関空 から シンガポール。 大阪発 格安のシンガポール旅行・シンガポールツアーを探す(アジア)【日本旅行】

【関空発】新型機ビジネスクラスで行くシンガポール:シンガポール航空|海外旅行・海外ツアーはトラベル・スタンダード・ジャパン

関空 から シンガポール

反射して綺麗に撮れませんでしたが、今回お世話になる、シンガポール航空のA350-900MH(ミディアムハウル)。 それでは機内に乗り込んでいきましょう! シンガポール航空A350-900MHのビジネスクラスは1-2-1のスタッガードシートタイプ で、ビジネスクラスは1-2-1のスタッガードシートタイプの座席配置になっています。 シートピッチは60インチ(約152cm)、シート幅は28インチ(約71cm)となっています。 座席の上には毛布や枕がすでに置かれています。 オットマンの奥行きもけっこうあり、フルフラットにした時は身長171cmの私ではかなり余裕がありました。 普通に座った時の、足元の広さはこんな感じ。 モニターサイズとしては普通に十分な大きさでした。 (正確なインチは不明) サイドテーブルと、シートリモコン、モニターリモコンはこんな感じ。 またライトも3種類あって照らすエリアが異なり、左からテーブル用、読書用、ベッド使用時用のような感じに分かれていました。 これはなかなか便利です。 ヘッドホンやスリッパ、耳栓に靴下なども用意されています。 ヘッドホンやボトルウォーターも用意されていました。 通路を挟んだ隣の席はこんな感じに見えます。 顔の部分に大きなシェードが張り出しているので、相手の顔が視界に入ることは無いですね。 スポンサーリンク 食事&ドリンクメニュー 機内食用のメニューはシートに予めセットしてあったので早速チェックしていきましょう。 これは「寿」ですねー。 和食か洋食を選びます。 まずこちらが和食のメニュー。 そしてこちらが洋食のメニュー。 メインは、• カラスガレイの香草オーブン焼き、白ワインベース• ビーフのブラックペッパーコーンソース• けいすけラーメン から選択します。 続いて、ドリンクメニュー、といきたいところですが、ページ数が多いので割愛させて頂きます… ワイン類などは変わっている可能性がありますが、以前に搭乗した同区間での搭乗レビューに掲載していますので、よろしければこちらをどうぞ。 あいにくの雨の中の離陸 タキシング中はいろいろな航空機を見るのが楽しいです。 隣の搭乗ゲートにはJAL機。 沖止め中のオランダKLM。 特に待つこともなく無事離陸。 関空連絡橋が見えますね。 雲の上までくると、綺麗な空が広がっています。 食事は洋食、メインはビーフステーキをセレクト ドリンクはまずは赤ワインをオーダー。 カナッペ(アペタイザー)としてサテーが来ました。 マレーシアに住んでいた時はホント良く食べてましたね。 続いて前菜の、スモークダックとホタテ、グリル野菜。 なぜか機内で食べるガーリックトーストが旨いんですよね… そしてメインのビーフステーキですね。 食後のデザートのティラミスケーキ。 その後もチーズにフルーツも頂いてお腹パンパンです。 夕方出発の便でしたが、こういう時間帯だと食事やアルコールをしっかりと楽しめるのが良いですね。 機上からの景色はいつ見ても美しい こういう景色を見るたびにいつも言っている気がしますが、、いつ乗っても機上から見る景色って素晴らしいと思うんですよね。 ちょっとずつ陽が傾いてきていますね。 もうほぼ日没といったところ。 こういう景色って、同じフライトに搭乗しても気象情報が毎回違うので同じになるとは限らないので、一期一会なんですよね。 なので記憶にも記録にも残しておきたいといつも思っています。 機内WiFiのスピードテストをしてみた ビジネスクラス搭乗者は無料で機内WiFiが使えるとのことだったので、スピードテストをしてみることにしました。 接続ページにアクセスして、「Complimentary Access」のところからログインしていきます。 ログインが完了した後の画面。 無制限に使えるわけではなく、100MBまでの容量で通信ができるようです。 スピードテストアプリで確認してみると以下のような結果でした。 結果は• ダウンロード:5. 52Mbps• アップロード:1. 35Mbps という感じでした。 動画とか写真の多いページとかは厳しいですが、LINEとかメールくらいはあまりストレスなく使えるのではないでしょうか。 ほぼ予定通りにシンガポール・チャンギ国際空港に到着 フライト時間は6時間程度で、映画みたりしながら過ごしていました。 夜のシンガポール沖に浮かぶ船たち。 だいぶブレてしまいましたが、着陸直前のチャンギ国際空港。 ということで、シンガポール・チャンギに無事到着しました。 この後ですが、シンガポールには入国せず制限エリア内で過ごし、翌朝にタイ・バンコクに向けて出発します。 まとめ ANAマイルを使って特典航空券を発券したシンガポール航空ビジネスクラス(A350-900MH:Medium Haul;ミディアムハウル)で、関空からシンガポールへのフライトに搭乗したレビューを紹介しました。 ビジネスクラスは1-2-1のスタッガードシートタイプのシートが40席配置され、シートピッチは60インチ(約152cm)、シート幅は28インチ(約71cm)となっていてとてもゆったりと過ごせます。 シートもとても機能的に作られています。 また機内食もどのメニューも美味しくとても満足できるフライトでした。 関連記事.

