ロゴス ランド 京都。 『ロゴスランド、遊ぶ。ロゴスランド プライムイン城陽、泊まる。2019年12月。』八幡・城陽(京都)の旅行記・ブログ by yuyuさん【フォートラベル】

ロゴスファミリーレストラン

ロゴス ランド 京都

スポンサーリンク ロゴスランドの内容 ロゴスランドの内容としては• 遊び が3本柱となっています。 気になる料金体系は? 入場は無料です。 遊具で遊ぶ分には無料で大丈夫です。 食事や宿泊、ワークショップなどでお金がかかります。 それぞれの詳細料金に関してはを確認してみてください。 ロゴスランドの食 BBQ バーベキューは手ぶらでOK、バーベキューセットと食材が用意されます。 テーブル、ベンチ、グリル、炭、トング、食器、たき火台(たき火オプションは¥2,000(税別)別途料金) ちなみに食材は2900円〜(大人1人)です。 焚き火ができるのはいいですね。 飲み放題コースもあるようなので、BBQをやって飲んだくれて寝る、ということもできるのは良いと思います。 機材には料金がかかるのかどうかについてはサイトでは確認できませんでした。 レストラン・カフェ ロゴスファミリーレストランはイタリアンベースのレストラン。 価格は結構高めですね。 アヒージョが1800円とか。 カフェは2019年夏オープンとのことでまだ詳細不明です。 ロゴスランドの宿泊 ロゴスランドでは 野外のキャンプはできないようです(・・!) 2つの宿泊施設がありますので、そのどちらかを使うことになります。 室内キャンプ(プライムイン城陽) プライムイン城陽では• 室内に張ってあるテントの中で寝るタイプ• バリアフリー• 2段ベッドタイプ• フリースペース があります。 室内テントのイメージ図はこんな感じ 室内テントとは思い切ったことをしたなあという印象。 テントは張ってあるので設営で苦労する必要はないみたいです。 雨風その他天候に左右されずに、というところが最大のメリットかと思います。 なんちゃってキャンプじゃなくて「室内キャンプ」という新しい体験になりうるのかどうかが評価の分かれ目だと思います。 気になるのがフリースペース。 大人2500円でソロテント、マット、ライトを貸し出しらしいのですが、室内のスペースにいろんな人がテントを張るってことでしょうか。 どんな感じなんでしょうか。 イメージしているのはキャンプ場のソロキャンなんだとは思いますが、実際どんな感じなんでしょう。 ホテル(アイリスイン城陽) アイリスイン城陽は2019年夏にオープンなので詳細不明ですが、ロゴスショップ併設のホテルになる予定のようです。 ロゴスランドの遊び 遊具 ロゴスランドには遊具があります。 ローラースライダー(滑り台)• アスレチック• トランポリン ワークショップ テント設営教室・ガーランドフラッグ作り・お面作り・料理教室など、各種ワークショップも企画されていくようです。 スポンサーリンク ロゴスランドのターゲット ロゴスランドのターゲットは明確にファミリー、それもガチキャンパーじゃなくて苦労はしたくないし、嫌なことも避けたいライト層ということになると思います。 キャンプの大変だったり不便だったりするところを嫌がられてキャンプに来てくれない奥さんとか子どもとかがいる人にとって家族でキャンプ気分を味わいながら泊まるには良いのかな、と思います。 ところで、ロゴスランドって委託事業なの? ロゴスランドの説明文では、 京都府城陽市とアウトドアブランドロゴスのコラボレーションにより、全く新しいコンセプトのテーマパークが始まります。 とあります。 コラボレーションということは、委託か何かだろうか、ということでちょっと調べてみました。 京都府城陽市が公園と宿泊施設の管理者を公募していた この資料によると、全国的に公共施設の老朽化と管理運営の厳しい現状が続いており、総務省からなんとかせい、というお達しがでたことを受けて、指定事業者を探しはじめたようです。 今回のロゴスランドの場所である京都府城陽市総合運動公園と宿泊施設は下記のように書いてありました。 その公募を受けて手をあげたのがロゴスとレク・こうのすやま共同事業体の2つで、最終的にロゴスが勝ったということのようです。 上のリンクに、採点結果が載っています。 面白いですねー、実施計画と運営体制経済性が評価されたようです。 ロゴスと対決した「レク・こうのすやま協同事業体」って? 代表団体:公益財団法人城陽市民余暇活動センター、構成団体:株式会社アメジスト、株式会社穂高住販 とあります。 穂高住販は京都の不動産関係の会社、アメジストはもともと宿泊施設アイリスインを運営していた会社のようです。 公益財団法人城陽市民余暇活動センターについてサイトを見てみると、 公益財団法人城陽市民余暇活動センターは、全ての人々に豊かで充実した時間を過ごしていただけるよう「いろいろな楽しいこと」を考えています。 ふわっとした説明ですが、公園の説明ページがあるところを見ると公園や図書館の運営管理をしている団体?なのかな、という感じでした。 ロゴスが京都府城陽市総合運動公園の管理者に 今までの管理運営団体のリニューアル案と、ロゴスのリニューアル案が戦ってロゴスがプレゼンで勝ったという様子なんでしょうか。 新しいもの、現状を打破してくれるんじゃないかという期待感を汲むのは企業の方が得意そうですもんね。 とかのサイトのデザインを見ると、デザインが古すぎてセンスがなさすぎてさもありなんという感じがします。 5ですしね・・ 両方の提案内容を見てみたいですね。 委託期間は平成36年3月31日までとなっています。 そこまでの期間での評価次第で継続するかどうかが決まるんでしょうかね。 ロゴスランドは成功するのか? ロゴスランドならではの楽しみがあるのかどうか、にかかっている気がします。 テーマパークといいつつも遊園地ではないので、飾り気のある公園+ホテルという感じではあると思います。 その中でどれだけ楽しい!という体験があるか、リピートしたくなるか、というところがコケないために重要だと思います。 ただ、今のところその「これが楽しい!」というのをロゴスランド自体が発信できていない気がしますので、その辺がちょっと気になります。 今は情報が少ないのでまだなんとも言えませんが、ロゴスランドが成功して他の自治体もアウトドアに取り組んでくれて、といういい流れの発端になってくれるといいなと思っています。

