タイピング 練習 コツ。 タイピングを上達させる3つのコツ!飛躍的に速める2つの裏技を教えます!

タイピングが上達しないたった1つの理由【練習法も解説】

タイピング 練習 コツ

タイピングの基本をおさらい タッチタイピングのメリット 文字の入力速度、入力ミスの減少、目の疲労を防ぐ他、質の高い文章作成に役立つなどのメリットがあります 手元を見ないで文字を入力していくブラインドタッチ(タッチタイピング)。 パソコンを使う人ならば、このブラインドタッチを習得することで様々なメリットがあります。 ホームポジションを覚えれば、いちいち入力するキーを探す必要がなく効率的に全てのキーを打つことができます。 また、正しい位置でタイピングすれば正確に文字入力もできるので、スピードと正確さが向上します。 さらに手元を見ないでタイピングしていれば、目線の行き来も少なくなるので、疲れにくいといったメリットが。 これから入力する文章を考えながらタイピングできるので、質の高い文章作成や効率的な作業をすることができるのです。 全てはホームポジションから 出典: タイピングの基本は、ホームポジションから。 左手人差し指は「F」、右手人差し指は「J」に置きましょう。 画像のように指を配置すると、それぞれ上下に動かすだけで全てのキーを効率的にタイピングすることが可能です。 このホームポジションを基本として、ブラインドタッチを上達させるコツを紹介しますので、しっかりと覚えておきましょう。 出典: ブラインドタッチでは、ホームポジションを覚えること、キーを入力する度にそこに戻ることが重要です。 しかし、初心者の方にとっては手元を見ずに行うことは難しいのではないでしょうか?そのような場合、「F」と「J」のキーについている出っ張りを手掛かりにしてください。 画面を見たままでも手触りで分かるので、人差し指を合わせましょう。 そこ沿って他の指を置けば、自然とホームポジションに配置できますよ。 キーと指の対応関係は絶対 それぞれのキーは必ず対応する指で入力。 間違った指で入力した場合はやり直しましょう 出典: ホームポジションを覚えたら、そこから上下に指を動かして他のキーを入力します。 この時、それぞれのキーは対応する指で打つこと、1回1回ホームポジションに戻ることを必ず行ってください。 このキーと指の対応関係は、ブラインドタッチをする上で効率的にタイピングできるようにされています。 決められた指で打たないと今どの位置に指があるのか分からなくなり、効率の悪いタイピングになってしまいます。 タイピング速度を速くするには? 母音の位置を完璧にする まずは、日本語ローマ字入力の基本となる母音 a,i,u,e,o を練習 ある程度、キーボードと指の配置が分かってきたら、母音の入力を練習しましょう。 日本語のローマ字入力では、母音が全ての文字の基本になります。 「a」、「i」、「u」、「e」、「o」を完璧にすれば、そこに一文字加えるだけで全ての子音をマスターすることができるのです。 初心者の方は、母音さえ完璧にできれば、タイピング速度を速めることができますよ。 母音を覚えたら子音の練習に移り、全ての50音をマスターしましょう。 とはいっても、母音の5つのキーに対して、他のキーは数が多くて覚えるのが大変ですね。 そんな時に役立つのが、この言葉。 「パーキングエリアじゅうで、ファンはずっと湯花を蒸す。 」 一見、何の意味もないめちゃくちゃな言葉です。 しかし、この言葉を完成させるには、全ての母音・子音キーを1回以上入力することが必要なのです。 そのため、この言葉をひたすら繰り返すだけで自然と全てのキーを覚えられるのです。 完璧に覚えるまで何度も何度も繰り返し練習しましょう。 ミスを減らすには? 視線はキャレットに キャレットを目で追うことで得られるメリットは、「誤字脱字にすぐ気がつく」、「直ぐに訂正できる」、「変換速度が速くなる」、「疲れにくい」など。 参照: ブラインドタッチでは、手元を見ないでタイピングすることが必要です。 その時、視線は画面、特にキャレットに向けましょう。 キャレットとは、文字を入力する時に点滅するカーソルのこと。 自分が今どの部分を入力しているのかの位置を示しています。 出典: いくら手元を見て速くタイピングできても、後から見直してみると誤字や変換ミスがたくさんあったと気づくことが多くあります。 文字を消したり訂正するなどしていると、余計に時間がかかってしまいます。 しかし、視線をキャレットに向けていると、誤字脱字にすぐ気がつき、その場で訂正することができます。 また、目線の行き来も少なくなるので、長時間の作業でも疲れにくいといったメリットもあります。 