大阪から淡路島。 関西空港・大阪・神戸・三宮から淡路島・沼島への行き方

各路線のご案内

大阪から淡路島

車でのアクセス 大阪・神戸方面から• 阪神高速神戸線から第二神名道路経由で、名谷JCTを経て垂水JCTから神戸淡路鳴門自動車道【明石海峡大橋】へアクセスします。 岡山・姫路方面から• 第二神明道路から伊川谷JCTで阪神高速北神戸線に入り、永井谷JCTから第二神明道路北線で垂水JCTへ、そして神戸淡路鳴門自動車道【明石海峡大橋】へアクセスします。 四国方面から• 徳島から淡路島へは、国道11号から鳴門ICから神戸淡路鳴門自動車道へ入り、大鳴門橋を渡ってアクセスします。 高松方面からは、高松自動車道からそのまま鳴門IC経由で神戸淡路鳴門自動車道へ入り、大鳴門橋を渡ってアクセス出来ます。 高速道路• サービスエリア バイク(自動二輪オートバイ)でのアクセス 126cc以上のバイク• 大阪・神戸方面から 阪神高速神戸線から第二神名道路経由で、名谷JCTを経て垂水JCTから神戸淡路鳴門自動車道【明石海峡大橋】へアクセスします。 岡山・姫路方面から 第二神明道路から伊川谷JCTで阪神高速北神戸線に入り、永井谷JCTから第二神明道路北線で垂水JCTへ、そして神戸淡路鳴門自動車道【明石海峡大橋】へアクセスします。 四国方面から 徳島から淡路島へは、国道11号から鳴門ICから神戸淡路鳴門自動車道へ入り、大鳴門橋を渡ってアクセスします。 高松方面からは、高松自動車道からそのまま鳴門IC経由で神戸淡路鳴門自動車道へ入り、大鳴門橋を渡ってアクセス出来ます。 高速道路• サービスエリア 125cc以下のバイク(原動機付き自転車含む)• 残念ながら明石海峡大橋、神戸淡路鳴門自動車道、大鳴門橋は125cc以下は通行できません。 自転車でのアクセス 大阪・神戸方面から• 四国方面から• 残念ながら鳴門海峡を渡る手段がありません。 折畳み自転車で折り畳んだ状態で収納袋に入っていれば、淡路交通の路線バスに乗って淡路島へ渡る事が出来るようです。 高速バスでのアクセス• JR大阪駅、JR新神戸駅、高速舞子バスターミナルなどから、明石海峡大橋を経由する高速バスが運行してます。 特に、高速舞子バスターミナルは、発着本数も多いので、乗り継ぎ駅の舞子駅にもJR神戸線の快速電車が停車するので便利です。 【参考】様 大阪から• 舞子から• 四国方面から• 旅客船(高速艇)でのアクセス 大阪・神戸・方面から• 運航状況については、下記の電話番号にお問い合わせください。 [岩屋航路]TEL. 0799-72-2015 沼島へ渡るには• 消費税率の変更に伴い、通行料金が10円単位となります。 ETC車料金は平日と休日で料金が異なります。 普通車・軽自動車等のETC車には休日割引と平日朝夕割引の適用があります。 詳しくは、をご覧下さい。 【料金に関するお問い合わせ】 お客さま窓口 TEL 078-291-1033 営業時間 9:00~17:30 淡路島アクセスマップ スポンサーリンク.

