近鉄 ひのとり 路線。 特急ひのとり|近畿日本鉄道

近鉄「ひのとり」にワンコイン(500円)安く乗る方法

近鉄 ひのとり 路線

2020年3月14日デビュー 近鉄「ひのとり」 既にご存知の方も多いと思いますが、2020年3月14日(土)に、 近畿日本鉄道(近鉄)の名古屋~大阪難波間の名阪特急で新型車両「ひのとり」がデビューしました。 運転して間もない列車ではありますが、現時点でのお得にご利用する方法を紹介したいと思います (写真は試乗時撮影。 画像は近鉄HPより引用)。 「ひのとり」とは 既に近鉄をはじめ、様々なメディアから「ひのとり」のデビューについては発表されていますが、 なぜこれほどまでに注目されているかと言うと、 この「ひのとり」が現時点での国内最高水準のグレードを持つ車両となるからです。 上は、近鉄より発表されている「ひのとり」の編成図です。 両端の1・6号車が、カフェスポットを挟むプレミアム車両、 その他の車両が一部ベンチスペースのあるレギュラー車両となります。 国内最高水準のシート まず、プレミアム車両ですが、現在国内で最も広いシート間隔(1300ミリ)を持つ、 東北・北海道新幹線「はやぶさ」等のE5系車両や、 上越・北陸新幹線「かがやき」「あさま」「とき」等のE7系車両のグランクラスと、 同じシート間隔の車両となります。 また、これらのグランクラスとは違い、前面の展望が出来る車両となります。 現在発表されているプレミアム車両のシートの仕様については以下の通りです。 この車両の仕様についても、E5・E7系車両のグランクラスとほぼ匹敵します。 また、プレミアムシートについては「カフェスポット」が設置されています。 また、レギュラーシートもシートピッチが1160ミリと、新幹線のグリーン車に匹敵する広さとなります。 既に近鉄から発表されている資料を見ても、非常に質の高いレギュラーシートとなるようです。 プレミアムシートもレギュラーシートもバックシェルが付いており、背もたれを倒しても後席に干渉しない作りになっています。 座席がすべてバックシェルが付いてる車両は全国的に見ても、「ひのとり」が唯一となります。 また、小休止出来るベンチスペースも2・5・7号車に設置され、 伊勢志摩への観光特急、「しまかぜ」同様、大型荷物用のロッカーも設置されています。 Suicaなどの交通系ICカード用・通常の鍵を使用するものとどちらもあります。 「ひのとり」のダイヤ 「ひのとり」を運行する近鉄のHPによると、上記の列車が2020年3月14日デビュー後から、 「ひのとり」での運行となります。 また、入出庫の関係で大阪難波~近鉄奈良間の一部特急にも使用されるようです。 今後「ひのとり」の使用車両は徐々に増えていき、ゆくゆくは名阪甲特急すべてが「ひのとり」になる予定です。 「ひのとり」の料金 現時点で発表されている「ひのとり」の公式な料金が上の画像ですが、 これまでの名阪特急の料金に、「ひのとり」の特別料金が、レギュラー車両で100~200円、プレミアム車両で300~900円のプラスの料金になります。 最も高い大阪難波~近鉄名古屋間での合計料金は5240円となり、新大阪~名古屋間の東海道新幹線「のぞみ」の普通車指定席正規料金6680円とは1640円の差となります。 では、最も距離の長い大阪(大阪難波・大阪上本町・鶴橋)~近鉄名古屋間のお得な乗車方法について見ていこうと思います。 「ひのとり」にワンコイン分安く乗る方法 まず、上の料金から考える「ひのとり」の料金は、 普通運賃(乗車券)+特急料金+「ひのとり」特別車両料金の3つで構成されています。 このうち、「ひのとり」特別車両料金は「ひのとり」のみ設定となるため、直接的な割引は難しいと考えられます。 ここでは、現時点(2020年3月末時点)で考えられる、「ひのとり」に安く乗車する方法を記載します。 大阪・名古屋周辺の金券ショップで1枚1700~2000円程度で購入可能。 乗車券部分に限った話とはなりますが、「ひのとり」は座席のグレードごとの料金を特急料金ではなく、「ひのとり」特別車両料金で差をつけている為、 プレミアム車両・レギュラー車両どちらでもこの割引は受けられます。 「ひのとり」の特別車両料金は最大で900円のため、株主優待や 名阪ビジネス回数きっぷの入手金額にもよりますが、この方法でほぼ「ひのとり」の乗車料金分はワンコイン(500円程度)安くなります。 新型コロナウィルスの影響により、比較的安目に株主優待券の入手は可能なようです。 名古屋の金券ショップよりも、大阪の金券ショップの方が若干安い傾向はあるようです。 さいごに 2020年3月14日にデビューした国内最高クラスのグレードである、近鉄名阪特急「ひのとり」。 今回はデビュー後となり、訂正が必要な個所もあったため一部内容を修正して記載しました。 デビューしたら私も是非乗車し、乗車記を上げたいと思います。

