スバル ブラット。 スバル・ブラット

タミヤ RC特別企画商品 1/10RC スバル ブラット ブルーバージョン

スバル ブラット

概要 [ ] アメリカでは若年層を中心に、パーソナルカーとしてのピックアップトラックの需要があり、日本車の輸入が本格化したに入ると、日本製の、、いすゞ生産のなどのミニピックアップトラックが好調な販売を記録していた。 しかしスバルではフルボディ以外のを生産しておらず、こうした「荷箱分割方式」が取れない。 との度重なる折衝の末、荷台をボディ前半部となだらかに一体化させたデザインとしたうえで荷台に固定式のシートを2脚取り付けることで、「ピックアップ」ではない4人乗りの「」としての輸入を認められ、10月から「BRAT」という専用名称 とともにアメリカへの輸出が始まった。 発行のカートピア別冊「楽しい4輪駆動車のハンドブック」では初代ブラットがレオーネ4WDの使用実例の一つとして紹介されていたが、その中には『日本では発売できない』との記述があった。 国内未導入車種にも関わらずには(当時 田宮模型)より同車の2代目をモデルとしたが発売されるなどの形を通して一般にその存在が浸透した。 歴史 [ ] 初代 [ ] 10月、発売。 初代スバル・ブラットのベースとなったのは、A3型レオーネ2ドアセダンで、Aを含むフロントウインドシールドと以前、両サイドのドアは共通であるが、ボディパネルの約6割は専用部品となる。 、を中心に、「スバル MV」という輸出名でへの輸出開始。 2代目 [ ] 2代目ブラット USモデル 10月にAB型レオーネボディにモデルチェンジ。 AB型レオーネ2ドアをベースとしていた。 AB型レオーネでは唯一、「ハローツインルーフ Halo Twin Roof 」と呼ばれるガラス製も設定された。 からは、4灯フロントグリル、前後を一体成型に変更。 、をタイプに変更。 アメリカ仕様は「GL」のみのモノグレードとなった。 、・地域の需要に対応して、を中心に「ブランビー Brumby 」として輸出が開始された。 また、など諸国にも「スバル・ピックアップ Subaru Pickup 」として1986年から輸出された。 アメリカでの販売終了後も、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、中東には輸出が継続され、までAB型レオーネのボディのまま生産された。 脚注 [ ].

次の

スバル・ブラットに関する情報

スバル ブラット

だからでしょうか、日本の自動車メーカーもアメリカ市場向けにはピックアップトラックの開発に力を入れている感じがしますね。 その昔、スバルもアメリカ市場を意識してピックアップトラックを作っていました。 それが、ブラットです。 実は日本では買えない日本車の一つだったんですね。 1977年に誕生したブラットのベースとなっていたのはもちろん日本でも販売してファンが多かったレオーネでした。 2ドアセダンのボディを改造して後部に荷台を設けたピックアップへと変身させていたのです。 当時は日米の貿易摩擦などもあり、日本から輸出される自動車には高い関税がかけられたりしていました。 中でもピックアップトラックにはアメリカのメーカーを守る意味から一般の乗用車よりも高い関税が課せられていた時期でもありました。 日本のメーカーは完成車としないで輸出、アメリカで組み立てるなどの工夫をして制限を回避することを実施したりしていました。 で、スバルです。 スバルのブラットはベース車両がレオーネでした。 レオーネはモノコックボディであったことからシャシーでの輸出ができず、その代わりに考えられたのが荷台部分につけられた2つのシートでした。 つまり、荷台にシートを装備することで乗用車として輸出をしたのです。 ピックアップトラックよりも関税が低かったからですね。 時代の中でいろいろな工夫がされたブラットですが、おしゃれなデザインがアメリカでは好評で人気車種となったのでした。 当時、日本でも販売してくれればと思った方も多かったのではないでしょうか。 今見ても格好いいピックアップだと思います。 話は少し脱線しますが、日本でスバル・ブラットの名前が知られたのは当時人気を集めていたRCカーでモデル化されたことも一因でしょうか。 RCカーでその名前を知った方も多かったのでは。 アメリカのプラモデルメーカーは数多くの新旧ピックアップトラックをモデル化していますが、アメリカのメーカーのピックアップに比べると一回りコンパクトな感じ。 全長は約16cmというところです。 フォードやGMなどのピックアップになると仕上がり全長は20cm近くに達しますからね。 このキットはかつてAMTから出ていたものを数十年ぶりに2019年にリニューアルリリースしたものですが待っていたファンは多かったようで、プラッツが2019年に輸入した最初の入荷分は即完売でした。 次回は2020年 2月ごろの再入荷を予定しています。 モデルは1978年型の初代ブラットをモデル化。 数々のアメリカンピックアップの中で製品化されているのですからその人気も伺えますよね。 もちろん、エンジンから足回りまですべて再現されたフルディテールキット。 取外し可能なボンネットの下にはスバルの水平対向4気筒エンジンが再現されています。 エンジンとギアボクスは一体で上下分割。 別パーツでキャブレエターやコッグドベルトなども再現。 立体感ある仕上がりはディテールアップに腕をふるってみるのも楽しみですね。 駆動系は4WDタイプを再現。 サスペンションパーツなどの再現も加わってメカニカルな仕上がりですね。 ボディもいい感じです。 同年式のアメリカ製ピックアップと比べてもスタイリッシュな雰囲気は人気を集めたことも実感できます。 そして、リヤの荷台部分には苦肉の策ともいうべき2つのシートが、もちろん再現されていますよ。 これで4人乗りの乗用車というんですから、なかなか無理もあるような・・・。 キットにはオプションパーツとして荷台部分のロールバーやフロントのブッシュガードなども用意されています。 オリジナルなカラーリングとカスタマイズでお楽しみいただきたいキットです。 メーカー:AMT ITEM:AMT1128 コード:0849398030349 カテゴリー• 193• 158• 102• 1 アーカイブ•