次の

淡路島への交通アクセスガイド|淡路島WEB「あわじウェブドットコム」

大阪から淡路島

そうだ!淡路島に行こう。 ある朝、良く晴れていてドライブ日和です。 どこへ行こうかと考えていたところでした。 日帰りで行けるところで遠くなく、そしてせっかくの車なので近くなく・・・ で、思いついたのが「淡路島」。 早速、車を走らせて阪神高速道路を通って淡路島へ入島です。 明石海峡大橋です。 真っ青な空に真っ白い橋、窓を開ければ風がとっても気持ちが良いですよ。 橋を渡れば、そこは淡路島です。 わりと近いんです! 2. まず最初に立ち寄りたい淡路サービスエリア 明石海峡大橋を渡ったらすぐ到着します。 観覧車が目印のサービスエリア。 お土産コーナーも充実していて、スターバックスやドッグランなどもあります。 こちらのサービスエリアからは明石海峡大橋や本州が望めます。 とっても景色の良いところで、絶好の撮影スポットです! せっかくなので、観覧車にも乗ってみましょう。 何台かに一台、椅子も床もシースルーのゴンドラもあります。 ドキドキ、ヒヤヒヤもんです。 手に汗握ります! カップルなら、二人の距離もぐーんと縮まりますね。 景色も抜群です! 施設名:淡路サービスエリア大観覧車 TEL:0799-72-5461 営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00 L. ランチはオシャレカフェでゆったりしてみては? ランチにはやっぱり海沿いのカフェに行きたいですよね。 島の西側エリア(北淡)のシーサイドレストランを2件ご紹介いたします。 3-1. 異国のようなお店 【CRAFT CIRCUS(クラフトサーカス)】 島の西側にあるお店、シーサイドレストラン&カフェ。 夕陽100選に選ばれた淡路島の海を眺めながらのランチはゆったりできますよ。 ずらりと並んだとっても可愛いゾウのオブジェがあったり、 淡路島の名産、玉ねぎ型をした寝ころべるソファもあったり、インスタ映えスポットですね。 テラス席はロケーション抜群です!瀬戸内海が目の前いっぱいに広がっていますよ。 海風を感じながらのランチはとっても気持ち良いです。 一番人気メニューのパエリアです。 海の幸と淡路玉ねぎが乗っていてとっても豪華です。 シーフードプリプリと甘い玉ねぎとレモンのサッパリがとっても合います。 ドリンクもとっても可愛いです。 海とマッチしています。 80台も入る、無料駐車場もありますので安心です。 店名: 住所:〒656-1724 兵庫県淡路市野島平林2-2(平林海水浴場 北) TEL:0799-82-1855 営業時間:10:30~19:00 L. 18:30) 定休日:木曜(祝日の場合は営業) 駐車場:無料駐車場有 3-2. オシャレカフェで新鮮食材料理 【miele(ミエレ)】 淡路島で話題の「のじまスコーラ」の姉妹店です。 ミエレはイタリア語ではちみつの意味。 はちみつを使ったオリジナル料理が食べられます。 こちらもシーサイドで白を基調としたお店になっているのでよく目立ちます。 海を眺めながらのランチは気持ちいいですね。 淡路牛と特製デミグラスソースと淡路玉ねぎが美味しいハンバーガー。 しらす盛り盛りのピッツァ。 ピッツァにしらすが意外に合います。 こちら、淡路島産釜揚げしらす丼。 やっぱり淡路島といったら、「しらす」ですよね。 店名: 住所:〒656- 1721 兵庫県淡路市野島蟇浦785-9 TEL:0799-80-2600 営業時間: 10:30~19:00 L. 18:30) 11月~2月 10:30~18:00 L. 17:30) 定休日:火曜(祝日の場合は営業) 駐車場:無料駐車場30台有 4. 淡路島のお土産は人気の道の駅で 【道の駅 うずしお】 こちらの「道の駅うずしお」は日本で一番うずしおに近い道の駅です。 海鮮丼や生しらす丼、淡路牛、あわじ島バーガーなどのグルメも人気です。 大鳴門橋も近くに見ることができます。 すぐそこには、四国 徳島が見えます。 4-1. おみやげはやっぱり玉ねぎでしょ! お店に入ると、まずは「あわじ島の玉ねぎ」がどーんとあります。 色々な種類の玉ねぎがありますよ。 どれにしようか?