かたつむり 漢字。 「かたつむり」と「エスカルゴ」の違いは?

カタツムリの漢字の由来と語源!そのほかの呼び方とは?!

かたつむり 漢字

カタツムリは『 でんでんむし』『 蝸牛 かぎゅう 』『 マイマイ』など色々な呼び名がありますよね! 特に一般的な名前は『 カタツムリ』ですが正式名称は何なのでしょうか。 今回は マイマイと カタツムリの 違いとその他の 呼び名について紹介していきます。 マイマイとカタツムリの違いは? まず初めに一般的呼ばれている 『カタツムリ』についてです。 実は『カタツムリ』という言葉は日本語ですが、 特定の生物の種を指すものではありません。 ものすごく曖昧な名前で陸貝でも殻のあるものを『カタツムリ』と呼びます。 一般的にオナジマイマイ科とニッポンマイマイ科の種類の仲間が『カタツムリ』と呼ばれています! 『マイマイ』の語源は渦巻状の殻『巻き巻き』から来ているそうです…。 その他にも『舞舞 まいまい 』に由来するとも言われています。 その他の呼び名と由来は? Sponsored Link その他にも『でんでんむし』『蝸牛』というような呼び方があります。 でんでんむしの『でん』は『出ない』という意味ではないそうです。 童謡の『カタツムリ』の歌詞で 『つのだせ やりだせ あたまだせ』とあるようには 『出る』の命令形である『出ろ』という意味があると言われています。 実際にカタツムリの目を引っ込ませた動画がこちら 思っていた以上に気持ち悪い動きでした…。 また、人気マンガ『ONE PEACE』に出てくるような『電伝虫』というカタツムリの形をした電話とも違います!笑 次に『蝸牛』という漢字についてですが、 渦巻きの殻を持つ、牛のような角 触角 がある虫という意味合いでついたと考えられています。 海にいるウミウシも触角が牛に例えられて『海牛』というのでこれに近い印象ですね。 なので『カタツムリ』は植物で言う 『雑草』というようなざっくりとした表現に近いと考えていいと思います。

次の

LD、ADHD、高機能自閉症等の軽度発達障害向けの教材・教具の実証研究サイト

かたつむり 漢字

【かたつむりのかたとは? 】 かたつむりの「つむり」はもともと「つぶり」と言っていました。 漢字だと、「螺り」と書きます。 「螺」は、「にし」とも読んで、田螺と書くと「たにし」です。 実は、この「螺 にし 」は巻貝の総称です。 つまり、かたつむりは貝類なのです。 では、「かた」の方は何か? 漢字で書くと、「潟」と書きます。 現在も、満潮で隠れ、干潮で出てくる陸地を「干潟 ひがた 」といいますが、この字は、水辺に近い陸を表しています。 つまり、 かたつむりは、「陸に住む巻貝」という意味なのです。 しかし、かたつむりを研究している先生の多くが、この「潟」説を有力としているので、今回の正解としました。 前回の「ことば検定プラス」.

次の

「かたつむり」と「エスカルゴ」の違いは?

かたつむり 漢字

カタツムリ 蝸牛 の語源 先ほどはカタツムリの漢字の由来について解説しましたが、そもそもなぜ『カタツムリ』という呼び名になったのかを解説いたします。 『カタツムリ』は『カタ』と『ツムリ』に分けることができます。 『カタ』の語源 『カタ』の語源については諸説ありますがどれが正解かわかっていませんので、それぞれを紹介します。 昔の傘が螺旋状に縫って作られていたため、その形状とカタツムリの渦巻模様が似ていることが語源となっている説• カタツムリの殻が固いからことが語源となっている説• カタツムリが殻から現れたり、消えたりする様子が、潮の満ち引きで現れたり、消えたるする干潟を連想することが語源となっている説 『ツムリ』の語源 『ツムリ』は古語の『ツブリ』という言葉が語源で、 巻貝を表す言葉である『海螺 ツビ 』が語源とされています。 漢字の『蝸牛』同様、日本語のカタツムリの語源も、特徴的な渦巻き状の殻が名前の由来となっていることがわかります。 カタツムリの呼び方はたくさんある これまでカタツムリの漢字の由来と、呼び方の語源について紹介してきましたが、カタツムリにはたくさんの別名があります。 童謡でも有名な『でんでん虫』をはじめ、『マイマイ』、『ツブリ』、『ナメクジ』などと呼ばれることもあります。 でんでんむし 近畿地方 マイマイ 中部地方・中国地方など カタツムリ 関東地方・四国地方 ツブリ 東北地方・九州地方 ナメクジ 東北北部・九州西武地方 正解! そして逆に、京都から距離が遠くなるほど、新しい言葉が伝わるのに時間がかかるため、昔からある古い言葉がそのまま方言として現在まで残っているという事なんです。 インターネットはおろか、ラジオやテレビさえなかった時代では情報の伝達速度が遅く、様々なカタツムリの呼び方が存在する原因となったというわけです。 なお、この傾向はカタツムリに限らず、他の言葉にもみられる事象で 『方言周圏論』という国語学の説としても有名です。 カタツムリにまつわる人気商品をご紹介! カタツムリの漢字や由来、語源や、でんでん虫などや他の呼び方などを紹介してきましたが、最後にカタツムリにちなんだ人気商品グッズもご紹介しておきましょう。 カタツムリに関連する商品としては、カタツムリのコスメが優れた効果があるとTVや雑誌などで取り上げられています。 漢方っぽい香りがします。 浸透が早く、ベタベタしません。 最近はクレアスのビタミンEクリームと混ぜて使っていましたが、ベースメイクとの相性もよく気に入っています。 カタツムリの粘膜から球状のタンパク質を抽出し精製したカタツムリコスメは、抜群に潤う基礎化粧品で、肌美人大国である韓国でも大人気のエイジングケアコスメです。 関連記事 続いては、食用カタツムリです。 エスカルゴ〜 — ハルジオンわたる harjion0910 『えっ!? 』と思われる方もいるかもしれませんが、カタツムリをフランス語でいうと『エスカルゴ』といいます。 『エスカルゴ』というとサイゼリアなどのファミリーレストランでも取り扱われていますよね。 どんな味かというと、、、実はエスカルゴ自体の味はあまりありません。 エスカルゴはその身肉を味わうというより、食感が醍醐味だそうです。 その食感はアワビやサザエを柔らかくした食感とのことです。 ただ、野生のカタツムリを食べる方法もあるみたいですが、カタツムリが何を食べているかわからないので基本的には市販されているものを使いましょう。 雨が降った後、風雨にさらされたコンクリートからは炭酸カルシウムが染み出てくるので、雨の日のなどにカタツムリが多いのはそういう理由があるのかもね。 まとめ• カタツムリ 蝸牛 の漢字は中国が起源• 『蝸牛』の『蝸』は殻の渦巻模様、『牛』は触角が牛のようだから• 『カタツムリ』の『カタ』は昔の傘と似ている、殻の固さ、潮の満ち引きなど説がある。 『ツムリ』は巻貝を表す言葉• 『カタツムリ』の別名には『マイマイ』『でんでんむし』『ツブリ』などがあり、京都中心に遠くの地域は古い名称を使われる カタツムリの漢字の由来を始め、カタツムリの語源や別名も含めトリビアを詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 身近な存在だけに、実際に見かけた際の話のネタになれば幸いです。

次の