キント。 頭金なし、月々コミコミ「KINTO(キント)」をおすすめする理由

悪い評判は?KINTO(キント)のデメリット3つとメリット7つを解説!

キント

苦戦が続くトヨタの自動車サブスクリプションサービス「KINTO」(右)。 「東京の直営販社が展開する独自のサブスク(左)の方が好調」と明かすトヨタ系販売会社幹部もいる(撮影:尾形文繁) ネットフリックスやスポティファイ、アマゾンプライムといった動画や音楽の配信サービスは日本で急速に普及し、幅広い世代で認知度も高い。 一方、トヨタ自動車が国内メーカーとして先陣を切って今年参入した自動車の定額利用(サブスクリプション)サービス、「KINTO(キント)」は苦戦を強いられている。 全国で4800店を超える販売店やウェブサイトで展開しているが、今年7月以降の申し込み件数は1日平均で約5. 7件にとどまる。 流行のサブスクも自動車となるとうまくいかないのはなぜか。 契約伸びず、収益化になお時間 キントは車両代のほかに登録時の諸費用、税金、任意保険料などを含む毎月定額の料金を払えば新車に3年間乗れるサービスだ。 「プリウス」や「RAV4」「ヴォクシー」など15車種から1車種を選べる。 最も安いのは2019年11月に発売されたばかりのコンパクトSUV「ライズ」で月額3万9820円(税込み)~。 最も高いのは、高級車の「クラウン」で月額9万5700円(同)~。 サービスは2019年3月から東京都内で試験的に始め、7月に全国展開を開始した。 東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧は キントの運営会社、キント(社名も同名)は、12月16日に初めて契約件数を公表した。 東京地区ではトライアル期間だった今年3~6月の4カ月間でわずかに83件。 それでもサービスの全国展開に踏み切ったが、結果は7~11月の5カ月間で868件。 1日平均で6件に満たない水準だ。 全国展開と合わせて大量にテレビCMも投入したが、全国での認知度は11月末時点で18. キントの小寺信也社長は「認知度が上がっていけば広告宣伝費が減って損益分岐点(ブレークイーブン)に到達するが、そこまでには数年かかる」と述べた。 こうした状況に手をこまぬいているわけではなく、テコ入れ策も打ち出した。 来年1月以降に新たに16車種(トヨタブランド8車種、レクサスブランド8車種)を追加する。 最も安い利用料金はパッソの月額3万2780円~となる。 利用料金がさらに安い月額1万~2万円台で中古車版のキントも導入する方針だ。 群馬県の販売店で実験的に始め、状況を見て全国展開したい考えだ。 これまではキントの申込みは個人に限っていたが、法人の受付も来年1月から開始する。 小寺社長が「車を持つことに対する負担や手間を軽減して、1人でも多くの若い人に気軽に車に付き合ってほしい」と話す通り、一番のターゲットは車離れが指摘されている若者だ。 特に20代前半で初めて車を持つ場合、高額な任意保険料がネックとなる。 その点、キントは保険料が割安なフリート保険を組み込むことで「お得な利用料金」を実現したという。 月額の利用料金は年齢による違いはない。

次の

トヨタの定額制サービス「キント」と「カーリース」を徹底比較!