次の

【関空発】新型機ビジネスクラスで行くシンガポール:シンガポール航空|海外旅行・海外ツアーはトラベル・スタンダード・ジャパン

関空 から シンガポール

関西出発-シンガポールチャンギ空港到着 6月の格安航空券の 最安値はこちらです。 関西出発-シンガポールチャンギ空港到着 7月の格安航空券の 最安値はこちらです。 関西出発-シンガポールチャンギ空港到着 8月の格安航空券の 最安値はこちらです。 関西出発-シンガポールチャンギ空港到着 9月の格安航空券の 最安値はこちらです。 関西出発-シンガポールチャンギ空港到着 10月の格安航空券の 最安値はこちらです。 大阪発-シンガポール行き 飛行機の 飛行時間はこちらです。 7 時間 00 分• 大阪出発-シンガポール到着 航空会社数はこちらです。 36 社• 関西発-シンガポールチャンギ空港行き この路線に就航している 航空会社はこちらです。 人気度 No1 シンガポール航空• 人気度 No2 タイ・エアアジアX• 人気度 No3 エアアジアX 人気の東南アジアへは航空券はスカイチケットでご予約を!LCCが多いエリアなので格安航空券が見つかるかも!? 東南アジア行きの格安航空券をたくさんそろえております。 東南アジア限定のLCCも検索できます お得に関西国際空港からアジアへ!スカイチケットで格安航空券を見つけよう シンガポールで新たな出会いも沢山あるかも!関西からシンガポールへの旅行・飛行機・海外航空券予約はスカイチケット かんたん予約でシンガポールへ!大阪からの飛行機チケットを今すぐゲットしよう 格安航空券を取り扱っているスカイチケットは、「大阪からシンガポール」をかんたんに予約することができます。 かんたん予約で人気観光地へ訪れよう!シンガポール・チャンギ国際空港到着への格安航空券ならスカイチケット! 格安のエコノミークラスから、贅沢にファーストクラスの航空券まで様々なチケットがあります!skyticketで航空券を予約しよう 関西発シンガポール・チャンギ国際空港着の格安航空券をお手軽に検索することが出来ます。 様々な航空会社の航空券を選択可能です。 スカイチケットの格安航空券で関西国際空港からお得に旅行しよう!様々な発着地や航空会社を一括検索&比較が可能です。

次の

シンガポール航空の関西空港発A380ファーストクラス(スイート)に乗ってきました!ウェスティンシンガポールにも!