次の

3/14・近鉄でダイヤ改正実施。「ひのとり」運転開始!【2020/3/14実施】

近鉄 ひのとり 路線

2020年3月14日にデビューした近鉄名阪特急「ひのとり」に乗車してきました。 これまで名阪特急と言えば「アーバンライナー」でしたが、「ひのとり」の登場によって主役の座は変わりそうです。 これまでとの大きな変更点は設備面の充実とともに「ひのとり」特別車両料金による料金の値上げです。 今後は「ひのとり」車両による運行が増えるため、名阪特急にはレギュラーシートでも特別車両料金がかかる場面が増え名阪間の移動にはこれまで以上に運賃がかかることになります。 しかしながら、無料WiFiの搭載やロッカー、監視カメラ付きの大型荷物スペース、空気清浄機の設置とこれからの旅行に欠かせない設備面の拡充がなされて、追加的に払う費用に十分に納得できるものとなっています。 車両 近鉄と言えば黄色と思っていましたが、赤い車両もかっこいいです。 初めてみた時心の中で「おー!」ってなりました。 横から見てもなかなかプレミアムな感じが出ていていいですね。 レギュラーシート 当日はレギュラーシートに乗車しました。 シートはシェル型シート。 シートピッチも新幹線のグリーン車と同じ広さ。 レギュラーシートというもののゆったりとした仕様でデラックスな感じです。 フットレストも完備で靴を脱いでくつろげます。 そのほか各座席にはコンセント完備。 そしてフリーWiFiもあります。 喫煙室(3号車) 3号車には喫煙ルームがあります。 世界的な流れとして公共施設では一切禁煙とタバコを吸う身としてはだんだんと肩身が狭くなってきていますが、近鉄さんは喫煙場所を維持。 これはありがたい。 3人ほどでいっぱいになる小さなスペースです。 喫煙ルームの前には自販機があって缶コーヒーとともに一服もできます。 些細なことだけどあっちこっちの車両まで行かなくて済むのはありがたい。 そのほか 車内にはICカードが鍵代わりになる無料ロッカーがあります。 大型の荷物には監視カメラ付きの荷物スペースも別にあり、これまで以上に旅行者に寄り添った設備になってます。 新幹線はスーツケースの持ち込みにあまり対応していなくて不満だったのでこれはうれしい。 またプレミアムシートのある1号車と6号車にはコーヒマシンが置いてあったり、2号車と5号車のフリースペースがあったり。 とにかくアーバンライナーからより一層過ごしやすなる工夫がされてますし、旅行者にとって不可欠な荷物スペースの増強が図られてます。 感想 感想としては、「これはいい!」です。 「ひのとり」特別車両料金という追加料金が発生して痛いところですが、これまでのアーバンライナーで不満に思っていた車内のフリーWiFiや荷物スペースが改善されていました。 追加料金がレギュラーシートで名古屋大阪間で200円なので、個人的には全然払えます。 乗車時間が2時間なので、座席にあるコンセントでPCもスマホもフル充電状態で大阪までたどり着けるし、車内の無料WiFiでネット見ながら暇つぶしやこれから行くところの情報収集もできる。 シートもシェル型で快適。 これからはこの「ひのとり」を選んで名阪間を移動すると思います。

