バイク 速報。 【速報】クソかっこいい原付バイクが発売されるぞwwwwww : サイ速

乗り物速報

バイク 速報

最新記事• NEW 2020. NEW 2020. 2020. 2020. 2020. NEW 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. NEW 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019.

次の

【速報】クソかっこいい原付バイクが発売されるぞwwwwww : サイ速

バイク 速報

オートバイ用品小売・開発のナップスは、交通安全意識・運転マナーに関する意識調査を実施。 あおり運転に遭ったときの対応について、53. 2%のライダーが「無視した」と答えた。 今回の調査は4月6日から15日に実施される「春の全国交通安全運動」に向けて、現在125cc以上のバイクを所有し、 過去1年以内にバイクを運転したことのある全国の男女530名のバイクライダーを対象に、3月27日から30日の4日間、インターネットリサーチで実施した。 近年、悪質な「あおり運転」が社会問題となっているが、バイク走行時に車間距離を縮められ「ヒヤリ」とした経験があるか質問したところ、73. 0%が「ある」と回答。 また、四輪車に幅寄せされ「ヒヤリ」とした経験については、74. 5%が「ある」と回答した。 あおり運転で「ヒヤリ」とした経験がある387名にその際の対応を尋ねたところ(複数回答)、最も多かったのが「無視した(53. 2%)」、僅差で「減速し道を譲った(53. 0%)」。 以下、「加速し距離を広げた(22. 5%)」、「停車し道を譲った(17. 6%)」、「停車し後続車に対して注意をした(7. 5%)」と続いた。 その他、「録画して通報した」、「車線を変更した」といった回答も見受けられた。 次に、自身の運転マナーについて尋ねたところ、「良いと思う(39. 8%)」、「どちらかというと良いと思う(43. 2%)」、合わせて83. 0%が「良いと思う」と回答した。 一方、他人の運転マナーについては、「とても気になる(37. 0%)」、「どちらかというと気になる(49. 2%)」、あわせて86. 2%が「気になる」と回答。 許せないと感じるバイクマナーで最も多かったのが「ながら運転(スマホ・飲食)(57. 2%)」、次に「ゴミのポイ捨て(52. 3%)」、「マフラーの排気音がうるさい(51. 7%)」と続いた。 その他、「威圧感のある運転」、「喫煙」といった回答も見受けられた。 また、バイク走行時、同一車線の二輪・四輪車に対抗意識を感じるかという問いには、「感じる(16. 0%)」、「どちらかというと感じる(17. 7%)」、合わせて33. 7%が「対抗意識を感じる」と回答した。 最後に、バイク用ドライブレコーダーは「あおり運転」の抑止につながると思うか質問をしたところ、「減少すると思う(33. 0%)」、「どちらかというと減少すると思う(41. 3%)」、あわせて74. 3%が「減少すると思う」と回答した。 道交法的に違反とはならないが…… 原動機付自転車から大型二輪までを総称して「バイク」と呼ぶが、その魅力は風を切って走ることにある。 そして現実的には渋滞していても「すり抜け」をすることで目的地まで素早くいける機動性にあると感じているライダーは少なくないだろう。 とはいえ、この「すり抜け」行為に関しては違法性を指摘する声もある。 警察が主催する二輪車安全運転講習に参加した際に、そうした点について現役の白バイ隊員に聞いてみたことがある。 結論からいえば、「すり抜けという違反はない。 ただし、それが勧められる行為ともいえない」というのが回答だった。 たしかに道路交通法において「すり抜け」自体は禁じられていない。 とはいえ、すり抜け行為をした際に、触れてしまいそうな違反は存在する。 たとえば黄色いセンターラインの「はみ出し」であったり、そもそも「追い越し禁止」であったりといった違反は、よく指摘されるところだ。 なお、車線変更を伴わない「追い抜き」と認められる走り方であれば、こうした違反に問われることなく、すり抜けが可能ともいえる。 バイクのすり抜けってあり? 違法じゃなくても警察や自動車学校教官は否定的 不要な接触事故を防ぐ意味でも不要なすり抜けはやめよう(写真はイメージです) 接触事故などのリスクもあるので推奨はできない さて、追い越しといえば右側からが基本で、左からの追い越し行為は禁止だが、バイクが路肩を走っているケースは多い。 これについては解釈が難しいが、少なくとも歩道がある道路において路肩を走る行為は、こと二輪については禁止されていない(四輪は禁じられている)。 つまり、路肩をずっと走っているのであれば、車線変更をしていないので追い抜きであって、左からの追い越しではないと捉えることができるのだ。 ただし、歩道のない道路の路側帯は歩行者のためのスペースであるからバイクの走行はNG。 また高速道路の路側帯も、緊急車両が走るためのスペースといえるのでバイクを含む一般車両の走行は違反行為だ。 まとめてみると「すり抜け」自体は違反ではなく、その行為に伴って別の違反をする可能性はあり、グレーゾーンといえるものの状況によっては合法的な走り方といえる。 では、冒頭で紹介した白バイ隊員は「すり抜けを勧めない」と言ったのか。 それは事故の可能性が高くなってしまうからだ。 同様の質問を、自動車学校で二輪教習を担当している教官に質問したこともあるが、とくに「渋滞などクルマが停止しているときにバイクがすり抜けるのは、速度差があるので危ない」ということだった。 一般道であれば突然ドアを開けることもあるし、高速道路ではクルマが突然、車線変更をすることもある。 そうしたときにバイクが速度を出してすり抜けをしていると、避けることができずに事故につながってしまう。 白バイ隊員や二輪教官が言うように、ライダーの安全を考えると「すり抜けはしないほうがいい」。 たとえ違反行為でなくとも、事故リスクが高くなることは理解しておきたい。

次の

新型バイク : 乗り物速報

バイク 速報

車は全焼したものの、幸い車のオーナーは車外にいたことから人命被害には至らなかった。 しかし、コナEVのオーナーらは、今回の火災に神経をとがらせている。 今回の火災が初めてではないからだ。 昨年1年間に国内外で発生したコナEVの火災は、知られているものだけでも5件に上る。 これまで発生したコナEVによる火災は、事故の経緯がそれぞれ異なっている。 昨年7月にはカナダのモントリオールで自宅の車庫に止めてあったコナEVが爆発を起こした。 当時車は充電中ではなく、充電器もコンセントにつながれていなかった。 ところが、この爆発で車庫のシャッターが吹き飛ばされ、屋根が大破したという。 オーストリアでは走っていたコナEVから火災が発生した。 江原道江陵市では充電中だった車両から出火し、世宗市では充電を終えて充電器につないであった状態の車から火災が発生した。 問題は、これまで発生したコナEVの火災について、現代自が事故の原因を明らかにしていないことだ。 これまでの事故から火災の原因となるだけの共通点を見いだすのも容易ではない。 充電器をつないであったかどうか、充電が終わっていたかどうかなど、状況がそれぞれ異なっているためだ。 このため、コナEVのオーナーたちは不安な日々を送っている。 原因が解明されないため対策を講じることができず、自分の車がいつ燃えだすか分からないといった不安で胸がいっぱいなのだ。 幸い、これまでの事故による人命被害はなかったものの、もし車の中に人が乗っていたり、隣の車に火が燃え移ったりしていたら、どうなっていただろうか。

次の