次の

ファミリーキャンプを体験できる!京都府にあるロゴスランドがリューアル♪

ロゴス ランド 京都

2018年に京都でオープンした全く新しいアウトドア体験が できるテーマパーク「LOGOS LAND(ロゴスランド)」。 名前を見てのとおり、こちらの施設はアウトドアのブランドである 「LOGOS(ロゴス)」がプロデュースするテーマパークです。 LOGOS LAND(ロゴスランド)ってどこにあるの? 「LOGOS LAND(ロゴスランド)」は 京都府の城陽市とLOGOS(ロゴス)のコラボレーションによって誕生しました。 京都 「LOGOS LAND」の詳細 名称: 所在地: 〒610-0121 京都府城陽市寺田大川原24-4 電話:0774-58-0010 営業期間: アクセス: (車を利用の場合) 国道24号線バイパスを京奈和自動車道方面へ進み京奈和自動車道入口より国道24号線にて運動公園線を東へ。 (電車・バスを利用の場合) JR奈良線・城陽駅前、または近鉄京都線・寺田駅前から路線バスに乗車し、プラムイン城陽停留所で下車。 駐車場:施設利用(宿泊、レストラン、研修室、大浴場、BBQ)の方は駐車場を無料 公式HP: MAP: LOGOS LAND(ロゴスランド)で体験できることは? 「LOGOS LAND(ロゴスランド)」のコンセプトは 「 外で、食べて、遊んで、泊まる」。 また、ちょっぴりお腹が空いた時や、ひと休みしたいときには軽食やスイーツが 用意されているカフェもあります。 LOGOS LAND(ロゴスランド)でBBQを楽しむ LOGOS LAND(ロゴスランド)でBBQはなんといっても手ぶらでできること。 食材やグリルが用意されているので手軽にBBQができます。 LOGOS LAND(ロゴスランド) BBQ基本セット LOGOS LAND(ロゴスランド) BBQ基本セットの内容です。 ただし、 就学前の子供は無料です。 LOGOS LAND(ロゴスランド) 食事の基本セットの料金は 大人1名:2900円~ 小人1名:1450円~ 用意されています。 20歳未満の方は自動的にソフトドリンクとなります。 LOGOS LAND(ロゴスランド) オプショングルメ BBQセットのほかにアウトドアグルメも用意されています。 屋根があるので天候を気にせず、BBQが楽しめます。 LOGOS BBQスタジアム 26区画あるBBQエリアです。 1区画最大8名で利用可能。 青空の下、BBQを楽しめます。 プラムイン城陽内、BBQテラスは食材・飲み物のお持ち込み不可。 LOGOS LAND(ロゴスランド)のレストランでアウトドアグルメを楽しむ LOGOS LAND(ロゴスランド)にはBBQのほかにイタリアンベースの アウトドアグルメを楽しめる、「ロゴスファミリーレストラン」があります。 「ロゴスファミリーレストラン」はプラムイン城陽1Fにあり、 モーニングからディナーまで利用できます。 20:00) LOGOS LAND(ロゴスランド)のカフェでコーヒーとスイーツを楽しむ LOGOS LAND(ロゴスランド)には軽食やスイーツを楽しめる 「ロゴスカフェ」もあります。 「ロゴスカフェ」はアイリスイン城陽にあり、季節を感じるのスイーツや LOGOSオリジナルブレンドコーヒーも用意されています。 ローラースライダー 出典: ローラースライダーは2タイプ。 ロングコース140メートル、ショートコースは60メートル。 ふわふわドーム 巨大なトランポリンのふわふわドーム 鴻ノ巣山運動公園の展望台 鴻ノ巣山運動公園には展望台も設置されていて公園を散策して自然を感じながら きれいな景色をながめるのもいいですね。 ワークショップやイベントであそぶ LOGOS LAND(ロゴスランド)では定期的にアウトドアを楽しめるワークショップなどの イベントも開催されます。 1Fには「ロゴスファミリーレストラン」、 3FにはBBQテラスがあります。 空調もトイレ、大浴場も完備されているので、キャンプをするときに 感じる不憫さもなく、快適に過ごせます。 <プラムイン城陽>と同じく、 空調もトイレ、大浴場も完備されているので、キャンプをするときに 感じる不憫さもなく、快適に過ごせます。

