イタチの最後っ屁。 Essey11 水辺の少年に帰ろう

イタチ対策 豆知識 イタチの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店

イタチの最後っ屁

夫の話です。 何かが気に入らず、文句いう時、 失敗した私に、文句を言う時 夫は、必ずイタチの最後っ屁のような、 強烈な一言を残します。 それは、言い返す気力すら、怒りに変わり、 咄嗟に二の句が告げないような、強烈さ!! 例えばコップを割っても、 「怪我はなかった?」 ではなく 「ほらぁ、ボーっとしてるから!いつも気をつけなさい って言ってるでしょう!!」 と来て、私が 「ああ、ごめんなさい」 って謝るとそこに、追い討ちの最後っ屁が来ます。 抑えるのが難しいくらいの、 怒髪天の怒りが私の頭をつんざきます。 怒りで我を忘れ、言葉の内容も忘れてしまうけれど 後々まで、怒りだけがフツフツと心に残ります…。 どうやら夫の母がこのタイプらしく、幼い頃から 学習したと見えますが…。 実は、離婚も考えるこの頃です。 私の実家では、事故でも失敗でも起こした時には 説教より、怪我の心配が先でした。 ちゃんと謝っている相手をそれ以上に罵るなんて したことがありませんでした。 私が、実家が、おかしいの? とにかく、もう何かが切れておかしくなりそうです…。 はぁ…… ユーザーID: トピ主さん、こんにちは。 タイトルが最高に好きですが、そんな事があるなんて悲しいですね。 旦那さんに、そういうふうに言われると傷つく事を伝えた事がありますか? (多分その場でよりもトピ主さんが落ち着いている時) そういうふうにキレて物事言う人ってあんまり意識ないような・・何よりも先ず口から出す、みたいな感じで。 もし何度伝えてもわかってもらえないのなら、(この場合個人的には好きでないけど)これが旦那さんだから・・と諦めて気にしないか、別れるのも手だと思います。 やっぱり、相手が敬意を表せずに言いたい放題では、こちらが相手を思う気持ちだって減ってきますもの。 私の意見では、トピ主さんのご両親はとても思いやりがあると思いますが、旦那さんのお母さんは多分どこにでもいるような自分の感情だけで物を言う方なんでしょうね・・。 旦那さんも辛い思いされたと思いますが、それを意識できずにトピ主さんにも当たってしまうのでは、別問題だと思います。 ユーザーID:• うわー 私の父がそういうタイプです。 母が食器洗い中に皿を割ると「手、切るなよ」とかじゃなく 「それは(皿を割ることは)あんたの趣味か?」 母がアキレス腱を切ったら 「太ってるからだろ」(一言も大丈夫かはなし) 挙げ句の果てに母が入院中の洗濯物は一切しない。 (自分のも含めて) 当時小学生3年くらいだった私と1年の弟でやってました。 最近は年をとったせいか輪をかけて意地悪です。 母は一人暮らしをしている私のところに来ていて、 今更ながら離婚を考えています。 (そうなったら私の扶養に母を入れるつもりです) 基本的にそういった性格・物言いは悪くなることはあっても 良くなることはありません。 今のうち別れるにしても、耐えるにしても覚悟を決めた方がいいとおもいます。 ユーザーID:• いたちのプ〜さんに賛成します トピ主さんもご両親も悪くありません。 離婚を考えられてもいいことかもしれませんよ。 一事が万事それでは、傷つけられるのが日常ですよね。 心理的暴力という感じがします。 でも相手にそれを言っても、「心配して言ってるんじゃないか」と好意だと言い張るのでしょうし、すべてを相手の問題にされてしまうのでしょうね。 問題は相手が好意か悪意かではありません。 言われている立場のトピ主さんにとって耐え難いか否か、これが問題なのです。 ご自分の気持ちを大切にしてあげてくださいね。 私が読ませていただいている限り、「いじめ」にしか思えないですよ。 彼も被害者だったのかもしれませんが、それを相対化することなく、無自覚に伝統を受け継いでしまったのですね。 