なぎら 健壱。 なぎら健壱のフォーク大集会|NHKラジオ第1

なぎら健壱 1973年の想い出 歌詞&動画視聴

なぎら 健壱

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2015年7月) なぎら けんいち なぎら 健壱 本名 柳楽 健一 別名義 なぎら けんいち 生年月日 1952-04-16 (68歳) 出生地 ・(旧・木挽町) 国籍 民族 血液型 職業 ジャンル など 活動内容 - 現在 配偶者 あり 著名な家族 :() 公式サイト なぎら 健壱(なぎら けんいち、 - )は、の、、。 本名は 柳楽 健一(読みは芸名と同じ)。 旧芸名・ なぎら けんいち。 (旧・木挽町)出身。 は、ユニットののボーカルであるeito. 08(柳楽詠人)。 弟子に、、がいる。 来歴・人物 [ ] 父は宝石箱をつくる職人をしていた。 中央区銀座東(旧・木挽町)から、小学校3年のときにに転居、卒業、、。 ・で、グラフィックデザインの勉強をする。 に感化され、アングラフォークに目覚める。 後にのや、に影響を受ける。 ので行われたにアマチュアとして飛び入り参加し(同年も同じく参加している)ライブ盤に収録された。 次いで、1971年のライブ盤にも数曲収録されている。 『万年床』でアルバムデビュー。 日本青年館での実況録音盤『』は、司会の、、、、、、、、らが盛り立てた。 にはとユニット「フォークマン・ブラザーズ」を結成し、活動した。 に出演した『』()での薬痴寺先輩役で注目を浴びて以降、役者としても活動している。 音楽活動では後半以降、カントリー、ブルーグラス色の強い作品を発表。 を行う数少ないシンガーの1人である。 またタレントとしても数々のバラエティー番組に多く出演し、「 オツだねー」「 粋だねー」などのせりふを物まねされていることでも有名である。 特にモノマネ芸人のに「チンカチンカのひゃっこいルービー【カチンカチンの冷たいビールを業界用語風に言うネタ】」という言い回しを真似されるが、本人は実際に言ったことはない。 また東京の下町の庶民文化への造詣も深く、下町に関する著書も多い。 これらが評価され、2015年よりの正面にあるに彼の手形が設置された。 現在も、などを中心にライブ活動を続け、時に地方公演も行う。 テレビ番組やライブの曲間に語る話には常軌を逸したものが多く、「いい加減なことを言う」「平気で(ネタとして)嘘を言う」キャラクターといわれているが、本人は「実際に見た話。 〈おかしなもの〉にアンテナを張っているから見える」と語り、自らの本職を「語り部」と称している。 また、本人は「いい加減さはさんの方が上」とも言っている。 と非常に仲が良く、を務めている『』()、『』()に出演した際には、よく「の似合う」、「インチキくさい」などと言われることがある。 カメラ 、、、散歩、がらくた収集、など、多趣味でも知られる。 とりわけリスナーとしてに傾倒し、日本の芸能界では唯一の(のカントリーシンガー)ファンクラブの会員といわれる。 また同じ下町出身で同世代ののとも親交がある。 には造詣が深く、「日本フォーク私的大全」という本を出している。 パソコンとの関わり [ ]• ラジオでの対談でなぎら健壱本人がこのページを見て自らをしていると発言(2013年1月30日、「」内)(2014年11月23日、NHKラジオ第一「午後のまりやーじゅ」内でも発言)。 には既に PC を購入していた。 当時愛用していた機種は製「NEC PC-9800」。 なぎらは当時を振り返って、「というが、まだバージョン1か2」「は(中略)5」「なんかも、憶えようとした」と語るなど、傾倒していたことを窺わせる。 なお、長年を使いに親しんできたなぎらは、ベースのシリーズが発売されると「かえって裏切られた気がして」一時PCから離れたという。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ] 発売日 規格 規格品番 面 タイトル 1974年1月25日 EP EB-1017 A B 一九七三年の思い出 1974年8月10日 EP EB-1027 A B また淋しくなるね 1974年 EP KS-1 A 一番電車 B ぶったまげ節 1975年12月25日 EP CX-102 A B 1976年4月 EP CX-103 A そらとぶさんりんしゃ B ママのみぎてはまほうのて 1976年4月 EP L-2W A 流れ者に捧げる詩 B 風の街 1978年6月 EP L-227W A とべとべドラゴン B 恐竜天国 キャニオンレコード 1980年5月 EP CX-122 A おかしいゾウ B