ユニクロ qrコード tシャツ。 セタログ 買い物備忘録:酷暑に備えて2 ユニクロ ドライEXクルーネックT(半袖)

Alexander Wang

ユニクロ qrコード tシャツ

ユニクロは6月5日、JR原宿駅前の複合施設「WITH HARAJUKU」1F・B1Fに「ユニクロ 原宿店」をオープンさせる。 UTの世界観を表現した「UT POP OUT」や着こなし発見アプリと連動した売り場「StyleHint 原宿」を体験してきた。 4月13日にオープンした横浜ベイサイド店「UNIQLO PARK」や、6月19日にオープンする銀座店「UNIQLO TOKYO」と合わせて「すべてのLifeWearを体験できる」という。 ユニクロが原宿に出店するのは、2012年に旧店舗が閉店してから約8年ぶり。 1998年に首都圏で初となる都心型店舗を、2007年に「UT」の旗艦店を出店するなど、ユニクロにとって原宿は象徴的な場所だ。 CEOの赤井田氏は、現在の社会情勢を踏まえ「コロナ禍によって人々のライフスタイルは大きく変わりました。 商品だけではなく、店舗やサービスの在り方、お店そのものも次のステージに行かなければならないと思っております」とあいさつ。 そのうえで「若者が集まってそこで新しい情報が生まれ、その情報が発信されることで若者の感性をより強くし、その感性が新しい文化を作っていく。 『ユニクロ 原宿店』がその情報発信基地になっていくことを願っています」と原宿店の位置付けについて説明した。 会場にはユニクロ原宿店の広告キャストに抜擢された女優・モデルのさん、俳優・モデルのさんがUT グラフィックTシャツ を着用して登場。 この夏のファッションや、ユニクロ・ジーユーが展開している着こなし発見アプリ「StyleHint」についてトークを披露した。 村上隆氏が手掛けた世界にたった1つの巨大なビリー・アイリッシュ像も展示されており、通りからもその姿を見ることができる。 B1F入り口の一角にも「UT」売り場があり、こちらには「AMBUSH」のYOON氏が手掛けた「ディズニー ラブ ミニー マウス コレクション バイ アンブッシュ」を先行販売しており、新作バッグと同じデザインの特大ミニーマウスのぬいぐるみが展示されている。 またUTとして初めて販売する豆皿やノートなどの雑貨も原宿店先行販売製品として用意。 さらにB1FにはオリジナルデザインのTシャツをつくれるアプリ「UTme! 」と連動したスペースも用意。 「ユニクロ 原宿店」でしか作れない、限定のコラボレーションTシャツやトートバッグも販売される。 店内には「StyleHint」でハッシュタグがつけられたテーマに合わせた商品が販売されている。 注目は壁一面に取り付けられた240台のタッチディスプレイ。 1台1台にStyleHintユーザーによって投稿された着こなし写真が映し出されており、着こなしを閲覧・検索したり、着用している商品の在庫やバリエーション、店内での販売場所を調べたりできる。 表示されたQRコードを読み込めば自分のスマホで情報を閲覧できるので、その場から離れてもOK。 また着こなし写真を一時的にアップロードして8枚のディスプレイで比較することも可能だ。 気に入った商品があればその場でオンライン会計を済ませ、商品を受け取ることもできる。 アーティストたちによってつくられた特別なSpotifyプレイリストを店内のQRコードからダウンロードしたり、その場で視聴したりできる。 オープン時には「chelmico」「CHAI」「STUTS」の3組によるプレイリストを用意している。 少量ではあるが、書籍を取り扱っているのも情報発信基地を目指す原宿店ならではの特徴だ。 B1F内ではサスティナビリティへの取り組みとして、古着回収ボックスを設置。 また原宿店ならではの展示として、ファッション・服飾専門の学校「エスモードジャポン」の学生がリユースに適さない衣料を活用してファッションを表現する「New Mission for Recycled Clothing」も展示されている。 試着室は全部で19室。 身体の不自由な方や妊婦、子連れ、高齢の方に配慮した試着室も用意されており、安心して買い物を楽しむことができるだろう。 店内では当面、各エリアに消毒液を設置、レジでのフィジカルディスタンスの表示、マスクを着用していない方への検温の実施、混雑時の入店制限といった基本的な感染対策のほか、タッチディスプレイにはタッチペンを用意するといった対応を行う。 ユニクロブランドを確立するきっかけとなった原宿で、満を持してオープンした「ユニクロ 原宿店」。 横浜ベイサイド店「UNIQLO PARK」がファミリー向け、銀座店「UNIQLO TOKYO」が大人向けの方向性を示す中、同店は若者向けのポップカルチャーを発信することを目指している。