迷います・・・ 淡路島の地ビール「あわぢびーる」も色々な種類があります。 塩レモンのビールもあります。 珍しいですね。 道の駅って、色々買いたくなりますよね。 車なら重たい玉ねぎもビールも気にせずどんどん買えますね。 4-2. 迫力満点の大鳴門橋が間近!うずしおも?! そして、この「道の駅うずしお」では地上から「うずしお」が見られるかもしれないスポットがあります。 アンカレイジ展望台です。 ショップ横にあるスロープを大鳴門橋の方へ進んで行きます。 この歩道を通って大鳴門橋の下にある「アンカレイジ展望台」まで行くことができます。 橋のすぐ下まで行くことができます。 波の音や潮風がスゴイです。 帽子など飛ばされないように注意しましょう。 ド迫力の大鳴門橋です。 行った時間帯は「うずしお」は見ることができませんでした。 うずしおは、日によって時間帯で見れる時と見れない時があります。 見れたあなたはラッキー! 店名: 住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22 TEL:0799-52-1157 営業時間:9:00~17:00 定休日:木曜(祝日、長期休みの場合は営業) 駐車場:無料駐車場有 5. できたての味を楽しめるバター手作り体験 【淡路島牧場】 新鮮な淡路島牛乳をつかって、バターの手作り体験ができる淡路島牧場。 発券機で券を購入します。 スタッフの方が作り方を教えてくれます。 容器に入っている牛乳をフリフリしたり、円を作るようにクルクル回したり・・・ わぁっ!できました!丸いものがバターです。 容器一つでできるんですね。 できたてのバターはもらったクラッカーで食べられます。 無塩バターで作っていて、あっさりとした味で美味しいです。 併せて、手作りチーズのつくり方も見学できます。 こちらは、スタッフの方が作ってくれます。 できたてカッテージチーズです。 こちらも試食できますよ。 料金 大人(中学生以上)780円 小人(小学生以下)680円 体験時間 午前の部 09:30~10:00 10:30~11:00 11:30~12:00 午後の部 13:00~13:30 14:00~14:30 15:00~15:30 16:00~16:30 美味しい淡路島牛乳も無料で飲めちゃいます。 店名: 住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1番地 TEL:0799-42-2066 営業時間:9:00~17:00 定休日:月に1・3日、木曜休園有り。 駐車場:無料駐車場有 6. 海沿いドライブはキレイなサンセットが眺めます 淡路島の北淡町(ほくだん)はサンセットタイムのドライブもおすすめです。 兵庫県道31号線は海と隣接していて、「淡路サンセットライン」の愛称でも呼ばれているだけあって、海に沈んでいく夕陽がとてもキレイに見えます。 タイムラプスで撮ってみました。 ディナーは美味しい淡路牛はいかが? 【Ocean Terrace(オーシャンテラス)】 淡路島に来たので、是非とも淡路牛が食べたいと思いながら、淡路サンセットラインを走っていると、何やらお店が現れました。 赤いパラソルにキラキラ光っている階段、豪華な感じがでています。 2Fはカレーや軽食が食べられるオーシャンテラスカフェ(10:30〜L. 18:00)で、3Fはオーシャングリルレストラン。 こちらはHAL YAMASHITA東京のエグゼクティブオーナーシェフ山下春幸氏がプロデュースするお店です。 ディナーなので3Fへ。 階段を上がると目に入る赤い牛のオブジェが!淡路牛が食べられそうですよ。 テラス席は、目の前が海!!の絶景です。 オーシャンビューで見晴らしが最高です。 店内席もあります。 暑い日、寒い日でも大丈夫ですね。 ビュッフェ形式のお店で、前菜やサラダ、シーフードやパスタなどのお料理が約40種類あります。 プラスで淡路牛、豪州肉が選べます。 ビュッフェなので、取り過ぎに注意です。 この後にお肉がやってきますよ。 お肉は、日本初のセルフローストスタイル、自分で好みの焼き具合に焼いていきます。 レア?ウェルダン? ちょっと焼き過ぎたかな?と思いましたが、淡路牛、柔らかくて美味しい!.