タヌキのあかちゃん 1981年4月 EP CX-63 A B 花いちもんめ 1981年6月 EP CX-65 A B 憧れは南風 1983年10月 EP 7K-122 A アーパー・サーファー・ギャル B なぎらのマイムマイム 1984年10月 EP 7K-158 A あの日から I Love You B YASUOSAN 1985年 EP 7K-180 A ラブユー東京スポーツ B 下町(まち) 1990年12月12日 8cmCD TODT-2613 1 カンポ節 2 東京村13番地 1992年12月16日 8cmCD TODT-2960 1 いつか風になって 2 下町(まち)2 1993年6月23日 8cmCD TODT-3036 1 ひとり渚で 2 この夜に 2007年5月23日 CD TECA-12096 1 遥かな町 2 夢の人 2010年2月3日 CD TECH-12208 1 踏切 2 見果てぬ夢 Roots rec. 2013年7月24日 CD ROOTS-007 1 東スポワルツ 2 東スポ博士 アルバム [ ]• 万年床(1972年、)• 葛飾にバッタを見た(1973年1月1日、)• 街の風になって(1974年3月1日、URC)• なぎらけんいちの奇癖(1974年7月1日、ビクター)• 春歌(1974年12月5日、カレードスコープ)• さすらいのばくち打ち(1976年6月1日、)• (1976年12月1日、ワーナー・パイオニア)• ユニット名、タイトルともにフォークマン・ブラザーズ。 内容はのような構成で台本もなぎら自身が手がけている。 コント部分にが参加している。 この夜に(1993年7月7日、東芝EMI)• また、なぎら自身による年譜も掲載されている。 Whoopee Water Band Vol. 1(1999年12月10日、シールズ)• 日輪(2000年9月22日、HINAWA)• 下町のこころ〜東京のこっち側〜(アンサンブル)• 嘘のような本当の話vol. 1 - トークアルバム()• 嘘のような本当の話vol. 2 - トークアルバム(テイチクエンタテインメント)• 裏技(テイチクエンターテインメント)• さすらいのばくち打ち(再発・タワーレコード限定)• 「いっぽんでもニンジン」と「葛飾にバッタを見た 2000」を収録。 夜風に乾杯(通常版)(2012年)• N・KEN(ルーツ) 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1987年、)• IV() - 河本太郎巡査部長 役• V(テレビ朝日) - 河本太郎巡査部長 役• () - 山本万太郎 役• (TBSテレビ) - 馬田渚役• (フジテレビ)• (日本テレビ) - 生倉新八 役• (テレビ朝日)• 4(テレビ朝日)• 第7話(日本テレビ)• 11(2006年、テレビ朝日) - 寺本秋雄 役• (2007年、) - 源さん 役• (2008年、TBSテレビ) - 泰造 役• (2009年、TBSテレビ) - 上野 役• (2011年、) - 小山和夫 役• (2012年8月・9月、NHK) - 山田隆志 役• 梅ちゃん先生〜結婚できない男と女スペシャル〜 後編(2012年10月20日、) - 山田隆志 役• 第14話(2015年7月17日、テレビ東京) - ギンジ 役• (2015年11月4日、テレビ東京) - ピース(声)役• 2(2016年11月26日、朝日放送) - マスター 役• (2018年) - レレレのおじさん アニメ [ ]• (フジテレビ) - ドラ太郎 役 OVA [ ]• - シロ 役• - 三太夫セガール 役 WEBアニメ [ ]• - 実写パートに出演 CM [ ]• 『大正漢方胃腸薬』唄の役(1990年)• 『』(2005年、ページ()の兄・ペーイチ 役)• 『』(2008年 - 、と共演)• 公共広告機構(現:)『自転車って、もっと素敵になれるはず。 』(東北の地域キャンペーン(テレビCMはNHKで全国展開)2008年度)• 宝焼酎ハイボール(2009年 - )• (2019年 - 、、と共演) バラエティ [ ]• (テレビ朝日、不定期出演、飲み企画系にはよく登場する)• (テレビ東京、MC)• (テレビ朝日、レギュラー)• (テレビ東京、レギュラー出演)• (テレビ東京、不定期、下町地区が紹介されるときのみ。 かつて、が収録を休んだ際、ピンチヒッターとして代役を務めたことがあり、薬丸印ならぬ「なぎら印の新名物」も紹介していた。 音楽バラエティ・(2006年10月 - 2007年4月、でMC担当)• 「なぎら大開宝計画」()• (日本テレビ、1998年ごろ初出演。 