キント

・トヨタの定額制サービス「キント」と一般的な「カーリース」の比較 ・それぞれのサービスの特徴・メリット・デメリット ・通常割賦プランや残価設定型プランとの違い この記事を書いているボクは、元ディーラー営業マンで各社のカーリースを販売していました。 ボク自身も、カーリースを利用して5年。 無料クーポンにて2回車検を実施しています。 今回はトヨタが始めたカーリースサービス「キント」とカーリース業界最王手のオリックス自動車の「オリックスカーリース」を比較していきます。 トヨタの定額制サービス「キント」と「カーリース」を徹底比較! KINTO(キント)とオリックスカーリースの期間や料金の比較一覧 2019年11月現在の見積もり料金を掲載しています。 7月よりキント・ワンにアクアが、10月よりRAV4、ハリアー、プラドが、11月よりRAIZEが追加となりました。 今後も順次拡大予定で最新のKINTO(キント)対応車種、月額料金、KINTO (キント)最安ランキングは『』をご覧ください。 キント・セレクト(トヨタ) キント・ワン(トヨタ) オリックスカーリース 対象車種 RXなどレクサス6車種から選択。 また、キントは1回目の車検が訪れる前に返却するため車検が必要ありません。 オリックスカーリースの場合は、車検・オイル交換・オイルエレメント交換は無料クーポンにて全国のオリックス提携工場にて実施します。 月額料金の比較はサービス内容が異なるため、各サービスの特徴やメリットの比較をご覧いただきそのサービスに対しての月額料金が自分にとって適正なのかをご判断ください。 なお、上記掲載料金はそれぞれのサービスにおける最安料金です。 そもそも、車のサブスクリプションとは?カーリースとの違いが気になる方は『』をご覧ください。 KINTO(キント)とオリックスカーリース の特徴・メリット・デメリット トヨタの個人向けカーリース「KINTO(キント)」の特徴は? 「KINTO-ONE(キント・ワン)」、「KINTO-SELECT(キント・セレクト)」それぞれの特徴を見てみましょう。 ・リース料金は、メンテナンス、任意保険等を含む。 ・3年後の契約満了時に返却することが条件。 ・リース料金は、メンテナンス、任意保険等を含む。 ・6台のレクサスを乗り比べすることができる。 ・半年ごとに返却することが条件。 全年齢対応。 車両保険の免責は5万円なので、もしもの際にも最小限ですみます。 法人契約は適用外となります。 参照: 免許返納で解約金0円でクルマを返却できますので、「年齢」を理由に新車を諦めていた方でもキントでしたら高齢者だと高額になりがちな任意保険料がコミコミですからお得に新車に乗ることができるようになりました。 審査結果は3営業日以内を目安にメールで連絡がきます。 販売店で契約をした方はセールスマンからの連絡となります。 トヨタの定額制サービス「KINTO(キント)のデメリット ・任意保険の等級が上がっている方にとって割高感は否めない。 おそらく、若年層と経験値の高いドライバーも同じ保険料としてワンプライスで価格設定しているので経験豊富なドライバーが割を食う形になっていると思われます。 そのため、この料金に対する高い・安いの判断は乗る方の年齢によります。 一般的に若年層や高齢者は保険料が高いからです。 ・月間走行距離制限は1,500Km以内。 返却することが前提ですので走行距離数に制限があります。 ・途中解約は違約金がかかる 中途解約の場合、所定の清算金の支払いが発生しますが、他カーリースと異なるところは解約金が明確となっているところです。 詳細は公式サイトからご確認ください。 なお、トヨタが始めた愛車サブスクリプションサービスの無料お見積りやサービスの詳細・お問い合わせは 公式サイト『 』からお申込みください。 オリックス自動車の「オリックスカーリース」の特徴 【いまのりナイン】 9年契約の長期でリースするため、いまのりセブンよりも月々の支払いを抑えることができるサービスです。 7年経過後には解約金0円で乗り換えも返却も自由に選択可能。 返却後のリース料の支払いはありません。 また、最大の特徴は 契約終了後にそのままクルマを 自分のモノにすることができるところです。 返却でも自分のものにしても良く選択肢が多いため、ライフスタイルにも柔軟に対応できるサービスとして活用されています。 【いまのりセブン】 こちらは7年契約で新車に乗り、契約開始から 5年が経過すれば解約金0円で乗り換えか返却することができ、以降のリース料金の支払いはありません。 最大の特徴はいまのりセブンもいまのりナインと同様に契約満了時に クルマを自分のものにできます。 いまのりナイン同様に返却でも自分のものにしても良く選択肢が多いため、ライフスタイルにも柔軟に対応できるサービスとして活用されています。 【いまのりくん】 5年契約で好きな新車に乗り、契約開始後から2年が経過したら自由に乗り換えや返却ができるサービスです。 車は国産メーカーの全車種から選ぶことができ、ライフステージに合わせて車種を変更することができるため、もっと自由にカーライフを楽しみたいという方にはオススメです。 ただし、「いまのりくん」の場合は契約終了後に車両は返却となります。 カーリースにしたいけど残価が心配という方でも残価設定がない(残価0円)ためにユーザーは安心してクルマを利用できます。 年に数回程度、ファミリーカーをレンタルしたい方や旅行先でレンタカーを使う方に好評です。 審査結果は3営業日以内を目安にメールで連絡がきます。 「オリックスカーリース」のデメリット ・月間制限走行距離が2,000Km以内 返却を前提とした場合は、走行距離数に制限があります。 距離数がオーバーしても返却時10万円分、乗換え時20万円分が免責となります。 ・法令点検(12ヶ月点検)はリース内容に含まれていない 無料クーポンにて対応しているのは、車検・オイル交換・オイルエレメント交換です。 KINTO(キント)には含まれている法令点検(いわゆる12ヶ月点検)は利用者の任意となっています。 リース料金には含まれていないので法令点検(12ヶ月点検)をどうしても受けたい方は別料金にてディーラーや整備工場で受けることになります。 なお、オリックスカーリースについて詳しく解説した記事は『』をご覧ください。 通常割賦プランや残価設定型プランとの違い KINTO(キント)やオリックスカーリースがマイカーローンや残価設定型プランと大きく違うところは、自動車税などの税金や自賠責保険料・メンテナンスがコミコミにできるところです。 通常、マイカーローンに自賠責保険料や任意保険料や税金はコミコミにすることができません。 また、通常の残価設定型プランの場合、契約満了時に残価と査定価格の清算が行われますが、キントとオリックスカーリース(いまのりシリーズ)では残価と査定価格の清算がありません。 (残価を保証している販売店もありますので確認が必要です。 ) 残価の清算がないということは、乗っていた車両の市場価値が返却時に暴落していた場合でも多額の請求がくることがないという安心感があります。 残価設定型プランは月々をなるべく安く乗れるように生まれたプランですが最初に残価(予想売却価格)を設定しているため、どうしても最後の清算の心配があります。 キントやオリックスカーリースは月々定額で乗れることが売りのサービスですから、最後に大きな支払いの可能性を秘めた高額な残価と契約終了時の査定額との清算をする残価設定プランとはその性質が異なりそのような商品ではサブスクリプションサービスとは呼べないでしょう。 まとめ トヨタの定額制サービス「キント」特にキントセレクトは経済性よりも楽しみを重視する 高級車ユーザー層の方にニーズがありそうですが、軽自動車やコンパクトカーを選択するのであれば オリックスカーリースが経済的です。 しかし、任意保険料が高額な若年層や「年齢」を理由に新車を諦めていた方にとって、キントは任意保険料コミコミで免許返納で解約金なしで解約ができますのでそういった方に特に向いているサービスでしょう。 他社カーリースと比較したときのキントの最大の売りはコネクティッドによる「車両データに基づく、販売店やコールセンターからのタイムリーなアフターサービスの提供」と「任意保険料がコミコミ」となっているところです。 しかし、トヨタがうたう故障時の安心や安全性のために所有するよりも高い料金になるサービスにお金を払うユーザーがどれ程いるのか?ということに注目が集まりそうです。 また、トヨタが「カーリース」という言葉をあえて使わずに、「サブスクリプション」や「月額定額サービス」という言葉を使っているのは、一部の残価を高額に設定しているカーリース商品とは区別したいという想いが伝わってきます。 カーリースはレンタカーやカーシェアーと違い、リース期間中は愛車を所有しているかのように利用することができます。 残価精算のないカーリース(クルマのサブスクリプションサービス)は月額定額で気軽に利用できるこれからの新しいクルマの乗り方として注目が必要です。