ユーザーID:• うちのダンナも同じです 気遣う一言よりも先に、叱責、罵声が。 そして最後にとどめのキツイ一言。 ツライですよね。 わざとモノを壊したりしている訳でもなく、自分でも「やっちゃったぁ」と思ってる時に追い討ちを掛けられる。 何故そこまで人を責める必要があるの? って不思議に思うと同時に悲しくなりますよね。 私の両親もトピ主さんのご両親と同様でしたので、初めてダンナのこの態度に接した時はショックでしたし、今でも慣れることが出来ません。 育てられ方なのでしょうかねぇ。 考えようによってはそういう発言しか出来ない相手は可哀想なのかもしれないですが。 私は結婚2年目なんですけど、「一生このダンナと過ごして良いのだろうか・・・」なんて思ってしまうことも正直ありますよ。 本当にトピ主さんのお気持ち良く分かります。 どなたかベテラン奥様からアドバイスがいただけると嬉しいですね。 トピ主さん便乗しちゃってスミマセン。 お互いがんばりましょうね。 ユーザーID:• いやだーそんな人 トピ主さん、こんにちは。 だんな様のきつい攻撃に不満が爆発寸前のようですが、この際爆発&反撃しましょう。 実は私がトピ主さんのだんな様のような性格で、皆さんの投稿はかなり耳が痛かったです。 夫はそんな私の一番の犠牲者でしたが、彼の注意のおかげで完全とはいえませんが、私も変われました。 彼は私の発言に対し、自分がミスをしてそれが悪いのはわかる、けれどその言い方はない、そこまで死人にムチ打つようなことを言わなくてもいいのでは、ということを静かに抗議しました。 逆切れというのではなく、あくまで静かにです。 また逆に私が失敗をしたときには、責めずに大人な対応をし、私のやっていることがいかに子どもじみているかを気づかせてくれました。 トピ主さんも私のように子どもなだんな様(失礼!) にぜひ自分の不満を口に出してください。 自分が悪かったとしても言われっぱなしになる必要はないです。 また自分が同じことをされたらいかに不愉快かということをわからせるのも大切です。 離婚を考えたい気持ちはわかりますが、いろいろ冷静に話し合ってお互い変わる努力をしてみてください。 ユーザーID:• いちいち喧嘩をする。 旦那様の立場にある妻です。 うちの夫は天然ボケなので次に起こることが見えず、「あーあ、やると思った」という失敗をよくします。 最初は「仕方ないよね」で笑って済ませていても、同じことが度重なるとだんだんイライラしてしまうんですよね。 「とどめのキツイ一言」は、そんな風に我慢して我慢して、耐え切れなくなったときに、つい言ってしまいます。 我慢した分だけ余計に、きつくなってしまいます。 でもそんなとき、「あーあ、自分の両親と同じことしてる。 私はそんなにエライ人間なの?」と冷静に考えている自分もいます。 でも夫は私の失敗をとがめることはしません。 相手を責めるよりも、許すことのほうが難しいのに、いつも寛容です。 そんな夫の影響で、私も前よりは頭ごなしに怒鳴ったり責めたりすることは少なくなりました。 きつく言わなくても、静かに話しても気持ちを伝えられるのだと気付きました。 「自分も欠点だらけの人間なんだから」と思って目をつぶれる回数が、前よりは増えてきたと思います。 ユーザーID:• 冷静に話してね2 私の夫も新婚当時そうでした。 こっちだってワザとやってる訳じゃないので、当然カチンときますよ!それで言い返しました。 「割ったのは悪いと思っている。 だけどアンタに後始末とかさせたかい!後始末してくれるんだったら文句言われても我慢するよ!でも手を出さないなら文句はいわないで!」ってね。 言われた瞬間夫はキョトンとしてました。 そんな感じで言われるたびに言い返していたら、そのうちあまり言わなくなりました。 たまには言う時もあるけど、そのたんびに「後始末手伝ってくれるなら文句聞くけど、手伝わないなら文句言わないで。 私だって『やっちゃった』って思ってるんだから」と穏やかに言い返します。 