マルヤクデ 色。 「ポケットモンスター ソード・シールド」,キョダイマックスできる新たなポケモン「サダイジャ」「マルヤクデ」が登場

【ポケモン剣盾】マルヤクデの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

マルヤクデ 色

5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。 /野生のポケモンと出会いにくくなる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が『ほのお』タイプではない時は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

ヤクデ

マルヤクデ 色

努力値は、素早さに努力値4降った「アーマーガア」より先に行動できるようにし、残りを防御と攻撃に振っています。 また特性「もらいび」によって、炎技で攻撃してくる敵に受け出しして戦うことができます。 「パワーウィップ」は、「マルヤクデ」に対して後出ししてきた、岩や水タイプのポケモンに対して有効です。 固有技「キョダイヒャッカ」による攻撃後に、「ダイウォール」を使用して、定数ダメージを稼ぎつつ動くことが可能です。 キョダイヒャッカ キョダイマックスしたマルヤクデのわざ。 その間、相手は逃げられない。 固有技の「キョダイヒャッカ」は、相手に定数ダメージを与えるだけでなく、相手のポケモンを交代できなくする効果が強力です。 相手の交代を封じて、有利なポケモンを後出しして戦うことができます。 「ダイサンダー」がダイマックスした「ギャラドス」に有効。 ゴーストタイプへより負担をかけたい場合はこちらを採用する。 虫技の選択肢である。 相手の攻撃を下げられるので、物理アタッカーに有効。 炎技の選択肢である。 威力が高いが、自傷ダメージに注意。 後出ししてくる、岩や水タイプに効果的。 物理アタッカーの機能を停止できる。 特殊アタッカーに対しても定数ダメージを稼ぐことが可能。 選択枠は、その他技候補を入れても良いです マルヤクデの役割と立ち回り 炎タイプに牽制をかけて戦う 「マルヤクデ」は特性「もらいび」によって炎技を無効にしつつ、自分の炎技の威力を上げることができます。 そのため、相手に炎技を打たせないように、牽制をかけて戦うことが可能です。 技の追加効果を利用して立ち回る 「マルヤクデ」は追加効果の優秀な技が多く、相手に応じた技で立ち回ることができます。 たとえば、「ほのおのムチ」は相手の防御を下げつつ、追撃する動きが強力です。 また「はたきおとす」は、相手の道具を無効化できます。 マルヤクデの対策 岩技で弱点をついて倒す 岩タイプの技は、マルヤクデに対して4倍の弱点をつけるので、対策として大変有効です。 タイプ不一致の「がんせきふうじ」などでも簡単に倒すことがきます。 また補助技の 「ステルスロック」は、「マルヤクデ」のHPを半分削ることがきるので、とても効果的です。 マルヤクデがダイマックスをしてる場合は、ダイジェットの起点にすることもできます。

次の

【ポケモン剣盾】マルヤクデの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

マルヤクデ 色

5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。 /野生のポケモンと出会いにくくなる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が『ほのお』タイプではない時は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の