次の

愛車サブスクリプション「KINTO」は本当にお得なのか!損得を計算してみたら意外な結果に

キント

2019年2月にトヨタから発表されたサブスクリプションサービス「KINTO」。 月額49,788円 税込 からクルマが利用できるとあって注目を浴びています。 月額を支払って受けられるサービスや本当にお得なのか?自分で買うのとどれぐらい安くなるのか?などを調べてみました。 KINTOの月額に含まれている費用 KINTOの月額には任意保険・自動車税・登録諸費用・車両の定期メンテナンスが含まれているので、月額費用以外にはガソリン代と駐車場代のみ別途必要ですが車両関係の費用は月額料金がしかかかりません。 自動車税はエコカー減税が適用されると実質1万円になります。 さらに3年間支払い続けた場合、約180万円以上かからないので420万円かかる通常購入に比べて 圧倒的に安くクルマに乗ることができます。 コスト面では圧倒的に優れているKINTOですが、1点だけデメリットがあります。 それは3年経っても、クルマが 自分のものにならないと言うことです。 通常購入の場合、クルマのローンが終わればメンテナンス費と任意保険だけですむので かなりコスト抑えられ、次回のクルマ購入時には下取りとして購入費用に当てることが可能です。 KINTOには2種類のプランと11種類の車種 KINTOには11種類のトヨタ車が用意されていますが、プランによって選べる車種が決まってきます。 プランには「KINTO ONE」と「KINTO SELECT」があります。 KINTO ONEは選ぶ車種によって月額が変わる KINTO ONEで選べるクルマは• プリウス• カローラスポーツ• アルファード• ヴェルファイア• クラウン の5車種です。 KINTO ONEは車種・グレードによって月額料金が変わってきます。 グレード1 グレード2 グレード3 プリウス 49,780円 53,460円 56,160円 カローラスポーツ 53,460円 57,780円 59,940円 ヴェルファイア 81,000円 87,480円 91,800円 アルファード 85,320円 87,480円 96,120円 クラウン 97,200円 101,520円 106,920円 KINTO SELECTは憧れのLEXUSを半年1回乗り換えられる KINTO SELECTはKINTO ONEとは若干サービス内容が違います。 一番大きな違いは6ヶ月に1回、別の新車に乗り換えることができる点です。 KINTOがおすすめな人 トヨタのサブスク「KINTO」がおすすめな人は• 新車に乗りたい• 3年に1度は乗り換えたい• クルマにかかる費用を心配したくない です。

次の