2009年以降はレギュラー旅人としてたびたび出演するようになる。 2017年現在、ここ数年は一年度中に5回前後、出演する。 なぎら健壱の東京の江戸を遊ぶ(、一部地上波でも放送)• (フジテレビ、1984年4月 - 1985年3月。 (テレビ東京、数回出演、同じ葛飾区出身のと一緒に出演することもある)• (テレビ東京)• (フジテレビ)• BSスカパー、2016年4月21日 ニュース・情報番組 [ ]• (TBSテレビ、コメンテーター)• (TBSテレビ、コメンテーター) スポーツ [ ]• (テレビ東京、1989年から1995年まで司会) ラジオ [ ]• (、第2金曜、放送終了)• (文化放送、放送終了)• (、不定期、放送終了)• (、放送終了)• (、毎週日曜6:16頃 - 6:23頃のコーナー「あの頃のフォークが聴きたい」、放送終了)• ・(TBSラジオ、2005年6月21日、ゲスト)• (TBSラジオ、2009年11月1日、ゲスト)• (NHKラジオ第1放送、2013年4月1日 - 2015年3月9日、月曜パーソナリティ)• (NHKラジオ第1放送、不定期、主に祝日に放送) 映画 [ ]• (1976年、、監督) - 薬痴寺 役• (1977年、日活、曽根中生監督) - 薬痴寺 役• (1978年) - 銭湯の男 役• (1983年)• (1984年)• (主演、1984年)• (1984年)• 白昼の女狩り(1984年、監督)• (主演、1985年)• とっておきVirgin Love! 童貞物語3(1989年)• パチンコ物語(1990年)• (1990年)• (1991年)• 大感傷仮面(1992年)• (1992年)• 第2回(1994年)• (1996年) - 薬痴寺 役• そして天使は歌う ぼ・ぼ・僕らは正義の味方(1997年)• 10(1998年)• 「放送禁止歌」唄っているのは誰? 規制するのは誰? (1999年)• (1999年)• バネ式(2002年)• かかしの旅(2005年)• 狼少女(2005年)• (2006年)• (2006年)• (2007年) - クゥの父親 役• THE MOVIE(2008年)• (2008年) その他 [ ]• 「きりぎりす」(、2002年) - ナレーション• (・制作、2012年4月10日 - ) 著作 [ ]• 流れ者の幸福() 旧題「笑って悲しく泣いて死ぬ」• 日本フォーク私的大全()• 大江戸アウトドア(洋泉社)• 東京酒場漂流記(ちくま文庫)• 下町小僧(ちくま文庫)• 新TOKYO八景 来るな! なぎら健壱の味勝負四十番(出版)• いいだろ? なぎら健壱な・み・だ・つぼ()• 東京の江戸を遊ぶ(ちくま文庫)• ぼくらは下町探検隊(ちくま文庫)• タイムスリップ昭和30年代の歌 懐かしのヒット曲と出来事でよみがえる()- 共著• 酒にまじわれば(文藝春秋社)• なぜ犬は「ポチ」なのか? (エディターズ・グループ)• 絶滅食堂で逢いましょう()• 東京路地裏暮景色(ちくま文庫)• 町の忘れもの(ちくま新書)• 五つの赤い風船とフォークの時代(アイノア)2012年7月発行• 酒場のたわごと(実業之日本社)2014年11月発行 脚注 [ ]• 『ぶらり途中下車の旅』出演時は、製のカメラを首からさげることが多い。 「なぎら健壱編集長!? 」『』Vol9、No45、、、p81)• ポンキッキ』挿入歌。 歌:鹿島のヒデヤ。 このレコードから名前の表記が芸名が『なぎらけんいち』から『なぎら健壱』となる。 の曲に載って、サーファーギャルをこき下ろすコミックソング。 の替え歌。 首都圏の夕刊紙の大げさな見出しと内容のギャップをネタにしつつ、東京スポーツに対する愛情を表現したコミックソング。 が、東京スポーツ側は、大まじめに「これは我々を賛美しているのだろうか? 」と会議を行ったらしい。 曲名はの『ラブユー東京』のだが、曲調は全くの別物。 まじめに下町への郷愁をうたっている。 ・漢方胃腸薬のCMソング• 作詞は。 「」エンディングテーマ曲。 「」エンディングテーマ曲。 系「」エンディングテーマ曲。 ・50周年記念ソング。 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。 関連項目 [ ]• - なぎらのモノマネを得意とする芸人。 - ものまねで『いっぽんでもニンジン』を歌ったことがある。 - フォークソングを通じて親しくなり、テレビ番組などで度々共演。 「中津川渡」の変名で「東京フォークジャンボリーズ」というユニットをの番組内で結成している。 - 晩年になぎらと交流を持った演歌師。 外部リンク [ ]•