次の

スバル・レオーネ

スバル ブラット

ブラット(BRAT は、富士重工がアメリカやオーストラリアへ輸出するために生産したレオーネのトラックです。 1978年から1987年までの10年間生産されました。 SOA(スバル・オブ・アメリカ)の提案で造られただけあってアメリカでは大人気で、結構売れたようですが、日本では国内販売されなかったのでとても珍しく、アメリカから逆輸入されたものがおそらく数十台現存しているものと思われます。 御覧のとおり、スタイルはエルカミーノ風で、あのダサ〜いレオーネがトラックになると何でこんなにオシャレになるのか不思議です。 ルーフはTバーになっていて夏場はとても爽快です。 日本でも販売すれば良かったのにと思うのですが、軽トラック全盛の日本では無理だったのでしょうか。 私のブラットは、1987年型で、群馬県の業者さんが輸入した最終モデルの内の1台かと思われます。 用途は、愛犬イナリとのドライブが主で、バイクのトランスポーターとしても活躍してます。 イナリは、ブラットの助手席が大好きで、どこへ行くにも一緒です。 ブ ラ ッ ト 購 入 顛 末 記 ブラットは、私がこれまでに手に入れた中で、一番嬉しかった物の一つです。 私のブラットは、1987年の最終モデルで、たぶん何人かのオーナーの手をわたった後、1999年3月に長野県伊那の方から譲ってもらったものです。 実は、10年ほど前に松本スバルの中古車センターに展示されており、以前から欲しかった車なので、買いたかったんですが、値段が高くて断念。 その後、念願叶って運良く手に入れることができました。 トランスポーター 私は、バイクも大好きで、いつも手元に2〜3台あり、車検や修理の際のトランスポーターとして、軽トラックを使って運んでました。 しかし、1,000ccクラスのバイクになると、軽トラではカーブが怖いので、普通トラックにしようと思い、ダットサントラックキングキャブを兵庫県加古川市の方から手に入れたことがあります。 雪国なので、当然4駆にしたところ、走る分にはいいんですが、如何せん荷台が高くて、ブリッジを架けると急傾斜になってしまい、とても重量のあるバイクの積み下ろしはできたもんじゃなかったです。 出逢い それで、出来るだけ荷台の低い4輪駆動トラックは無いかと調べてみましたが、国内販売のトラックはハイラックスもダットラもプロシードもみんな車高が高い物ばかり。 悩んでいたとき、そうだ!ブラットがあるじゃないかと気付きました。 レオーネベースの4駆、これなら車高も低いし、何よりも私の好きなスバルの車です。 199?年の夏、ふと通りかかった松本スバルの中古車センターに黒のブラットを発見!早速様子を聞いてみましたら個人の方からの委託販売とのこと。 当時とても私が買える値段ではなかったので、購入はあきらめて写真だけ撮らせてもらって帰りました。 ブラット探し その後もブラット熱は冷めず、雑誌の個人売買欄をチェックしては、売り情報があると電話をしてみましたが、みんな売約済みとの返事でした。 それならばと、輸入車販売業者に相談してみたところ、海外の現地では比較的安く手に入るが、国内の排ガス規制をクリヤーするだけで相当の金額になっしまうとのこと。 次の手段として、1999年2月号のold timer 誌の個人売買欄に購入希望を載せたところ、本の発売間もなく男性の声で「ブラット欲しいって言うけど、ブラットでどんな車だか知ってるだかい?」と、いかにも長野県の伊那谷の人と思われる方から電話がありました。 内心「良く知ってて欲しいから載せたんだい。 」と思ったのですが、相手の方は、こんな珍しい車を欲しがる者がいることが不思議だったみたいです。 再 会 電話で打ち合わせて、次の日曜見せて貰いに行くことにしました。 約束の時間より早く着いてしまったので、洗車でもしようと、近くのガソリンスタンドへ寄ったとき、ブラットを発見、偶然売り主の方もガソリンスタンド来られてました。 その後、ブラットのオーナーのお宅へおじゃまして、いろいろお話した結果、譲っていただけることになりました。 前オーナーの小林さんに感謝です。 今も大事にしてますので、ご安心ください。

次の