文句を言っていいのは後始末をする人だけだよ〜ん。 トピ主さん、頑張れ〜! ユーザーID:• ご主人に学習してもらいましょう きっとご主人は育った環境で当たり前に使っていた言葉が、どれだけ相手を落ち込ませるかなんて考えたことはないと思います。 トピ主さんがご主人の言葉でどんなに傷ついているか、はっきり伝えましょう。 それでご主人が学習して、言葉の暴力が治れば夫婦円満。 もしできなければ、また今後のことをじっくりと考えてみてはいかがでしょうか? 私の実母は誰かが物を壊した時は、必ず物が壊れただけですんで良かったと言ってくれました。 (私が悪戯をしていて壊した時は、ちゃんと叱られていました。 )そのおかげで私も子供達には「物が壊れただけで良かった。 誰も怪我をせずにすんで良かったね。 」と言えます。 親がきちんと子供に教えて上げることが大切だと思います。 ユーザーID:• 失礼を承知で聞きます トピ主さん、本当にお辛いですね。 ましてやパートナーともなれば最後の拠り所であったはずなのに。 実は、私も20代までそういう傾向がありました。 相手を最後まで打ちのめさないとすっきりしないというのでしょうか、相手が黙り込んでしまうまで攻撃するのです。 そしてほかのレスにもあるとおり、母がそういう人でした。 にもかかわらず、私もそんな母を嫌だなあとずっと思っていたのです。 そしてあるとき気が付いたのです。 こんなに嫌だと思っている母と、自分は同じことをしていると。 気付いたときはもう死にたい一心でしたが、それからは自分で必死に直しました。 どうやら気を使わない相手、例えば兄弟や絶対逆らわない友人などに対してそういうことをしてしまっていました。 言葉は凶器。 本当にそうだと思います。 血でも出ればわかりやすいのに。 ご家庭でそういう日々であればDVと同じですよ!またお子様にそういう癖をつけさせないためにも、どうか解決を目指してください。 トピ主様がいつもおとなしく聞いている状況であれば、一度ご主人が反撃できないぐらいの剣幕でガツンとお灸をすえてみては?本人が気が付けば必ず直ると思います。 ユーザーID:• きついですねー。 スミマセン。 用事があって2日ほど、家を留守にしていたら 立てたトピが埋もれちゃってました。 探し当てて、書き込んでます。 たくさんのお返事、感謝します。 励ましてくださる方も多くて、感激です…。 最後っ屁は、臭くて臭くて、逆切れの余裕がないんです…。 その前に倒れそうで、反撃の余地もありません。 「オマエはスカンクか!」 と心の中でつぶやくのが精一杯…。 でも、そうですよね…。 悪気、ないんですよね。 夫の方も、ガマンにガマンを重ねている可能性も あるわけです…か。 そこまで考えませんでした。 みなさまの仰るように、冷静なとき、話してみます。 縁あって夫婦になったんだもんね。 それでダメなら、また考えます。 みなさま、聞いてくださってありがとう! …ちょっと、スッとしました。 ユーザーID:• 私の主人、九州出身ですけど、ドジな私にとても優しい人ですよ。 お皿を料理乗せたまま割ってしまったり、大事な服にソースをぶちまけてしまったりして私が立ちすくんでいると、すぐに飛んできて怪我がないか確認し、優しく慰めてくれた後に後片付けやシミ抜きを全部やってくれます。 彼いわく、自分でやった失敗を自分で片付けていると悲しさが増すからとのことで、この優しい心遣いに私は心底惚れました。 そして私も主人が失敗した時は同じ対応をするようになりました。 おかげで夫婦仲は極めて円満です。 主人の繋がりで九州の人と沢山友達になったけど、最後っペをかますような人、いませんよ〜。 皆優しいです。 そしてトピ主さん、この投稿とレス、全部ご主人と一緒に読んでみましょうよ。 幼い頃からの刷り込みじゃ改善は時間がかかるかもしれないけど、少しずつ変えていくことはできると思う。 がんばってね。 ユーザーID:• トピ主さん・・・ 私の彼氏もそういう所ありました 過去形 ね。 