次の

《京都》6月30日オープンの「LOGOS LAND(ロゴスランド)」ってこんなトコロ!BBQ施設やキッズスペースが楽しい♪(鴻ノ巣山運動公園)

ロゴス ランド 京都

「外で、食べて、遊んで、泊まる。 足を踏み入れると、ポップで開放的なエントランスです。 エレベーターの内装まで、遊び心たっぷり! 滋賀県からは日帰りで行ける近さですが、ホテル内はもちろん宿泊も可能。 食事は、1階の「ロゴスファミリーレストラン」と、3階の「BBQテラス」が利用できます。 これだけでも味わう価値あり!! BBQテラスはホテルのテラス部分にあるので、全天候対応となっているようです。 突然の雨でも安心です。 10:00〜16:00まではキッズスペースとして開放されており、宿泊者でなくても、誰でも自由に遊ぶことができます。 ままごとはもちろん、ロゴスのセットでバーベキュー! ランチ時は、危ないから触らせてもらえなかった本物のトングを持って、思う存分焼きまくります! 授乳はこちらのテントでどうぞ。 実はこちらの場所は、17:00〜素泊まり用のフリースペースとなります。 バンクーバー砦も健在! 幼稚園〜小学生まで楽しめる木製アスレチックです。 ローラースライダーは全長140m! 上まで登るのがとても大変です。 滑り台用のマットも置いてあります。 ちなみに、鴻ノ巣山運動公園は、シロツメクサの生育が立派で、茎が長いものが多く、花冠作りにもってこいの場所です。 これから、ゴージャスなグランピング施設へと生まれ変わっていきますよ! 家族でたくさん笑顔になれる場所。 317• 266• 339• 263• 335• 427• 402• 478• 504• 508• 481• 527• 539• 471• 536• 541• 476• 451• 453• 525• 544• 525• 495• 576• 365• 412• 399• 283• 309• 264• 270• 341• 309• 299• 244• 295• 319• 283• 244• 266• 323• 326• 300• 281• 320• 349• 346• 402• 340• 362• 170• 滋賀に暮らし、子育て中のママが、ママ目線で暮らしや子育てが楽しく便利になるニュースを毎日配信します。 サービス開始以降、約30名の専任スタッフ(ママ)が、日々の暮らしの中からニュースを寄稿、専用システムを経由して、月間400本前後の記事を配信します。 配信内容は、パソコン、タブレット、スマートフォンで簡単に閲覧できます。 2016年3月の開設以来、今日までに19000本を超えるニュースを配信してきました。 「シガマンマ」では、滋賀県内で催される子ども向けイベントや、子育てに役立つ便利グッズ、子どもの習い事情報など、すべてママ目線で寄稿され、「滋賀で子育てを楽しむママ」を応援することをメインテーマとしています。 サービス開始以降、絞り込んだターゲット層にも関わらず、ユニークユーザ15~17万人を超えたサイトに成長しております。

次の