妊娠初期口内炎。 妊娠初期に口内炎ができやすいって本当?妊婦さんがなる原因と対処法を解説│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

妊娠超初期の口内炎が治らない!その原因と治し方とは?

妊娠初期口内炎

妊娠超初期と口内炎の関係 黄体ホルモンの分泌 妊娠を維持するには、 黄体ホルモンが十分な分泌が必要です。 受精した卵子は、数日~1週間かけて子宮に移動して着床します。 着床をきっかけに、妊娠検査の指標となるhCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が急増します。 ホルモンバランスの変化で、「いつもと体調がなんだか違う」と感じることがあります。 口の中が乾燥しやすい 喉の渇きや、唾液の分泌が低下がおこることがあります。 すると、口の中を清潔に保つ効果が薄れて口内炎が出来やすくなります。 普段1,000ミリリットル~1,500ミリリットルの唾液が常に口の中を潤していますが、ホルモンバランスの変化で唾液の分泌量が極端に少なくなる場合があります。 「よだれつわり」といわれる唾液分泌が多くなりすぎることもあります。 口のなかの環境が極端になって、口内炎が出来やすいなると考えられます。 栄養が偏りやすい 胎児の成長には、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸が必要とされます。 妊娠前よりもこうした栄養が不足しやすくなる上、ホルモンバランスの変化で、食事の好みが変わったり、気分が悪く、食事の量が減ったりする事で栄養バランスが崩れやすくなります。 ビタミンや葉酸は、細胞の新陳代謝をスムーズにする時に必要な栄養素ですから、栄養の偏りや不足が起きたときに、口内炎が起きやすいのです。 つわりの影響 つわりのピークは、8~9週と言われていますが、早い人では生理予定日前2~3日くらいのタイミングでむかつきや吐き気を感じます。 唾液が酸性に傾き、粘つきを感じやすくなったり、口の中の常在菌の状態が変化して、細菌性の口内炎に対して抵抗力が落ちてしまうのです。 着床後のタイミングで口内炎が気になる場合、妊娠超初期なのかもしれません。 妊娠超初期の口内炎の治し方 妊娠の疑い、予定があるなら、妊婦さんが避けた方が良いとされているお薬は使いたくないですね。 どんな方法があるかみていきましょう。 緑茶うがい 緑茶のカテキンには殺菌作用があります。 緑茶でうがいをすると、口の中を清潔にたもつのに役立ちます。 うがい薬の代表「イソジン」のヨードは、 「先天性甲状腺機能低下症」が心配されますから、多用は避けた方が良いでしょう。 はちみつ 殺菌、鎮痛効果があり、口内炎や唇の荒れをなおす民間療法として使われます。 マヌカハニーは、殺菌効果や 効果が高いのでオススメです。 気になるところにのせてゆっくりなめていくか、ぬるま湯にスプーン1杯ほどを溶かして口をすすぎます。 ティーツリーオイル コップ一杯に1滴たらしてうがいに使います。 お湯に垂らして蒸気を吸い込む方法では、風邪予防にもなります。 直接オイルを飲んではいけません。 食事のみなおし 食べ物の好みが変わって、偏食になっている場合は、栄養バランスが崩れやすくなっています。 玄米、豆腐、納豆、豚肉にかぼちゃなどの緑黄色野菜や果物を組み合わせて食べるようにしましょう。 ただ、つわりの吐き気が強いときは、ムリせずほかの方法でやり過ごし、つわりが治まってからバランスの取れた食事を心がけましょう。 処方薬のケナログ 口内炎を自然になおすには2週間ほどかかりますが、『口内炎治療用軟膏ケナログ』などを使うと数日~1週間と、早くなおすことが出来ます。 抗生剤入りの口内炎の薬は、妊婦さんに使えませんし、妊娠しているかもしれないことを伝えて、産婦人科で処方してもらうと安心です。 休養をとる 体に負担がかかると、抵抗力が落ちてヘルペスや口内炎を起こしやすくなります。 妊娠で体調が急に変化するので、睡眠不足や疲れを感じることもあります。 睡眠を十分にとって、体を休めることも大切です。 ストレス発散 ストレスがたまると免疫機能が低下して病気にかかりやすくなります。 ホルモンの変化で、精神的に不安定になったり、スッキリしない気分になることも・・・。 そんなときに、適度な運動、お散歩など、体を動かしたり、外出でお日様にあたるなど気分転換をして、ストレスをためないようにしましょう。

次の

妊婦は口内炎ができやすい?妊娠中、妊娠初期でも薬を使っていいの?