次の

UTme! : スマホで描いて振って簡単デザイン!プロっぽいオリジナルTシャツを作成・購入できちゃうアプリ!

ユニクロ qrコード tシャツ

ユニクロが5月19日に。 スマホでオリジナルTシャツを作成して1着1,990円(+税・送料)で注文できる手軽さから話題になっています。 モノは試しにということで、早速注文してみたので、レポートしたいと思います。 注文したのはサービスが開始された19日の18時頃。 「最短で翌日発送」ってことだったんですが、サービス初日ってこともあり気長に待とうと思いつつ注文しました。 そうしたら、なんと翌日20日の21時に発送完了メールが届き、21日の午前中に無事商品が届いてしまいました。 わずか2日という早さ! ということで、Tシャツの作成から、出来上がったTシャツのレポートまでをしていきたいと思います。 さて、どんなTシャツが出来上がるでしょうか。 アプリのダウンロードは下記から。 UTme! 最初に指で描く「PAINT」か、文字を入力する「TYPOGRAPHY」、写真を使用する「PHOTO」のいずれかを選択します。 これらは上に重ねていくことができるので、まず最初に写真を配置することにしました。 「PHOTO」をタッチすると、撮影するか、アルバムにある写真を取り込むかを選択できます。 今回は以前iPhoneで撮影した、愛犬の写真を使ってみたいと思います。 写真は拡大や回転が可能で、右下の太陽マークみたいなアイコンをタッチすると、右側のようにパキッとした写真に補正されます。 配置したら右上の「OK」をタッチ。 「UTme! 」では、シェイクして(スマホを振って)配置したものに効果をつけることができます。 例えば、「GLITCH」を選択してiPhoneを振ると、右側のように写真が分割されたような効果をつけることができます。 やり直したい場合は、左下の矢印マークをタッチすると、元に戻すことができます。 特に効果を付けたくないって場合は、振らずに右上の「OK」を押せば、そのまま次にいくことができます。 写真を崩したくなかったので、今回はそのままで。 この時点ですでに注文が可能ですが、もうちょっと楽しい感じにしたいので、右上の「追加」をタッチして、「PAINT」を重ねてみたいと思います。 ペイントをする場合は、まず色を選びます。 下にあるカラフルなアイコンをタッチすると、パレットを変更することができます。 今回は淡い感じのカラーを選んでみました。 色を選択しながら、指でなぞって塗っていきます。 四角いキャンパスからはみださなようになっているので、塗るのは簡単でした。 ペイント風を強調したかったので、今回は「SPLASH」の効果を選択します。 軽くシェイクすると左側のような感じに。 思い切り振ればその分、激しく効果がつきます。 下部にある2色のアイコンをタッチすると、下の写真にどんな風に重ねるかを選択できます。 「通常」はそのまま、「透過」「スクリーン」「乗算」は透ける感じの効果などがついて、「切り抜き」は上に重ねたものの形に下の写真などを切り抜いてくれます。 今回は「スクリーン」を選択しました。 これで「PAINT」は完了。 最後に文字を重ねてみます。 「TYPOGRAPHY」を選択すると、右側の画面になるので、色を選択して文字を入力します。 いまのところ入力できるのは英数字+記号のみで、日本語には対応していません。 文字サイズは幅に合わせて自動で調整してくれるほか、好きな所で改行することもできます。 下部中央にあるアイコンをタッチすると、文字の配置を選ぶことができます。 今回は「左右中央揃え」の「下揃え」にしてみました。 次に効果は「MOSAIC」を選択してみます。 こんな感じの効果がかかりました。 振ることで、さらに荒いモザイクになるなどの変化を楽しめます。 重ね方は「透過」を選びました。 これで完成です!中央の「保存」を押してから、いよいよ注文。 最下部にある「このTシャツを購入」をタッチします。 注意書きを読んでから、注文するTシャツのサイズと数量を選択します。 今回はSサイズを1枚購入することに。 送料は450円ですが、3枚以上で送料無料になるので、まとめ買いをした方がお得になりますね。 1枚の場合は合計が2,635円になりました。 次に「お客様情報」を入力します。 ログインボタンがあるのですが、UNIQLOのオンラインストア会員とは別のもので、UTme! 独自のもののようなので、初回は登録が必要です。 支払いはクレジットカード決済か代金引換が選択できます。 これで注文完了!あとは待つだけです。 2日後に届きました 翌日に発送完了メールが届き、2日後の午前中にTシャツが届きました! こんな感じで紙袋に入って届きました。 開けてみるとこんな感じ。 納品書と取扱いの注意点が記載された紙が同梱されてました。 Tシャツを広げてみるとこんな感じ。 思ってた以上にきれいにプリントされてます。 サイトでは「ちょっと薄くなる」と注意書きがありましたが、そんなでもないですね。 iPhoneで撮影した写真だったので、写真がぼやけた感じになると思ったんですが、キレイに印刷されてます。 表面はざらついた感じはあまりなく、ほぼそのままの生地の肌触りです。 首の部分には「UTme! 」のロゴが。 実際着てみました。 なかなかいい感じですが、犬が大好きな感じのTシャツになってしまったので「いつ着るの?」という感じは否めません。 いつ着ればいいかのアイデアを是非お寄せください。 (笑) さてさて、「UTme! 」を早速試してみましたが、簡単にいい感じのデザインが作成できて、価格もお手頃。 しかもすぐに届いてしまったので、かなり良い感じでした。 クオリティも予想以上に良く、一般で売られてるプリントTシャツと遜色ないように思いました。 1度注文して気に入った場合は、何度でも再注文ができるのも嬉しいポイントです。 注文する際の注意点としては、ブランド名を文字でいれたり、著作権違反になるような写真などを使用した場合はユニクロからお断りのメールが届いてしまってがっかりすることがあるので、その点を注意のうえデザインを作成しましょう。 あと、作成したデザインの著作権がユニクロに譲渡されてしまうのではないか、ということで話題になっていましたが、のでご安心を。 以上、「UTme! 」で注文してみたレポートでした。 また使ってみたいと思えるサービスだったので、興味のある方は是非試してみてはいかがでしょうか。 「UTme!