ですので、タイピングをするときは、視線は手元ではなく画面、画面の中でもキャレットに向けることを必ず意識しましょう。 さらにタイピングを上達させたい キーボードにこだわってみる 効率的なタイピングに役立つ機能や、タイピングした時の感触の良さなど、様々な特徴をもつキーボードが販売されています パソコンのキーボード選びにもこだわってみるのもおすすめです。 最近では、低価格で手軽に買えるものから、高機能高価格のものまで幅広くあります。 移動中や狭い場所でも使えるコンパクトなサイズ、タイピングした時の押し心地が快適なものや音が静かなものなど機能は様々ですので、自分に合ったキーボードを探してみてください。 新しいキーボードだと気分も高まるので、タイピング練習のモチベーションも高まりますよ。 高機能の有料ソフトを使ってみる Keyboard Master Ver. 6 ~思考の速さでキーを打つ~ シンプルな構成で、複数の入力方法に細かく対応してくれるため、ホームポジションの配置に集中して練習することができます 出典: 無料のタイピングゲームを使ってもなかなか上達できない、という方におすすめのソフト。 ホームポジションの位置、指とキーの対応関係に関しては、このソフトを使うだけで完璧にマスターすることができます。 シンプルな作りで長くても6文字程度の文章と超基礎的なレベル。 しかし、初心者にとっては余分な機能がない分、ストレスも感じることなく進めることができるでしょう。 難しい小文字の入力方法やあいまい入力など、有料ソフトなだけあって細かな部分はしっかりとおさえているので、おすすめです。 今日からタッチタイピング 文字だけでなく音声解説がついている親切ソフト 出典: タイピングする上での姿勢といった超基本的なことから、文学作品や法廷ドラマといった難しい問題まで幅広く、初心者から上級者まで楽しめる内容となっています。 「音声解説」が付いているのが、このソフトの特徴です。 ひとりで画面と向き合い、ひたすら文字を入力していくタイピング練習ですが、パソコン教室で先生に教わっているかのような雰囲気なので、飽きることなく進めることができます。 他の無料タイピングゲームにはない機能なので、ぜひ試してみてください。 参照: 出典: このソフトの特徴は、タイピング練習と一緒に速読術も鍛えられることです。 タイピングを実際に生活の中で使うとなると、本やWeb上の情報、書類をまとめて文章にしていくことも多いかと思います。 このソフトに入っている視野拡大や視点移動のトレーニングをすることで、文章内容を素早く理解しまとめる速読スキルを鍛えることができるのです。 1日5分~10分の練習を毎日繰り返すように作られているので、空いた時間に少しずつ進めることができるのも、おすすめポイント。 タイピング練習の先を見据えた実践的なスキルを磨きたい方はぜひ試してみるといいでしょう。 引用: 外国語を習得するのに留学などで現地の外国人とコミュニケーションをとるのが有効ですが、タイピングにも同じことが言えます。 テキストベースで進行するチャットの場合、相手とコミュニケーションをとろうとすると、必然的にタイピングの必要性が生じます。 自分の気持ちを伝えようと思えば、自然と上達したいとモチベーションも高まることでしょう。 また、タイピングが遅いと相手を待たせてしまうので、もっと速くなりたいと思うはずです。 Skype、Facebook、LINEなどインターネット上のコミュニケーションが普及している通り、最近ではパソコン上でチャットができるツールもたくさんあります。 ゲーム好きな方はオンラインゲームもいいでしょう。 特に相手がタイピング上級者の場合、次々にメッセージが送られてくるので、そのスピードに合わせてコミュニケーションをとろうとすると自然とこちらのレベルも上達するはずです。 まずは家族や友人など身近な人とチャットしてみてください。 出典: e-typingでは、無料で自分のタイピングスキルを診断することができます。 継続的に診断していれば、日々の練習でどれだけ上達しているのか一目瞭然。 スピードを速くしたい方は入力時間と入力数、精度を高めたい方はミス入力文字数と正解率に注目してみてください。 毎回スコアの記録をとってみるのもいいですね。 苦手なキーも分かるので、今後のタイピング練習にも役立ちます。 上級者の方は「Good」以上のハイスコアを目指してみてください。 タイピングの資格をとれる検定も またe-typingでは、有料のタイピング技能検定も実施しています。 合格すると正式な資格として認定されますので、モチベーションの向上につながること間違いなし。 無料で模擬試験も受けることができるので、自分のレベル診断にも使えますよ。

