キャンペーンは、 楽天カード会員が友達に楽天カードを紹介してその友達が楽天カードに入会すると、入会一人につき2,000ポイントがもらえるというもの。 友達紹介は、 LINE/メール/Twitterいずれかの方法で可能だ。 一カ月に最大9人まで紹介によるポイント獲得が可能で、単純計算で一カ月最大18,000ポイントを獲得できる。 楽天カードは年会費無料のお得なカードであるし、紹介された側も新規入会と初回利用でポイントが付与されるので、お得感がある。 ただし、ポイント付与のタイミングと有効期限には注意したい。 また、 紹介する人の状況によってはポイント付与の対象とならないケースがあるので、事前に確認しておこう。 楽天カードの友達紹介キャンペーンに関して、Twitterなどでポイント獲得目的の楽天カードの勧誘が見られることがある。 しかし、こういった勧誘はトラブルの元なので、 見知らぬ人の紹介は受けないように注意しよう。 申し込むだけなら、自ら申し込んでも紹介を受けて申し込んでも獲得できるポイントは変わらない。 以上のような点を、記事内でさらに詳しく解説していく。 ・ 友達紹介でポイントが貰える 友達紹介キャンペーンとは、自分の友達に楽天カードを紹介し、その 友達が楽天カードに入会すると、友達1人につき2,000ポイントがもらえるというキャンペーンだ。 紹介された側も、楽天カードのキャンペーンの一つである新規入会キャンペーンにより、 入会するだけで2,000ポイントがもらえ、 カードの初回利用時にはさらに3,000ポイントがもらえる。 キャンペーンの対象となるカードは以下の通り。 楽天カード• 楽天PINKカード• 楽天ANAマイレージクラブカード• 楽天プレミアムカード• 楽天ゴールドカード• 楽天カードアカデミー 楽天が発行しているカードはほぼ対象となっている。 紹介する際は相手に「このカードがおすすめ」などと伝えておいても良いだろう。 楽天カードは年会費無料のカードで、楽天のサービスを始め、ポイントを使える場所も多いので、入会によるデメリットはほとんどないと言える。 紹介者だけでなく紹介された側にもメリットがあるため、気軽に声をかけやすく、さらに活用もしやすいキャンペーンだ。 友達を紹介するほどお得なこのキャンペーンだが、紹介人数には上限があり、 1ヶ月で最大9人までというルールになっている。 もし、10人以上に紹介する可能性があれば、10人目移行は月をまたいで別の月に紹介するようにしよう。 お得な期間限定キャンペーン 友達紹介キャンペーンは常時開催のキャンペーンだが、 期間限定でさらにお得なキャンペーンが開催されることがある。 過去に開催されたキャンペーンを例にあげると、友達1人紹介で2,000ポイントという基本ルールは同じだが、 2人目以降の紹介ではさらにプラス1,000ポイントがつくというもの。 時折こうした非常にお得なキャンペーンも行っているということを覚えておこう。 友達紹介の方法 ここからは実際に友達紹介をするための方法を解説していこう。 自分が 楽天カードの会員になっているということは前提だが、手順は決して難しくない。 まずは楽天のHPにアクセスし、そこで友達紹介キャンペーンのページを開こう。 そこから以下の3つの方法で友達紹介を利用することができる。 LINEで紹介 自分のスマホで QRコードを読み取り、専用のページへアクセス。 その際に楽天会員IDが必要だ。 その上でLINEのアプリを起動し、紹介メッセージを送りたい友達を選択・送信。 メッセージを受け取った友達が、記載されたURLからアクセスし、入会すれば完了だ。 メールで紹介 キャンペーンページにアクセスすれば簡単に進めることができる。 専用ページで友達のメールアドレスなどを登録して送信ボタンを押せば、紹介メールが自動で送られる。 あとはそこからアクセスして入会してもらえば良い。 Twitterで紹介 SNSなどでたくさん繋がりを持っている人であればこの方法が使いやすいのではないだろうか。 