関空 から シンガポール

(2017. 1〜9. 5) 9月頭の週末を利用して、平日1日だけ休みを取り、行ってまいりましたシンガポール。 人生初のシンガポール。 楽しみすぎる。 今回の旅程。 月曜日は休まなければなりませんが、火曜日は午前中には出勤。 最悪でも午後から出勤可能。 日本とシンガポールの時差はわずか1時間ですから、機内で少しでも寝れたら問題なし。 ところで、現地に朝5時に着いてその後どうするの?と思われたかもしれませんが、今回、かなりラッキーだった。 ダメ元で尋ねたらアーリーチェックインさせてくれたんです^^v 宿泊はマリーナ・ベイ・サンズホテル(ミーハー根性丸出しで多少は金額が高くても、せっかくシンガポールに行くならあのバブリーなプールはは経験しておかないとなと思いまして、奮発・・・)。 週末弾丸シンガポール旅行とアーリーチェックイン 予定通り朝5時にチャンギ空港に到着。 まさかこんな早朝からアーリーチェックインをさせてくれるとは思ってもいませんでしたので、 とりあえずタクシーでマリーナ・ベイ・サンズまで行って、荷物だけ預けて、チェックインまでの時間はどっかで適当に時間を潰そうかと行き当たりばったりで考えていました。 あるいは、宿泊予定者はチェックインは無理でも屋上プールには何時からでも案内してもらえるとの情報も得ていたので、それが可能であれば朝日を浴びながら、プールで時間を潰そうかと。 出国手続きなどを経て、チャンギ国際空港からタクシーに乗り、20分ほどでマリーナ・ベイ・サンズに到着。 さて、どうなるかなーと思いがらも人気のないフロントへ。 朝の6時位です。 「あなたの部屋は空いてるのでもうチェックインしていいよ」 とのこと! よっしゃー。 これで2泊分の料金でいいものかと念のため尋ねるとOKとのこと。 超親切! フロントの女性も非常識なほど朝が早いにも関わらず、愛想よくて超感じいいし。 さすが5つ星ホテル。 朝6時からチェックインさせてくれるホテルなんて聞いたことない。 笑 こんな感じで始まったシンガポール2泊5日の旅。 観光地も弾丸で巡ってますので、効率よくシンガポール観光を行いたいと考えてらっしゃる方は、ぜひ参考にしてくださいね〜^^ では、どうぞ。 夜中に関西国際空港からチャンギ国際空港へ 仕事を終えて関空に着いたのは夜の8時ごろ。 神戸六甲アイランドにあるベイシェラトン神戸から関空直行のバスが出ています。 所要時間は1時間ほど。 この便は機内食は朝のみとのことなので腹ごしらえ。 関空では旅行前にはこれと決めてます。 うまいっすよ。 関西に来られた方はぜひご賞味ください。 ビールも飲んで気持ちよくなり、そのまま出国手続き。 出国ゲートをくぐってからはカードラウンジ金剛へ。 仕事でダイナースクラブカードを使っているので、無料利用。 今回、帰りのチャンギ空港でもダイナースは重宝しました。 これまでアメックスグリーンカード使ってまして、アメックスでは入れないラウンジも多数あったのですが、ダイナースはどこでも大体入れる。 ありがたいですね。 年会費高いけど。 免税店で買い物したり時間を潰して出発! 朝の機内食。 洋食と和食。 私は和食。 普通に美味しかったです。 ご飯とパンは食べないけどね・・・・。 残すのも嫌なので食べました。 これからシンガポールで嫌というほど現地の食べものを食してやろうというのに、ご飯とパンで無駄に炭水化物を大量摂取! チャンギ国際空港 空港に到着。 デカイ。 歩くエスカレーターも長い。 さすがは英語圏。 アメリカンなゴミ箱?要らんもんは入国前に捨てろ的なやつですかね。 空港はトイレもキレイ。 Excellent押しておきました。 南国に来たー。 テンション上昇。 エコノミーだったからほとんど寝れてないし体は疲れきっているけど。 笑 日本で一週間仕事してきての土曜日ですからね。 笑 高級ホテルのよう。 モニターでかいしキレイ。 これが左右におもむろにスライドするのですが、壮観。 やるなーシンガポール。 入国審査は指紋取られるくらいで後はスムーズ。 日本人のパスポートだからかもしれませんが、何も聞かれません。 流れ作業でハイ、ハイって感じ。 入国審査は毎回緊張するんだけど、あっけなく終わることがほとんどですね。 ビバ日本国パスポート。 日本人で良かったと思える瞬間でもある。 先人達のおかげですよね。 ありがとうございます。 入国審査を経て、まずは両替。 関西だと池田泉州銀行が手数料安いみたいですが、シンガポールの場合は現地両替が一番安いとの情報を得ておりました。 その後、タクシー乗り場へ。 チャンギ国際空港からマリーナ・ベイ・サンズまでは車で20分ほど。 シンガポールの物価はおおよそ日本と同じくらいなのですが、タクシーが安いっす。 正確には覚えていませんが、これだけの距離と時間で約20シンガポールドル。 時間があったので安い地下鉄(MRT)でも良かったのですが、これまでの移動で疲れているし、眠いし、その状況で、かつ、異国の地での地下鉄乗車はチケット購入などの手間も含めるとちと難易度が高かったです。 笑 とはいえ、その後現地ではほぼ地下鉄移動でした^^v シンガポールはクレジットカードが公共機関、ショップ含めほぼどこでも使えました(地下鉄は10ドル以上購入の場合OK)。 ただ、町中ではダイナースがほぼ全滅だったなー。 なぜだろう? マスターカードとアメックスを持っていってたので事なきを得ましたが。 行き先を伝えタクシーに乗ります。 朝で眠たいのか、タクシーおじさんは無言。 我々も眠いので無言。 車も少ないし景色はハイウェイの街灯のみ。 これが昼とか夕方に着いてたらテンションだだ上がりなのでしょうが、そうはいきませんね。 笑 弾丸ツアーの辛いところかもしれません^^; とはいえ、市街地に向かうにつれシンガポールっぽい景色が!テンションが上ってくる。 シンガポール・フライヤー。 今回は乗りませんでしたが、次回は時間があれば乗ってみたい。 タクシーの中からなのでブレブレ! マリーナ・ベイ・サンズはタワー1~3まであります。 我々はタワー1なのでその旨を伝え下ろしてもらいました。 いざ、フロントへ。 つづく….

次の