次の

何者にもならず自分で居続けようとする東京人、なぎら健壱|美樹香月|note

なぎら 健壱

全国を飛び回ることが多いなぎら健壱さん。 若い頃からカメラを持ち歩くことを習慣としているそうです。 色々な風景を見る機会があったからカメラが趣味になったのかもしれませんね。 写真展を開催するほどの腕前を持つなぎら健壱さん。 もはや趣味の域を超えていると言っても言い過ぎではないかも。 「芸は身を助ける」と言いますが、なぎら健壱さんの場合は「趣味は身を助ける」と言えるかもしれません。 なぎら健壱に息子がいる? あまり私生活を語らないなぎら健壱さんですが、息子がいることは有名かもしれません。 なぎら健壱さんの息子は柳楽詠人(なぎらえいと)さん。 詠人さんは結婚されていて、お孫さんもいるみたいです。 「eito. 08」名義でREMというヒップホップユニットでボーカルを務める傍ら「らくらく」というもんじゃ焼き屋も経営しています。 REMの知名度があるとは言えませんので、もんじゃ焼き屋の経営が本職と言えるかもしれません。 東京都目黒区にあるという「らくらく」の売り上げはなんと一ヵ月で300万円。

次の

なぎら健壱 朝日楼 歌詞&動画視聴

なぎら 健壱

お送りした曲目 第14回放送 2017. 01.「ポスターカラー」古井戸 (竹中直人さん)• 02.「あの素晴らしい愛をもう一度」加藤和彦と北山修 (ナポレオンズ・ボナ植木さん)• 03.「ドゥーチュイムニイ」佐渡山豊 (いとうせいこうさん)• 04.「伽草子」吉田拓郎 (野村邦丸さん)• 05.「赤土の下で」加川良・高田渡 (サンボマスター・山口隆さん)• 06.「女の証し」加川良 (六角精児さん)• 07.「ピエロ」松山千春 (マキタスポーツさん)• 08.「君と歩いた青春」風 (大槻ケンヂさん)• 09.「傘がない」井上陽水 (関根勤さん)• 10.「ガソリンとマッチ」なぎら健壱 (柄本明さん)• 11.「あいてるドアから失礼しますよ」友部正人 (宮沢章夫さん)• お送りした曲目 第13回放送 2016. 30(金)• 01.「カボチャ音頭」岡林信康• 02.「さなえちゃん」古井戸• 03.「旅立て女房」泉谷しげる• 04.「自己嫌悪のサンバ」三上寛• 05.「めめずはん」五つの赤い風船• 06.「電話」友川かずき• 07.「火縄銃でボーン!」黒川つねみ• 08.「無用ノ介」早川義夫• 09.「馬」吉田拓郎• 10.「蛇に食われて死んでいく男の悲しい悲しい物語」ザ・フォーク・クルセダーズ• 11.「トーキン・ハヴァ・ナギラ・ブルーズ」ボブ・ディラン• 12.「じんじろげ」森山加代子• 13.「ヂンヂロゲ」なぎら健壱• 14.「落陽」福郎さん• 15.「愛の係長」旅瀬健さん• 16.「特別なメロディ」YasGenさん• 17.「巴波川」小林進さん(生演奏)• 18.「涙がこぼれたの」辻香織• 19.「浅草スージー」なぎら健壱• 20.「遠い世界に」なぎら健壱、辻香織、道谷眞平• 21.「夜風に乾杯」なぎら健壱、辻香織、道谷眞平• お送りした曲目 第12回放送 2016. 3(木・祝)• 01.「くよくよするなよ」 ボブ・ディラン• 02.「くよくよするなよ」 ピーター、ポール&マリー• 03.「ド・レ・ミ」 ウディ・ガスリー• 04.「ウディに捧げる歌」 ボブ・ディラン• 05.「1913年の大虐殺」 ランブリング・ジャック・エリオット• 06.「時代は変わる」 高石友也• 07.「男らしいってわかるかい」 ザ・ディランII• 08.「電車問題」 高田渡・岩井宏• 09.「労務者とは云え」 なぎら健壱• 10.「ライク・ア・ローリング・ストーン」 ボブ・ディラン• 11.「この世で一番キレイなもの」 早川義夫• お送りした曲目 第11回放送 2016. 19(月・祝) ゲスト:坂崎 幸之助さん• 01.「花はどこへいったの」キングストン・トリオ• 02.「小さな日記」フォー・セインツ• 03.「何のために」ザ・フォーク・クルセダーズ• 04.