次の

大阪から洲本までのルート 阪神高速

大阪から淡路島

大阪から淡路島へ車で行く時に必要な高速料金と各インターチェンジ周辺にある観光施設をご紹介。 大阪から淡路島への高速料金の最安は1,930円(約1時間)で、大阪府庁舎本館の最寄りインターチェンジ「法円坂インターチェンジ」から淡路島の最北にある「淡路インターチェンジ」まで行くことができます。 淡路島の目的地によっては、「淡路インターチェンジ」以外の場所で高速道路を降りる必要があるので主な観光地別に高速道路の値段をご案内します。 なお、高速道路代「片道900円」で淡路島へ行く方法も最後にご紹介します。 とても不便ですが、時間がたくさんある人はぜひご活用下さい。 最新情報は念のためご自身で確認することをおすすめします。 淡路島にあるインターチェンジ 淡路島にある7つのインターチェンジを北から順にご紹介。 淡路インターチェンジ 2. 東浦インターチェンジ 3. 北淡インターチェンジ 4. 津名一宮インターチェンジ 5. 洲本インターチェンジ 6. 西淡三原インターチェンジ 7. 淡路島南インターチェンジ 1. 淡路インターチェンジまでは片道1,930円(1時間)〜 大きな明石大橋の真横にある淡路島最北端のインターチェンジ。 国営明石海峡公園や県立淡路島公園、ウェスティンホテル淡路、松帆の湯などへ行く方はこのインターチェンジをご利用ください。 高速料金を安く抑えたい!という方はここで降りて淡路島の海岸沿いをドライブするというのもありです! 2. 東浦インターチェンジまでは片道2,070円(1時間3分)〜 ラ・テラス淡路やカーサ・カリーナといったバーベキューができる貸切コテージ、千年一酒造、東浦サンパーク(温泉)などへ行く方はこちらのインターチェンジで降りてください。 上記の淡路インターチェンジから東浦インターチェンジまでは車で15分強なのでお急ぎでない場合は、淡路インターチェンジで降りて淡路島の東海岸をドライブしながら南下するというのも良いと思います。 ちなみにドライブするなら、午前中は朝日と海が旅行気分が盛り上げてくれる淡路島の東海岸、午後は夕日がキレイな淡路島の西海岸がオススメです。 北淡インターチェンジまでは片道2,270円(1時間8分)〜 ペットと泊まれるコテージがあるゆいま〜る淡路やパルシェ香りの館、コテージ・オートキャンプ場・バーベキュー場・公園・温泉があるウェルネスパーク五色へ行く人はこちらで降りてください。 一番最初に紹介した淡路インターチェンジから北淡インターチェンジまで高速道路を降りて下道で行くと30分かかります。 津名一宮インターチェンジまでは片道2,420円(1時間14分)〜 淡路島のちょうど真ん中にあるこのインターチェンジはどこへ行くにも便利。 伊弉諾神宮や多賀の浜海水浴場、シーアイガ海月、赤い屋根、淡路島マンモスなどへ行く方は津名一宮インターチェンジで降りてください。 淡路島最北の淡路インターチェンジから津名一宮インターチェンジまで高速道路を降りて下道で行くと35分かかります。 洲本インターチェンジまでは片道2,630円(1時間22分)〜 洲本温泉や大浜海水浴場へ行く方は洲本インターチェンジで高速道路を降りてください。 一番最初に紹介した淡路インターチェンジから洲本インターチェンジまで高速道路を降りて下道で行くと55分かかります。 西淡三原インターチェンジまでは片道2,780円(1時間27分)〜 ファームパークイングランドの丘、淡路島牧場、サンライズ淡路などへ行く方は西淡三原インターチェンジで高速道路を降りてください。 淡路島最北の淡路インターチェンジから西淡三原インターチェンジまで高速道路を降りて下道で行くと1時間15分かかります。 淡路島南インターチェンジまでは片道2,880円(1時間34分)〜 淡路じゃのひれアウトドアリゾートや阿万海岸海水浴場などへ行く方は淡路南インターチェンジで高速道路を降りてください。 淡路島最北の淡路インターチェンジから淡路南インターチェンジまで高速道路を降りて下道で行くと1時間24分かかります。 最新情報は念のためご自身で確認することをおすすめします。 下道でドライブしながら面白そうな所を見て回る旅行もいいですよね! 900円で淡路島へ行く方法は、垂水ジャンクションから高速道路に乗り明石海峡大橋を渡って淡路島側の淡路インターチェンジで高速道路をおります。 11km(約7分)でETC平日休日ともに900円で明石海峡大橋を渡ることができます! まとめ 大阪の法円坂インターチェンジから淡路島の最北にある淡路インターチェンジまでは片道1,930円(1時間)で行くことができます。 淡路島内の目的地に合わせて適したインターチェンジを利用してください。 もし高速料金を最大限におさえたいなら明石大橋を渡る900円(7分)だけで淡路島へ行くことができます。 淡路島観光の旅程作りに役立てば幸いです!.

次の