妊娠初期口内炎

口の中が傷つく• ホルモンバランスの崩れ• 食生活の乱れ• 口の中が不衛生• ビタミン不足(特にビタミンB) この限りではありませんが、 これらが原因と言われています。 たとえば、妊娠初期は女性ホルモン(黄体ホルモン)が 多くなり、ホルモンバランスが崩れることによって 口内炎ができやすくなるといわれていますし、 つわり時などは、ろくに歯磨きもできない状況になることも あり、口の中が不衛生になることによって口内炎ができやすく なるということも考えられます。 また、つわり時はろくに食べ物が食べれないということも あり栄養が摂れない、あるいは偏ってしまうということも 口内炎を作りやすくする原因と言われています。 また、胎児に栄養を与えないといけませんので、 食べなければ全体的に栄養が足りない状態になります。 当然口内炎の原因の一つとされるビタミンBの欠乏も 考えられ口内炎ができやすく なっているということもあります。 口の中が傷つくというのは、食事中などに 口の中をかんでしまったり、 硬いものを食べたりすると小さな傷ができることがあり その傷が口内炎へとなることがあります。 口内炎の治し方は? 口内炎の治し方は病院や薬局などで 口内炎の薬を処方してもらったり買ったり するのが一般的かと思いますが、 ケナログやデキサルチン軟膏などの口内炎の薬は ステロイドが使用されています。 妊娠中は、ステロイドの使用は控えた方が良いとされており、 上記の薬には、長期使用は避けること、 妊娠中の使用に関する安全性は 確率していないと書かれています。 たとえば、市販の口内炎の薬や妊娠前にあるいは、 家族が病院でもらった口内炎の薬を 妊娠中に 自己判断で塗るのは、たとえステロイドが 使用されていなくても使用は控えた方が良いかと思います。 口内炎は自然と治ることが大半ですが、 治るまでに長くて2~3週間かかることもありますし、 治るまでが苦痛ですよね? 口内炎がなかなか治らない場合いや 頻繁にできる場合はかかりつけの 産婦人科の医師に相談するか 歯医者で相談した方が良いかと思います。 こうすることで、口腔内を清潔に することができます。 ただし、塩水ですと結構しみると思うので、 耐えれないという場合は、 1日数回水で口の中を ゆすぐというのも効果的かと思います。 また、 口内炎に蜂蜜を塗るというのも効果的と いわれています。 蜂蜜には殺菌作用や炎症を抑える働きがあるため 治りが早くなるといわれています。 口内炎が頻繁にできる場合は? 口内炎が出来ては治って出来ては治ってと 繰り返し口内炎ができる場合は、 ビタミンBの欠乏や妊娠中のホルモンバランスの乱れが 原因となっている可能性があります。 妊娠初期でなくても、ストレスがたまったりすると ホルモンバランスは乱れて口内炎ができるということは あります。 ビタミン不足が原因の場合は、 ビタミンBが豊富に含まれてい食べものを積極的に 摂り入れたり、葉酸サプリで栄養を補うと良いかと思います。 また、妊娠中期以降においても葉酸は不足しがちになる栄養素で 摂取は大切なので念のため、おすすめの葉酸サプリを紹介しておきますね。 なお、ビタミンBを多く含む食材は、さんまやさばなどの 青魚や納豆、ほうれん草、牛乳に 多く含まれています。 妊娠中はさまざまなことに気を使いますので、 ストレスもたまりやすくなります。 ですので、ストレスを如何に発散させるかというのも、 口内炎を作らない一つの対策といえるかと思います。 ストレス発散については、何か楽しみを見つけることが 良いのですが、どうしても見つからないという場合は、 運動をすることによってもストレスは発散できますので、 たとえば、ウォーキングを行なったり、 マタニティヨガやマタニティスイミングに通うというのも 良いかと思います。 まとめ 妊娠中に口内炎ができやすいのは、 実に様々な原因がありますので、 頻繁に出来たり、なかなか治らないような場合は、 一度かかりつけの医師に相談するか、 歯医者で相談するようにした方が良いでしょう。 自宅でできることはうがいをしたり、 ストレスをためないこと、栄養を摂ることなどが あげられますので、そういったものも試してみると良いでしょう。 してはいけないことは、自己判断で薬を 使用するということですので、 くれぐれも注意してください。

