トヨタ 自動車 ヤリス。 【トヨタ GRヤリス 新型試乗】まさに“Bセグ・スポーツカー”!3グレードの走りを比較…大谷達也

2020年秋登場。トヨタ「ヤリスクロス」の魅力や価格を解説!

トヨタ 自動車 ヤリス

ヤリス インテリア 新型ヤリスにTNGA GA-B プラットフォーム採用 新型ヤリスには、2015年12月9日に発売が開始されたから採用された「 」と呼ばれる新開発の「」を採用。 広い室内空間を得ることが可能。 高い空力性能(Cd値 0. 30)を実現。 ハイブリッドシステムは新世代「 直列3気筒 1. のJC08モード燃費40. E-Four(4WD)モデルも採用。 トヨタのコンパクトカーとして初採用。 ガソリン車にも新世代「 直列3気筒 1. 5L 直噴 ダイナミック フォースエンジン M15A型」を採用。 発進用ギヤ付きの 「Direct Shift-CVT」または「6MT」と組み合わせる。 0 Lエンジン」モデルもラインナップする。 新型 ヤリス VS アクア エンジン比較 ハイブリッド スペック アクア 新型ヤリス エンジン 1. 9kW(5. 3PS) モーター 最大トルク 169Nm(17. 2kgm) フロント:141Nm(14. 4kgm) リア:52Nm(5. 0~35. 0L エンジン 1KR型 直列3気筒 1. 6~20. 4~21. また、「 コンパクトカーにそこまでの機能や装備まで付けてくれるのか!」と思ってしまうほど素晴らしい装備を搭載し新型、プラットフォームとエンジンとを搭載しており力の入れ方がすごい。 ヴィッツやアクアの中古車を検討されている方がいるのであれば、絶対に新型「ヤリス」を検討してから比較して購入すべきである。 トヨタニュースリリース ヤリス トヨタ.

次の

トヨタ・ヤリス

トヨタ 自動車 ヤリス

走る楽しさと、最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えた新世代コンパクトカー「ヤリス」。 コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。 ラインアップは、1. 5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステム搭載の「ハイブリッドZ」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドX」、1. エクステリアは、徹底的にムダをそぎ落したキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブな走りを予感させる。 シャープな印象のヘッドランプで精悍な顔つきを表現。 またリヤは、一体的に造形したウィンドウとコンビネーションランプが新しい3次元的なグラフィックとなり、通り過ぎてからもハッとする後ろ姿にも拘ってる。 インテリアは、ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間を表現した。 インパネ断面を薄くしてワイドな印象を付与したほか、ステアリングホイールを従来より小径化することで、室内をより広く、スポーティーな印象を持たせた。 また、フードレス双眼デジタルTFTメーター(トヨタ初)や、ソフトインストルメントパネルを採用したほか、コンソールの幅を広くし収納スペースを拡充するなど、ワンクラス上の室内空間を目指た。 安全装備では、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」など、多くの先進・便利機能をいち早く採用。 スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」も全車に標準装備した。 走る楽しさと、最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えた新世代コンパクトカー「ヤリス」。 コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。 ラインアップは、1. 5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステム搭載の「ハイブリッドZ」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドX」、1. エクステリアは、徹底的にムダをそぎ落したキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブな走りを予感させる。 シャープな印象のヘッドランプで精悍な顔つきを表現。 またリヤは、一体的に造形したウィンドウとコンビネーションランプが新しい3次元的なグラフィックとなり、通り過ぎてからもハッとする後ろ姿にも拘ってる。 インテリアは、ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間を表現した。 インパネ断面を薄くしてワイドな印象を付与したほか、ステアリングホイールを従来より小径化することで、室内をより広く、スポーティーな印象を持たせた。 また、フードレス双眼デジタルTFTメーター(トヨタ初)や、ソフトインストルメントパネルを採用したほか、コンソールの幅を広くし収納スペースを拡充するなど、ワンクラス上の室内空間を目指た。 安全装備では、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」など、多くの先進・便利機能をいち早く採用。 スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」も全車に標準装備した。 ボディカラーは、新規開発色の「コーラルクリスタルシャイン」、「アイスピンクメタリック」を含むモノトーンカラーを全12色、ブラックまたはホワイトのルーフ色と組み合わせたツートーンカラーを全6色用意。 グレード名 排気量 駆動 燃費 価格 1490cc FULL4WD - 2,493,000円 1490cc FULL4WD - 2,338,000円 1490cc FF - 2,295,000円 1490cc FULL4WD - 2,241,000円 1490cc FF - 2,130,000円 1490cc FF - 1,998,000円 1490cc FF - 1,926,000円 1490cc FF - 1,871,000円 1490cc FF - 1,756,000円 1490cc FF - 1,701,000円 996cc FF - 1,613,000円 1490cc FF - 1,598,000円 1490cc FF - 1,543,000円 996cc FF - 1,455,000円 996cc FF - 1,395,000円.

次の

ヤリス/トヨタ|クルマレビュー

トヨタ 自動車 ヤリス

シャシーとボディ、サスのバランスが良く、高速のつなぎ目やギャップなども何食わぬ顔でいなしてくれます。 先代の3代目ヴィッツの前期型みたいな、フワフワしただけの感じとはまるで違います。 しっかりしているのにコシも程よく、不快な硬さは無いと言ったところ。 とてもプレーンで、万人向けの設定にあって絶妙なトコを突いています。 そういう意味では、自分で硬めにするも柔めにするも、タイヤの銘柄と空気圧を換えるだけで変化を吟味できると思います。 そうそう、この何にも邪魔がない感じの乗り味の一つに、駆動系の抵抗感がとても少ないことも、挙げておきたいです。 前車の206RCでは平地だと思ってたとこも実は傾斜があって、ニュートラルでヤリスがスルスルと動き出して、これには驚きました。 総じてヤリスの買いポイントは「シャシーパッケージ」にあります。 TNGAのGA-Bプラットフォームを用いて、シャシーを主軸にすべての構成が絶妙にバランスよく行われており 走りのために何を我慢するわけでも、何かのために走りを我慢することがありません。 いい意味で無色透明で、何かを足すとか引くとかもありません、あるがままのクルマを楽しむことができます。 自分でスポーツ方向でもコンフォート方向でも色を付けやすい、そんな可能性を感じます。 もちろん、購入段階でMT車が選べるのも非常にグッド。 トルクフルなエンジンと、全体を率いるシャシー、節度感のあるミッション、扱いやすいブレーキ。 これらが合わさると、普段の街乗りで積極的シフトチェンジを駆使して、クルマを軽快に走らせる楽しさを実感できます。 その他、車内のイージーリターンシートやテレスコ、チルトなどドライビングポジションを作る機能面も抜かりなく、国産Bセグにあって「乗り倒したい」そんな人におススメしたい一台です。 言わずもがな、燃費も秀逸の一言ですし、多くの便利機能や安全装備も揃っています。 フィット4がファミリーカーのど真ん中を突く意欲作なら、こちらはドライバーズコンパクトのど真ん中を突く意欲作です。

次の