次の

【保存版】ブラインドタッチのコツ・上達法(練習方法)とは? タッチタイピングを極めよう!

タイピング 練習 コツ

小学生のプログラミング教育の準備にタイピング練習を!無料タイピングゲームで遊びながらキーボード練習 小さな頃からタイピングに親しみをもちキーボードを使いこなせるようにしておけば、のちのちショートカットキーやファンクションキーを使うなどの操作や、メールや文章の作成などにも抵抗なく取り組むことができます。 スムーズなタイピングの基本が身につけば小学生のうちにタッチ・タイピングができるようになるのも決して夢ではありません。 小学校では今後プログラミング教育も始まるため、子供とコンピュータの距離はますます近くなっていきます。 予めキーボード操作に不安がない状態までレベルアップしておくことは、お子さんの自信にも繋がるでしょう。 <タイピング練習ゲーム 目次>• 知っておきたいタイピングの基礎用語!• タッチ・タイピング 手元のキーボードを見ずに指先の位置感覚を頼りに文字を入力することをタッチ・タイピングといいます。 以前はブラインド・タッチという表現が使われていましたが、差別的という指摘などから、現在はタッチ・タイピングという表現が一般的になっています。 ホーム・ポジション タッチ・タイピングには、指をどこのキーに置いておくか、どのキーをどの指でタイピングするかが決まっており、 キーボードのFに左手人差し指、Jに右手人差し指を置き、親指以外の指4本を自然にキーボード中段に置く姿勢をホーム・ポジションといいます。 1本の指がキーボード上の複数のキーを担当し、キー入力後はホーム・ポジションに指を戻します。 タイピング練習を始めるタイミングはいつ? キーボードのタイピングを始める時期によって習得時間やレベルに大きな差がつくことはありません。 ただ、 指使いに変な癖がついてから直すのはお子さんが苦労することになりますので、ご 家庭や学校でキーボードに触れ始めるタイミングでタイピング練習を始めるのがベストでしょう。 多くのタイピングゲームが指の置き方から徐々にレベルアップしていく方式を採用していますので、初心者のお子さんも安心です。 「タイピング練習に乗り気ではない…」というお子さんには、ゲームクリアでもらえるトレーディングカードを集めたり、 レベルを表記した認定証をプリントアウトできたる、ごほうび型のタイピングゲームがおすすめ。 保護者の方がお子さんの前でタイピングゲームをして見せることで、お子さんが興味を持つ場合もありますので、ぜひご家族で取り組んでみてください。 タイピングゲームでタイピング名人になるコツ! 「程よいスピードでタッチ・タイピングができる」レベルに到達するには時間がかかります。 一度に長時間練習するより、毎日短時間でもコツコツ続けるほうが効果的ですので、焦らずコツコツとタイピング練習を続けていきましょう。 タイピング練習を始めてしばらくの間は、 タイピングの速度にはこだわらず「ホーム・ポジションを守り正しい指使いでタイピングできているか」を意識することが大切です。 ホーム・ポジションを守り、少しずつ手元を見る時間を減らしていけば、タイピングの速度は必ず上がります。 タイピングするキーを光で教えてくれるタイピングゲームもあるので、ふだんの練習から少しずつキーボードを見ないよう心がけていくと良いでしょう。 今回ご紹介するタイピングゲームは、ホームポジションの確認から英単語や長文の入力まで幅広いレベルに対応していますので、お子さんのレベルにあったゲームから始めてみてください。 タイピング練習初心者も安心『FMVキッズ めざせ!タイピングマスター』 お寿司が流れているうちに単語をタイピングする寿司打 は、回転寿司のレーンに流れてくるお寿司が画面から見切れてしまう前に、指定された文字をタイピングするゲーム。 タイピングのレベルは、以下の3種類• 「お手軽3,000円コース」単語の入力文字数2~7文字・制限時間60秒• 「お勧め5,000円コース」単語の入力文字数5~10文字・制限時間90秒• 「高級10,000円コース」単語の入力文字数9~14文字以上・制限時間120秒 ゲーム終了後には正しく打ったキーの数、1秒あたりの平均キータイプ数、ミスタイプ数の確認とランキングへの登録ができます。 タイピングする単語を登録できるゲーム 『myTyping』 次に入力するキーを色と点滅で知らせてくれるタイピングゲーム なるほどネ! のは、 ホームポジションの練習にぴったりなタイピングゲーム。 次に入力するキーを色と点滅で知らせてくれるので、キーの位置を覚えきれていないお子さん、自分の使っている指が正しいのか確認したいお子さんも安心です。 タイピングのテーマは、アルファベット・かな・数字など初心者向けのものから、ことわざや・四字熟語、俳句・百人一首、日本文学など勉強に役立つものが多く用意されています。 これからローマ字を学習されるお子さんやローマ字の知識があやふやでキーボード練習に自信が持てないお子さんは、何度でも無料でプリントアウトできる「」や壁に貼れる「」などもご紹介しています。 こちらもぜひ参考になさってください。 【関連記事】•