次の

妊娠初期に口内炎ができやすいって本当?妊婦さんがなる原因と対処法を解説│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

妊娠初期口内炎

Contents• 妊娠すると口内炎になる理由は 妊娠中に口内炎を患うことが多いことは事実ですが、実はその原因ははっきりわかっていません。 ただ、主に妊娠初期に多いことから、 ・つわりにより歯を磨くことが減り、口内環境を 清潔に保てなくなる ・つわりで食べることがあまりできず、栄養バラ ンスが乱れる などが考えられますが、他にも ・母体が赤ちゃんを異物とみなさないように女性 ホルモンを増やして白血球などの免疫機能を 弱める ために、殺菌能力が落ちるためとも言われてます。 なのでつわりが落ち着き栄養やホルモンバランスが再び整ってくると自然と治る方もいるようですが、中には長引くケースもあります。 妊娠の体調変化によるストレスも大きな要因になっているので、心のコントロールも大切と言えます。 妊婦さんの口内炎を治すには 原因がわかっても、気持ち悪い中で無理に食べたり歯磨きしたりもつらいですよね。 それにストレスをコントロールしろって言われても・・・ なにか具体的にできる対処はないのでしょうか? まずやって欲しいのは「うがい」で口の中を清潔にすることです。 塩水や緑茶などで「ガラガラ」とではなく「ブクブク」とうがいすると効果的です。 スポンサードリンク 妊婦さんの口内炎を食事で治すには? つわりのひどい妊娠初期には食べるものも限られ、口内炎を食事改善で対処もむずかしいところですよね。 よく口内炎にはビタミンBやCを良く摂るようにとも言われますが、具体的にはどうすればいいのでしょうか? ところで、産科の先生に「葉酸」という栄養素を積極的に摂ることを言われたことがないでしょうか? 理由は貧血予防の他にも妊娠初期の先天障害リスクを下げるためなのですが、実は口内炎も改善したという報告が多数あるのです。 ビタミンB群のひとつの葉酸は、主にほうれんそうやブロッコリー、モロヘイヤなどの緑黄色野菜やイチゴやマンゴー等の果物、納豆や卵に多く、工夫して摂って欲しいですが、1日0. 4mgが推奨量なので、むずかしければサプリに頼るのも手です。 価格:5400円(税込、送料別 注意点は、1日1mgは超えて摂ると母体や胎児にむしろ良くないこと。 サプリで摂るなら気をつけて下さいね。 あと、一度に摂っても必要量以外は排泄されてしまうので、朝昼晩と小まめに摂取してください。 最後に、口内炎に効く妊婦さんにも優しい飲み物を紹介します。 180cc無調整牛乳かヨーグルトにペットボトルキャップ1杯程度の酢(普通の酢でも果実酢でも)を入れ、20~30秒でレンジしてハチミツを加え、冷めればOK! 乳製品はビタミンBが豊富ですし、お酢は口内をアルカリ性にして、殺菌効果のあるハチミツが加わるのでとても利にかなった飲みのと言えます。 お試しください。 当たり前ですが、口内炎のことも含めて母体にとって一番いいのは全ての栄養素をバランスよく摂ることです。 つわりの中むずかしいとは思いますが、いろいろ工夫して心がけてみてください! まとめ 妊娠は体にいろいろな変化が一度に起きるので妊婦さんは大変です。 でも、それも全ては出産に必要で起きていること・・ 赤ちゃんもおなかの中で頑張っているはずなので、どうかお母さんもストレスをためないように頑張ってください。 106• 131• 564•

次の