次の

♪ギター大好きオヤジkanouyaと愛犬wan♪:ユニクロの面白いT シャツ買いました!

ユニクロ qrコード tシャツ

スマホを振るだけで加工できちゃいます。 SPLASHはインクが飛び散ったような効果です。 振る度合いによって飛び散り方が変わります。 顔写真をSPLASHで思い切り振ると、ちょっと怖いことになるので要注意ですよ。 GLITCHは一部が斜めにズレたような効果です。 大きく振るとそれだけたくさんズレます。 ちょっと不思議な雰囲気を出したいときにいいですね。 MOSAICはグラフィックを点や四角の集まりで表示します。 スマホを振ることでいくつかの点が合体して大きな点になります。 最初はすべて同じ大きさの点ですが、振ることでそれがランダムになります。 他の人のデザインも参考に メニューから、他の人の作ったTシャツデザインを見ることができます。 どんなグラフィックとリミックスを使ったのかもわかるので、いいデザインのものはどんどん参考にしたいですね。 好きなデザインができると言っても、もちろん人の著作物を勝手に使うことはできません。 この辺りはTシャツ化する際にユニクロ側でチェックされ、引っかかるものは購入できないようです。 ドロイドくんは著作権表示すれば使っていい(CC BY 3. 0)ことになっているので、ドロイドくんTシャツを1つ作ってみようかな?と思っています。 イベントなどで少人数のグループでお揃いのTシャツを作りたい、という時には便利ですね。 簡単に描いてちょっとリミックスするだけで市販品のようなデザインになるところもGoodです。

次の