次の

近鉄の新型特急「ひのとり」に乗ってみた「気兼ねなくリクライニング」に一喜一憂の旅

近鉄 ひのとり 路線

近鉄は大阪~名古屋間を結ぶ新型名阪特急 『ひのとり』を来春2020年3月14日より運行することを発表しました。 同区間の名阪特急は、2003年の『アーバンライナー・ネクスト』以来17年ぶりとなります。 最大の特徴は、6両or8両編成中の1両に設けている 『プレミアム車両』。 これまでの特急車両にあるようなクロスシートではなく、各座席がそれぞれ独立した形になっていて、 【グリーン車以上、ファーストクラス未満】の快適車内でくつろぐことができます。 大阪(大阪難波)~名古屋間の 停車駅は5駅、所要時間約2時間で結びます。 そして今回この記事では、来春デビューする『ひのとり』の• 新幹線や従来特急との違い• プレミアム車両の詳細• 予約、記念乗車券 の案内について説明していきます。 Contents• 新幹線・従来特急との違い スポンサーリンク 停車駅について 近鉄HPで公開されている路線情報です。 大阪難波~名古屋までの停車駅は、• 大阪難波• 大阪上本町• 大和八木• 名古屋 の5駅分です。 kintetsu. ただし、甲特急でも大和八木駅に停車するものはひのとりと同じになります。 乗車料金について 続いて、乗車料金について。 近鉄HPではすでに、各停車駅間の運賃を公開しています。 kintetsu. レギュラー車両:4,540円• プレミアム車両:5,240円 となります。 それが高いのか安いのか、従来の名阪特急・アーバンライナーや新幹線、JR在来線と比較してみました。 鉄道会社名 区間駅名 料金(合計) 所要時間 備考 近鉄ひのとり 大阪難波-名古屋 ¥5,240 ¥4,540 2時間 上段:プレミアム 下段:レギュラー 近鉄アーバンライナー 大阪難波-名古屋 ¥4,260 2時間25分 JR東海 (新幹線) 新大阪-名古屋 ¥5,830 50分 JR西日本・東海 (在来線) 新大阪-名古屋 ¥3,350 2時間38分 乗換2回 料金でいえばJR在来線が最も安くなりますが、なにせ乗り換えが2回もあります。 また、特急列車ではなく新快速列車になるため所要時間が最も長く、指定席でないため 最悪の場合ずっと立ちっぱなしになることもあります。 そして、所要時間でいえばさすが新幹線!1時間を切っています。 『ひのとり』プレミアム車両よりも590円高いだけなので、 急ぎの出張とかなら断然新幹線に軍配です。 そのへんは近鉄も意識していて、新幹線に比べたメリットを出すために先の通りシートの快適性にこだわっています。 【決して急ぎ旅はしたくない!旅気分をじっくり味わいたい】 という客層にオススメかと思います。 mynavi. これなら、従来のアーバンライナーよりも高くなるのも納得ですね。 なお、近鉄ではこの 『ひのとり』のプレミアム車両の座席展示を実施しています。 展示は計5回、それぞれ別の場所で行われます。 大阪上本町駅 地上コンコース < 8月 31 日(土)~ 9 月 8 日(日)>• 大阪阿部野橋駅 地上コンコース < 9 月 9 日(月)~ 9月 17 日(火)>• 近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店 2 階ウエルカムガレリア < 9 月 18 日(水)~ 9月24日(火)・ 10月 2 日(水)~10月 8 日(火)>• あべのハルカス16階ロビー < 9 月 25 日(水)~10月 1 日(火)>• あべのハルカス17 階オフィスロビー <10月 9 日(水)~10月17日(木)> また、プレミアムではない 『レギュラー車両』でも、他の特急に比べて特別感があります。 atpress. また、前後のシート間隔も116センチとこれまでの近鉄特急の中では最大間隔になっていて、レギュラーながらも快適性がアップしています。 展示会に行った人の感想 昨日は上本町に早速展示された新型特急「ひのとり」の座席展示会へ 通行く人の注目度合いも高く、体験会にはざっと40人ほど並んでおられました 座席はレザーっぽい素材で、ちょっといい感じの席という感じ — Osaka-Subway. しかし、2019年3月にデビューした西武鉄道新型特急車両『Laview』の場合、 運行開始日の約1か月前からチケットの受付を開始していたため、『ひのとり』も約1~2か月前から何らかの動きがあると思われます。 記念乗車券 新しい車両がデビューした場合、必ずと言っていいほど記念乗車券の販売があり、多くの鉄道ファンに不動の人気ぶりです。 『ひのとり』記念乗車券についてもまだ正式な情報はありませんが、西武鉄道『Laview』の場合、 初回第1便運行日と同日に一般発売されました。 販売場所ですが、『ひのとり』停車駅が少ないことから 停車駅全駅で販売される可能性が高いでしょう。 さらに、『Laview』の場合、 各駅で平均500セットの販売数でしたので、『ひのとり』も同じくらいの販売数になると予想されます。 最大の特徴は、各車両の座席シート。 特にプレミアム車両では新幹線並みの乗車料金であることから、所要時間ではなく快適性で勝負を挑んでいます。 また、レギュラー車両も他の乗客に気を遣わせない工夫がこらされていて、こちらも従来のクロスシートよりも格段に快適性がアップしています。 レギュラー車両でも従来の近鉄特急・アーバンライナーより¥280値上がりしていますが、これらの工夫が付加価値を高めたと言えます。 そして、 運行ダイヤは1日に6本。 停車駅は5駅、大阪~名古屋の 所要時間は約2時間です。 事前予約や記念乗車券の販売などは今のところ情報はありませんが、2019年3月デビューの西武鉄道特急『Laview』を例に出すならば、• 事前予約:運行開始約1~2か月前• 記念乗車券:運行開始日に一般販売、先行販売は1週間前 となっています。 決して急がず、快適でゆったりした旅を提供するコンセプトから、リタイアした老後の旅行に好まれるかも知れません。 スポンサーリンク.

次の