私が何かしでかすと「あーあ、絶対やると思ったよー」とニヤニヤ。 そして「ホントドジだよねー」と小馬鹿にした言い方をしました。 最初の5回位はムカつきながらもやらかしたのは事実だからヘラヘラ「ごめーん」とか笑ってたのですが、さすがに耐え切れなくなって、いつもの「あーあやると思った」と言われた後に間髪入れず「思ったならやる前に教えてくれりゃ良いのにね!」と言い捨てました。 いつもヘラヘラしてた私の態度がいきなりいつもと違ったので彼もビックリしてました。 でもそれ以後は私の言葉通りやらかしそうになる前に「気をつけてねー」とか「慌てないでー」と声をかけてくれるようになりました。 さすがにそう言われてやらかすほどドジではないので平穏に暮らせるようになりましたよ。 彼のこういう1回言われたらちゃんと学習して改める所は私も見習わなくてはならないと思っています。 ユーザーID:• 止めを刺す? 大笑いっていうか、びっくりしてしまいました。 全部の九州人がとか、九州の人ってーーとかいいきれませんが、あながち・・・・と思ってしまいます。 うちの父もそうで、福岡出身です。 当然うちの父方の親戚も九州です。 ほんと、かましあい! 当人同士は別にって感じでさらに強烈にかまし続けてますが、それ以外の人間にとっては「ぎゃふん!」ですよね!! 結構娘ながら、冷静に見てるつもりなんですが、たまに「ぎゃふん!くそーーーー言うんじゃなかった!」と異様に腹がたちます。 しかし、、、、、、 家で被害者の私も外では親を見て育っているせいか、たまに自分で「あ、今、まずい。。 かましすぎた」と思うことが結構あって、友人間では「毒舌」と言われています。 大阪育ちなのに九州の血が・・流れてるんですかね・・ ユーザーID:• なるほど このトピを読んで、私が何で冷たいんだろうと自分に対して思った原因がわかるような気がしました。 うちの父親がトピ主さんのご主人と同じタイプで、今はそうでもないけど、母もどちらかというと完ぺき主義の家庭で育ち、さらに当人はどん臭いので、学校でも同級生に失敗したらことごとく責められていたのが、自分にとって当たり前になってたんですね。 だから、自分を含めて、人の失敗が許せないことがあるんです。 頭では、相手のミス云々より、心配の方が先だろうと思ってるので、心配したり、許すような言葉は出るのですが、心から言ってないんです。 私の主人は、私の失敗を笑って楽しんでるぐらいおおらかで、私がこんな性格でもまず怒らないので、何で自分だけこんなに冷たいのだろうと自分に嫌気がさしてたんですが、何かがわかったような気がします。 また自分が誰かに同じような気持ちになったとき、失敗したことよりも、何よりも無事が大事ということを思い出し、治して生きたいと思います。 ありがとうございました。 ユーザーID:• 江戸ッコさんレスありがとうです 横、すみません はじめまして。 もしかしたら、無意識かなとも思いますが、 薄ら笑いを浮かべているときが、ありませんか? 失敗したときに。 真剣に人のためを思って、してる人はそういう表情にならないから…。 その薄ら笑いがないなら、 いちど、口頭もしくは文章にしてご主人に見て貰ってはいかがでしょう…。 薄ら笑いありだと、それは母親の代わりにされている可能性は大きいとおもいます。 男性は変わろうと思うと早いので、 離婚の言葉がよぎるくらいの心情であるなら、やって損はないかなって…。 ねんのためですが、男性は雰囲気や表情のほうが心に残るそうなので、伝える時はにこやかにが鉄則ですね。 >どうやら夫の母がこのタイプらしく、幼い頃から >学習したと見えますが…。 そうですね。 ここは、傷になってるかもしれません。 大変かもしれませんが、こうした生活を何年も続けてきたご主人の心中を察していただければと願いますが…。 思いを祓うのに、力を合わせて呪いを解いていただきたいものです…。 渦中の者でなく、なんとでも言えてしまう訳なのですが、お幸せをお祈りしております。 ユーザーID:• 言ってる当人は分らない。