「悩み多き者よ」斉藤哲夫• 05.「ありがとう」小坂忠• 06.「あしたはきっと」いとうたかお• 07.ぶらぶら節~ごあいさつ(高田渡)• 08.カッコよくはないけれど(中川五郎)• 09.まぼろしの翼とともに(五つの赤い風船)• 10.伝道(加川良)• 11.「春のからっ風」泉谷しげる• 12.「東京」マイ・ペース• 13.「飛びます」山崎ハコ• 14.「ラストダンスを踊って」関谷真奈美• 演奏曲目・出場者 特別企画「夏の選抜!フォークおやじバトル!」2016. 12(金)FM• 「朝の雨」 藤原稔さん• 「いつか君と」 田畑富立さん• 「巴波川」 小林進さん• 「The Sound Of Silence」 EARL GREYさん• 「変わりゆく季節」 水上喜子さん• 「黒の舟歌」 塚原しじみさん• 「Puff, The Magic Dragon」 Butch Kuretさん• 「永代橋」 だるま食堂さん• 「桜」 小林進さん• 「Scaborough Fair」 EARL GREYさん• 「夢は夜ひらく」 塚原しじみさん• 「たまねぎ畑」 だるま食堂さん• 「ミッドナイト・モスキート」 小林進さん• 「ヨイトマケの唄」 塚原しじみさん• 見事頂点に輝いた方は、小林進さんでした!• お送りした曲目 第10回放送 2016. 4(水・祝)• 01.「春夏秋冬」 鈴木康博・山本潤子・細坪基佳• 02.「風は激しく」 ブラザーズ・フォア• 03.「一本道」 辻香織• 04.「夕暮れ」 大塚まさじ• 05.「戦争は知らない」 ザ・フォーク・クルセダーズ• 06.「山谷ブルース」 鳥羽一郎• 07.「天使のハンマー」 ピーター、ポール&マリー• 08.「十九の春」 憂歌団• 09.「さくらの唄」 なぎら健壱• 10.「テイク・ミー・ホーム・カントリー・ロード」 小野リサ• 11.「涙がこぼれたの」 辻香織• お送りした曲目 第9回放送 2016. 21(月・休)• 01.「面影橋から」及川恒平• 02.「竹田の子守唄」赤い鳥• 03.「上野市」西岡たかし• 04.「川崎のキツネさん」シュリークス• 05.「下町」なぎら健壱• 06.「吉祥寺」斉藤哲夫• 07.「泪橋」茶木みやこ• 08.「なごり雪」イルカ• 09.「神田川」南こうせつ• 10.「遠い世界に」五つの赤い風船• 11.「帰ってきたヨッパライ」フォーククルセダーズ• 12.「ミスター・ボージャングル」ニッティー・グリッティー・ダートバンド• 13.「コーヒーブルース」歌:辻香織 演奏:辻香織&なぎら健壱• 14.「わたし、ふりかえるな」歌・演奏:辻香織• 15.「やせっぽっちのブルース」歌:道谷眞平 演奏:道谷眞平、なぎら健壱• 16.「東京節」歌・演奏:なぎら健壱• 17.「労務者とは云え」歌・演奏:なぎら健壱• 18.「愛の絆」歌・演奏:なぎら健壱、辻香織、道谷眞平• お送りした曲目 第7回放送 2015. 30(水)• 01.「ごあいさつ」高田渡• 02.「あるおっさん云いはった」高石ともや• 03.「酔いどれかぐや姫」南こうせつとかぐや姫• 04.「わっちゃいせい(WHAT I SAY)」吉田拓郎• 05.「たぬき(世界は二人のために)」フォーク・クルセダーズ• 06.「泳げたい焼き屋のおじさん」所ジョージ• 07.「大阪弁」西岡たかし• 08.「冷蔵庫」友川かずき• 09.「かつ丼」中島田鶴雄• 10.「ブルー」ピーター、ポール&マリー• 11.「新幹線はうんと早い」なれあいシンガーズ• 12.「自己嫌悪のサンバ」三上寛• 13.「なぎらのマイムマイム」なぎら健壱• 14.「ジェニファー・ジュニパー」ドノヴァン• 15.「テネシー・ワルツ」スパイク・ジョーンズ&シティ・スリッカーズ• 生演奏• 16.「わたし、ふりかえるな」辻香織 歌:辻香織• 17.「鉱夫の祈り」高田渡 歌:なぎら健壱• 18.「生活の柄」高田渡 歌:なぎら健壱、辻香織、道谷眞平• お送りした曲目 第6回放送 2015. 3(火・祝)• 01.「鮪に鰯」(高田 渡)• 02.