次の

タイピングが速くなるコツ|スピードアップできる練習方法公開

タイピング 練習 コツ

こんにちは。 動画マーケティング専門家の石割俊一郎です。 パソコンで作業をする方にとって、 絶対に身に付けておくべきスキルは タイピング です。 なぜかというと、 このタイピングが速ければ速いほど、 作業のスピードがまったくと言っていいほど 変わってくるからなんです。 ブラインドタッチもできれば、 なおさらタイピングが速くなりますね。 でも、パソコン初心者ですし、 タイピング速くするのって難しいんじゃ? って思う人がとても多いです。 この考えはとってももったいないです。 だって、 タイピングって少し練習すれば、 速くなりますし、ブラインドタッチも できるようになります。 そこで今回は、初心者でもタイピングを 速くするために、タイピング練習のコツや おすすめのサイトをご紹介しましょう。 お好きなところからどうぞ• タイピングの必要性 タイピングというのは、 パソコンを使った作業をする方にとって 必須なスキルとなっています。 まず最初に身に付けておくべき スキルが タイピングなのです。 タイピングが遅いと、 その分、作業のスピードも 遅くなってしまうからです。 タイピングが遅いままですと、 いつまでも作業のスピードが上がりません。 例えば、1つのメールを作成するのに• 15分かかってしまう人• 5分で書き終わる人 これが1ヶ月たったらどうなりますか? 1日10分の差が30日。 合計300分(5時間)もの差が 1ヶ月でついてしまうのです。 タイピングの重要性がわかってきましたでしょうか? タイピングは練習すれば、 すぐ速くなりますので、 ぜひ重要視してくださいね。 タイピングの目安 タイピングを速くするといっても、 目標があった方がいいですよね。 ぜひこの目安をこなせるように 練習していきましょう。 タイピングのコツを知れば、 難しいことはありませんので、 ぜひ試してみてください。 今回お伝えすることは、 動画でもくわしく説明しましたので、 こちらもご参考にしてみてください。 以下、文章でも説明していますので、 お好きな方で見てください。 タイピングのコツ タイピングのコツは、 いろいろとあると思いますが、 自分が実際にやってみて よかったと思う方法をお伝えします。 覚えておくべきコツは2つありますので、 ぜひ覚えておいてくださいね。 正しい手の位置を覚える パソコンのキーボードには、 基本的な手の位置というのがあります。 どこにどの指を置けばいいのか?• どの指で打てばいいのか? これを覚えておくだけでも、 タイピングというのは速くなります。 たまに独学でタイピングが速くなった人で 人差し指をやたら使う人もいますが、 これはイレギュラーな方法なので、 あまりオススメはできません。 定位置はこれです!• 青:人差し指• ピンク:中指• 黄色:薬指• 緑:小指 で打つのが基本となっています。 ちなみに、 FとJに人差し指を置いておくのが ホームポジションです。 キーボードの上にボコッと なっていますよね? タイピングをするときは、 このホームポジションに戻ってくることを 忘れないようにしましょう。 文字の場所を覚える どこに何があるのかを 覚えておかなければ タイピングは速くなりません。 そこでオススメの方法は、 A~Zをできる限り速く打つ という方法です。 これを1日10回やるだけで、 1週間~2週間もすれば、 タイピングは速くなってきます。 まずはA~Zを 10秒以内で 打つことを目標にしましょう。 歌に合わせてしまうと、 間が空くところがありますからね。 A~Zを淡々と打てるようにしましょう。 タイピングがうまくなるには? 上記で説明したコツをやっていけば、 タイピングはうまくなります。 ただ、実際の文字をタイピング していかなければ、応用力がつきません。 そこで、オススメのタイピング 練習サイトをご紹介しましょう。 おすすめサイト タイピングでおすすめのサイトは 「」というサイトです。 こんなにタイピングに特化した サイトはとても珍しいほどです。 ただ単にタイピングを練習できるものから、• アニメ・漫画• 芸能系• おもしろ系 などと自分に合った方法で、 楽しみながらタイピングを 練習することができます。 オンライン上でできますので、 ソフトをいちいちダウンロード しなくていいというのもいいところ。 ぜひ上記の2つのことをやりながら、 こちらのサイトで練習してみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? タイピングのスキルは かな~り重要だと言うことが わかっていただけたかと思います。 今回、お伝えした• ホームポジション• タイピングサイトを使う ということをすれば、 ブラインドタッチもできるようになり、 作業効率がかなりアップします。 ぜひこのスキルは身に付けておいてくださいね。 最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

次の