抱っこ紐外し。 【抱っこ紐外し】被害続出!対策・自衛策はあるのか?

【危険!】赤ちゃんの 抱っこ紐外しとは【罪悪感の薄い犯人?Twitter上の意見】

抱っこ紐外し

テレビで軽く「 抱っこ紐外し」と扱われていますが、これはれっきとした 殺人未遂や 障害未遂ですからね。 Twitterのトレンドを見たら、これは書かねばと思い、書きました。 犯人捕まえて 竜神大橋のバンジー飛ぶ瞬間に 安全ベルトのバックル外す刑に処してほしいです。 — ばななのこ bananamamanjet スッキリで抱っこ紐外しの 特集やるって。 バスで外された件は、 揺れてる車内で畳んだベビーカーを支えて立ってるときに外されたはず。 楽をして子供を世話している姿が気に入らない。 もっともっと子育ては苦労をすべきだ。 今度は抱っこ紐が気に入らない。 目障りだ。 そうだ、抱っこ紐を外そう。 こうすれば妊婦が楽して歩かなくなるだろう。 と 邪推だったらいいのですが。 抱っこ紐を外す本当の理由 冷たい目で見る人たちの心理もわかります。 ただ非難するだけでなく、 どうしてそういう心理に至るのかまで説明しないとこの先がありませんから。 これも日本の 封建主義社会と 相対的権威性で説明できることだと思います。 いわゆる「」やつですね。 これが一般家庭の親たちではなくて、仮に財務官僚がベビーカーを押してたたまずにその場にいたら、誰も何も言いません。 というか言えません。 権威性の強い人に対して注意すると、権威性が相対的に下がるので、たとえ迷惑な停め方をしていても 注意した側が非難されます。 逆に一般家庭の親たちの場合は、たいして権威性がないので、殺人未遂を犯しても犯人は野放しにされます。 既得権益者の権威性が相対的に下がらないから、たいした事件ではないと扱われます。 下手したら死を招く事態なのに、メディアが「許せません」ぐらいの軽さで大ごとにしないのは、既得権益者に配慮した形かと思われます。 もう一つの邪推 民衆を疑心暗鬼にさせることにより、 「分割して統治せよ」の考えです。 抱っこ紐外しの犯人は、実は、民衆ではなく 既得権益者と私は邪推しますが。 民衆同士で争えば、既得権益者に矛先が向かうことはありません。 既得権益者がのほほんと眺めて、民衆の目がそれている間に自分たちに有利な法案を通そうという考えです。 被害者には悪いですが、この抱っこ紐外しのニュースも スピン報道だと思います。 このニュースの 裏で誰が得をしているかを考えたほうがよいです。 警察の権限を将来さらに強くしそうなニュースと邪推しますが。 これは私の邪推だったらいいのですよ。 ただの戯言で終わればいいですが…。 最後に 抱っこ紐外しをされない方法を紹介します。 ゴムを付けるとよいです。 しかし、 自分の身を守る方法が取り上げられようとしています。 自分の身を自分で守ったら犯罪と言われる日が来るかもしれません。 黙っているだけでは、権利は奪われます。 自分で知識を手に入れなければ、本当の意味で自分を守ることはできません。 愛する家族も守れません。 あと、声そのものを鍛えるとよいです。 特に女性の人たち、 胸に響く声で話したほうが自信がもてるようになります。

次の

【拡散希望】赤ちゃん抱っこ紐のバックルを勝手に外す「抱っこ紐外し」が多発!注意してください!