「悲しくてやりきれない」(フォーク・クルセダーズ)• 03.「一匹のカニ」(小室 等)• 04.「会話」(佐渡山 豊)• 05.「贋金つくり」(岡 大介)• 06.「猿股の唄」(高田 渡&ヒルトップ・ストリングス・バンド)• 07.「死んだ男の残したものは」(森山 良子)• 08.「サーカス」(友川 かずき)• 09.「N・KENのダイナ」(なぎら 健壱)• 10.「キャシーの歌」(サイモン&ガーファンクル)• 11.「星空の路」(なぎら 健壱)• お送りした曲目 第5回放送 2015. 12(月・祝)• 01.「ドンナ・ドンナ」(ジョーン・バエズ)• 02.「今日の日はさようなら」(森山良子)• 03.「故郷へ帰りたい」(チェリッシュ)• 04.「私が生まれた日」(山崎ハコ)• 05.「ぼくたちの失敗」(森田童子)• 06.「アメイジング・グレイス」(白鳥英美子)• 07.「アメイジング・グレイス」(ジュディ・コリンズ)• 08.「一人の道」(茶木みやこ)• 09.「ふらふら」(中島みゆき)• 10.「ひとりぼっちの部屋」(高木麻早)• 11.「17才の頃」(ジャニス・イアン)• 12.「日輪」(なぎら健壱)• お送りした曲目 第4回放送 2015. 21(月・祝)• 01.「Leather Breeches」(マイク・シーガー)• 02.「ひがみ【告白篇】」(律&イサト)• 03.「フォギー・マウンテイン・ブレイクダウン」(レスター・フラット&アール・スラッグス)• 04.「Muskrat」(ドク・ワトソン)• 05.「もぐらの唄」(シバ)• 06.「ウォーク・ライト・イン」(ルーフトップ・シンガーズ)• 07.「ジェントル・オン・マイ・マインド」(グレン・キャンベル)• 08.「遠い世界に」(五つの赤い風船)• 09.「Fair And Tender Ladies」(マイク・シーガー)• 10.「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」(ピーター、ポール&マリー)• 11.「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」(ジェシー・フラー)• 12.「泣けた夕焼け」(辻香織)• 13.「ステーション・ホテル」(古井戸)• 14.「さんま焼けたか」(斉藤哲夫)• 15.「ミスター・ボー・ジャングル」(ジェリー・ジェフ・ウォーカー)• 16.「私は好奇心の強い女」(シュリークス)• 17.「面影橋から」(及川恒平)• 18.「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」(若林純夫)• 19.「下宿屋」(加川良)• 20.「アジアの片隅で」(吉田拓郎)• お送りした曲目 第2回放送 2015. 20(月・祝)• 01.『風に吹かれて』(ボブ・ディラン)• 02.『風に吹かれて』(ピーター・ポール&マリー)• 03.『時代は変わる』(ボブ・ディラン)• 04.『時代は変わる』(高石友也)• 05.『わが祖国』(ウディ・ガスリー)• 06.『永遠の絆』(ランブリング・ジャック・エリオット)• 07.『大阪へやって来た』(友部正人)• 08.『イッツ・オールライト・マ』(ロジャー・マッギン)• 09.『戦争の親玉』(岡林信康)• 10.『春だったね』(吉田拓郎)• 11.『メンフィス・ブルース・アゲイン』(ボブ・ディラン)• 12.『電車問題』(高田渡)• 13.『1913年の大虐殺』(ランブリング・ジャック・エリオット)• 14.『わたし、ふりかえるな』(辻香織)• 15.『花嫁』(はしだのりひことクライマックス)• 16.『一本道』(辻香織)• 17.『東京タワー』(なぎら健壱)• 18.『八月の濡れた砂』(石川セリ)• 19.『暗い部屋』(ガロ)• 21.『百円札』(加川良)• 22.『みのりの牧場』(オデッタ)• 23.『加川良の手紙』(吉田拓郎)• 24.『くよくよするなよ』(ピーター・ポール&マリー).

次の