メールでと同じく、 キャンペーンページにアクセスして指示通りに行えば、メッセージ送信まで進むことができるだろう。 ポイント獲得の注意点 友達紹介キャンペーンにより付与されるポイントについて、以下の点を押さえておこう。 付与されるまでに時間がかかる 気を付けたいのが、 ポイント付与のタイミング。 公式サイトでは、 「紹介を受けた方の対象カードが発行された日より、2カ月後の20日頃」とされており、紹介した友達が入会しても、すぐにポイントが進呈されるわけではない。 カードが発行された日というのもポイントで、審査などがあって、カード発行まで時間がかかってしまうこともある。 注意!有効期限が短い 特典ポイントの有効期限は 進呈日の翌月末までとなっているので注意しよう。 ポイントを受け取ったにも関わらず、使う前に消滅させてしまっては非常にもったいない。 友達紹介から2ヶ月後の20日頃、かつそこから約1ヶ月以内で使うということを忘れず、無駄なくポイントを活用してほしい。 ポイントを狙った勧誘 Twitterなどで「楽天カードに登録すればポイントが貰える!ここから登録してください!」といった投稿を見たことがある人もいるだろう。 これは友達紹介での ポイント獲得を狙った悪質な勧誘なので気を付けたい。 新規会員は全員ポイントが貰えるものであり、 友達紹介されたからと言ってそのポイントが増えることもない。 これは紹介者側だけがメリットのあるキャンペーンであるため、こういう誘い文句でポイントを稼ごうとする人がいるわけだ。 せっかくポイントを進呈するのならば、家族や友人にあげるのに越したことはないだろう。 トラブルを避けるためにも、見ず知らずの人からの勧誘は受けないようにしよう。 ポイントが受け取れないケース うまく活用すれば非常にお得な友達紹介キャンペーンだが、紹介を受けた人が 以下の内容に該当する場合はポイント進呈の対象外となってしまうので注意しよう。 過去申し込み履歴があり、カードが発行されたことのある方(すでに退会された方・カード切り替えのお申し込みをされた方含む)• すでに、カードを持っている方(お申し込み中・カードの到着をお待ちの方も含む)• 家族や他人の楽天ユーザIDを利用して申し込みをされた方• 重複申し込みの場合• カードを受け取っていない場合• カード申し込み時の審査において、カードが発行されなかった方• 家族カードを申し込みの場合• また楽天カードは郵送で手元に届くのだが、 受け取り確認ができた時点で初めてカード発行がされたと見なされる。 受け取りのタイミングが合わず、ズルズルと先送りしているうちに忘れてしまったという場合も、ポイント進呈は受けられないので注意しよう。 また、何らかの理由で紹介した友達が審査落ちをしてしまった場合も、同様にポイントの対象にはならない。 そして一番気を付けたいのが、最後に書いてある URLをクリックした端末と別の端末で申込をしてしまった場合だ。 例えば、携帯でURLを踏んで内容を確認したが、実際の申込はパソコンを使ってしまった場合もポイントの対象外となってしまう。 これらのことを踏まえ、紹介する友達に必要なことをきちんと伝え、対応してもらうようにしよう。 友達紹介は上手に正しく運用 楽天カードは、年会費無料でポイント還元率が高く、特に楽天ユーザーにとっては非常にお得で使い勝手の良いカードだ。 楽天のサービスを使っている人というのは多いので、楽天カードの友達紹介も使いやすいキャンペーンであると言える。 紹介方法も簡単なので、気軽にキャンペーンを利用できる。 しかし、いくらポイントとは言っても、お金に相当する価値を持っているため、取り扱いには十分に気を付けたい。 紹介自体は簡単にできるが、 ポイント受け取りのルールは細かく定められているので、対象外にることのないよう気を付けたい。 また、 ポイント狙いの悪質な勧誘も存在するため、紹介される側として気を付けるのと同時に、紹介する側になった時、相手に不快感を与えてしまわないようにして欲しい。

次の