抱っこ紐外し

「Getty Images」より Twitterで、「抱っこ紐外し」の目撃情報がツイートされ、大きな反響を呼んでいる。 「抱っこ紐外し」とは、赤ちゃんを抱いている「抱っこ紐(ベビーキャリア)」のベルトバックルを勝手に外されるという事案。 赤ちゃんが地面に叩きつけられる危険性もある。 広く拡散されたツイートによると、9月17日朝、混雑気味のバスの車内でベビーカーを畳み抱っこ紐で赤ちゃんを抱いた女性の後ろに、50代くらいの女性が詰め寄るように立っていたという。 その中年女性は、バスが終点に着き車内がざわついているタイミングで、赤ちゃんを抱いた女性の抱っこ紐のバックルを外したそうだ。 赤ちゃんを抱いた女性は慌てて子どもを支えたが、手を離したベビーカーが倒れてしまい、ベビーカーは近くにいた男性に衝突。 男性は女性を怒鳴りつけ、必死に謝る女性の姿を見て、バックルを外した中年女性は笑っていたそうだ。 この背筋が凍るツイートは瞬く間に拡散され、同様の被害に遭ったという証言や目撃情報も相次いでいる。 これを受け、20日放送の『スッキリ!』(日本テレビ系)では、「抱っこ紐外し」を特集。 被害に遭いそうになったという都内在住の母親・Aさんを取材していた。 先月初旬、当時生後6カ月だった娘を抱っこ紐に入れデパートに買い物に出かけたAさん。 下りのエスカレーターに乗った時、誰かの手が後ろからAさんに伸びてきて背中に当たり、Aさんは最初「痴漢かな」と思ったが、抱っこ紐のバックルに手が当たった感触があったため「もしかして外されそうになったんじゃないか」と気づいたという。 恐怖を感じたAさんは急いでエスカレーターを下り、事なきを得たものの、震えが止まらずパニックに陥ったそうだ。 後ろにいた人物は、小ぎれいでどこにでもいそうな50代ぐらいの男性だったという。 デパート経由で警察に連絡し被害届を出したが、男性は見つかっていない。 この一件があってからAさんは、出かける時は「後ろを見るようにする」「リュックを背負う」「(抱っこ紐の上に)上着を着る」などして気をつけるようになり、電車や信号では何もない時も振り返るようになったという。 番組ではその他の対策として、ゴム製の補助紐をつけることなどが紹介された。 ただ、いつ泣きぐずるかもわからない赤ちゃんを連れた身で、周囲に危険な人物がいないか常に注意を払うのは大きな負担だろう。 菊池幸夫弁護士は、このような「抱っこ紐外し」について「仮に赤ちゃんが落下して傷を負ったら傷害罪ですね。 これは最高15年の懲役ですから。 そうではない、落ちずに済んだ、バックル外されたというだけでも暴行罪に該当する可能性もある」と解説。 赤ちゃんに危害を加え、親子を困難に陥れかねない悪質な行為だ。

次の

抱っこ紐外しから赤ちゃんを守る!バックルが外れないようにする対策方法まとめ

抱っこ紐外し

本当に頭がおかしい人というのは、いるのですね。 こちらは混雑しているバスでの出来事。 神奈川県 犯人は女性だそう… twitter bNQe12vLwuq6ls4 より え、え?なに? ちょっとよく分からないから今見たことを書くね。 さっき通常よりやや混雑気味のバスに乗ってたの。 端の方で申し訳なさそうにベビーカー畳んで抱っこ紐で赤ちゃん抱っこして立ってるお母さんがいたのね。 そしたら途中乗車してきた50代くらいのオバサンが その人見るなり明らかに怪訝そうな顔してその人の後ろにやや詰め気味に立ったの。 まだスペース余裕あるのに。 で、バスが終点に着いて乗客の降車が始まったザワザワしてるタイミングで、 突然そのオバサンが赤ちゃん抱いてる抱っこ紐の背中のバックル外したの。 そのお母さん慌ててベビーカーから手を離して子供を支えたんだけど、その時にベビーカーが倒れて座ってたオジサンにぶつかったの。 そしたらオジサン状況も知らないのにその人に向かって「痛ぇじゃねぇか!しっかり支えとけよ!」って怒鳴ったの。 必死に謝るお母さんの姿見てそのオバサン笑ってた… 思わずそのお母さんに 私がベビーカー支えておくんでバックル付けてあげてください!って言ったけど、私にも申し訳なさそうに すみません…って言ってて。 なんでこの人が謝らなきゃいけないんだろうって思ったら、いても立ってもいられなくてオバサンに文句言おうとしたけどその時にはもう居なかった あのオバサンは抱っこ紐から赤ちゃんが落ちてたらどうするつもりだったんだろう。 同じように笑うのかな。 笑い事じゃ済まされないだろ。 何がしたかったのか分からないし動機も分からないけど、私からしたら抱っこ紐のバックル勝手に外すの殺人未遂くらい重罪なんだけど。 ただのいたずら、嫌がらせで済まされないよ!! 犯人は捕まっている? 犯人は捕まっていないそうです。 いたずらでやっているのか、ただむしゃくしゃしてやったのか、「母親」「赤ちゃん」という存在にコンプレックスや恨み妬みのようなものがある人物なのか…わかりませんが、大阪でも神奈川でも報告されているとなると、全国のママさんみんな気を付けておく必要があるなと思います😢 模倣犯も出ないことを祈ります。 神経どうかしてますね 怒 対策 後ろから外されないように対策…だなんて書いていて馬鹿らしくなりましたが。 後ろはなかなか外れないようになってます。 他人には簡単には外せないかと思います。 後ろを触られてもすぐわかるかと。 これ、ツイートで見るよりも簡単だしすごくいい。 がんばれば一人でできちゃうかもだし。

次の