次の

イタチの最後っ屁の意味や由来!

イタチの最後っ屁

意味 人が苦しい立場に追い込まれ、困った時に使う非常手段のたとえ 解説 イタチは何かに追い込まれ自分の身が危なくなると、肛門付近から悪臭を出し、 相手がおどろいて気力が弱まっている間に逃げることから生まれたようです。 人が困って苦しさの余り、相手に対して乱暴なことを言ったりすることや、 また、人が困った時の最後に、恥ずかしいことをして去っていくたとえにも使われるようです。 重要語の意味 鼬=「いたち」と読み、イタチ科の動物。 体長20から40センチで足が短く胴と尾が長い。 体の色は茶色に近い色。 敵に出会うと悪臭を放って逃げる。 最後=「さいご」と読み、いちばん終わり。 屁=「へ」と読み、おなら。 大腸のガスが肛門から出たもので、においを伴うものもある。 非常手段=「ひじょうしゅだん」と読み、普通でなく非常識なやり方。 乱暴なやり方。 悪臭=「あくしゅう」と読み、いやなにおい。 いわれ(歴史)と重要度 谷川士清の倭訓栞(わくんのしおり)。

次の

イタチ対策 豆知識 イタチの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店

イタチの最後っ屁

イタチの最後っ屁の由来とは? イタチは漢字で「鼬」と書きます。 イタチ科の動物で、体長は約20〜40cmくらいで、胴体の長い哺乳類動物です。 最近ペットとしても飼われているフェレットにとてもよく似ていますね。 イタチのメスは捕獲や狩猟が禁止されており、オスも狩猟免許や区域による許可がなくては捕まえることができません。 「イタチの最後っ屁」は、このイタチの習性から来ています。 イタチという動物は、追い込まれると危険を察知し、自分の身が危なくなると、肛門付近から悪臭(屁)を放ち、相手が驚いて気力が弱まっているすきに逃げる、という習性があります。 つまり、追い詰められたイタチが臭い屁を放って逃げるというところから、切羽詰まって最後の非常手段を使って逃げる、という意味になりました。 イタチの最後っ屁の使い方や例文は?具体的にどういう場面? 「イタチの最後っ屁」ということわざは、非常事態の時に使います。 いろいろ手を打ったけれどどうにもならない、こうなったら悪あがきでもなんでもいいから何か手段を講じなければ、と思った時などに使います。 例えば、何か問題を起こして会社を辞めざるをえなくなった時などに「あいつ、イタチの最後っ屁をかまして、会社を辞めていったな。 」などと言われたりします。 会社を辞めたけれど、最後にとんでもないことをやらかして辞めていった同僚のことなどを言っています。 他の例文としては、 「せっかく大きな魚だったのに、イタチの最後っ屁で、糸を切って逃げていきやがった。 」 「試合でせっかくあそこまで追い込んだのに、イタチの最後っ屁をかまされたよ。 でも勝ってよかった。 」 「あの議員は何かと問題の多い議員だったが、まさかあんなイタチの最後っ屁までやって辞めるとは思わなかった。 」 「どんなにあがいてもここまでだ。 どうにか本社が納得する手段はないものか?こうなったらイタチの最後っ屁でもいいから何か対策はないものか。 」 「このまま大人しくやられるのは癪だという気概と勇気が、イタチの最後っ屁のような反撃を可能にしたのだ。 」 イタチの最後っ屁の類義語や似た意味のことわざは?また英語では? 類義語や似た意味のことわざ 類義のことわざとしては、「窮鼠猫を噛む」というものがあります。 これは、追い詰められたネズミが逃げ場を失った時に、反撃に出て猫に噛みつくことがある、状態のことです。 意味としては、絶体絶命の窮地に追い詰められれば、ネズミのような弱いものでも、自分より強い猫に逆襲することもある、という意味です。 英語でイタチの最後っ屁は何と言う? それでは「イタチの最後っ屁」は、英語ではどういう表現になるのでしょう。 ・final emergency measure ・final defence when one is cornered defence ・the final fart of a weasel という表現が一般的なようです。 また例文としては、 Senator Barnett has fired a parting shot at the Federal Government. 「バーネット上院議員は議員職を去るにあたり連邦政府にイタチの最後っ屁をかました。

次の